牧本 清子

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
牧本 清子
 
マキモト キヨコ
所属
大阪大学
部署
大学院医学系研究科 保健学専攻
職名
教授
学位
博士(公衆衛生), 修士(公衆衛生)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
米国におけるICNの役割と院内感染の現状
インフェクション コントロール   4(3) 73   1995年
病院感染サーベイランスの方法(a)
5(1) 73-81   1996年
病院感染サーベイランスの方法(]G0002[)
5(2) 82-89   1996年
米国に学ぶサーベイランスの方法:病院感染のアウトブレイク
5(3) 77-84   1996年
米国に学ぶサーベイランスの方法:アウトブレイクの調査1
5(4) 84-91   1996年

書籍等出版物

 
地域におけるフィジカルアセスメント
看護特別臨時増刊号   1994年   
疫学と地域看護
情報・保健統計と疫学 医学書院   1997年   
病院感染のサーベイランス入門―EBMに基づく感染管理をめざして
メディカ出版   1999年   
標準保健師講座 別巻2 疫学・保健統計
医学書院   2005年   

Works

 
日韓共同研究によるITを用いた痴呆性高齢者のケア質評価指標の開発
2005年
萌芽研究 ヒヤリ・ハットや医療事故データの報告もれの検証方法の開発
2004年
ハイテク機器による痴呆性高齢者の行動パターンモニター方法の開発
2004年
日韓共同研究によるITを用いた痴呆性高齢者のケア質評価指標の開発
2006年
臨床におけるカテーテルケアのレベルと尿路感染との関係の解明
2006年

競争的資金等の研究課題

 
痴呆性高齢者のケアに関する研究 行動障害の尺度開発
院内感染のサーベイランス