MISC

2000年6月

卵黄トリス・フルクトース・クエン酸にOrvus ES Pasteを添加した希釈液による犬凍結精液の子宮内および腔内授精

The journal of veterinary medical science
  • 筒井 敏彦
  • ,
  • 長谷 正義
  • ,
  • 藤村 奈苗
  • ,
  • 藤村 奈苗
  • ,
  • 堀 達也
  • ,
  • 河上 栄一

62
6
開始ページ
603
終了ページ
606
記述言語
英語
掲載種別
出版者・発行元
社団法人日本獣医学会

アクロソームの保護, 融解後の精子活力の持続が明らかな希釈液にOrvus ES Paste(OEP)を添加した.犬凍結精液を用いて人工授精を行った.凍結精液は, 卵黄トリス・フルクトース・クエン酸液を用いて, グリセリンおよびOEPの最終濃度は, それぞれ7%, 0.75%で作製した.人工授精は, 末梢血中progesterone値から推定した交配適期に行った.子宮内授精は, 開腹手術によって片側子宮角内に精子数1億を注入して行った.また, OEP無添加の精液については, 精子数3億を授精した.腟内授精は, 精子数10〜40億について行った.その結果, 子宮内授精を行った10頭中9頭(90.0%)が受胎した.産子数は, 1〜7匹で, 平均3.6±0.9匹であった.精子注入側の排卵数に対する子犬数の割合は, 平均71.8%であった.注入側の排卵数を子犬数が上回った例はみられなかった.OEP無添加では, 4頭とも不妊であった.腟内授精の結果は, 10億と40億を授精した計6頭は不妊, 20億では3頭中2頭が受胎した.以上のように, OEPを添加した犬凍結精液の子宮内授精で高率に受胎することが明らかとなった.今後は, 手術によらない子宮内授精法の開発および腟内授精に使用可能な犬精子の凍結法の開発が必要と思われる.

Web of Science ® 被引用回数 : 33

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003920373
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000005512468
Web of Science
https://gateway.webofknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?GWVersion=2&SrcAuth=JSTA_CEL&SrcApp=J_Gate_JST&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000088126400008&DestApp=WOS_CPL