高木 一義

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/12 10:02
 
アバター
研究者氏名
高木 一義
 
タカギ カズヨシ
eメール
ktakagiarch.info.mie-u.ac.jp
URL
http://www.arch.info.mie-u.ac.jp/
所属
三重大学
部署
大学院工学研究科
職名
教授
学位
工学修士(京都大学), 博士(工学)(京都大学)

プロフィール

1991年京都大学工学部情報工学科卒.
1993年同大学院工学研究科修士課程情報工学専攻修了.
1995年奈良先端科学技術大学院大学助手.
1999年名古屋大学大学院工学研究科助手.
2000年同講師.
2003年同大学院情報科学研究科講師.
2006年同助教授.
2007年同准教授.
2011年京都大学大学院情報学研究科准教授.
2019年三重大学大学院工学研究科教授.
博士 (工学).
現在,システムLSI 設計,CADアルゴリズムの研究に従事.

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
三重大学 大学院工学研究科 情報工学専攻 教授
 
2011年4月
 - 
2019年3月
京都大学 大学院情報学研究科 通信情報システム専攻 准教授
 
2007年4月
 - 
2018年3月
東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター 協力教員(兼職)
 
2007年4月
 - 
2011年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 情報システム学専攻 准教授
 
2006年7月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 情報システム学専攻 助教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター 客員研究員(兼職)
 
2003年4月
 - 
2006年6月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 情報システム学専攻 講師
 
2000年2月
 - 
2003年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 情報工学専攻 講師
 
1999年4月
 - 
2000年1月
名古屋大学 大学院工学研究科 情報工学専攻 助手
 
1995年4月
 - 
1999年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1993年
京都大学 工学研究科 情報工学専攻
 
 
 - 
1995年
京都大学 工学研究科 情報工学専攻
 
 
 - 
1991年
京都大学 工学部 情報工学科
 

論文

 
Nobutaka Kito, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   28    2018年6月   [査読有り]
© 2002-2011 IEEE. A fast wire-routing method considering wire-length matching of passive transmission lines (PTLs) is proposed. The method deals with channel routing between adjacent columns of active devices, and generates paths of PTLs with spec...
Kotaro Matsumoto,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions   101-A(2) 467-471   2018年2月   [査読有り]
A fast wire-routing method and an automatic layout tool for RSFQ digital circuits considering wire-length matching
N. Kito, K. Takagi, N. Takagi
13th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2017)   1Ep1-03   2017年9月   [査読有り]
Execution of stored programs in a Single-Flux-Quantum microprocessor with embedded memories at 50 GHz
A. Fujimaki, R. Sato, Y. Hatanaka, Y. Matsui, K. Takagi, N. Takagi, M. Tanaka
13th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2017)   2EO1-01   2017年9月   [査読有り]
Ryo Sato, Yuki Hatanaka, Yuki Ando, Masamitsu Tanaka, Akira Fujimaki, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   27    2017年6月   [査読有り]
© 2002-2011 IEEE. We present design and experimental results of a rapid single-flux-quantum (RSFQ) bit-serial microprocessor with reduced-size embedded random access memories (RAMs) and with a minimal instruction set, called CORE e2h. The micropro...
Tang Guang-Ming, Takagi Kazuyoshi, Takagi Naofumi
IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   27(3)    2017年4月   [査読有り]
Logic design of a pattern matching circuit based on systolic architecture using Single-Flux-Quantum circuits
M. Ohata, K. Takagi, N. Takagi
Applied Superconductivity Conference (ASC 2016)   3EPo1B-07   2016年9月   [査読有り]
High-speed operation of Random-Access-Memory-embedded microprocessors based on Rapid Single-Flux-Quantum logic
R. Sato, Y. Hatanaka, Y. Ando, M. Tanaka, A. Fujimaki, K. Takagi, N. Takagi
Applied Superconductivity Conference (ASC 2016)   4EOr2B-01   2016年9月   [査読有り]
Conceptual design of a 4-bit bit-slice 32-bit RSFQ microprocessor
G. Tang, Y. Ohmomo, K. Takagi, N. Takagi
Applied Superconductivity Conference (ASC 2016)   4EOr2B-03   2016年9月   [査読有り]
Ando Yuki, Sato Ryo, Tanaka Masamitsu, Takagi Kazuyoshi, Takagi Naofumi, Fujimaki Akira
IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   26(5)    2016年8月   [査読有り]
Nobutaka Kito, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   26(3)    2016年1月   [査読有り]
© 2016 IEEE. An automatic wire-routing method of passive transmission lines (PTLs) for single-flux-quantum digital circuits is proposed. The method considers the wire routing of a rectangular region between adjacent columns of active devices. To p...
Hideki Takase,Kazumi Aono,Yutaka Matsubara,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
14th IEEE International New Circuits and Systems Conference, NEWCAS 2016, Vancouver, BC, Canada, June 26-29, 2016   1-4   2016年   [査読有り]
Guang-Ming Tang,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions   99-C(6) 697-702   2016年   [査読有り]
Masamitsu Tanaka,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions   99-C(6) 703-709   2016年   [査読有り]
Guang-Ming Tang, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   26(1)    2015年9月   [査読有り]
Automatic wire-routing of SFQ digital circuits considering wire-length matching
N. Kito, K. Takagi, N. Takagi
12th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS 2015)   2M-E-01   2015年9月   [査読有り]
Takuya Hatayama,Hideki Takase,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IPSJ T. on System LSI Design Methodology   8 100-104   2015年8月   [査読有り]
M. Tanaka, K. Takata, R. Sato, A. Fujimaki, T. Kawaguchi, Y. Ando, K. Takagi, N. Takagi, N. Yoshikawa
15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015)   DS-O01-INV   2015年7月   [査読有り][招待有り]
R. Sato, K. Takata, M. Tanaka, A. Fujimaki, N. Takagi, K. Takagi
15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015)   DS-P32   2015年7月   [査読有り]
Y. Ando, R. Sato, M. Tanaka, K. Takagi, N. Takagi
15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015)   DS-P17   2015年7月   [査読有り]
G. Tang, K. Takagi, N. Takagi
15th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2015)   DS-P05   2015年7月   [査読有り]
`Demonstration of an 8-bit SFQ carry look-ahead adder using clockless logic cells
T. Kawaguchi, M. Tanaka, K. Takagi, N. Takagi
Demonstration of an 8-bit SFQ carry look-ahead adder using clockless logic cells   DS-P01-INV   2015年7月   [査読有り]
Peng Xizhu, Xu Qiuyun, Kato Faichi, Yamanashi Yuki, Yoshikawa Nobuyuki, Fujimaki Akira, Takagi Naofumi, Takagi Kazuyoshi, Hidaka Mutsuo
IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   25(3)    2015年6月   [査読有り]
Takahiro Kawaguchi,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions   98-A(12) 2556-2564   2015年   [査読有り]
Akihiro Suda,Hideki Takase,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   97-A(12) 2498-2506   2014年12月   [査読有り]
Nobutaka Kito, Kazuyoshi Takagi, Naofumi Takagi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   25(3)    2014年11月   [査読有り]
T. Hatayama, H. Takase, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 11th International SoC Design Conference   118-119   2014年11月   [査読有り]
K. Aono, A. Iwata, H. Takase, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 2014 IEEE Intl Conf on High Performance Computing and Communications, 2014 IEEE 6th Intl Symp on Cyberspace Safety and Security, 2014 IEEE 11th Intl Conf on Embedded Software and Syst (HPCC,CSS,ICESS)   554-557   2014年8月   [査読有り]
Xizhu Peng,Yuki Yamanashi,Nobuyuki Yoshikawa,Akira Fujimaki,Naofumi Takagi,Kazuyoshi Takagi,Mutsuo Hidaka
IEICE Transactions on Electronics   97-C(3) 188-193   2014年3月   [査読有り]
Akira Fujimaki,Masamitsu Tanaka,Ryo Kasagi,Katsumi Takagi,Masakazu Okada,Yuhi Hayakawa,Kensuke Takata,Hiroyuki Akaike,Nobuyuki Yoshikawa,Shuichi Nagasawa,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Electronics   97-C(3) 157-165   2014年3月   [査読有り]
Kazuyoshi Takagi,Nobutaka Kito,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Electronics   97-C(3) 149-156   2014年3月   [査読有り]
Shuichi Nagasawa,Kenji Hinode,Tetsuro Satoh,Mutsuo Hidaka,Hiroyuki Akaike,Akira Fujimaki,Nobuyuki Yoshikawa,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Electronics   97-C(3) 132-140   2014年3月   [査読有り]
K. Kobayashi; N. Takagi; K. Takagi
IET Computers and Digital Techniques   6(3) 180-185   2012年5月   [査読有り]
Kazuhiro Nakamura,Ryo Shimazaki,Masatoshi Yamamoto,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Electronics   95-C(4) 456-467   2012年4月   [査読有り]
T. Kainuma; Y. Shimamura; F. Miyaoka; Y. Yamanashi; N. Yoshikawa; A. Fujimaki; K. Takagi; N. Takagi; S. Nagasawa
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   21(3) 827-830   2011年6月   [査読有り]
M. Tanaka; H. Akaike; A. Fujimaki; Y. Yamanashi; N. Yoshikawa; S. Nagasawa; K. Takagi; N. Takagi
IEEE Transactions on Applied Superconductivity   21(3) 792-796   2011年6月   [査読有り]
Kazuyoshi Takagi,Yuki Ito,Shota Takeshima,Masamitsu Tanaka,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Electronics   94-C(3) 288-295   2011年3月   [査読有り]
Masamitsu Tanaka,Koji Obata,Yuki Ito,Shota Takeshima,Motoki Sato,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi,Hiroyuki Akaike,Akira Fujimaki
IEICE Transactions on Electronics   93-C(4) 435-439   2010年4月   [査読有り]
Kazuhiro Nakamura,Masatoshi Yamamoto,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Information and Systems   93-D(2) 300-305   2010年2月   [査読有り]
Satoh Tetsuro, Hinode Kenji, Nagasawa Shuichi, Kitagawa Yoshihiro, Hidaka Mutsuo, Yoshikawa Nobuyuki, Akaike Hiroyuki, Fujimaki Akira, Takagi Kazuyoshi, Takagi Naofumi
IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY   19(3) 167-170   2009年6月   [査読有り]
Koji Obata,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions   91-A(12) 3772-3782   2008年   [査読有り]
Koji Obata,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions on Electronics   90-C(12) 2278-2284   2007年   [査読有り]
Koji Obata,Kazuyoshi Takagi,Naofumi Takagi
IEICE Transactions   90-A(1) 257-266   2007年   [査読有り]
Naofumi Takagi,Shunsuke Kadowaki,Kazuyoshi Takagi
IEICE Transactions   89-A(10) 2874-2881   2006年   [査読有り]
Naofumi Takagi,Jun-ichi Yoshiki,Kazuyoshi Takagi
IEEE Trans. Computers   50(5) 394-398   2001年   [査読有り]

Misc

 
Designs of Component Circuits for Stochastic Computing Using Rapid Single Flux Quantum Circuits
N. Kito, Y. Koketsu, K. Takagi
21st Workshop on Synthesis And System Integration Mixed Information technologies (SASIMI 2018)   39-44   2018年3月   [査読有り]
北村圭, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.C‐8‐8   2018年3月
廣瀬秀樹, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   117(480(DC2017 89-106)) 161‐166   2018年2月
水野有美, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   117(480(DC2017 89-106)) 167‐172   2018年2月
森智也, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   117(480(DC2017 89-106)) 155‐160   2018年2月
森智也, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   117(274(DC2017 33-67)) 221‐226   2017年10月
藤原康史, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   117(279(RECONF2017 37-49)) 55‐59   2017年10月
高木一義, 大畑真也, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   117(10(SCE2017 1-10)) 35‐39   2017年4月
松井 健太郎, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(510) 93-98   2017年3月
谷 祐輔, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(510) 105-110   2017年3月
藤原 康史, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(510) 363-367   2017年3月
鬼頭信貴, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.C‐8‐1   2017年3月
藤原康史, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   116(511(DC2016 84-108)) 363‐367   2017年3月
松井健太郎, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   116(511(DC2016 84-108)) 93‐98   2017年3月
谷祐輔, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   116(511(DC2016 84-108)) 105‐110   2017年3月
佐藤諒, 田中雅光, 畑中湧貴, 赤池宏之, 藤巻朗, 高木一義, 高木直史
応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   64th ROMBUNNO.15p‐316‐12   2017年3月
高木 一義
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   10(4) 299-299   2017年
Static Timing Analysis of Rapid Single-Flux-Quantum Circuits
T. Kawaguchi, K. Takagi, N. Takagi
20th Workshop on Synthesis And System Integration Mixed Information technologies (SASIMI 2016)   341-345   2016年10月   [査読有り]
Fast Length-Matching Routing for Rapid Single Flux Quantum Circuits
N. Kito, K. Takagi, N. Takagi
20th Workshop on Synthesis And System Integration Mixed Information technologies (SASIMI 2016)   135-140   2016年10月   [査読有り]
鬼頭信貴, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.C‐8‐2   2016年9月
佐藤諒, 田中雅光, 畑中湧貴, 赤池宏之, 藤巻朗, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.C‐8‐7   2016年9月
谷祐輔, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
情報処理学会研究報告(Web)   2016(EMB-42) Vol.2016‐EMB‐42,No.3,1‐2 (WEB ONLY)   2016年8月
廣瀬秀樹, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
情報処理学会研究報告(Web)   2016(SE-192) Vol.2016‐SE‐192,No.4,1‐8 (WEB ONLY)   2016年5月
森 智也, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集   60    2016年5月
森智也, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   60th ROMBUNNO.111‐2   2016年5月
佐藤 諒, 安藤 友紀, 田中 雅光, 藤巻 朗, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(6) 25-30   2016年4月
佐藤諒, 安藤友紀, 田中雅光, 藤巻朗, 高木一義, 高木直史
電子情報通信学会技術研究報告   116(6(SCE2016 1-10)) 25‐30   2016年4月
谷 祐輔, 高瀬 英希, 大川 猛, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(518) 139-144   2016年3月
谷 祐輔, 高瀬 英希, 大川 猛, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(519) 139-144   2016年3月
佐藤 諒, 安藤 友紀, 田中 雅光, 藤巻 朗, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(2)    2016年3月
田中 雅光, 高田 賢介, 佐藤 諒, 安藤 友紀, 川口 隆広, 藤巻 朗, 高木 一義, 高木 直史, 吉川 信行
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(2)    2016年3月
安藤 友紀, 田中 雅光, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(2)    2016年3月
鬼頭 信貴, 中島 悠, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(2)    2016年3月
守家 大雄, 高木 一義, 高木 直史
数理解析研究所講究録   1941 1-5   2015年4月
松本 耕太朗, 高木 直史, 高木 一義
数理解析研究所講究録   1941 57-65   2015年4月
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(507) 113-118   2015年3月
同一命令セットヘテロジニアスマルチコアとは,高性能コアと高電力効率コアを排他的に動作させることで,システムの性能向上と消費エネルギー削減を両立するプロセッサアーキテクチャを指す.本稿では,組込みリアルタイムシステムにおける同一命令セットヘテロジニアスマルチコアを対象とした消費エネルギーを削減するタスクスケジューリング手法を提案する.まず,高性能コアと高電力効率コアを一対一に対応させたコアペアとし,それぞれのコアの性能比と周波数設定値から定義される正規化性能を導入する.これにより,シングルプ...
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
情報処理学会研究報告. EMB, 組込みシステム   2015(33) 1-6   2015年3月
同一命令セットヘテロジニアスマルチコアとは,高性能コアと高電力効率コアを排他的に動作させることで,システムの性能向上と消費エネルギー削減を両立するプロセッサアーキテクチャを指す.本稿では,組込みリアルタイムシステムにおける同一命令セットヘテロジニアスマルチコアを対象とした消費エネルギーを削減するタスクスケジューリング手法を提案する.まず,高性能コアと高電力効率コアを一対一に対応させたコアペアとし,それぞれのコアの性能比と周波数設定値から定義される正規化性能を導入する.これにより,シングルプ...
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(506) 113-118   2015年3月
同一命令セットヘテロジニアスマルチコアとは,高性能コアと高電力効率コアを排他的に動作させることで,システムの性能向上と消費エネルギー削減を両立するプロセッサアーキテクチャを指す.本稿では,組込みリアルタイムシステムにおける同一命令セットヘテロジニアスマルチコアを対象とした消費エネルギーを削減するタスクスケジューリング手法を提案する.まず,高性能コアと高電力効率コアを一対一に対応させたコアペアとし,それぞれのコアの性能比と周波数設定値から定義される正規化性能を導入する.これにより,シングルプ...
佐藤 諒, 高田 賢介, 田中 雅光, 藤巻 朗, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(2)    2015年2月
西村 翔, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015(2)    2015年2月
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
研究報告システムとLSIの設計技術(SLDM)   2015(33) 1-6   2015年2月
同一命令セットヘテロジニアスマルチコアとは,高性能コアと高電力効率コアを排他的に動作させることで,システムの性能向上と消費エネルギー削減を両立するプロセッサアーキテクチャを指す.本稿では,組込みリアルタイムシステムにおける同一命令セットヘテロジニアスマルチコアを対象とした消費エネルギーを削減するタスクスケジューリング手法を提案する.まず,高性能コアと高電力効率コアを一対一に対応させたコアペアとし,それぞれのコアの性能比と周波数設定値から定義される正規化性能を導入する.これにより,シングルプ...
PTL routing environment for SFQ circuits using a commercial router
T. Kawaguchi, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   143-146   2014年12月
Design of an 8-bit bit-serial SFQ microprocessor CORE e4 with four registers
Y. Ando, M. Tanaka, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   111-115   2014年12月
Design of shift-register memories for SFQ micro processors COREe
R. Numaguchi, T. Takahashi, N. Yoshikawa, Y. Yamanashi, A. Fujimaki, M. Tanaka, N. Takagi, K. Takagi
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   105-107   2014年12月
Design and implementation of bit-serial SFQ microprocessor CORE e3
R. Sato, K. Takata, M. Tanaka, A. Fujimaki, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   90-93   2014年12月
Minimum depth logic circuits for five-variable logic functions using three-input majority gates
M. Moriya, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   67-71   2014年12月
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(329) 63-68   2014年11月
近年,組込みシステムのアーキテクチャとして,同じ命令セットで異なる性能を持つ,同一命令セットヘテロジニアスマルチコアが注目されている.このアーキテクチャにおいてデッドライン制約を保証した上で消費エネルギーを削減するためには,適切なタスクスケジューリングや動的電圧周波数制御(DVFS),更には動作コアの切り替えを行う必要がある.本研究は,同一命令セットヘテロジニアスマルチコアに適した,消費エネルギー削減のためのタスクマイグレーション手法を提案する.タスクマイグレーションの実行には,組込みシス...
高田 雄平, 高木 直史, 高木 一義
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(330) 25-29   2014年11月
複素数演算は科学技術計算や信号処理などの分野で広く使用される.浮動小数点複素数乗算は高速フーリエ変換(FFT)において頻繁に現れるため,重要な演算の1つとなっている.Haswell等IntelのマイクロアーキテクチャにおけるAVXや,SPARC64 IXfxにおける積和演算のSIMD拡張など,近年多くのプロセッサは浮動小数点積和演算器を使用するSIMD演算をサポートしている.その際,積差演算のサポートやオペランドレジスタからの特別な呼び出し命令を作るなど,複素数乗算を効率良く行うための工夫...
Demonstration of 4-bit-parallel bit-slice ALU
K. Takata, M. Tanaka, A. Fujimaki, G. Tang, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   84-89   2014年12月
矢高 裕之, 高木 直史, 高木 一義
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(330) 19-23   2014年11月
近年,高速な高精度計算の必要性が高まっている.しかし,IEEE754に準拠した4倍精度浮動小数点演算をハードウェアでサポートするには大きなコストが必要となる.また,2つの倍精度浮動小数点数を用いて擬似的に4倍精度浮動小数点演算を行うdouble-double演算は,倍精度浮動小数点演算と比較して10倍以上の計算時間が必要となる.そのため,本報告ではSIMD拡張命令対応のマイクロアーキテクチャが持つ複数の演算ユニット及び広いデータ転送パスを利用し,高精度な浮動小数点演算を1命令で行う手法を提...
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(328) 63-68   2014年11月
近年,組込みシステムのアーキテクチャとして,同じ命令セットで異なる性能を持つ,同一命令セットヘテロジニアスマルチコアが注目されている.このアーキテクチャにおいてデッドライン制約を保証した上で消費エネルギーを削減するためには,適切なタスクスケジューリングや動的電圧周波数制御(DVFS),更には動作コアの切り替えを行う必要がある.本研究は,同一命令セットヘテロジニアスマルチコアに適した,消費エネルギー削減のためのタスクマイグレーション手法を提案する.タスクマイグレーションの実行には,組込みシス...
Comparison of bit-slice arithmetic logic units for 32-bit RSFQ microprocessors
G. Tang, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   39-44   2014年12月
田中 雅光, 高田 賢介, 高木 一義, 高木 直史, 藤巻 朗
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
Design of RSFQ microprocessors integrated with RAMs based on bit-serial processing
M. Tanaka, K. Takata, R. Satoh, A. Fujimaki, T. Kawaguchi, Y. Ando, K. Takagi, N. Takagi, N. Yoshikawa
Proc. 7th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2014)   2-7   2014年12月
高田 賢介, 田中 雅光, 藤巻 朗, 唐 光明, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
安藤 友紀, 高木 一義, 高木 直史, 山下 茂
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
守家 大雄, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2014(2)    2014年9月
松本 耕太朗, 高木 直史, 高木 一義
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(199) 23-27   2014年9月
行列多項式I+A+A^2+…+A^<N-1>の計算は,信号処理やグラフ理論などで現れ,必要な行列乗算の回数の少ない計算法の研究がなされてきた.これまでに,行列乗算回数がlogNに比例する計算法として,Nの素因数分解に基づく計算法,Nの2進表現に基づく計算法,Nの3進表現に基づく計算法,Nの2進2進混合表現に基づく計算法が提案されている.本報告では,Nの素因数分解に基づく計算法において行列乗算回数をより少なくする方法を示し,これを利用した計算法を提案する.1000までのNについて行列乗算回数...
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
研究報告システムとLSIの設計技術(SLDM)   2014(4) 1-6   2014年11月
近年,組込みシステムのアーキテクチャとして,同じ命令セットで異なる性能を持つ,同一命令セットヘテロジニアスマルチコアが注目されている.このアーキテクチャにおいてデッドライン制約を保証した上で消費エネルギーを削減するためには,適切なタスクスケジューリングや動的電圧周波数制御 (DVFS),更には動作コアの切り替えを行う必要がある.本研究は,同一命令セットヘテロジニアスマルチコアに適した,消費エネルギー削減のためのタスクマイグレーション手法を提案する.タスクマイグレーションの実行には,組込みシ...
畑山 拓也, 高瀬 英希, 高木 一義
回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems   27 410-415   2014年8月
高田 賢介, 田中 雅光, 藤巻 朗, 唐 光明, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(147) 7-12   2014年7月
これまで実証されたSFQマイクロプロセッサでは、ビットシリアル処理が用いられてきた。マイクロプロセッサのさらなる性能向上のため、ビットスライス処理が回路の複雑さを緩和しながらSFQ回路の高いスループットを生かした回路として期待されている。本稿では、スライス幅が4ビットのビットスライス処理に基づく算術論理演算装置(ALU)をAIST 10kA/cm^2 Nbアドバンストプロセス2(ADP2)を用いて試作を行い、高速試験での動作実証に成功したので報告する。
青野 和巳, 岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(498) 1-6   2014年3月
環境発電で駆動する組込みシステムは,電力を得られる機会が安定している場合は,恒久的にシステムを稼働させることが可能である.しかし,その機会が安定していない場合には適切な消費電力管理が必要となる.本稿では,まず,環境発電のシナリオが既知の下で,環境電力で駆動する組込みシステムを,ある一定周期の実行候補点で実行するかを選択するものとしてモデル化する.ただし,システムの安定稼働を保証するため,最大実行間隔のうちで必ず1回は実行されるものとする.さらに,モデル化したシステムの動作品質を最大化するア...
東 遼平, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(498) 91-96   2014年3月
我々は,プログラマブルSoC上のシステムをソフトウェア向けの高級言語のみで設計できる環境を検討してきた.本研究では,このシステム設計環境におけるフロントエンドを実装する.フロントエンドでは,設計者が構成情報で指定したソフトウェアとハードウェア間のインタフェースが自動生成される.インタフェースはデータを直接送受信するものを用意し,メモリにデータを格納してそのアドレスを送受信するものを検討する.イベントフラグのビット表現とインタフェースの処理シーケンスを規定し,複数のハードウェアが並列に実行で...
青野 和巳, 岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
研究報告システムLSI設計技術(SLDM)   2014(1) 1-6   2014年3月
環境発電で駆動する組込みシステムは,電力を得られる機会が安定している場合は,恒久的にシステムを稼働させることが可能である.しかし,その機会が安定していない場合には適切な消費電力管理が必要となる.本稿では,まず,環境発電のシナリオが既知の下で,環境電力で駆動する組込みシステムを,ある一定周期の実行候補点で実行するかを選択するものとしてモデル化する.ただし,システムの安定稼働を保証するため,最大実行間隔のうちで必ず 1 回は実行されるものとする.さらに,モデル化したシステムの動作品質を最大化す...
青野 和巳, 岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
研究報告組込みシステム(EMB)   2014(1) 1-6   2014年3月
環境発電で駆動する組込みシステムは,電力を得られる機会が安定している場合は,恒久的にシステムを稼働させることが可能である.しかし,その機会が安定していない場合には適切な消費電力管理が必要となる.本稿では,まず,環境発電のシナリオが既知の下で,環境電力で駆動する組込みシステムを,ある一定周期の実行候補点で実行するかを選択するものとしてモデル化する.ただし,システムの安定稼働を保証するため,最大実行間隔のうちで必ず 1 回は実行されるものとする.さらに,モデル化したシステムの動作品質を最大化す...
東 遼平, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
研究報告システムLSI設計技術(SLDM)   2014(16) 1-6   2014年3月
我々は,プログラマブル SoC 上のシステムをソフトウェア向けの高級言語のみで設計できる環境を検討してきた.本研究では,このシステム設計環境におけるフロントエンドを実装する.フロントエンドでは,設計者が構成情報で指定したソフトウェアとハードウェア間のインタフェースが自動生成される.インタフェースはデータを直接送受信するものを用意し,メモリにデータを格納してそのアドレスを送受信するものを検討する.イベントフラグのビット表現とインタフェースの処理シーケンスを規定し,複数のハードウェアが並列に実...
東 遼平, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
研究報告組込みシステム(EMB)   2014(16) 1-6   2014年3月
我々は,プログラマブル SoC 上のシステムをソフトウェア向けの高級言語のみで設計できる環境を検討してきた.本研究では,このシステム設計環境におけるフロントエンドを実装する.フロントエンドでは,設計者が構成情報で指定したソフトウェアとハードウェア間のインタフェースが自動生成される.インタフェースはデータを直接送受信するものを用意し,メモリにデータを格納してそのアドレスを送受信するものを検討する.イベントフラグのビット表現とインタフェースの処理シーケンスを規定し,複数のハードウェアが並列に実...
青野 和巳, 岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(497) 1-6   2014年3月
環境発電で駆動する組込みシステムは,電力を得られる機会が安定している場合は,恒久的にシステムを稼働させることが可能である.しかし,その機会が安定していない場合には適切な消費電力管理が必要となる.本稿では,まず,環境発電のシナリオが既知の下で,環境電力で駆動する組込みシステムを,ある一定周期の実行候補点で実行するかを選択するものとしてモデル化する.ただし,システムの安定稼働を保証するため,最大実行間隔のうちで必ず1回は実行されるものとする.さらに,モデル化したシステムの動作品質を最大化するア...
田中 雅光, 大桃 由紀雄, 高木 一義, 高木 直史, 藤巻 朗
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2014(2)    2014年3月
東 遼平, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム   113(497) 91-96   2014年3月
我々は,プログラマブルSoC上のシステムをソフトウェア向けの高級言語のみで設計できる環境を検討してきた.本研究では,このシステム設計環境におけるフロントエンドを実装する.フロントエンドでは,設計者が構成情報で指定したソフトウェアとハードウェア間のインタフェースが自動生成される.インタフェースはデータを直接送受信するものを用意し,メモリにデータを格納してそのアドレスを送受信するものを検討する.イベントフラグのビット表現とインタフェースの処理シーケンスを規定し,複数のハードウェアが並列に実行で...
東 遼平, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告. RECONF, リコンフィギャラブルシステム   113(418) 191-196   2014年1月
近年,プロセッサとFPGAを1チップに集積したプログラマブルSoCが注目されている.このSoCでは,求められる負荷と柔軟性が異なる処理を混在させたシステムが実現できる.本研究では,高性能な組込みプロセッサを搭載したプログラマブルSoCを対象としたソプトウェア中心のシステム設計環境について検討する.本環境では,設計者がハードウェアやインタフェースの知識無しに,ソフトウェア向けの高級言語の知識のみでシステムを設計できるようにすることを目指す.ソフトウェア向け高級言語からのハードウェアの合成には...
須田 瑛大, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(321) 251-256   2013年11月
近年,非一様依存性と呼ばれる複雑なデータ依存性を持つ入れ子ループに対応した自動並列化手法として,多面体最適化が注目されている.多面体最適化は高位合成への適用も可能ではあるものの,PE間でのオフチップRAMへのアクセス衝突やオフチップRAMのバンド幅の低さがボトルネックとなる.本研究では,PE毎にオンチップバッファを設けることにより,多面体最適化を施した回路においてデータへのアクセスを高速化する手法を提案する.提案手法を適用することにより,PE数8の構成において平均で5倍以上の高速化を達成した.
須田 瑛大, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
研究報告システムLSI設計技術(SLDM)   2013(46) 1-6   2013年11月
高位合成を用いてハードウェアを設計する場合,制御回路が複雑化することが多い.そのため,状態レジスタからデータレジスタまでの,制御回路を含むパスがクリティカルパスになる場合が多い.このパスの遅延を改善するため,様々な制御回路の設計手法が提案されている.本研究では,複数の代表的な制御回路の設計手法について,クロック周波数と面積オーバーヘッドの定量的な評価を行う.また,状態符号化手法とゲートレベルリタイミングの相性に関しても評価した.実験の結果,各制御回路の最適化手法は,制御回路の遅延が長いベン...
須田 瑛大, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術   113(320) 251-256   2013年11月
近年,非一様依存性と呼ばれる複雑なデータ依存性を持つ入れ子ループに対応した自動並列化手法として,多面体最適化が注目されている.多面体最適化は高位合成への適用も可能ではあるものの,PE間でのオフチップRAMへのアクセス衝突やオフチップRAMのバンド幅の低さがボトルネックとなる.本研究では,PE毎にオンチップバッファを設けることにより,多面体最適化を施した回路においてデータへのアクセスを高速化する手法を提案する.提案手法を適用することにより,PE数8の構成において平均で5倍以上の高速化を達成した.
加藤 泰一, 山梨 裕希, 吉川 信行, 藤巻 朗, 高木 直史, 高木 一義, 永沢 秀一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2013(2)    2013年9月
東 遼平, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(417) 191-196   2014年1月
近年,プロセッサとFPGAを1チップに集積したプログラマブルSoCが注目されている.このSoCでは,求められる負荷と柔軟性が異なる処理を混在させたシステムが実現できる.本研究では,高性能な組込みプロセッサを搭載したプログラマブルSoCを対象としたソプトウェア中心のシステム設計環境について検討する.本環境では,設計者がハードウェアやインタフェースの知識無しに,ソフトウェア向けの高級言語の知識のみでシステムを設計できるようにすることを目指す.ソフトウェア向け高級言語からのハードウェアの合成には...
岩田 淳, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
情報科学技術フォーラム講演論文集   12(1) 315-318   2013年8月
東 遼平, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(416) 191-196   2014年1月
近年,プロセッサとFPGAを1チップに集積したプログラマブルSoCが注目されている.このSoCでは,求められる負荷と柔軟性が異なる処理を混在させたシステムが実現できる.本研究では,高性能な組込みプロセッサを搭載したプログラマブルSoCを対象としたソプトウェア中心のシステム設計環境について検討する.本環境では,設計者がハードウェアやインタフェースの知識無しに,ソフトウェア向けの高級言語の知識のみでシステムを設計できるようにすることを目指す.ソフトウェア向け高級言語からのハードウェアの合成には...
須田 瑛大, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(482) 121-126   2013年3月
高位合成においては,並列実行可能な処理を如何にして自動的に抽出するかが課題となっている.近年,ソフトウェア向けのコンパイラ分野において,多面体最適化と呼ばれる入れ子ループの自動並列化手法が注目されている.これは種々の線形代数学的演算を行うことで入れ子ループ構造内における依存性を解析し,反復空間をタイル分割するものである.本稿では,代表的な多面体最適化アルゴリズムであるPLUTOを高位合成に応用することで,並列化された回路を自動設計する手法を提案する.まず,いくつかの論理スレッドを束ねて物理...
伊藤 勇也, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム   112(481) 253-258   2013年3月
アレイ状に配置した浮動小数点演算器を接続することで構成される浮動小数点演算器アレイは,科学技術計算などにおける膨大な演算を高速に実行可能な計算機構として期待されている.本研究では,浮動小数点演算器アレイの構成を検討するための評価環境を構築する.アレイの構成を検討する上では,アレイの計算結果が要求される演算精度を満たしているかが重要となる.構築した評価環境は,データ表現や演算器の接続形態などについて,様々な構成のアレイを定義でき,それらの演算精度を評価することができる.これにより,アプリケー...
東遼平, 高瀬英希, 高木一義, 高木直史
研究報告システムLSI設計技術(SLDM)   2014(34) 1-6   2014年1月
近年,プロセッサと FPGA を 1 チップに集積したプログラマブル SoC が注目されている.この SoC では,求められる負荷と柔軟性が異なる処理を混在させたシステムが実現できる.本研究では,高性能な組込みプロセッサを搭載したプログラマブル SoC を対象としたソフトウェア中心のシステム設計環境について検討する.本環境では,設計者がハードウェアやインタフェースの知識無しに,ソフトウェア向けの高級言語の知識のみでシステムを設計できるようにすることを目指す.ソフトウェア向け高級言語からのハ...
須田 瑛大, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム   112(481) 121-126   2013年3月
高位合成においては,並列実行可能な処理を如何にして自動的に抽出するかが課題となっている.近年,ソフトウェア向けのコンパイラ分野において,多面体最適化と呼ばれる入れ子ループの自動並列化手法が注目されている.これは種々の線形代数学的演算を行うことで入れ子ループ構造内における依存性を解析し,反復空間をタイル分割するものである.本稿では,代表的な多面体最適化アルゴリズムであるPLUTOを高位合成に応用することで,並列化された回路を自動設計する手法を提案する.まず,いくつかの論理スレッドを束ねて物理...
西村 翔, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
伊藤 勇也, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(482) 253-258   2013年3月
アレイ状に配置した浮動小数点演算器を接続することで構成される浮動小数点演算器アレイは,科学技術計算などにおける膨大な演算を高速に実行可能な計算機構として期待されている.本研究では,浮動小数点演算器アレイの構成を検討するための評価環境を構築する.アレイの構成を検討する上では,アレイの計算結果が要求される演算精度を満たしているかが重要となる.構築した評価環境は,データ表現や演算器の接続形態などについて,様々な構成のアレイを定義でき,それらの演算精度を評価することができる.これにより,アプリケー...
加藤 泰一, 吉川 信行, 藤巻 朗, 高木 直史, 高木 一義, 永沢 秀一
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
Retiming of SFQ logic circuits for reduction of flip-flops
N. Kito, K. Takagi, N. Takagi
Proc.6th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2013)   13-18   2013年11月
田中 雅光, 竹島 将太, 高木 一義, 高木 直史, 藤巻 朗
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
Design and implementations of component circuits for RSFQ bit-slice microprocessors
M. Tanaka, Y. Hayakawa, K. Takata, A. Fujimaki, Y. Ohmomo, T. Kawaguchi, K. Takagi, N. Takagi
Proc.6th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2013)   19-22   2013年11月
高木 一義
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2) SS-15-SS-16   2013年3月   [依頼有り]
Logical design of bit-slice barrel shifter for 32-bit SFQ microprocessors
Y. Ohmomo, K. Takagi, N. Takagi
Proc.6th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2013)   117-122   2013年11月
A design framework for SFQ circuits using clockless gates
T. Kawaguchi, K. Takagi, N. Takagi
Proc.6th Superconducting SFQ VLSI Workshop (SSV 2013)   123-127   2013年11月
Retiming of single flux quantum logic circuits for flip-flop reduction
N. Kito, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 18th Workshop on Synthesis And System Integration Mixed Information technologies (SASIMI 2013)   220-225   2013年10月   [査読有り]
High-level synthesis for nested loop kernels with non-uniform dependencies
A. Suda, H. Takase, K. Takagi, N. Takagi
Proc. 18th Workshop on Synthesis And System Integration Mixed Information technologies (SASIMI 2013)   322-327   2013年10月   [査読有り]
荒木 達真, 高瀬 英希, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術   112(320) 99-104   2012年11月
ソフトウェア向けの高級言語を用いてハードウェア回路を記述する高位合成技術では,合成された回路の並列性の確保が重要である.本稿では,繰り返し回数が実行時に決定するループである繰り返し回数未決定ループに着目する.われわれは,繰り返し回数を計算する前に,ループ内処理を先行して実行可能であることに着目し,繰り返し回数計算処理とループ内処理を並列に実行する.ループ内処理のコントロールデータフローグラフは,並列実行を実現するため,ループの投機実行を行う処理と,投機実行の整合性をとる処理に変換される.本...
彭 析竹, 島村 泰浩, 山梨 裕希, 吉川 信行, 藤巻 朗, 高木 一義, 高木 直史, 永沢 秀一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012(2)    2012年8月
T. Kato, Y. Yamanashi, N. Yoshikawa, A. Fujimaki, N. Takagi, K. Takagi, S. Nagasawa
Proc. 14th International Superconductive Electronics Conference (ISEC 2013)   1-3   2013年7月   [査読有り]
加藤 泰一, 日名子 和也, 吉川 信行, 藤巻 朗, 高木 一義, 高木 直史, 永沢 秀一
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012(2)    2012年8月
川口 隆広, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2012(2)    2012年8月
大桃 由起雄, 成瀬 遥平, 鬼頭 信貴, 高木 直史, 高木 一義
電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス   112(138) 13-17   2012年7月
単一磁束量子(SFQ)回路は低消費電力性,高速動作性に優れる.現在,高性能コンピュータ用のSFQによる実現に適した演算アクセラレータとして大規模再構成可能データパス(LSRDP)が提案されている.SFQ LSRDP用の演算器はビットシリアル方式を用いているが,ビットシリアル演算器は入力データのビット長が大きくなるほど動作クロック数が増大しスループットが低下する.本報告ではビットスライス浮動小数点加算器を提案する.ビットスライス浮動小数点加算器では科学技術計算で利用される精度の高い演算を,ビ...
大野 真司, 高木 一義, 高木 直史
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2012    2012年3月

Works

 
テスト容易な演算回路の自動合成に関する研究
2008年 - 2010年
単一磁束量子回路による再構成可能な低電力高性能プロセッサ
2006年 - 2011年
局在電磁波配線を用いた単一磁束量子論理回路の設計および設計支援に関する研究
2006年 - 2009年
次世代集積回路設計のための決定グラフによる論理関数表現に関する研究
2005年 - 2007年
ハードウェアアルゴリズムの性能評価に関する研究
2004年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
LSI CADのためのデータ構造とアルゴリズム
研究期間: 1993年   
ディジタルLSI設計
研究期間: 1995年   
回路計算複雑さの理論
研究期間: 1991年   
超伝導デバイスのディジタル応用
研究期間: 2002年