OHKUNI Atsuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Dec 25, 2018 at 16:19
 
Avatar
Name
OHKUNI Atsuhiko
Affiliation
Sapporo Gakuin University
Section
Faculty of Economics Department of Economics
Job title
准教授
Degree
(BLANK)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1991
Graduate School, Division of Sociology, Keio University
 
 
 - 
1986
Faculty of Literature, Keio University
 

Misc

 
大國 充彦
現代社会学研究 = Contemporary sociological studies = Gendaishakaigaku kenkyu   29 13-22   2016
大國 充彦
社会情報 : Social Information   23(1) 24-37   Mar 2014
研究会報告
大國 充彦, 久保 ともえ
社会情報   23(1) 61-78   Mar 2014
資料
大國 充彦
社会情報   23(1) 24-37   Mar 2014
丸小 拓将, 佐藤 和洋, 大國 充彦
社会情報   21(2) 17-29   Mar 2012
試論
大國 充彦
Social information   20(2) 99-101   Mar 2011
研究会報告第23回「社会・意識調査データベース(SORD)」ワークショップ
大國 充彦
社会情報 = Social Information   19(2)    Mar 2010
第22回「社会・意識調査データベース(SORD)」ワークショップThe 22nd Workshop of Social and Opinion Research Database Project (SORD)
NAKAZAWA Hideo, NISHIKIDO Makoto, OHKUNI Atsuhiko, NIKKUNI Michiyo, SUKENARI Yasushi, SHINDO Kei, ONAI Junko, TAKAHASHI Toru
Sociological Theory and Methods   24(1) 121-128   2009
     In this article, we proposed the necessity of archival science in social research and the management of the social research data, based on the experience of the SORD data archive project. First, we insisted that the preservation of the social...
大國 充彦
Social information   16(2)    Mar 2007
OHKUNI Atsuhiko, SATOH Kazuhiro, CHIBA Masaki, NAGATA Hiroyasu
Social information   16(1) 121-137   Dec 2006
NISHIKIDO Makoto, ONAI Junko, NAKAZAWA Hideo, OHKUNI Atsuhiko, NIKKUNI Michiyo
Social information   14(2) 293-317   Mar 2005
本稿は,一昨年よりSORDプロジェクトが目指している北海道データアーカイブ構築準備状況の年次報告である.とりわけ,この2年間続けてきた主要な道内社会調査の知識社会学的再発掘作業について一旦とりまとめ,来年度以降の作業への道しるべとしたい.道内社会調査史の全体像を描こうとする作業を通して我々が理解したのは,道内社会調査の再発掘はそのまま北海道資本主義史の再構成になるという事実であった.開拓社会の形成と変容(2節),大規模酪農地帯の形成と展開(3節),重工業都市の発展と衰退(4節)などのテーマ...
NAKAZAWA Hideo, NISHIKIDO Makoto, NIKKUNI Michiyo, OHKUNI Atsuhiko, MORITA Makoto, SHINDO Kei
Social information   13(2) 191-218   Mar 2004
2002年度から2003年度にかけて,新組織体制のもとで活発に行われた社会情報学部SORDプロジェクトの事業活動を総括し,課題を整理する.とくに北海道社会調査のデータベースを作成するというSORDの方針転換について説明し,その準備作業としての2002-03年度のSORD活動について報告する.なぜ方針転換なのか,北海道に特化するというときの理念は何か,予備的な知識社会学的検討の結果見えてきたものは何か,について検討する.また通常業務のなかで浮上している課題と,課題解決の方向性についても整理す...
Ohkuni Atsuhiko, Onai Junko, Satoh Kazuhiro
Social information   10(2) 125-155   Mar 2001
OHKUNI Atsuhiko
Contemporary Sociological Studies   14 163-167   2001
Okuni Atsuhiko, Takahashi Toru
Social information   9(2) 1-11   Mar 2000
OHKUNI Atsuhiko
Contemporary Sociological Studies   11 139-140   1998
INOUE Yoshiyasu
Social information   4(2) 184-210   Mar 1995
OHKUNI Atsuhiko
The Annual Review of Sociology   1992(5) 61-72   1992
Recently it has been evident that current society is the systematized one. It expands beyond immediate experience of people in everyday life and reaches on a global scale. Its range is so wide and complicated that only abstract frame can recognize...
The problem of "Nature" in the current Society : In terms of the contradictory relation between nature and human beings
(33) 55-63   1992
大国 充彦
慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要   (33) p55-63   1991
論文1. 問題の所在2. 生命態Lebenと共同態Gemeinschaft3. 自然と人間との関係(位相1)4. 人間と人間との関係(位相2)5. 位相1と位相2との相互連関(位相3)6. 循環関係と矛盾関係
大国 充彦
慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要   (31) 47-56   1991
論文1. 現代社会における「自然」の問題2. 抽象的な概念・観念の枠組と現実的人間3. 感性的存在としての人間4. 人間学的意味における「死んでいる個人」5. 「死んでいる個人」と現代社会
On the concept of"human nature" in the current society. On the anthropological sense of"the dead"
(31) 47-56   1991
A critic informed consent' in Japanese society
   1995
Social Information Analysis : On the mutual relation between logic and value system in the social information
Journal of Socio-Information Studies   (3) 63-76   1999
大国 充彦
慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要   (28) p51-59   1988
論文1. 近代合理性批判としての個体認識2. 「受苦的存在」という個体認識3. 『経済学・哲学草稿』第三草稿におけるマルクスの人間把握4. 身体としての個体5. 関係行為と関係・関連

Research Grants & Projects

 
Study of spatial relations
Social Information Analysis