北村 知昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 15:49
 
アバター
研究者氏名
北村 知昭
 
キタムラ チアキ
所属
九州歯科大学
部署
歯学部 歯学科 口腔機能学講座 口腔保存治療学分野
職名
教授
学位
博士(歯学)(九州歯科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
九州歯科大学 口腔保存治療学分野 教授
 
2005年4月
 - 
2010年3月
九州歯科大学 齲蝕歯髄疾患制御学分野 准教授
 
1994年4月
 - 
2004年3月
九州歯科大学 歯科保存学第1講座 助手
 
1993年3月
 - 
1994年1月
National Institutes of Health, USA National Institute of Dental Research Postdoctoral fellow
 
1992年4月
 - 
1994年3月
学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
九州歯科大学 大学院歯学研究科 歯科保存修復学
 
1983年4月
 - 
1989年3月
九州歯科大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本歯科保存学会  編集委員会委員長
 
2017年4月
 - 
2018年3月
厚生労働省  歯科医師国家試験問題作成委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
厚生労働省  歯科医師国家試験問題作成委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
厚生労働省  歯科医師国家試験出題基準改定部会委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
厚生労働省  歯科医師国家試験問題作成委員
 
2014年12月
 - 
2015年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2013年12月
 - 
2014年11月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本歯科医師会  日本歯科医師会 疑義解釈委員会 委員
 

受賞

 
2012年6月
日本歯内療法学会 日本歯内療法学会専門医・指導医
 
2005年
日本歯科保存学会 日本歯科保存学会専門医・指導医
 
2004年
日本歯科保存学会 日本歯科保存学会学術賞
 
2002年
日本歯科保存学会 日本歯科保存学会デンツプライ賞
 
2001年
日本歯科保存学会 日本歯科保存学会デンツプライ賞
 
1999年
日本歯科保存学会 日本歯科保存学会認定医
 
1998年
日本歯科保存学会 日本歯科保存学会奨励賞
 
1992年
日本学術振興会 日本学術振興会 特別研究員
 

論文

 
Chemical alteration of Ag-Pd-Cu-Au alloy surface by alumina air-abrasion and its effect on bonding to resin cement
Miyahara H, Ikeda H, Fujio Y, Yoshii Y, Nagamatsu Y, Kitamura C, Shimizu H
Dental Materials Journal      2018年11月   [査読有り]
Preparation of gelatin hydrogel sponges incorporating bioactive glasses capable for the controlled release of fibroblast growth factor-2
Washio A, Teshima H, Yokota K, Kitamura C, Tabata Y
Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition      2018年11月   [査読有り]
In vitro evaluation of a novel root canal endoscope for visualizing the apex of curved root canal models and an extracted tooth.
Yoshii S, Fujimoto M, Okuda M, Kitamura C
Journal of Endodontics      2018年8月   [査読有り]
Endoscopic system based on intraoral camera and image processing.
Fujimoto M, Okuda M, Yoshii S, Ikezawa S, Ueda T, Tassery H, Cuisinier F, Kitamura C
IEEE Transaction on Medical Imaging      2018年6月   [査読有り]
In vitro and in vivo effects of a novel bioactive glass-based cement used as a direct pulp capping agent.
Hanada K, Morotomi T, Washio A, Yada N, Matsuo K, Teshima H, Yokota K, Kitamura C
Journal of Biomedical Materials Research: Part B - Applied Biomaterials      2018年   [査読有り]
根管充填後の疼痛発症に2種類の根管充填用シーラーが与える影響の検討.
吉居 慎二,諸冨 孝彦,藤元 政考,鷲尾 絢子,宮下 桂子,北村 知昭
日本歯内療法学会雑誌   39(2) 43-48   2018年   [査読有り]
A peptide that blocks the interaction of NF-kB p65 subunit with Smad4 enhances BMP2-induced osteogenesis.
Urata M, Kokabu S, Matsubara T, Sugiyama G, Nakatomi C, Takeuchi H, Hirata-Tsuchiya S, Aoki K, Tamura Y, Moriyama Y, Ayukawa Y, Matsuda M, Zhang M, Koyano K, Kitamura C, Jimi E
Journal of Cellular Physiology   233 7356-7366   2018年   [査読有り]
Development of an image sensor for dentistry - fiber connecting technique with the gradient index (GRIN) rod lens
Fujimoto M, Yoshii S, Ikezawa S, Ueda T, Kitamura C
SOLID STATE PHENOMENA   260 77-84   2017年   [査読有り]
Effects of polymer encapsulated glial cell line-derived neurotrophic factor secreting cells on odontoblast-like cell survival.
Saito N, Washio A, Miyashita K, Wahlberg LU, Emerich DF, Morotomi T, Nishihara T, Kitamura C
Journal of Regenerative Medicine   6(3) 1-7   2017年   [査読有り]
A testing method examining the dentinogenesis ability of the pulp cells for evaluation of the pulp irritation of the restorative materials.
Terashita M, Morotomi T, Matsuo K, Kitamura C
九州歯科学会雑誌   71(2) 21-32   2017年   [査読有り]
ラット象牙芽細胞様細胞 (KN-3)におけるカテキンの抗炎症作用.
平尾 功治,湯本 浩通,細川 由樹,蔵本 瞳,鷲尾 絢子,中西 正,武川 大輔,北村 知昭,松尾 敬志
日本歯科保存学会雑誌   60(5) 235-244   2017年   [査読有り]
Celexoxib inhibits osteoblast differentiation independent of cyclooxygenase activity.
Matsuyama A, Higashi S, Tanizaki S, Morotomi T, Washio A, Ohsumi T, Kitamura C, Takeuchi H
Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology   45(1) 75-83   2017年   [査読有り]
Two-year clinical comparison of flowable-type nano-hybrid composite and paste-type composite in posterior restoration.
Hirata-Tsuchiya S, Yoshii S, Ichimaru-Suematsu M, Washio A, Saito N, Urata M, Hanada K, Morotomi T, Kitamura C
Journal of Investigative and Clinical Dentistry   8(3) 1-5   2017年   [査読有り]
Ameloblastin upregulates inflammatory response through the induction of IL-1β in human macrophages.
Otsuka M, Okinaga T, Ariyoshi W, Kitamura C, Nishihara T
Journal of Cellular Biochemistry   118(10) 3308-3317   2017年   [査読有り]
新規バイオガラス配合根管充填用シーラーのラット臼歯根尖歯周組織に対する影響.
諸冨 孝彦,花田 可緒理,鷲尾 絢子,吉居 慎二,松尾  拡,北村 知昭
日本歯科保存学会雑誌   60(3) 120-127   2017年   [査読有り]
歯根膜細胞と骨芽細胞様細胞の細胞遊走能・生存能に対するバイオガラス配合シーラーの影響.
鷲尾 絢子,吉居 慎二, 諸冨 孝彦,前田 英史,北村 知昭
日本歯科保存学会雑誌   60(2) 96-104   2017年   [査読有り]
バイオガラス配合シーラーを用いた根管充填材の除去に関する検討.
鷲尾絢子, 吉居慎二,諸冨孝彦,北村知昭
日本歯科保存学会雑誌      2017年   [査読有り]
Development of an image sensor for dentistry - fiber connecting technique with the gradient index (GRIN) rod lens.
Fujimoto M, Yoshii S, Ikezawa S, Ueda T, Kitamura C
SOLID STATE PHENOMENA      2016年   [査読有り]
吉居慎二,鷲尾絢子, 諸冨孝彦,北村知昭
日本歯科保存学会雑誌   59(6) 463-471   2016年   [査読有り]
Okamoto K, Hirata-Tsuchiya S, Kitamura C, Omoteyama K, Sato T, Arito M, Kurokawa MS, Suematsu N, Kato T
Endocrinology   157(12) 4973-4986   2016年   [査読有り]
The bending strength and durability of fiber post and core systems using a sleeve.
Yoshii S, Shimizu H, Nishino T, Morotomi T, Washio A, Saito N, Kitamura C
日本歯科保存学会雑誌   59(5) 418-424   2016年   [査読有り]
Hosokawa Y, Hirao K, Yumoto H, Washio A, Nakanishi T, Takegawa D, Kitamura C, Matsuo T
BioMed Research International   2016 1-11   2016年   [査読有り]
Nakayama K, Hirata-Tsuchiya S, Okamoto K, Morotomi T, Jimi E, Kitamura C
Journal of Cellular Biochemistry   117 2552-2558   2016年   [査読有り]
鷲尾絢子,高倉那奈,伊東 優,宮原宏武,花田可緒理,浦田真梨子,松山篤史,藤元政孝,大塚麻衣,中山晧平,中川-吉居愛加,市丸-末松美希,西藤法子,吉居慎二,平田-土屋志津,永吉雅人,西野宇信,諸冨孝彦,北村知昭
日本歯科保存学会雑誌   59(4) 343-350   2016年   [査読有り]
Fujimoto M, Yoshii S, Ikezawa S, Ueda T, Kitamura C
IEEE Sensors Journal   16(13) 5211-5221   2016年   [査読有り]
Porphyrin and pentosidine involvement in the red fluorescence of enamel and dentin caries.
Slimani A, Nouioua F, Panayotov I, Giraudeau N, Kitamura C, Yoshii S, Cloitre T, Levallois B, Gergely C, Cuisinier F, Tassery H
International Journal of Experimental Dental Science   5(1) 1-10   2016年   [査読有り]
Morotomi T, Hirata-Tsuchiya S, Washio A, Kitamura C
Journal of Adhesive Dentistry   18(2) 111-118   2016年   [査読有り]
椎葉俊司,布昌仁,左合徹平,原野 望,吉田充広,坂本和美,小野堅太郎,北村知昭,鱒見進一
日本口腔顔面痛学会雑誌   8(1) 7-10   2016年   [査読有り]
吉居慎二,西野宇信,末松美希,諸冨孝彦,北村知昭
日本歯科保存学会雑誌   59(1) 40-46   2016年   [査読有り]
Ikeda E, Goto T, Gunjikake K, Kuroishi K, Ueda M, Kataoka S, Toyono T, Nakatomi M, Seta Y, Kitamura C, Nishihara T, Kawamoto T
Acta Histochemica et Cytochemica   49(1) 21-28   2016年   [査読有り]
Yeom K, Ariyoshi W, Okinaga T, Washio A, Morotomi T, Kitamura C, Nishihara T
International Endodontic Journal   49(3) 271-278   2016年   [査読有り]
Washio A, Nakagawa A, Nishihara T, Maeda H, Kitamura C
Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials   103(2) 373-380   2015年2月   [査読有り]
情動ストレスが慢性化した頭頸部筋・筋膜痛患者の交感神経活動に与える影響
椎葉俊司,布巻昌仁,左合徹平,原野 望,吉田充広,坂本和美,小野堅太郎,北村知昭,鱒見進一
日本口腔顔面痛学会雑誌   8(1) 7-11   2015年   [査読有り]
Effect of proinflammatory cytokines on the odontoblast differentiation and mineralization in odontoblast-like cells.
Nakagawa A, Okinaga T, Ariyoshi W, Morotomi T, Kitamura C, Nishihara T
Inflammation and Regeneration   35(4) 210-217   2015年   [査読有り]
Hirata-Tsuchiya S, Fukushima H, Katagiri T, Ohte S, Shin M, Nagano K, Aoki K, Morotomi T, Sugiyama G, Nakatomi C, Kokabu S, Doi T, Takeuchi H, Ohya K, Terashita M, Hirata M, Kitamura C, Jimi E
Molecular endocrinology (Baltimore, Md.)   28(9) 1460-1470   2014年9月   [査読有り]
Saito N, Ariyoshi W, Okinaga T, Kamegawa M, Matsukizono M, Akebiyama Y, Kitamura C, Nishihara T
Archives of oral biology   59(8) 835-840   2014年8月   [査読有り]
Morotomi T, Kitamura C, Okinaga T, Nishihara T, Sakagami R, Anan H
Archives of oral biology   59(7) 741-748   2014年7月   [査読有り]
永吉雅人,吉居慎二,角舘直樹,福泉隆喜,末松美希,平田-土屋志津,鷲尾絢子,西野宇信,矢野淳也,諸冨孝彦,北村知昭
日本歯科保存学会雑誌   57(5) 407-413   2014年   [査読有り]
 目的 : 本研究の目的は, 歯内治療における拡大法の違いが術後疼痛の発症に影響するかを検討することである.  材料と方法 : 九州歯科大学附属病院保存治療科を受診した105名の慢性根尖性歯周炎患者を対象として, 5年以上の経験をもつ歯科医師8名が, 根尖狭窄部を保存する拡大方法 (従来法) と根尖狭窄部を意図的に拡大する方法 (意図的拡大法) をそれぞれ53, 52名に対して実施した. 従来法と意図的拡大法における術後疼痛の発症割合の差および根管治療における術後疼痛発症要因について, 解...
中村 真理, 柿木 保明, 北村 知昭
アロマテラピー学雑誌   13(1) 41-46   2013年3月   [査読有り]
市丸 末松 美希, 永吉 雅人, 鷲尾 絢子, 平田 土屋 志津, 西野 宇信, 寺下 正道, 北村 知昭
日本歯内療法学会雑誌 = The journal of Japan Endodontic Association   34(1) 11-15   2013年1月   [査読有り]
Variety and complexity of 18F-FDG accumulations in oral cavity of patients with oral cancers
Kito S, Koga H, Kodama M, Habu M, Kokuryo S, Yamamoto N, Oda M, Nishino T, Zhang M, Matsuo K, Wakasugi-Sato N, Matsumoto-Takeda S, Seta Y, Yoshiga D, Kaneuji T, Nogami S, Yoshioka I, Yamashita Y, Tanaka T, Miyamoto I, Kitamura C, Tominaga K, Morimoto Y
Dentomaxillofacial Radiology   42(7)    2013年   [査読有り]
Study of endoscopy for dental treatment
Yoshii S, Zhang Y, Ikezawa S, Kitamura C, Nishihara T, Ueda T:
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   6(1) 1-17   2013年   [査読有り]
Kito S, Koga H, Kodama M, Yamamoto N, Kokuryo S, Habu M, Matsuo K, Nishino T, Kubota K, Muraoka K, Oda M, Wakasugi-Sato N, Matsumoto-Takeda S, Seta Y, Tanaka T, Miyamoto I, Yamashita Y, Kitamura C, Nakashima K, Takahashi T, Tominaga K, Morimoto Y
Oral surgery, oral medicine, oral pathology and oral radiology   114(6) e62-9   2012年12月   [査読有り]
西野 宇信, 矢野 淳也, 永吉 雅人, 鷲尾 絢子, 市丸 美希, 平田-土屋 志津, 吉居 慎二, 西藤 法子, 廉 〓勲, 中川 愛加, 中山 皓平, 寺下 正道, 北村 知昭
日本歯科保存学雑誌   55(6) 389-397   2012年12月   [査読有り]
目的:ミラー・スキル修得に効果的な実習・教育方法を確立することを目的として,特定実習(上顎咬合平面を想定した平面に貼付した用紙にアルファベットを書く実習)を被験者(学生)に行わせ,実習方法の違いが窩洞形成技術向上とミラー・スキル修得に与える影響を検討した.材料と方法:被験者を無作為にグループ1(n=7),グループ2(n=7)に振り分けた.実習は上顎左側第一大臼歯へのMO窩洞形成実習とし,実習(A)(特定実習を行ってからマネキン実習を実施),実習(B)(特定実習を行わずにマネキン実習を実施)...
鷲尾 絢子, 永吉 雅人, 平田-土屋 志津, 市丸 美希, 西野 宇信, 中川 愛加, 廉 〓勲, 西藤 法子, 吉居 慎二, 寺下 正道, 北村 知昭
日本歯科保存学雑誌   55(6) 365-372   2012年12月   [査読有り]
目的:不用意な根管治療によって生じた根管内器具破折により,破折片より先の根管および根尖孔外の感染除去は困難となり予後不良の経過を辿ることが多い.また,根管内破折器具を除去するために根管自体を大きく拡大すると,根管壁穿孔や歯根破折といった二次的な偶発事故を招くこともある.今回,九州歯科大学附属病院保存治療科において実施した根管内破折器具の除去成功率について調査を行った.材料と方法:2008年度から2010年度の3年度間に本学附属病院保存治療科を受診した初診患者のうち,根管内破折器具が存在する...
諸冨 孝彦, 北村 知昭, 寺下 正道, 水上 正彦, 松本 典祥, 春名 千英子, 泉 利雄, 阿南 壽
日本歯科保存学雑誌   55(5) 304-312   2012年10月   [査読有り]
Fujisawa M, Tokuda M, Morimoto-Yamashita Y, Tatsuyama S, Arany S, Sugiyama T, Kitamura C, Shibukawa Y, Torii M
Journal of endodontics   38(7) 931-935   2012年7月   [査読有り]
諸冨 孝彦, 北村 知昭, 水上 正彦, 板家 圭祐, 牛尾 悟志, 福田 泰子, 松本 典祥, 春名 千英子, 松浦 洋志, 泉 利雄, 阿南 壽
日本歯内療法学会雑誌 = The journal of Japan Endodontic Association   33(2) 105-112   2012年5月   [査読有り]
寺下 正道, 陳 克恭, 永吉 雅人, 北村 知昭
九州齒科學會雜誌 : Ky◆U016B◆sh◆U016B◆-Shika-Gakkai-zasshi   66(1) 1-6   2012年2月   [査読有り]
鷲尾 絢子, 中川 愛加, 廉 〓勲, 西藤 法子, 吉居 慎二, 平田 志津, 市丸 美希, 永吉 雅人, 矢野 淳也, 諸冨 孝彦, 西野 宇信, 寺下 正道, 北村 知昭
九州齒科學會雜誌 : Ky◆U016B◆sh◆U016B◆-Shika-Gakkai-zasshi   65(5) 198-204   2012年1月   [査読有り]
Washio A, Kitamura C, Morotomi T, Terashita M, Nishihara T
International journal of dentistry   2012 258469   2012年   [査読有り]
Takahashi Y, Yoshida A, Nagayoshi M, Kitamura C, Nishihara T, Awano S, Ansai T
Microbiology and immunology   55(12) 889-892   2011年12月   [査読有り]
鷲尾 絢子, 中川 愛加, 西藤 法子, 吉居 慎二, 平田 志津, 市丸 美希, 永吉 雅人, 矢野 淳也, 諸冨 孝彦, 寺下 正道, 北村 知昭
日本歯内療法学会雑誌 = The journal of Japan Endodontic Association   32(3) 206-211   2011年9月   [査読有り]
矢野 淳也, 永吉 雅人, 西野 宇信, 鷲尾 絢子, 平田 志津, 吉居 慎二, 西藤 法子, 諸冨 孝彦, 寺下 正道, 北村 知昭
日本歯科保存学雑誌   54(4) 242-249   2011年8月   [査読有り]
歯内治療学実習では手用ファイルを用いた術式の技術習得が基本であるが,回転式ニッケルチタン製(Ni-Ti)ファイルが臨床に導入されている今,学生教育における回転式Ni-Tiファイルの技術習得も必要とされている.一方,多様化した歯科医療に対応するため臨床系基礎実習の比率は減少し,学生の技術習得に十分な実習時間の確保が困難になりつつある.今回,回転式Ni-Tiファイルによる根管形成法の基礎実習において,実習方法の違いが術式・技術の定着と学生の意識に与える影響について比較した.九州歯科大学歯学科5...
Morotomi T, Kitamura C, Toyono T, Okinaga T, Washio A, Saito N, Nishihara T, Terashita M, Anan H
Journal of endodontics   37(7) 955-961   2011年7月   [査読有り]
Yano J, Kitamura C, Nishihara T, Tokuda M, Washio A, Chen KK, Terashita M
Journal of applied oral science : revista FOB   19(3) 218-222   2011年5月   [査読有り]
中村 真理, 柿木 保明, 北村 知昭
アロマテラピー学雑誌   11(1) 17-24   2011年3月   [査読有り]
Nagayoshi M, Nishihara T, Nakashima K, Iwaki S, Chen KK, Terashita M, Kitamura C
ISRN dentistry   2011 870364   2011年   [査読有り]
Hirata S, Kitamura C, Fukushima H, Nakamichi I, Abiko Y, Terashita M, Jimi E
Journal of cellular biochemistry   111(6) 1445-1452   2010年12月   [査読有り]
Inuyama Y, Kitamura C, Nishihara T, Morotomi T, Nagayoshi M, Tabata Y, Matsuo K, Chen K-K, Terashita M
Journal of Biomedical Materials Research: Part B - Applied Biomaterials   92(1) 120-128   2010年   [査読有り]
Noguchi F, Kitamura C, Nagayoshi M, Chen KK, Terashita M, Nishihara T
Journal of endodontics   35(5) 668-672   2009年5月   [査読有り]
吉田真理,北村知昭,藤本陽子,諸冨孝彦,永吉雅人,波多野圭紀,柿木保明,寺下正道
アロマテラピー学雑誌   9(1) 47-54   2009年3月   [査読有り]
Washio A, Kitamura C, Jimi E, Terashita M, Nishihara T
Experimental Cell Research   315(17) 3036-3043   2009年   [査読有り]
Ishimatsu H, Kitamura C, Morotomi T, Tabata Y, Nishihara T, Chen K-K, Terashita M
Jounral of Endodontics   35(6) 858-865   2009年   [査読有り]
永吉雅人,北村知昭,安保直樹,矢野淳也,諸冨孝彦,市丸美希,尾川幸雄,寺下正道
日本歯内療法学雑誌   29(2) 113-118   2008年5月   [査読有り]
貞方和明,北村知昭,矢野淳也,寺下正道
日本歯科保存学会雑誌   50(4) 521-529   2007年8月   [査読有り]
歯内治療の予後を確実にする条件の一つに,適切で緊密な根管充填がある.複雑な形態を有する根管を緊密に充填するには垂直加圧根管充填が有効といわれているが,加圧による根管充填材の根尖孔外溢出が懸念されている.今回,低温軟化型ガッタパーチャを用いた根管充填時にみられる根管充填材の根尖孔外溢出と根管充填法および根尖部歯周組織状態との関連を検討した.根管充填には,コンパクターを用いた回転圧により低温軟化型ガッタパーチャを填入する根管充填(単独法)およびマスターポイントを側方加圧後,アクセサリーポイント...
Kikuchi N, Kitamura C, Morotomi T, Inuyama Y, Ishimatsu H, Tabata Y, Nishihara T, Terashita M
Jounral of Endodontics   33(10) 1198-1202   2007年   [査読有り]
Nomiyama K, Kitamura C, Tsujisawa T, Nagayoshi M, Morotomi T, Terashita M, Nishihara T
Jounral of Endodontics   33(10) 1187-1191   2007年   [査読有り]
坂本 英治, 諸冨 孝彦, 北村 知昭
日本レーザー治療学会誌   6(2) 22-25   2007年   [査読有り]
Reoxygenation improves hypoxia induced pulp cell arrest.
Ueno Y, Kitamura C, Terashita M, Nishihara T
Journal of Dental Research   85(9) 824-828   2006年   [査読有り]
Kitamura C, Nishihara T, Ueno Y, Chen K-K, Morotomi T, Yano J, Nagayoshi M, Terashita M
Journal of Cellular Biochemistry   99(3) 797-806   2006年   [査読有り]
吉田真理,矢野淳也,藤本陽子,北村知昭,諸冨孝彦,永吉雅人,上野喜子,菊池直樹,野見山貴美子,農蘇千絵,陳 克恭,寺下正道
九州歯科学会雑誌   59(5.6) 210-214   2005年12月   [査読有り]
歯の喪失に至る歯周病や齲蝕は,口腔内微生物によって形成されるプラークに起因している.健全な口腔内環境を維持するには,患者の意識改革を得た上でプラークコントロールが継続されることが必要であり,そのためには歯科医師のみならず歯科衛生士の役割が重要となる.しかしながら,良好なプラークコントロールを得るたあに歯科衛生士による口腔衛生指導がどの程度必要なのか,また目標とした口腔衛生状態が得られた後の管理期間に良好な状態がどの程度持続し,またどの程度の間隔で歯科衛生士による衛生指導が必要かなど,口腔衛...
坂本英治,庄野庸雄,木尾哲朗,北村知昭,園木一男,椎葉俊司,有田正博,大住伴子,黒川英雄,西原達次,寺下正道,横田 誠
日本歯科医学教育学会雑誌   21(2) 183-188   2005年8月   [査読有り]
中村恵子,北村知昭,木尾哲朗,有田正博,庄野庸雄,黒川英雄,大住伴子,坂本英治,西田郁子,芳賀健輔,小城辰郎,一田利道,佐藤耕一,篠原雄二,粟野秀慈,園木一男,吉野賢一,瀬田祐司,村田貴俊,林田 裕,西原達次,横田 誠,寺下正道
九州歯科学会雑誌   59(3) 105-112   2005年8月   [査読有り]
我国の歯科医学教育において客観的臨床能力試験(OSCE)は2005年より本格導入される.本学でも2002年にOSCEトライアルを実施し,受験生を対象にアンケート調査をし,分析を行った.ほとんどの受験生が,OSCEトライアルの受験は有意義であり,今後の臨床実習の動機づけになると回答した.一方受験生にはOSCEトライアルの目的がよく理解されておらず,彼らは臨床実習カリキュラムが臨床技能の増進に十分ではないとも述べた.本学の歯科医学教育カリキュラムは検討の余地があるが,OSCEトライアルは学生の...
木尾哲朗,大住伴子,粟野秀慈,黒川英雄,北村知昭,有田正博,庄野庸雄,坂本英治,園木一男,西原達次,寺下正道,横田 誠
日本歯科医学教育学会雑誌   20(2) 60-71   2005年3月   [査読有り]
Kitamura C, Nishihara T, Ueno Y, Nagayoshi M, Kasugai S, Terashita M
Journal of Cellular Biochemistry   94(4) 826-834   2005年   [査読有り]
Morotomi T, Kawano S, Toyono T, Kitamura C, Terashita M, Uchida T, Toyoshima K, Harada H
Archives of Oral Biology   50(8) 695-705   2005年   [査読有り]
木尾哲朗,大住伴子,粟野秀慈,黒川英雄,北村知昭,有田正博,庄野庸雄,坂本英治,西原達次,横田 誠,寺下正道
日本歯科医学教育学会雑誌   20(1) 157-165   2004年12月   [査読有り]
北村知昭,木尾哲朗,有田正博,庄野庸雄,黒川英雄,大住伴子,坂本英治,西原達次,寺下正道,横田 誠
日本歯科医学教育学会雑誌   20(1) 118-126   2004年12月   [査読有り]
有田正博,西田郁子,吉野賢一,中村恵子,小城辰郎,北村知昭,木尾哲朗,大住伴子,坂本英治,庄野庸雄,黒川英雄,安細敏弘,一田利道,佐藤耕一,篠原雄二,瀬田祐司,園木一男,芳賀健輔,村田貴俊,林田 裕,横田 誠,寺下正道,西原達次
九州歯科学会雑誌   58(6) 213-222   2004年12月   [査読有り]
The OSCE Trials at Kyushu Dental College for 86 and 94 of fifth year students were individually performed on March 15 and December 6, 2003. The first trial consisted of 5 stations (medical interview, instruction of tooth brushing, rubberdam dry fi...
矢野淳也,北村知昭,諸冨孝彦,永吉雅人,寺下正道
日本歯科保存学会雑誌   47(6) 823-828   2004年12月   [査読有り]
Antimicrobial effect of ozonated water on bacteria invading dentinal tubules.
Nagayoshi M, Kitamura C, Fukuizumi T, Nishihara T, Terashita M
Journal of endodontics   30(11) 778-781   2004年11月   [査読有り]
諸冨孝彦,菊池直樹,野見山貴美子,上野喜子,永吉雅人,尾川幸雄,矢野淳也,農蘇千絵,北村知昭,陳 克恭,寺下正道
九州歯科学会雑誌   58(1) 15-23   2004年2月   [査読有り]
All of 1,620 first contact patients who visited the Department of operative dentistry and endodontics, Kyushu Dental College Hospital, from April, 2000 to March, 2002, were analyzed in order to make clear the characterization of first-appointed pa...
Nagayoshi M, Fukuizumi T, Kitamura C, Yano J, Terashita M, Nishihara T
Oral Microbiology and Immunology   19(4) 240-246   2004年   [査読有り]
尾川幸雄,北村知昭,諸冨孝彦,寺下正道
日本歯科保存学会雑誌   46(1) 37-45   2003年2月   [査読有り]
Effects of the cavity size on the apoptosis-induction during pulp wound healing
Kitamura C, Ogawa Y, Morotomi T, Terashita M
Operative dentistry   28(1) 75-79   2003年1月   [査読有り]
Masuda W, Nouso C, Kitamura C, Terashita M, Noguchi T
Archives of Biochemistry and Biophysics   420(1) 46-54   2003年   [査読有り]
Transient co-localization of c-Jun N-terminal kinase and c-Jun with heat shock protein 70 in pulp cells during apoptosis.
Kitamura C, Ogawa Y, Nishihara T, Morotomi T, Terashita M
Journal of Dental Research   81(2) 91-95   2003年   [査読有り]
Differential induction of apoptosis by capping agents during pulp wound healing.
Kitamura C, Ogawa Y, Morotomi T, Terashita M
Journal of Endodontics   29(1) 41-43   2003年   [査読有り]
Masuda W, Nouso C, Kitamura C, Terashita M, Noguchi T
Archives of oral biology   47(11) 757-762   2002年11月   [査読有り]
北村 知昭, 矢野 清美, 農蘇 千絵, 矢野 淳也, 寺下 正道
日本歯科保存学雑誌   45(5) 959-963   2002年10月   [査読有り]
矢野 淳也, 諸冨 孝彦, 北村 知昭, 農蘇 千絵, 三宅 清美, 陳 克恭, 尾川 幸雄, 永吉 雅人, 寺下 正道
九州齒科學會雜誌 : Kyushu-Shika-Gakkai-zasshi   56(3) 129-136   2002年6月   [査読有り]
To make clear the characterization of first-appointed patients at the clinic of operative dentistry and endodontics, Kyushu Dental College Hospital, we investigated the data of those patients who came here during the three years from April, 1997 t...
Comparison between two methods for fluorapatite determination.
Terashita M, Shono Y, Chen K-K, Kitamura C, Nouso C, Morotomi T, Yano J, Kawano N
九州歯科学会雑誌   56(6) 236-242   2002年   [査読有り]
Differental effects of capping agents on apoptosis during pulp wound healing.
Kitamura C, Ogawa Y, Morotomi T, Terashita M
Proceeding of the International Conference on Dentin ,Pulp Complex2001   135-136 135-136   2002年   [査読有り]
Primary and secondary induction of apoptosis in odontoblasts after cavity preparation of rat molars.
Kitamura C, Kimura K, Nakayama T, Toyoshima K, Terashita M
Journal of Dental Research   80(6) 1530-1534   2001年   [査読有り]
中山智子, 北村知昭, 木村健治郎
日本歯科保存学会雑誌   42(6) 1192-1204   1999年12月   [査読有り]
Temporal and spatial expression of c-jun and jun-B proto-oncogenes in pulp cells involved with reparative dentinogenesis after cavity preparation of rat molars.
Kitamura C, Kimura K, Nakayama T, Terashita M
Journal of Dental Research   78(2) 673-680   1999年   [査読有り]
小川孝雄, 陳 克恭, 庄野庸雄, 北村知昭, 井口由莉, 木村健治郎, 寺下正道
日本歯科保存学雑誌   41(1) 350-354   1998年2月   [査読有り]
北村 知昭, 小川 孝雄, 庄野 庸雄, 陳 克恭, 井口 由莉, 木村 健治郎, 農蘇 千絵, 中山 智子, 浜田 晶子, 米田 清之亮, 三宅 清美, 寺下 正道
九州齒科學會雜誌 : Kyushu-Shika-Gakkai-zasshi   51(6) 707-715   1997年12月   [査読有り]
To make clear the characterization of first-appointed patients at the clinic of 1 st conservative dentistry, Kyushu Dental Collage Hospital, we investigated the data of those patients who came here during the three years from April, 1994 to March,...
Expressions of c-jun and jun-B Proto-oncogenes in Odontoblasts during Development of Bovine Tooth Germs
Kitamura C, Terashita M
Journal of Dental Research   76(4) 822-830   1997年   [査読有り]

Misc

 
Current and future options for dental pulp therapy.
Morotomi T, Washio A, Kitamura C
The Japanese Dental Science Review      2018年9月   [査読有り][依頼有り]
生体深部イメージングと微細構造解析
奥田正浩,永原正章,青木隆敏,北村知昭,吉居慎二,藤元政考
北九州市立大学環境技術研究所機関誌 環境「創」   6 4-5   2018年   [依頼有り]
治療法開発につながるトランスレーショナル・リサーチ 第1回:口腔保存治療における研究ストラテジー
北村知昭
日本歯科評論   77(1) 159-162   2017年   [依頼有り]
治療法開発につながるトランスレーショナル・リサーチ. 第2回:バイオガラスを応用したバイオマテリアルの開発
鷲尾絢子,諸冨孝彦,花田可緒理,吉居慎二,田畑泰彦,北村知昭
日本歯科評論   77(2) 153-156   2017年   [依頼有り]
治療法開発につながるトランスレーショナル・リサーチ. 第3回:歯・歯周組織の診断治療用マイクロ内視鏡システムの開発
吉居慎二,藤元政考,植田敏嗣,北村知昭
日本歯科評論   77(3) 153-156   2017年   [依頼有り]
臨床エビデンスに基づいてフロアブル・コンポジットレジンを使う:臼歯咬合面修復から歯内治療まで
北村知昭,諸冨孝彦,鷲尾絢子,平田-土屋志津,吉居慎二,西藤法子,宮下桂子:
日本歯科評論   77(4) 141-145   2017年   [依頼有り]
Bioactive Glassが根尖歯周組織に最適な治癒環境を導く次世代型根管用シーラー「ニシカキャナルシーラーBG」
鷲尾絢子,北村知昭
Dental Diamond   8 178-183   2017年   [依頼有り]
Fine tuning between BMP and NF-κB pathways regulate osteoblastic bone formation
Hirata-Tsuchiya S, Fukushima H, Kokabu S, Kitamura C, Jimi E
Journal of Oral Bioscience   58 73-77   2016年   [査読有り][依頼有り]
歯の保存:限界を超えた新しい診断・治療法を目指して. 特別企画 歯の保存におけるNext Step -研究から臨床へ-
北村知昭,諸冨孝彦,鷲尾絢子,平田−土屋志津,吉居慎二,西藤法子:歯の保存:限界を超えた新しい診断・治療法を目指して. 特別企画 歯の保
歯界展望   128(4) 636-642   2016年   [依頼有り]
骨や歯髄の炎症は制御できるのか? 特別企画 歯の保存におけるNext Step -研究から臨床へ-
平田—土屋志津,岡本一起,自見英治郎,北村知昭
歯界展望   128(4) 650-662   2016年   [依頼有り]
バイオガラスで歯内療法のNext Stepへ. 特別企画 歯の保存におけるNext Step -研究から臨床へ-.
鷲尾絢子,吉居慎二,諸冨孝彦,田畑泰彦,北村知昭
歯界展望   128(4) 655-662   2016年   [依頼有り]
Dentin-pulp complex regeneration therapy following pulp amputation
Morotomi T, Tabata Y, Kitamura C
Advanced Techniques in Biology & Medicine   3(153) 1-5   2015年   [査読有り][依頼有り]
歯科疾患に対するコーンビームCTの臨床応用
森本泰宏,北村知昭,佐伯 桂,正木千尋,宮本郁也,小田昌史,青木隆憲,諸冨孝彦,牧 憲司,吉岡 泉,冨永和宏
九州歯科大学同窓会報   88 40-50   2015年   [依頼有り]
誌上臨床講座 歯内治療のスタンダードと難治性歯痛
北村知昭
九州歯科大学同窓会報   88 65-67   2015年   [依頼有り]
歯の治療学 治療機器・材料や技術などの発達によりこれまで以上に高度な歯の治療や機能回復が可能に
北村知昭
河合塾 Guideline   (7・8月号) 80-81   2015年   [依頼有り]
健康な歯は人生を豊かにします
北村知昭
讀賣新聞      2015年   [依頼有り]
認証評価トライアル(平成26年)実施状況について
北村知昭
日本歯科医学教育学会雑誌   31(3) 12-13   2015年   [依頼有り]
歯・歯周組織の微細構造を見るマイクロ・イメージファイバーシステム. 特別企画 歯の保存におけるNext Step -研究から臨床へ-
吉居慎二,植田敏嗣,池沢聡,北村知昭
歯界展望   128(4) 643-649   2015年   [依頼有り]
口腔内カメラ「ソプロケア」—コミュニケーションツールから診断アシストツールへ—
平田—土屋志津,西藤法子,中川愛加,中村真理,吉居慎二,北村知昭
歯界展望   123(2) 379   2014年   [依頼有り]
口腔内カメラ「ソプロケア」を導入した療養型病院における口腔管理システム
中村真理,正門直美,馬場三重子,白幡 聡,平田—土屋志津,北村知昭
デンタルハイジーン   34(4) 426-426   2014年   [依頼有り]
歯髄の創傷治癒と再生に向けた研究の展開.In: 特集 次世代の歯の治療 −歯髄・根尖歯周組織の再生− ①
北村知昭
歯界展望   124(1) 94-94   2014年   [依頼有り]
歯髄の創傷治癒と局所的再生療法:その背景と展望.In: 特集 次世代の歯の治療 −歯髄・根尖歯周組織の再生− ①
諸冨孝彦,田畑泰彦,阿南 壽,西原達次,北村知昭
歯界展望   124(1) 95-99   2014年   [依頼有り]
バイオガラス:象牙質・歯髄の局所的再生療法への応用.In: 特集 次世代の歯の治療 −歯髄・根尖歯周組織の再生− ①
鷲尾絢子,田畑泰彦,西原達次,北村知昭
歯界展望   124(1) 109-112   2014年   [依頼有り]
概論:歯髄の創傷治癒と再生に向けた研究の展開.In: 特集 次世代の歯の治療 −歯髄・根尖歯周組織の再生− ②
北村知昭
歯界展望   124(2) 314-314   2014年   [依頼有り]
抗炎症と骨再生誘導:炎症制御タンパク質の難治性根尖性歯周炎への応用.In: 特集 次世代の歯の治療 −歯髄・根尖歯周組織の再生− ②
平田-土屋志津,岡本一起,北村知昭
歯界展望   124(2) 334-337   2014年   [依頼有り]
臨床基礎教育における「シナリオベース実習」と「臨床推論学」
北村知昭
日本歯科医学教育学会雑誌   30(3) 21-22   2014年   [依頼有り]
歯科疾患に対するコーンビームCT の臨床応用
森本泰宏,北村知昭,佐伯 桂,正木千尋,宮本郁也,小田昌史,青木隆憲,諸冨孝彦,牧 憲司,細川隆司,吉岡 泉,冨永和宏
九州歯科学会雑誌   68(3) 29-39   2014年   [査読有り][依頼有り]
北村 知昭, 永吉 雅人, 西野 宇信, 鷲尾 絢子, 平田 土屋 志津, 市丸 末松 美希, 吉居 慎二, 西藤 法子, 廉 炅勲, 中川 愛加, 中山 皓平
九州齒科學會雜誌 : Ky◆U016B◆sh◆U016B◆-Shika-Gakkai-zasshi   67(1) 1-4   2013年2月   [依頼有り]
歯に生じた硬組織疾患を見つけ出す −ソプロライフ®とダイアグノデントペン®−
鷲尾絢子,平田志津,市丸美希,西藤法子,北村知昭
歯界展望   119(1) 124-131   2012年   [依頼有り]
Tanne K, Papagerakis P, Papaccio G, Kitamura C, Tanimoto K
International journal of dentistry   2012 586701   2012年   [査読有り]
Jimi E, Hirata S, Osawa K, Terashita M, Kitamura C, Fukushima H
International journal of dentistry   2012 148261   2012年   [査読有り]
Kitamura C, Nishihara T, Terashita M, Tabata Y, Washio A
International journal of dentistry   2012 190561   2012年   [査読有り]
Regeneration approach for dental pulp and periapical tissues with growth factors, biomaterials, and laser irradiation.
Kitamura C, Nishihara T, Terashita M, Tabata Y, Jimi E, Washio A, Hirata S
Polymers   3(4) 1776-1793   2011年   [査読有り][依頼有り]
プロビスタを用いた「プロビジョナルレストレーションの省力化」
西野宇信,永富勝広,永松 浩,矢野淳也,北村知昭
日本歯科評論   71(4) 113-119   2011年   [依頼有り]
北村 知昭, 西野 宇信, 矢野 淳也, 永吉 雅人, 鷲尾 絢子, 平田 志津, 吉居 慎二, 西藤 法子
九州齒科學會雜誌 : Ky◆U016B◆sh◆U016B◆-Shika-Gakkai-zasshi   64(3) 66-73   2010年10月
コンポジットレジン修復システムの構築−フロアブルレジンを用いる簡便な修復システム「MIフィリングシステム」−
寺下正道,北村知昭,西野宇信
ジーシー・サークル   135 12-15   2010年   [依頼有り]
諸冨孝彦,北村知昭,寺下正道
九州歯科学会雑誌   62(3/4) 115-118   2008年10月   [査読有り]
Xiaotao L, Guan X, Ueda T, Tomita S, Nishihara T, Kitamura C
Proceeding of 2008 International Conference on Computer and Electrical Engineering   241-244   2008年   [査読有り]
2008.
垂直加圧根管充填における根尖孔外への溢出の予測.
矢野淳也,北村知昭,寺下正道
歯界展望特別号   335-335   2005年   [依頼有り]
北村知昭
日本歯科保存学会雑誌   47(6) 764-766   2004年12月   [査読有り][依頼有り]
Apoptosis in pulp wound healing.
Terashita M, Kitamura C
Dentistry in Japan   40 43-47   2004年   [査読有り][依頼有り]
Differential effects of capping agents on apoptosis during pulp wound healing.
Kitamura C, Ogawa Y, Morotomi T, Terashita M
Proceeding of the International Conference on Dentin/Pulp Complex 2001   135-136   2002年   [査読有り][依頼有り]
垂直加圧根管充填材「タックエンドガター」による効率的な根管充填法.
北村知昭, 三宅清美, 寺下正道
歯界展望   100(6) 1327-1332   2002年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
デンタルダイヤモンド増刊 器材・薬剤からみる歯内療法のすぐれモノ
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:治療用機器,エルゴノミクスの視点を取り入れた快適性 ライカマイクロシステムズ歯科用マイクロスコープ/イニシャルトリートメントからりトリートメントまで!ニシカキャナルシーラーBG)
デンタルダイヤモンド社   2018年   
歯内治療学 第5版
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:歯科用実体顕微鏡を応用した歯内治療)
医歯薬出版株式会社   2018年   
マストオブ・リトリートメント
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:結合性シーラー)
デンタルダイヤモンド社   2018年   
第5版 エンドドンティクス
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:高齢者の歯内療法)
永末書店   2018年   
デンタルダイヤモンド別冊 歯内療法のレベルアップ&ヒント
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:シーラーの選択)
デンタルダイヤモンド社   2017年   
高齢者への戦略的歯科治療 −自立高齢者にしておきたいこと 寝たきり高齢者にできること−
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:第1章 高齢者の各ライフステージに応じた歯科治療と口腔健康管理)
医歯薬出版株式会社   2017年   
保存修復学専門用語集第2版
北村 知昭 (担当:共著)
医歯薬出版株式会社   2017年   
第五版 保存修復学21
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:検査・診断・治療方針(計画))
永末書店   2017年   
Sensors for Everyday Life
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:Development of novel image sensor for root canal observation.)
Springer International Publishing AG   2016年   
口腔顔面痛の診断と治療ガイドブック 第2版
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:歯原性歯痛)
医歯薬出版株式会社   2016年   
新臨床研修歯科医ハンドブック 平成28年度診療報酬改定対応版
北村 知昭 (担当:共著)
医歯薬出版株式会社   2016年   
赤峰昭文, 荒木孝二, 伊藤祥作, 小木曽文内, 北村知昭, 木村裕一, 砂川光宏, 中川寛一, 中田和彦, 野杁由一郎, 林善彦, 細矢哲康, 前田宗宏, 松尾敬志, 村松敬, 諸冨孝彦, 薮根敏晃, 横瀬敏志, 吉嶺嘉人 (担当:共著)
永末書店   2015年4月   ISBN:4816012893
日本歯科評論別冊2015 最新・歯内療法の器具・器材と臨床活用テクニック
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:FKG レイス(RaCe)の活用 –様々な症例に対応可能なレイスシステム)
ヒョーロン・パブリッシャーズ   2015年   
エンドドンティックス 第四版
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:高齢者の歯内療法)
永末書店   2015年   
The Quintessence YEARBOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい! 世界の歯内療法の潮流 —第9回世界歯内療法会議の主な演題から—
北村 知昭 (担当:共著, 範囲:生活歯の亀裂・破折に関する臨床調査 現状と展望/高解像度歯内療法用ファイバースコープの研究)
クインテッセンス出版   2014年   
北村 知昭
医歯薬出版   2013年4月   ISBN:4263443888
口腔顔面痛の診断と治療ガイドブック
北村 知昭 (担当:共著)
医歯薬出版株式会社   2013年   
歯内治療学専門用語集
北村 知昭 (担当:共著)
医歯薬出版株式会社   2013年   
必修臨床研修歯科医ハンドブック 第3版
北村 知昭 (担当:共著)
医歯薬出版株式会社   2012年   
歯科臨床研修マニュアル 起こりうる問題点と解決法 第2版
北村 知昭 (担当:共著)
2012年   
歯内治療学 第4版
北村 知昭 (担当:共著)
医歯薬出版株式会社   2012年   
北村知昭, 柿木保明 (担当:共著)
医歯薬出版   2011年11月   ISBN:4263443519
保存修復学21 第4版
北村 知昭 (担当:共著)
永末書店   2011年   
必修臨床研修歯科医ハンドブック第2版(共著)
医歯薬出版株式会社   2010年   
保存修復クリニカルガイド 第2版(共著)
医歯薬出版株式会社   2009年   
保存修復専門用語集(共著)
医歯薬出版株式会社   2008年   
グラディアフォルテ・パールエステ・エステニアC&B
寺下正道,陳 克恭,北村知昭,森 亮太 (担当:共著, 範囲:グラディアフォルテ・パールエステ・エステニアC&B)
医歯薬出版株式会社   2007年   
保存修復学 第5版(共著)
医歯薬出版株式会社   2007年   
歯内治療学 第3版(共著)
医歯薬出版株式会社   2007年   
歯科技工別冊 メタルフリーレストレーションとCAD/CAM技工の最前線.(共著)
医歯薬出版株式会社   2007年   
保存修復学21 第三版(共著)
永末書店   2006年   
必修臨床研修歯科医ハンドブック(共著)
医歯薬出版株式会社   2006年   
歯科臨床ハンドブック−臨床ヒント集ダイジェスト版−(共著)
クインテッセンス出版株式会社   2005年   
歯科医療現場における感染制御のためのCDCガイドライン.(共著)
メディカ出版   2004年   
カラーアトラスハンドブック保存修復臨床ヒント集.(共著)
クインテッセンス出版株式会社   2004年   
The Quintessence YEARBOOK 2003 現代の治療指針 全治療分野とカリオロジー(共著)
クインテッセンス出版   2003年   
保存修復学21 改定版(共著)
永末書店   2002年   
カラーアトラス保存修復の臨床(共著)
医歯薬出版株式会社   1996年   

講演・口頭発表等

 
シリコンカーバイドブラスト処理が金銀パラジウム合金の接着に及ぼす効果
宮原宏武,池田 弘,吉居慎二,永松有紀,北村知昭,清水博史
第37回日本接着歯学会学術大会   2018年11月10日   
象牙芽細胞様細胞(KN-3)の石灰化における機械刺激センサーTRPV4チャネルの影響
畠山純子,畠山雄次,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭,阿南 壽
日本歯科保存学会第149回秋季学術大会   2018年11月1日   
GDNF及びVEGFを分泌する細胞封入ディバイスのヒトセメント芽細胞生存能への影響
宮下桂子,鷲尾絢子,諸冨孝彦, Wahlberg Lars,Emerich Dwaine,西藤法子,北村知昭
日本歯科保存学会第149回秋季学術大会   2018年11月1日   
アルミナブラスト処理が金銀パラジウム合金に及ぼす機械的・化学的作用と接着への効果
宮原宏武,池田 弘,吉居慎二,清水博史,北村知昭
日本歯科保存学会第149回秋季学術大会   2018年11月1日   
ファイバーポストの光透過性が支台築造用コンポジットレジンの重合状態に及ぼす影響
三浦弘喜,吉居慎二,藤元政孝,北村知昭
日本歯科保存学会第149回秋季学術大会   2018年11月1日   
新規NIK阻害剤Cpd33の破骨細胞分化抑制効果の検討
高倉那奈,松田美穂,日浦史隆,自見英治郎,北村知昭
日本歯科保存学会第149回秋季学術大会   2018年11月1日   
Bioactive Glass配合バイオセラミックス系根管用シーラー「ニシカキャナルシーラーBG」を用いた根管充填症例の短期調査
鷲尾絢子,三浦弘喜,諸冨孝彦,吉居慎二,藤元政考,末松美希,宮原宏武,宮下桂子,高倉那奈,村田一将,北村知昭
日本歯科保存学会第149回秋季学術大会   2018年11月1日   
Translational research for future, advanced, and present Endodontic therapies [招待有り]
Kitamura C
International Federation of Endodontic Association (IFEA), The 11th World Endodontic Congress   2018年10月5日   
Effects of dopamine on odontoblastic differentiation
Fujino S, Hamano S, Tomokiyo A, Hasegawa D, Yoshida S, Sugii H, Washio A, Mitarai H, Nozu A, Arima M, Wada N, Kitamura C, Maeda H
International Federation of Endodontic Association (IFEA), The 11th World Endodontic Congress   2018年10月4日   
The TRPV4 mechanosensor contributes to mineralization in the KN-3 odontoblast-like cell line
Hatakeyama J, Anan H, Hatakeyama Y, Washio A, Morotomi T, Kitamura C
International Federation of Endodontic Association (IFEA), The 11th World Endodontic Congress   2018年10月4日   
Study of novel dental endoscopic system with intraoral camera and image probe for the observation of root canal
Fujimoto M, Okuda M, Yoshii S, Ikezawa S, Ueda T, Kitamura C
International Federation of Endodontic Association (IFEA), The 11th World Endodontic Congress   2018年10月4日   
Bioactive Glass配合バイオセラミックス系根管用シーラー:From Bench to Clinic [招待有り]
北村知昭
西日本歯内療法学会学術大会   2018年9月9日   
新規NIK阻害剤のRANKL誘導性破骨細胞分化への影響の検討
高倉那奈,松田美穂,日浦史隆,北村知昭,自見英治郎
第60回歯科基礎医学会学術大会   2018年9月5日   
Application of bioactive glass for regenerative medicine of dental-pulp complex [招待有り]
Washio A, Morotomi T, Tabata Y, Kitamura C
5th TERMIS World Congress   2018年9月4日   
ブラスト処理による金銀パラジウム合金の酸化と接着強さに対する影響
宮原宏武,池田 弘,永松有紀,吉居慎二,北村知昭,清水博史
日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー   2018年8月17日   
保存修復歯の破折可能性に関する有限要素解析:ファイバーポストと歯根膜の材料特性の改良
山田 宏,盛 智紀,北村知昭,吉居慎二,藤元政考
第60回歯科基礎医学会学術大会   2018年8月17日   
シナリオベース実習を組込んだ体験先導型臨床基礎教育後の学生アンケート調査 - 2014-2017年度 -
諸冨孝彦,角舘直樹,鷲尾絢子,吉居慎二,宮下桂子,藤元政考,西原達次,北村知昭
第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会   2018年7月27日   
Chemical effects of alumina air-abrasion on bonding of Ag-Pd-Cu-Au alloy
Miyahara H, Shimizu H, Ikeda H, Nagamatsu Y, Yoshii S, Kitamura C
IADR/PER General Session & Exhibition   2018年7月25日   
機械刺激センサーTRPV4を介した象牙芽細胞様細胞(KN-3)の石灰化への影響
畠山純子,畠山雄次,松本典祥,水上正彦,松崎英津子,泉 利雄,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭,阿南 壽
第39回 日本歯内療法学会学術大会   2018年7月7日   
象牙芽細胞分化に及ぼすドーパミンの影響について
藤野翔香,濱野さゆり,友清 淳,長谷川大学,吉田晋一郎,杉井秀樹,鷲尾絢子,御手洗裕美,野津葵,有馬麻衣,和田尚久,北村知昭,前田英史
第39回日本歯内療法学会学術大会   2018年7月7日   
ニシカキャナルシーラーBG根管充填後のラット根尖歯周組織応答
諸冨孝彦,花田可緒理,鷲尾絢子,吉居慎二,北村知昭
第39回日本歯内療法学会学術大会   2018年7月7日   
バイオセラミックス系根管用シーラー「ニシカキャナルシーラーBG」を用いた根管充填症例の短期間調査
鷲尾絢子,諸冨孝彦,三浦弘喜,藤元政考,吉居慎二,宮下桂子,花田可緒理,北村知昭
第39回日本歯内療法学会学術大会   2018年7月7日   
ニシカキャナルシーラーBG充填後のラット根尖歯周組織創傷治癒プロセス
諸冨孝彦,花田可緒理,鷲尾絢子,吉居慎二,永吉雅人,北村知昭
日本歯科保存学会第148回春季学術大会   2018年6月14日   
Robust Principle Component Analysisを用いたノイズ除去とコントラスト強調による歯科用内視鏡取得画像の視認性向上
藤元政考,吉居慎二,奥田正浩,池沢 聡,植田敏嗣,西野宇信,北村知昭
日本歯科保存学会第148回春季学術大会   2018年6月14日   
リン酸系モノマーがアルミナブラスト処理した金銀パラジウム合金の接着に及ぼす効果
宮原宏武,吉居慎二,清水博史,北村知昭
日本歯科保存学会第148回春季学術大会   2018年6月14日   
ヒトセメント芽細胞に対するBioactive Glass配合バイオセラミックス系根管用シーラーの生体親和性
鷲尾絢子,諸冨孝彦,手嶋浩貴,横田兼欣,末松美希,北村知昭
日本歯科保存学会第148回春季学術大会   2018年6月14日   
クリニカルクラークシップにおける双方向型e-ポートフォリオシステムの活用について
村岡宏祐,粟野秀慈,河野通直,近藤祐介,中村太志,宮下桂子,宮嶋隆一郎,谷岡正行,吉岡 泉,細川隆司,中島啓介,北村知昭,鱒見進一
第78回九州歯科学会,   2018年5月12日   
新規NIK阻害剤の骨吸収抑制効果の検討
高倉那奈,自見英治郎,古株彰一郎,松原琢磨,北村知昭
第78回九州歯科学会,   2018年5月12日   
新しい画像処理技術を用いた歯科用内視鏡システムによる取得画像の視認性向上の検討
藤元政考,吉居慎二,北村知昭
第78回九州歯科学会,   2018年5月12日   
アルミナブラスト処理によって生じる金銀パラジウム合金表面の化学的改質と接着性モノマーの作用機序
宮原宏武,池田 弘,吉居慎二,永松有紀,北村知昭,清水博史
第78回九州歯科学会   2018年5月12日   
新規Bioactive glass配合根管用シーラーがセメント芽細胞に及ぼす影響
鷲尾絢子,竹内 弘,北村知昭
第78回九州歯科学会   2018年5月12日   
Effect of MDP contained primer on adhesive bonding for alumina air-abraded Ag-Pd-Cu-Au alloy
Miyahara H, Ikeda H, Nagamatsu Y, Yoshii S, Kitamura C, Shimizu H
6th Asian Pacific International Conference   2018年5月11日   
根尖歯周組織の局所的再生誘導治療におけるBioactive glassおよびゼラチンの応用
鷲尾絢子,手嶋浩貴,横田兼欣,北村知昭,田畑泰彦
第17回日本日本再生医療学会総会   2018年3月21日   
北九州市における医歯工連携の取り組みについて [招待有り]
藤元政考,奥田正浩,吉居慎二,池沢 聡,植田敏嗣,青木隆敏,永原正章,北村知昭
2018年電子情報通信学会総合大会   2018年3月20日   
アルミナブラスト処理による金銀パラジウム合金中の銅の酸化と接着に及ぼす影響
宮原宏武,池田 弘,吉居慎二,永松有紀,北村知昭,清水博史
第36回日本接着歯学会学術大会   2017年11月25日   
根尖歯周組織の再生誘導に用いるバイオガラス-ゼラチンスポンジの作製と評価
鷲尾絢子,手嶋浩貴,横田兼欣,北村知昭,田畑泰彦
第39回日本バイオマテリアル学会大会   2017年11月21日   
機械刺激センサーTRPV4を介する象牙芽細胞様細胞(KN-3)における石灰化機構の解明
畠山純子,畠山雄次,松本典祥,水上正彦,松崎英津子,泉 利雄,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭,阿南 壽
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
セレコキシブのBMPシグナル阻害を介した骨芽細胞分化抑制
松山篤史, 鷲尾絢子, 諸冨孝彦, 北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
BMPによる骨形成を促進するペプチドの開発を目的としたNF-κBとSmad4の会合領域の同定
浦田真梨子,自見英治郎,平田-土屋志津,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
in vivo研究における新規Bioactive Glass配合根管用シーラーの根尖歯周組織に対する影響
諸冨孝彦,花田可緒理,鷲尾絢子,吉居慎二,北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
アルミナブラスト処理による金銀パラジウム合金表面の変化と接着に及ぼす効果
宮原宏武,吉居慎二,池田 弘,永松有紀,清水博史,北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
細胞封入ディバイスから持続的に供給されるGDNFによる象牙芽細胞様細胞生存の増強
宮下桂子,西藤法子,諸冨孝彦,鷲尾絢子,Wahlberg Lars,Emerich Dwaine,北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
新規bioactive glass配合セメントの直接覆髄材としての効果
花田可緒理,諸冨孝彦,鷲尾絢子,北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
根管内視鏡と市販の口腔内カメラとの融合による微細構造観察システムの開発
藤元政考,吉居慎二,奥田正浩,池沢 聡,植田敏嗣,北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
象牙質・歯髄複合体および根尖歯周組織の局所再生療法に用いるBioactive glass-Gelatin composed Spongeの有効性の検討
鷲尾絢子,手嶋浩貴,横田兼欣,田畑泰彦,北村知昭
第147回日本歯科保存学会学術大会   2017年10月26日   
マイクロエンドドンティクスによる歯内治療の品質向上 [招待有り]
北村知昭
日本歯内療法学会認定研修会   2017年10月8日   
DEX刺激によるIFT88を介した細胞増殖抑制とCcn4, 5発現抑制
西山依理子,河田かずみ,青山絵理子,成田啓之,竹田 扇,西原達次,北村知昭,西藤法子,滝川正春,吉山昌宏,久保田聡
第38回岡山歯学会総会ならびに学術集会   2017年10月1日   
BMPによる骨形成促進を目的としたSmad4とNF-κB p65の会合領域の検討
浦田真梨子,松原琢磨,中富千尋,平田-土屋志津,古株彰一郎,張 皿,北村知昭,自見英治郎
第59回歯科基礎医学会総会   2017年9月16日   
アルミナブラスト処理が金銀パラジウム合金とMMA/TBBレジンセメントの接着に及ぼす影響
宮原宏武,池田 弘,永松有紀,吉居慎二,北村知昭,清水博史
平成29年度 日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー   2017年8月18日   
e-logbookを用いたケース管理の動向
村岡宏祐,河野稔広,小城辰郎,諸冨孝彦,谷岡正行,北村知昭,細川隆司,鱒見進一,粟野秀慈
第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会   2017年7月28日   
e-logbookシステムを基盤とした双方向型e-ポートフォリオシステムについて
粟野秀慈,村岡宏祐,河野稔広,小城辰郎,諸冨孝彦,谷岡正行,北村知昭,細川隆司,鱒見進一
第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会   2017年7月28日   
臨床基礎教育への体験先導型シナリオベース実習の導入と教育効果
諸冨孝彦,角舘直樹,宮下桂子,吉居慎二,鷲尾絢子,西原達次,北村知昭
第36回日本歯科医学教育学会総会および学術大会   2017年7月28日   
象牙芽細胞様細胞(KN-3)における機械刺激センサーTRPV4を介した石灰化機構の解明
畠山純子,畠山雄次,松本典祥,水上正彦,松崎英津子,泉 利雄,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭,阿南 壽
第38回 日本歯内療法学会学術大会   2017年7月22日   
湾曲根管模型の根尖部観察における試作根管内視鏡の有用性
吉居慎二,藤元政考,北村知昭
第38回 日本歯内療法学会学術大会   2017年7月22日   
新規バイオガラス配合根管充填用シーラーのラット臼歯根尖歯周組織への影響
諸冨孝彦,花田可緒理,鷲尾絢子,吉居慎二,北村知昭
第38回 日本歯内療法学会学術大会   2017年7月22日   
in vitroおよびin vivoにおける新規バイオガラス配合セメントの直接覆髄薬としての評価
花田可緒理,諸冨孝彦,鷲尾絢子,北村知昭
第38回 日本歯内療法学会学術大会   2017年7月22日   
新規バイオガラス配合根管充塡用シーラーおよびバイオセラミック系シーラーの生体親和性
鷲尾絢子,花田可緒理,吉居慎二,諸冨孝彦,北村知昭
第38回 日本歯内療法学会学術大会   2017年7月22日   
現代歯内治療の品質向上とパラダイムチェンジ [招待有り]
北村知昭
愛知学院大学歯学会   2017年6月24日   
BMP-SmadシグナルにMTI-II Peptide Anti-Inflammatory Drug (MPAID)が与える影響
平田-土屋志津,岡本一起,鈴木茂樹,本山直世,永安慎太郎,小武家誠司,柴 秀樹,北村知昭
第146回日本歯科保存学会学術大会   2017年6月8日   
新規バイオガラス配合根管充填用シーラーの根尖歯周組織に対する影響
諸冨孝彦,花田可緒理,鷲尾絢子,吉居慎二,北村知昭
第146回日本歯科保存学会学術大会   2017年6月8日   
根管充填シーラーの違いによる術後疼痛発生頻度の比較検討
吉居慎二,西藤法子,諸冨孝彦,浦田真梨子,鷲尾絢子,宮下桂子,松山篤史,大塚麻衣,藤元政考,花田可緒理,高倉那奈,宮原宏武,西野宇信,北村知昭
第146回日本歯科保存学会学術大会   2017年6月8日   
細胞封入型ディバイスから分泌されるGDNFおよびVEGFが象牙芽細胞様細胞の生存能に与える影響
西藤法子,諸冨孝彦,鷲尾絢子,Wahlberg Lars,Emerich Dwaine,北村知昭
第146回日本歯科保存学会学術大会   2017年6月8日   
歯根膜細胞・骨芽細胞様細胞に対する新規バイオガラス配合シーラーの生体親和性
鷲尾絢子,吉居慎二,諸冨孝彦,末松美希,北村知昭
第146回日本歯科保存学会学術大会   2017年6月8日   
新規バイオガラス配合セメントが示す覆髄材としての有用性
花田可緒理,諸冨孝彦,鷲尾絢子,永吉雅人,北村知昭
第146回日本歯科保存学会学術大会   2017年6月8日   
e-logbook導入によって得られた臨床実習の評価
河野通直,村岡宏祐,河野稔広,諸冨孝彦,小城辰郎,吉岡 泉,鱒見進一,北村知昭,細川隆司,粟野秀慈
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
セレコキシブによる骨形成シグナルの抑制は、シクロオキシゲナーゼ活性に非依存的である
松山篤史,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭,竹内 弘
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
歯内・歯周病変を高精度に診断する内視鏡の開発と性能評価
藤元政考,吉居慎二,北村知昭
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
Smad4とNF-κB p65の結合領域の検討
浦田真梨子,松原琢磨,古株彰一郎,中富千尋,土屋-平田志津,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭,自見英治郎
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
アルミナブラスト処理による金銀パラジウム合金の表面性状の変化
宮原宏武,池田 弘,永松有紀,吉居慎二,北村知昭,清水博史
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
2種類の根管充填シーラーによる術後疼痛発生頻度の比較
吉居慎二,西藤法子,諸冨孝彦,浦田真梨子,鷲尾絢子,宮下桂子,松山篤史,大塚麻衣,藤元政考,花田可緒理,高倉那奈,宮原宏武,北村知昭
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
in vivo研究による新規バイオガラス配合根管充填用シーラーの生体親和性の検討
諸冨孝彦,花田可緒理,鷲尾絢子,吉居慎二,矢田直美,松尾 拡,北村知昭
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
直接覆髄材としての新規バイオガラス配合セメントが歯髄に及ぼす影響
花田可緒理,諸冨孝彦,矢田直美,鷲尾絢子,松尾 拡,北村知昭
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
各種細胞に対する新規バイオガラス配合シーラーの生体親和性
鷲尾絢子,吉居慎二,諸冨孝彦,竹内 弘,北村知昭
第77回九州歯科学会総会   2017年5月20日   
In vitro and in vivo effects of newly developed bioactive glass cements as a direct pulp capping agent
Hanada K, Morotomi T, Yada N, Washio A, Matsuo K, Kitamura C
5th Asian Pacific International Conference   2017年5月11日   
Identification of the binding region of NF-κB-p65 on Smad4.
Urata M, Matsubara T, Kokabu S, Nakatomi C, Zhang M, Hirata-Tsuchiya S, Kitamura C, Jimi E
5th Asian Pacific International Conference   2017年5月11日   
Effect of alumina air-abrasion and priming agents on adhesive bonding for Ag-Pd-Cu-Au alloy
Miyahara H, Ikeda H, Nagamatsu Y, Yoshii S, Kitamura C, Shimizu H
5th Asian Pacific International Conference   2017年5月11日   
1UPエンドドンティクスとパラダイムシフト [招待有り]
北村知昭
新潟歯学会   2017年4月15日   
保存修復歯の破折におけるファイバーポスト側面の剥離可能性に関する有限要素解析
盛 智紀,北村知昭,吉居慎二,藤元政考,山田 宏
日本機械学会 九州支部 第70期 総会・講演会   2017年3月14日   
Mechanism of alumina air-abrasion for Ag-Pd-Cu-Au alloy
Miyahara H, Ikeda H, Nagamatsu Y, Yoshii S, Kitamura C, Shimizu H
文部科学省大学間連携共同教育推進事業「地域連携によるものづくり継承支援人材育成協働プロジェクト」事業報告会   2017年1月21日   
Novel biological function of ameloblastin in LPS-treated human macrophage cells
Otsuka M, Okinaga T, Ariyoshi W, Kitamura C, Nishihara T
文部科学省大学間連携共同教育推進事業「地域連携によるものづくり継承支援人材育成協働プロジェクト」事業報告会   2017年1月21日   
アルミナブラスト処理の条件が金銀パラジウム合金に対する接着に及ぼす影響
宮原宏武,池田 弘,吉居慎二,北村知昭,清水博史
第35回日本接着歯学会学術学会   2016年12月3日   
根尖歯周組織形成におけるゼラチン-バイオガラス複合スポンジの有効性の検討
鷲尾絢子,北村知昭,田畑泰彦
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016   2016年11月21日   
Optical-based diagnositic technique for detection of tooth caries using laser-induced breakdown spectroscopy
Ikezawa S, Ueda T, Fujimoto M, Yoshii S, Kitamura C
IEEE Sensors 2016   2016年10月30日   
Fabrication and evalulation of dental endoscopic instruments using fiber-optic system
Fujimoto M, Yoshii S, Ikezawa S, Ueda T, Kitamura C
IEEE Sensors 2016   2016年10月30日   
象牙芽細胞分化におけるポリコーム群タンパク質Bmi1の機能
細矢明宏,吉羽邦彦,吉羽永子,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭,山本昭夫,中村浩彰
第145回日本歯科保存学会学術大会   2016年10月27日   
LPS応答ヒトマクロファージにおけるアメロブラスチンによる炎症性サイトカイン産生増強機序の解析
大塚麻衣,西藤法子,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭
第145回日本歯科保存学会学術大会   2016年10月27日   
骨芽細胞分化におけるNSAIDSのCOX阻害活性非依存的な細胞機能修飾に関する検討
松山篤史, 鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭
第145回日本歯科保存学会学術大会   2016年10月27日   
根尖歯周組織に対する新規バイオガラス配合根管充填用シーラーの生体親和性
諸冨孝彦,花田可緒理,鷲尾絢子,吉居慎二, 市丸−末松美希,永吉雅人,西野宇信,北村知昭
第145回日本歯科保存学会学術大会   2016年10月27日   
直接覆髄材としてのバイオガラス配合セメントの可能性
花田可緒理,諸冨孝彦,鷲尾絢子,北村知昭
第145回日本歯科保存学会学術大会   2016年10月27日   
根管観察用内視鏡の試作と画像診断への適用
藤元政考,吉居慎二,北村知昭,池沢 聡,植田敏嗣
第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム   2016年10月24日   
マイクロエンドドンティックスによる歯内治療の品質向上 [招待有り]
北村知昭
日本歯内療法学会認定研修会   2016年10月16日   
歯学教育認証評価実施要項,受審マニュアルについて [招待有り]
北村知昭
平成28年度文部科学省大学改革推進事業(基礎・臨床を両輪とした医学教育改革によるグローバルな医師養成)平成28年度事業公開シンポジウム   2016年10月16日   
Smad4とNF-κB/p65の会合領域の同定
浦田真梨子,松原琢磨,中富千尋,平田-土屋志津,古株彰一郎,北村知昭,自見英治郎
第58回歯科基礎医学会総会   2016年8月24日   
NSAIDsの骨芽細胞分化におけるCOX活性阻害非依存的効果の検討
松山篤史,東 泉,大住伴子,諸冨孝彦,鷲尾綾子,北村知昭,竹内 弘
第58回歯科基礎医学会総会   2016年8月24日   
アメロブラスチンによる炎症性サイトカイン産生増強メカニズムの解析
大塚麻衣,沖永敏則,有吉 渉,北村知昭,西原達次
第58回歯科基礎医学会総会   2016年8月24日   
ヒトマクロファージ様細胞の炎症応答におけるアメロブラスチンの影響
大塚麻衣,西藤法子,鷲尾絢子,北村知昭
第37回日本歯内療法学会学術大会   2016年7月23日   
新規バイオガラス配合シーラーの物性及び根管内における挙動
吉居慎二,鷲尾絢子,諸冨孝彦,北村知昭
第37回日本歯内療法学会学術大会   2016年7月23日   
硬化ステージによる4-META/MMA-TBBレジンの骨芽細胞および歯肉上皮細胞に与える影響
諸冨孝彦,平田−土屋志津,鷲尾絢子,北村知昭
第37回日本歯内療法学会学術大会   2016年7月23日   
Development of an image sensor for dentistry -Coupling of a GRIN lens and an image fiber-
Fujimoto M, Yoshii S, Ikezawa S, Ueda T, Kitamura C: Development of an image sensor for dentistry -Coupling of a GRIN lens a
The 12th International Conference Mechatronic Systems and Materials   2016年7月3日   
e-logbookを用いたケース管理について
村岡宏祐,小城辰郎,河野稔広,吉居慎二,谷岡正行,小林建太郎,北村知昭,細川隆司,鱒見進一,粟野秀慈
第35回日本歯科医学教育学会総会・学術大会   2016年7月1日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
地域ICT振興型研究開発,高度画像復元技術を用いた超小型内視鏡イメージング
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE;Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 奥田正浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 北村 知昭
Encapsulated Cell Biodelivery技術による新しい治療法の開発
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 北村 知昭
小児歯科シミュレーションシナリオ教材作成
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 森川和政
小児歯科シミュレーションシナリオ教材作成
九州歯科大学: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 森川和政
歯科疾患に対するコーンビームCTの臨床応用
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 森本泰宏
歯科医師に必要な口腔顔面痛の教育カリキュラムに関する研究
九州歯科大学: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 椎葉俊司
オーラルバイオリサーチに基づいた新しい診断機器および治療法の開発と展開
九州歯科大学: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 自見英治郎
口腔環境の向上・維持に寄与する人材育成のための次世代歯学教育システムの開発
九州歯科大学: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 北村 知昭
学部学生の国際学術交流事業の支援に関する調査研究
九州歯科大学: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 柿木保明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 北村 知昭
本研究は,抗炎症能あるいは組織誘導能が知られている薬剤,生体分子,多血小板血漿(Platelet Rich Plasma; PRP)が各種細胞に与える影響を検討し,歯髄・根尖歯周組織に薬剤・生体分子,PRPを組み合わせて応用することを目的としている.これまでに私達は,歯髄創傷治癒における歯髄アポトーシスと修復象牙質形成の相互作用,及びFibroblast Growth Factor-2(FGF-2)徐放による象牙質欠損部への新生象牙質形成誘導や象牙芽細胞様歯髄細胞株の樹立等,歯髄再生に必須...
協同学習,実習及びピアサポートのあり方に関する研究
九州歯科大学: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2012年4月 - 2012年3月    代表者: 中原孝洋
歯学教育における効果的な学習形態の確立及び評価とその提示方法
九州歯科大学: 九州歯科大学学長重点枠研究費
研究期間: 2012年4月 - 2012年3月    代表者: 中原孝洋
日常臨床で遭遇する難治性歯痛における歯原性疼痛と非歯原性疼痛の鑑別法の確立
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 鷲尾絢子
臨床能力を有する歯科医師養成を目指した歯学教育の体系的再編に用いる次世代型実習模型システムの開発
九州歯科大学: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 細川隆司
beta-thymosinsの炎症抑制・創傷治癒促進作用を応用した歯髄・根尖歯周組織再生療法の検討
九州歯科大学: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 松尾 拡
歯髄・根尖歯周組織欠損部のPlatelet Rich Plasma (PRP)および無機生体材料を用いた次世代再生療法の開発を目指したトランスレーショナルリサーチ
九州歯科大学: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 鷲尾絢子
歯科医療産業への展開を目指した歯および歯周組織の微細構造観察用高解像度デバイスの開発・実用化
九州歯科大学: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 北村 知昭
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 西野 宇信
歯内治療の成功率を向上させるためには,根管や根尖病変に存在する細菌を高精度に検出する必要がある.そのため,無菌化に関する迅速・簡便・確実なチェアサイド診断システムの開発が強く望まれている.本研究では,蛍光染色剤による細菌の検出および細菌の産生物の電気化学的手法による測定の両面にわたり検討を行った.その結果,簡易に細菌検査を行うことができる診断システム実現の可能性が明らかとなった.
親子口腔ケアにおけるアロマテラピーの効果に関する研究
社団法人日本アロマ環境協会: 平成22年度社団法人日本アロマ環境協会 研究助成金
研究期間: 2010年11月 - 2011年10月    代表者: 柿木保明
歯内治療における術後疼痛の分析-(2)根尖狭窄部の穿通が根管治療中に生じる術後疼痛に及ぼす影響の検討-
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費
研究期間: 2011年4月 - 2011年3月    代表者: 永吉雅人
歯内治療における術後疼痛の分析−(1)根管治療中の術後疼痛の発生頻度と根尖孔穿通が術後疼痛出現に与える影響の解析
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 永吉雅人
次世代の歯髄保存・再生療法の確立を目指したトランスレーショナルリサーチ
九州歯科大学: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 鷲尾絢子
歯内・歯周領域の慢性病巣と動脈硬化症の因果関係の解明
九州歯科大学: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 中島啓介
歯の微細構造観察用高解像度デバイスおよび高精度切削技術向上用デバイスの開発
九州歯科大学: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 北村 知昭
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 永吉 雅人
根尖性歯周炎への歯内治療成功率向上と難治性根尖性歯周炎の病態解明・治療法開発に向け、根尖部バイオフィルムに対し様々な研究が行われている。近年、歯科治療において各種レーザーが光学的治療法(photodynamic therapy : PDT)として応用されつつあり、歯内治療においても各種レーザーが根管の無菌化に対して高い効果を発揮するという報告もある。今回我々は、レーザーの中でも低出力から高出力までの連続的変換使用が可能な半導体レーザー(パナソニックP-Laser)の殺菌効果・作用条件および...
MTAセメントによる歯根吸収抑制機構の解明
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費補助金 奨励研究
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 牧 憲司
歯髄・根尖歯周組織疾患における新しい診断法開発と再生療法確立を見据えたトランスレーショナルリサーチへの展開
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 寺下正道
歯科臨床・教育において高精度の診断・治療に不可欠である微細構造観察用および切削技術向上用の新しいデバイスの開発
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 北村 知昭
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 北村 知昭
本研究では,歯髄・根尖歯周組織の局所的・連続的再生療法を確立す るため,基礎研究としてFGF2徐放性ゼラチン粒子やヒアルロン酸スポンジによる新生象牙質形成誘導,象牙芽細胞様細胞の熱耐性・炎症応答・BMP2-Smadシグナル伝達経路,およびBMP2誘導性骨芽細胞分化への半導体レーザーの影響を解析するとともに,臨床における歯髄・根尖病 変組織の採取方法樹立の基盤となる顕微鏡下治療技術を確立した.
細胞外基質と増殖因子を応用した歯髄及び歯周組織の再生医療に関する研究.
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 寺下正道
正確な診断と治療を行うことを目的とした視野の確保と切削技能向上のための新しい臨床教育用デバイスの開発
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 北村 知昭
歯科領域でみられる不定愁訴に対するアロマトリートメント応用に関する研究
社団法人日本アロマ環境協会: 平成19年度社団法人日本アロマ環境協会 研究助成金
研究期間: 2007年11月 - 2008年10月    代表者: 柿木保明
グリコサミノグリカンと増殖因子を応用した歯髄及び歯周組織の再生医療に関する研究
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 寺下正道
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 吉嶺 嘉人
歯の神経(歯髄)や根の先の周りの骨(根尖部歯周組織)に異常が生じる疾患において、これらの傷害が治癒するメカニズムを詳細に調べることで、従来とは異なる新しい治療法の確立に向けた包括的な研究を試みた。その結果、歯髄・象牙質・骨組織の再生への足がかりとなるデータを多く得ることができた。今後更に研究を発展させることで、臨床応用の可能な治療法の開発へと繋がるものと期待される。
歯科治療へのアロマテラピー応用と患者不安の変化に関する研究
社団法人日本アロマ環境協会: 平成18年度社団法人日本アロマ環境協会 研究助成金
研究期間: 2006年11月 - 2007年10月    代表者: 北村 知昭
グリコサミノグリカンを応用した歯髄及び歯周組織の再生医療に関する研究
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 寺下正道
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 北村 知昭
これまでに私達は,歯髄創傷治癒・再生過程を解明するため,歯髄アポトーシスと象牙質・歯髄複合体の修復・再生に関わる細胞増殖・分化の関係をin vivo実験系で明らかにしてきた(J. Dent. Res., 2001;J. Dent. Res., 2003).また齲蝕等の感染後に窩洞形成によって傷害を受ける臨床条件を想定し,窩洞形成時の主要要素であるヒート・ストレスに曝露された歯髄細胞にはアポトーシスが誘導されるが一部の細胞は熱抵抗性を有すること(J. Cell Biochem.,2005),...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 北村 知昭
これまでに私達は,歯髄創傷治癒過程にヒート・ストレスに伴う歯髄アポトーシスと象牙質・歯髄複合体の修復・再生に関わる細胞増殖・分化の関係と,歯髄アポトーシス誘導へのメカニカルおよびケミカル・ストレスの影響についてin vivo実験系で明らかにしてきた(J.Dent.Res.,2001;J.Dent Res.,2003;Oper.Dent.,2003;J.Endod.2003).また,私達はラット歯髄細胞株を用い,ヒートストレスを加えた時のアポトーシス誘導およびアポトーシス細胞の負食機構につい...
生体吸収性スキャフォールドからのサイトカイン徐放による歯髄・根尖周囲組織再生療法の開発
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 寺下正道
歯髄の保存・再生を目指した分子生物学的研究とその応用における歯髄再生療法への展開
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学学術研究費 競争枠研究費
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 北村 知昭
歯内治療の効率化と難治性根尖性歯周炎に対する治療法の確立
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費補助金 奨励研究
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月    代表者: 北村 知昭
象牙質・歯髄複合体の創傷治癒メカニズムの解明と再生医療への応用
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(A) 
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 松田浩一,斉藤隆史
カリオロジーに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発
日本学術振興会: 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(A)
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 松尾敬志
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 北村 知昭
今日までに私達は,歯髄創傷治癒における歯髄細胞の分化・機能発現にc-jun・jun-Bが重要な役割を果たしていることを示唆してきた(1999, J.Dent.Res., 78, 673-680).一方,歯髄創傷治癒における細胞死制御機構に,アポトーシス誘導が関与していることを明らかにした(2001, J.Dent.Res., 80, 1530-1534).さらに,歯髄アポトーシス誘導およびその後の歯髄における修復機構にJNK, c-Jun,およびHSP70が関与していることを明らかにした(...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 木村 健治郎, 寺下 正道
研究代表者らは,一般的な口腔内微生物にオゾン水を作用させると,低濃度かつ短時間のうちに優れた殺菌効果が得られることを平成12年度までに明らかにしており,これらの成果から,オゾン水が感染根管等の殺菌に有効ではないかと考えた.そこで,平成13年度は,感染根管等に対するオゾン水の殺菌効果について作用濃度と作用時間の両面から検討を行なった.すなわち,感染根管等から分離される代表的な細菌のEnterococcus faecalisを用い,菌体単独の場合はオゾン水の殺菌効果0.5mg/Lという低濃度で...
より効率的で統一された根管治療法(プロセス別治療法)の検討−データの蓄積により得られるEvidenceに基づいたタイプ別歯内治療;(2).収集された情報の分析−
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費補助金 奨励研究
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 北村 知昭
より効率的で統一された根管治療法(プロセス別治療法)の検討−データの蓄積により得られるEvidenceに基づいたタイプ別歯内治療;(1).情報収集−
九州歯科大学同窓会: 九州歯科大学同窓会共同研究費補助金 奨励研究
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 北村 知昭
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 北村 知昭
今日までに私達は、歯髄の創傷治癒にc-jun・jun-Bが重要な役割を果たしていることを示唆してきた(1997、J.Dent.Res.、76、822-830;1999、J.Dent.Res.、78、673-680)。今回の研究では歯髄創傷治癒における細胞死制御機構を明らかにするため、9週齢ラット第1臼歯に窩洞形成を行い、TUNEL法、免疫組織学的手法および透過電顕を用いて細胞死制御の一形態であるアポトーシスの関与を検討した。その結果、1.窩洞形成により象牙芽細胞を含む歯髄細胞に2段階でアポ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 北村 知昭
今日までに私達は細胞の分化・機能発現に重要な役割を果たしているc-jun、jun-B両遺伝子がウシ歯胚の象牙芽細胞系列のみに発現していることをIn situ hybridization法を用いて明らかにした。特にjun-Bは幼若象牙芽細胞において強く発現していることから、jun一Bが象牙質形成初期の活発な幼若象牙芽細胞において特異的役割を果たしていることが示唆された(J.Dent.Res.,76:822-830,1997)。これらの結果はラット歯胚においても確認している。さらに私達はラット...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 北村 知昭
コンポジットレジン修復歯の予後において、歯髄反応を呈さないまま歯髄が失活し根尖病巣を形成していることがある。臨床的にはネクローシスと診断されているが詳細な報告はほとんどなく病因は明らかにされていない。最近私達はコンポジットレジンの、歯髄細胞の形態ではなくその機能に与える影響が、他の修復材料とは異なることを明らかにした(日歯保誌,秋季特別号,1996)。一方、ネクローシスとは異なる細胞死の一機構としてアポトーシスがあり、様々な原癌遺伝子(c-jun,c-mycなど)が関与していることが報告さ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A), 基盤研究(A))
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 寺下 正道
保存修復材料の歯髄刺激性を歯髄の経時的な形態変化で評価するのではなく、一度修復による刺激を受けた歯髄のその後の石灰化能を観察することで評価した。修復材料はコンポジットレジン、アマルガム、グラスアイオノマーセメント、シリケートセメント、亜鉛華ユ-ジノールセメントを実験に用いた。これらを修復したラットの歯を2週間後に生活歯髄切断を施し、Dentin Bridgeの形成能を比較した。修復を施していない歯髄をコントロールとした。また、細胞の機能のどのレベルに影響を与えているかを解明する目的で遺伝子...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 北村 知昭
コンポジットレジン修復歯の予後において、歯髄反応を呈さないまま歯髄が失活し根尖病巣を形成していることがある。臨床的にはネクローシスと診断されているが詳細な報告はほとんどなく病因は明らかにされていない。最近私達はコンポジットレジンが歯髄刺激性を有し、細胞形態には大きな影響を与えないもののその機能に偽害性のあることを明らかにした(1993,日歯保誌,春季特別号)。一方、ネクローシスとは異なる細胞死の一機構としてアポトーシスが近年明らかにされつつあり、様々な原癌遺伝子(c-myc,Bcl-2,c...
象牙質石灰化機構における基質小胞の役割
文部省: 文部省科学研究費 特別研究員奨励費
研究期間: 1992年4月 - 1993年3月    代表者: 北村 知昭