小城 勝相

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/05 00:00
 
アバター
研究者氏名
小城 勝相
 
コジョウ ショウスケ
URL
http://www.nara-wu.ac.jp/life/food/foodsafe/kojo/
所属
旧所属 奈良女子大学 生活環境学部 食物栄養学科(教員)
職名
教授
学位
薬学博士(九州大学), 工学修士(京都大学), 工学士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
   
 
- 奈良女子大学教授
 
1988年
 - 
1994年
 兵庫教育大学助教授
 
1975年
 - 
1976年
 博士研究員、MIT化学科
 
1975年
 - 
1988年
 京都大学医学部助手
 
1975年
   
 
 日本学術振興会奨励研究員
 

学歴

 
 
 - 
1975年
京都大学 工学研究科 合成化学
 
 
 - 
1970年
京都大学 工学部 合成化学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本農芸化学会  評議員
 
1996年
   
 
日本生化学会  評議員
 
2002年
   
 
日本栄養・食糧学会  評議員
 
1970年
 - 
2011年
日本化学会  
 
2005年
   
 
日本ビタミン学会  幹事
 

受賞

 
1995年
森永奉仕会賞
 
2009年
平成21年度日本ビタミン学会 学会賞
 

Misc

 
Photoacetylation of substituted adamantanes. Exclusive bridge-head substitution and a large ρ* value.
Tetrahedron Lett.   2329-2332   1973年
Selective functionalization of inactivated methine positions. 4-Acetyldiamantane.
J. Chem. Soc. Chem. Commun.   591   1974年
Phytochemistry of N2O5 with adamantanes.
Tetrahedron Lett.   1577-1580   1974年
Complex pH-rate profile of hematoporphyrin-Mn (IV) decay.
Tetrahedron Lett.   1577-1580   1974年
Intermediacy of hematoporphyrin-Mn (III) cation radical in the decay of hematoporphyrin-Mn (IV) in acidic media.
Tetrahedron Lett.   305-308   1975年

書籍等出版物

 
生命にとって酸素とは何かー生命を支える中心物質の働きをさぐる
講談社ブルーバックス   2002年   
光合成モデル反応におけるポルフィリン関連体の挙動
化学増刊 61, "Bioinorganic Chemistry"   1974年   
食物の安全性
「食物科学概論」的場輝佳編集、朝倉書店   2003年   
『新版 家政学辞典』
朝倉書店   2004年   
食の科学
日本放送出版協会   2005年   

Works

 
抗酸化系食品成分の生体内における実際の抗酸化力の評価
2005年 - 2005年
薬物肝障害における酸化ストレスとMAPK活性化に及ぼすビタミンEの効果
2006年 - 2006年
化学物質による肝炎での酸化ストレス亢進におけるKupffer細胞の役割
2009年 - 2009年
化学物質による肝炎におけるKupffer細胞の役割に関する研究
2009年 - 2008年
化学物質による肝炎におけるKupffer細胞の役割に関する研究(継続)
2010年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
生物におけるラジカル反応
研究期間: 1990年   
動脈硬化の診断法に関する研究
研究期間: 2003年   
ビタミンCの作用機構
研究期間: 1992年   
地球生命におけるL-アミノ酸の起源
研究期間: 2000年   
生体内における抗酸化剤の実際の効果
研究期間: 1995年   

特許

 
光学分割法および光学活性化合物の製造法
特許第4067319号
動脈硬化評価方法及び装置
特許第3819895号