岩野 正之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/23 16:40
 
アバター
研究者氏名
岩野 正之
 
イワノ マサユキ
所属
福井大学
部署
医学部 腎臓病態内科学
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本腎臓学会  評議員
 
2012年
   
 
日本内科学会  評議員
 

受賞

 
2014年
第44回日本腎臓学会西部学術大会一般演題優秀賞
 
2013年
第43回日本腎臓学会西部学術大会一般演題優秀賞
 

論文

 
Kubota W, Honda M, Okada H, Hattori M, Iwano M, Akioka Y, Ashida A, Kawasaki Y, Kiyomoto H, Sako M, Terada Y, Hirano D, Fujieda M, Fujimoto S, Masaki T, Ito S, Uemura O, Gotoh Y, Komatsu Y, Nishi S, Maru M, Narita I, Maruyama S
Clinical and experimental nephrology   22(4) 743-751   2018年8月   [査読有り]
Kobayashi M, Mikami D, Uwada J, Yazawa T, Kamiyama K, Kimura H, Taniguchi T, Iwano M
Oncotarget   9(59) 31342-31354   2018年7月   [査読有り]
Kagawa T, Kozai M, Masuda M, Harada N, Nakahashi O, Tajiri M, Yoshikawa R, Nakao M, Takei Y, Iwano M, Takeda E, Taketani Y, Yamamoto H
Biochemical and biophysical research communications   500(2) 275-282   2018年6月   [査読有り]
Yoshikawa R, Yamamoto H, Nakahashi O, Kagawa T, Tajiri M, Nakao M, Fukuda S, Arai H, Masuda M, Iwano M, Takeda E, Taketani Y
Journal of clinical biochemistry and nutrition   62(1) 68-74   2018年1月   [査読有り]
Oshima M, Toyama T, Haneda M, Furuichi K, Babazono T, Yokoyama H, Iseki K, Araki S, Ninomiya T, Hara S, Suzuki Y, Iwano M, Kusano E, Moriya T, Satoh H, Nakamura H, Shimizu M, Hara A, Makino H, Wada T, Research Group of Diabetic Nephropathy,Ministry of Health,Labour,and Welfare of Japan.
PloS one   13(8) e0201535   2018年   [査読有り]

Misc

 
Prospective Randomized Trial of Treatment for Adult Patients with Intermediate-severity IgA Nephropathy Using Multiple-drug Combined Therapy with or without Mizoribine(MZB)
T.Mitarai, M.Iwano, H.Shiiki, E.Muso, W.Yumura, K.Kimura, T.Kawamura, T.Hosoya, Y.Utsunomiya, N.Yorioka, A.Furusu, M.Miyazaki, Y.Tomino, Y.Hiki, O.Matsumura, T.Ando
新薬と臨床   64(1) 3-15   2015年
H.Kimura, D.Mikami, K.Kamiyama, H.Sugimoto, K.Kasuno, N.Takahashi, H.yoshida, M.Iwano
Biochemical and Biophysical Research Communications   454(2) 320-327   2014年
T.Saito, M.Iwano, K.Matsumoto, T.Mitarai, H.Yokoyama, N.Yorioka, S.Nishi, A.Yoshimura, H.Sato, S.Ogahara, H.Shuto, Y.Kataoka, S.Ueda, A.Koyama, S.Maruyama, M.Nangaku, E.Imai, S.Matsuo, Y.Tomino
Clin Exp Nephrol   18(5) 784-94   2014年
K.Nakatani, O.Asai, H.Sakan, S.Yoshimoto, M.Terada, M.Nose, M.Iwano, N.Konishi
Mod Rheumatol   24(5) 808-815   2014年
T.Wada, M.Haneda, K.Furuichi, T.Babazono, H.Yokoyama, K.Iseki, SI.Araki, T.Ninomiya, S.Hara, Y.Suzuki, M.Iwano, E.Kusano, T.Moriya, H.Satoh, H.Nakamura, M.Shimizu, T.Toyama, A.Hara, H.Makino
Clin Exp Nephrol   18(4) 613-620   2014年

書籍等出版物

 
腎と透析 vol.77 No.3(分担執筆:糸球体足細胞の形質転換)
東京医学社   2014年   
微小変化型ネフローゼ症候群の治療(分担執筆:ネフローゼ症候群)
最新医学社   2013年   ISBN:0370-8241
血液症候群(第2版)(分担執筆:腎疾患に伴う赤血球増加症)
日本臨床社   2013年   ISBN:0047-1852
糸球体線維症
日本臨床   2012年   

講演・口頭発表等

 
関節液よりClostridium perfringens が検出された一例
日本臨床微生物学会総会・学術集会   2015年   
遺伝子検査を用いて早期診断し得た百日咳の一症例
第26回日本臨床微生物学会総会・学術集会   2015年   
血液透析患者におけるレムナント様リポ蛋白コレステロールとその臨床予測因子の解析
第61回日本臨床検査医学会学術集会   2014年   
ピタバスタチンによるコレステリルエステル転送蛋白発現抑制の分子機序の解析(臨床と基礎研究からの推測)
第61回日本臨床検査医学会学術集会   2014年   
用手的加圧法によるエラストグラフィを用いたウイルス性慢性肝炎における肝線維化評価法の検討
第61回日本臨床検査医学会学術集会   2014年   

Works

 
生体リンセンシング機構の統合的理解と生活習慣病予防への応用, 基盤研究(B)(一般)
2014年
糸球体腎炎に対する可溶型α-Klotho蛋白の新規治療薬としての有効性の検討, 基盤研究(C)(一般)
2014年
睡眠時無呼吸症候群-糖尿病性腎症連関(ポドサイト障害と尿中microRNA解析), 基盤研究(C)(一般)
2014年
レドックス生体応答反応を利用した新規のベッドサイド迅速酸化ストレス診断法の開発, 基盤研究(C)(一般)
2014年
脂質応答性転写因子の抗線維化作用の解析と新規治療薬の探索-低酸素性腎障害を中心に, 基盤研究(C)(一般)
2014年

競争的資金等の研究課題

 
糸球体硬化および間質線維化の進展機序解明 尿中バイオマーカーの開発