基本情報

所属
東洋大学 文学部第一部 史学科 教授
学位
博士(文学)(東京大学)
文学修士(東京大学)

研究者番号
30202360
J-GLOBAL ID
200901032525134552

研究キーワード

  2

研究分野

  1

経歴

  2

委員歴

  5

論文

  110

書籍等出版物

  21

講演・口頭発表等

  11

Works(作品等)

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  11

その他

  72
  • 2019年12月 - 2019年12月
    紫式部学会編輯『むらさき』第56輯(85~89頁)に掲載。『源氏物語』が初出例である大和魂の本義を糸口に、「和魂漢才」の形で形成されてきた我が国の前近代の文化移入のあり方を検討し、遣唐使の推移に関する考察をもとに、「国風」化のはじまりの時期を従来よりも早める見解を示した。
  • 2019年3月 - 2019年3月
    佐藤信編『古代史講義 戦乱篇』(筑摩書房)(223~239頁)。昌泰の変として知られる菅原道真左降事件について、道真の生涯をたどりながら、宇多天皇・醍醐天皇や藤原基経・時平などとの関係をさぐりつつ、探究したもの。醍醐天皇の過剰反応と道真が醍醐天皇との間に諫臣としての信頼関係を構築することができなかった点を主因と考えた。
  • 2018年11月 - 2018年11月
    『歴史書通信』240号(60~61頁)。2017・28年に刊行の書籍で特に印象に残ったもの2点、これまでに出会った歴史書の中で「名著」と言えるもの3点を挙げた。
  • 2018年2月 - 2018年2月
    『日本歴史』837号(93~95頁)に掲載。内容紹介と若干の書評を行った。
  • 2017年9月 - 2017年9月
    『古代文化』69の2(148~149頁)