越智 百枝

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/08 10:17
 
アバター
研究者氏名
越智 百枝
 
オチ モモエ
学位
看護学博士(高知県立大学(元 高知女子大学))

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
香川大学 医学部 精神看護学 准教授
 
1994年
 - 
2000年
 愛媛県立医療技術短期大学地域看護学, 助手
 
1987年
 - 
1991年
 松山地方局 松山中央保健所 健康指導課, 技師
 
1991年
 - 
1994年
 西条地方局 丹原保健所, 技師
 

学歴

 
 
 - 
2000年
愛媛大学 医学系研究科 看護学専攻
 

委員歴

 
2005年4月
   
 
- 香川大学, 香川大学看護学雑誌
 

Misc

 
アルコール依存症者の家族のターニングポイントに関する研究
越智百枝, 野嶋佐由美
家族看護学研究   18(1) 25-36   2012年
ターニングポイントの概念分析
越智百枝
香川大学看護学雑誌   14(1) 1-8   2010年
精神科看護領域の看護診断―看護介入リンケージ開発の試み
越智百枝
高知女子大学紀要      2007年
断酒会に参加しているアルコール依存症者のどん底体験とそれに至るプロセス
越智百枝, 酒井由紀子, 高尾良子
香川大学看護学雑誌   11(1) 57-64   2007年
通所リハビリテーションに通う認知症高齢者のストレスの事例研究
大森美津子, 小林春男, 大浦智華, 越智百枝, 古川不二江, 植松昌也, 浅野幸恵, 谷岡哲也
香川大学看護学雑誌   11(1) 47-55   2007年

講演・口頭発表等

 
精神科病棟レクリエーションにおける看護師の意識調査
第42回日本看護学会 精神看護   2011年   
過去5年間の摂食障害患者の看護に関する文献検討
日本看護研究学会中国・四国地方会第24回学術集会   2011年   
アルコール依存症患者の家族のターニングポイント
The 3rd Joint Symposium between CMU and KU   2010年   
ターニングポイントの概念分析
日本看護研究学会中国・四国地方会   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
アルコール依存症者および家族への支援に関する研究
精神障害者の家族に関する研究
セルフヘルプグループ育成のための看護職の役割に関する研究