木原 活信

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/14 23:45
 
アバター
研究者氏名
木原 活信
 
キハラ カツノブ
URL
http://kihara.velvet.jp
所属
同志社大学
部署
社会学部社会福祉学科
職名
博士後期課程教授
学位
博士(社会福祉学), 文学修士

プロフィール

同志社大学社会学部教授。博士(社会福祉学)。専門は福祉思想史・福祉哲学、ソーシャルワーク論。日本キリスト教社会福祉学会会長。日本社会福祉学会副会長、日本社会福祉学会系連合会長。社会福祉法人京都基督教福祉会、イエス団評議員。主著『J.アダムズの社会福祉実践思想の研究』(川島書1998、福武直賞)、『対人援助の福祉エートス』(ミネルヴァ書房2003)、『社会福祉と人権』(ミネルヴァ書房2014)、『「弱さ」の向こうにあるもの』(いのちのことば社2015)『自殺をケアするということ』(ミネルヴァ書房、2015)。近年、NHK「こころの時代」、「ラジオ深夜便」などに出演。

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
1998年
県立広島女子大学 生活科学部 人間福祉学科 専任講師
 
1998年
 - 
2000年
県立広島女子大学 生活科学部 人間福祉学科 助教授
 
2000年
 - 
2005年
東京都立大学 人文学部 社会福祉学科 助教授
 
2000年
 - 
2005年
東京都立大学 大学院社会科学研究科 兼担(博士後期課程担当)
 
2002年
 - 
2003年
トロント大学大学院 客員研究員 文部科学省在外研究員
 
2005年
 - 
2006年
(公立大学法人)首都大学東京 都市教養学部 人文社会系 助教授
 
2005年
 - 
2006年
(公立大学法人)首都大学東京 大学院社会科学研究科兼担(博士後期課程担当)
 
2006年
 - 
2008年
同志社大学 社会学部 社会福祉学科 助教授
 
2006年
 - 
2008年
同志社大学 社会学研究科 助教授(博士後期課程)
 
2008年
 - 
現在
  同志社大学 社会学部 社会福祉学科 教授 
 
2008年
 - 
現在
 同志社大学 社会学研究科 教授(博士後期課程)
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
日本キリスト教社会福祉学会  会長
 
2018年
 - 
現在
日本社会福祉学会  副会長
 
2018年
 - 
現在
日本社会福祉系学会連合  会長
 
2006年
 - 
現在
文科省  文部科学省教科書検定調査審議会臨時委員 
 
2015年
 - 
現在
京都市  精神保健福祉審議会委員
 

受賞

 
 
第5回福武直賞
 
 
第16回社会事業史文献賞
 
1994年
新島論文賞
 
2003年
同志社社会福祉学会賞
 

論文

 
「弱さ」の向うにあるもの―コンスタンティヌス主義に抗して―
木原 活信
『キリスト教社会福祉学研究』(学会誌)   (51) 32-42   2018年12月   [招待有り]
ジョージ・ミュラーの思想形成におけるフランケの敬虔主義の影響について
木原 活信
『評論・社会科学』   (127) 1-17   2018年12月
「社会福祉におけるスピリチュアリティ―宗教と社会福祉の対話―」
『基督教研究』   第78巻(第1号) 17-41   2016年
キリスト教実践に立つ社会福祉実践と新しい公共圏―A.E.McGrathの神学を手がかりに―
木原 活信
日本キリスト社会福祉学会学会誌『キリスト教社会福祉学』   40 27-39
無縁社会のなかのキリスト教社会福祉のミッション―ゲラサの人の叫びに耳を傾けながら―
木原活信
キリスト教社会福祉学会誌『キリスト教社会福祉学研究』   (第45号) pp.4-15.   2013年
「自殺予防における援助実践に関する実態調査からの考察―ソーシャルワークの視点としての“つながり”に着目して―」
引土絵未、市瀬晶子、山村りつ、田邊蘭、大倉高志、金子絵里乃、木原活信
日本自殺予防学会学会誌『自殺予防と危機介入』   30(1) 76-83   2010年
社会福祉方法論の時期区分―ポストモダンの視点を加味した場合―
木原 活信
日本社会事業史学会誌『社会事業史研究』   34 33-50   2007年
福祉原理の根源としての「コンパッション」の思想と哲学
木原 活信
日本社会福祉学会学会誌『社会福祉学』   46(2) 3-16   2005年
福音と社会の結合(「連字符」)―嶋田啓一郎の神学をめぐって
木原 活信
キリスト教社会福祉学会学会誌『キリスト教社会福祉学研究』   (37) 4-13   2005年
ヘンリ・ナウエンの福祉思想―スピリチュアリティと「創造的弱さ」をめぐって―
木原 活信
日本キリスト教社会福祉学会『キリスト教社会福祉学研究』   (35) 17-28   2004年

Misc

 
「自殺予防における「福祉モデル」の提唱」
木原活信
『社会福祉研究』鉄道弘済会   (115号) 2-11   2012年
「ソーシャルワーク実践におけるグリーフワーク」
木原活信
『ソーシャルワーク研究』   37(4) pp.4-16.   2012年
自分史と福祉実践―対抗文章としての記録(ナラティヴ・リコード)について―
木原 活信
『ソーシャルワーク研究』   31(3)    2005年
ソーシャルワーク実践への歴史研究の一視角―『自分のなかに歴史をよむ』こととナラティヴ的可能性をめぐって―
木原 活信
『ソーシャルワーク研究』   29(4) 12-19   2004年
社会構成主義によるソーシャルワークの研究方法―ナラティヴ・モデルによるクライアントの現実の解釈―
木原 活信
『ソーシャルワーク研究』   27(4) 28-34   2002年
Mary Richmond,"The Settlement and Friendly Visiting"1899(文献解題)
木原 活信
同志社大学社会福祉学会『同志社社会福祉学』   (5) 120-124   1991年
ソーシャルワークにおける『意味』の探究と解釈-ある難病患者の病いの『語り』(narrative)をめぐって-
木原 活信
『広島女子大学生活科学部紀要』   (2) 141-155   1996年
Power,Where does it Come From? :An Important Lesson by A.A.'s Philosophy for the Empowerment Approach to Social Work
木原 活信
『広島女子大学生活科学部紀要』   (3) 203-212   1997年
賀川豊彦とジェーン・アダムズ-セツルメントをめぐって-
木原 活信
賀川豊彦記念 松沢資料館『雲の柱』   (15) 8-12   1998年
ジェーン・アダムズと地域福祉
木原 活信
「地域福祉研究」編集委員会編集『地域福祉研究』   (28) 105-115   2000年

書籍等出版物

 
木原 活信(単著)
川島書店   1998年4月   ISBN:4761006331
“Social Work Education in Japan: Historical perspective"(Selwyn Stanley ed., Social Work Education in Countries of the East: Issues and Challenges.
2011年   
良心学入門
木原 活信 (担当:共著)
岩波書店   2018年6月   
木原 活信(単著)
いのちのことば社   2015年7月   ISBN:4264033535
木原 活信(単著)
ミネルヴァ書房   2014年9月   ISBN:4623071081
木原 活信(単著)
大空社   1998年11月   ISBN:4756808573
エドワード・R・カンダ, レオラ・ディラッド・ファーマン (担当:共訳)
ミネルヴァ書房   2014年12月   ISBN:4623071995
小原 克博, 勝又 悦子, 村田 晃嗣, 木原 活信, 塩尻 和子, 岩崎 真紀, 四戸 潤弥, 平岡 光太郎, 森山 央朗
教文館   2017年   ISBN:9784764261280
関西学院大学神学部, 木原 活信, 藤井 美和, 岩野 祐介, 平田 義, 山本 誠, 小柳 伸顕, 中道 基夫
キリスト新聞社   2016年   ISBN:9784873956930
木原 活信, 引土 絵未 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   2015年   ISBN:9784623072958
日本基督教社会福祉学会, 阿部 志郎, 岡本 栄一, 岡山 孝太郎, 木原 活信, 春見 静子, 田代 菊雄, 坂本 道子, 杉山 博昭, 室田 保夫, 細井 勇, 遠藤 興一, 永岡 正己, 遠藤 久江, 西川 淑子, 岸川 洋治, 市川 一宏, 高山 直樹, 山本 誠, 谷川 修, 新野 三四子, 今堀 美樹, Mensendiek Martha
ミネルヴァ書房   2014年   ISBN:9784623059553
日本社会福祉学会, 古川 孝順, 杉村 宏, 木原 活信, 小山 聡子, 田嶋 英行, 稲沢 公一, 加茂 陽, 三島 亜紀子, 杉野 昭博, 松岡 克尚, 松田 博幸, 向谷地 生良
中央法規出版   2012年   ISBN:9784805837283
榎本 恵, 同志社大学人権教育委員会, 小林 よう子, 宇野 朗子, 崔 忠植, 木原 活信, 今井 秀夏, 土橋 恵美子, 山崎 知行, 和泉 真澄
同志社大学キリスト教文化センター   2018年   
中川 清, 埋橋 孝文, 一圓 光弥, 白瀬 由美香, 井上 信宏, 所 道彦, 木原 活信, 松木 宏史, 山村 りつ, 山森 亮
明石書店   2011年   ISBN:9784750334868
横田 恵子, 木原 活信, 舟木 紳介, Pease Bob, 加茂 陽, 大下 由美
世界思想社   2007年   ISBN:9784790712701
秋山 智久, 高田 真治, 嶋田 啓一郎, 木原 活信, 平塚 良子, 加藤 博史, 横山 穰, 久保 美紀, 小山 隆, 岩間 伸之, 冨永 雅和, 内藤 雅子, 笠原 幸子, 岡田 藤太郎
ミネルヴァ書房   1999年   ISBN:4623029557
加茂 陽, 村上 雅彦, 木原 活信, 三原 博光, 久保 美紀, 横山 穰, 村田 久行, 吉田 恭子
世界思想社   2000年   ISBN:4790708276
加茂 陽, 大下 由美, 木原 活信, 槇野 葉月, 森光 珠紀, 前田 佳代, 川本 和司, 松岡 伸子, 横田 恵子
世界思想社   2006年   ISBN:4790711935
「ジェーン・アダムズ―セツルメント運動のリーダー」『人物でよむ 西洋社会福祉のあゆみ』
ミネルヴァ書房   2013年   

講演・口頭発表等

 
“The challenges of integrating Christian faith and social work practice in Japan: A historical review of Christian spirituality [招待有り]
木原 活信
Social Work, Education and Social Development(SWSD,2016) promoting the dignity and worth of people ”   2016年   
「暴力と社会福祉」シンポジウム [招待有り]
木原 活信
日本社会福祉学会   2017年10月   
宗教と対話「社会福祉とスピリチュアリティ」
木原 活信
日本宗教学会   2014年   
“An Outline and Mission of Japanese Society of Christian Social Welfare (JSCSW)”
木原 活信
Global Federation for Christians in Social Work and Social Welfare, the International Christian Social Work Forum   2011年   
Akiko Ichinose, Katsunobu Kihara ,”Integration of Christian Spiritual Care into Assisting the Relocation of Older Adults with Dementia”
NACSW, Sheraton Imperial Hotel, Durham, North Carolina   2011年   
Takashi Okura, Akiko Ichinose, Ran Tanabe, Katsunobu Kihara, Takeo Nakayama. "Bereaved Family Members’ Expressed Hopes for Information after Suicide in Japan: Focus Group Interviews with Survivors".
The 26th World Congress of The International Association for Suicide Prevention (IASP), Beijing, China   2011年   
“The challenges of integrating Christian faith and social work practice in Japan: A historical review of Christian spirituality”
NACSW, Indianapolis, Hilton Indianapolis. Indiana, USA.   2009年   
Applied Christian social work values in two cultures: Japan and America
NCCSW Convention 2001: Building Communities and Strengthening Families, San Antonio, Texas   2001年   
“Case Study of Spirituality Applied Japanese Christian” [招待有り]
木原 活信
Christian Social Welfare Expo 2010, Soul Korea   2010年   
A Cross-cultural Comparison of Elder Care for Japanese in Japan and in Canada
The 14th International Congress Of Anthropological and Ethnological Sciences, The College of William & Mary,Virginia   1998年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
翻訳 エドワード・カンダ、レオラ・ファーマン著 木原活信・吉川吉晴・藤井美和監訳『ソーシャルワークにおけるスピリチュアリティとは何か―人間の根源性にもとづく援助の核心―』(ミネルヴァ書房)661頁.
2014年
翻訳 第6章「専門職による業務過誤と違反行為―ソーシャルワーク倫理の執行」F.リーマー著・秋山智久監訳他『ソーシャルワークの価値と倫理』Social Work Values and Ethics 中央法規出版
2001年
ソーシャルワーク学会編用語の分担執筆『ソーシャルワーク基本用語辞典』川島書店
2013年
「お前の弟アベルは、どこにいるのか―現代の無縁社会の闇―」『チャペルアワー奨励集292号』pp.88-100.
2016年
「社会福祉と良心」『良心を考えるために』(同志社大学良心学研究センター編)pp.55-66.
2017年

競争的資金等の研究課題

 
社会福祉における宗教性(スピリチュアリティ)の国際比較研究
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 木原活信
社会福祉哲学とスピリチュアリティ―ソーシャルワーカーの宗教意識―
科研費: 
研究期間: 2015年       代表者: 木原 活信
ヘンリ・ナウエンの福祉思想―「弱さ」とスピリチュアリティをめぐる逆説―
科研費: 
研究期間: 2007年 - 2010年    代表者: 木原 活信
「死生臨床へのソーシャルワーク―スピリチュアリティとナラティヴ論の導入」
科研費: 
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 木原 活信
社会的に構成される「老い」の研究-ハンセン病者のライフ・ヒストリ-をてがかりに-
科研費: 
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 木原 活信
自殺とケアに関する総合的研究
「被虐待児への「真実告知」のありかたをめぐるナラティヴ・アプローチの研究」
三菱財団: 三菱財団研究助成金
代表者: 木原 活信
大学における自殺予防教育プログラム開発に関する研究
三菱財団: 三菱財団研究助成金
代表者: 木原 活信

社会貢献活動

 
NHKEテレ「こころの時代」
【出演】  NHK  2015年10月25日
NHKラジオ深夜便
【出演】  NHKラジオ  ラジオ深夜便  2016年
キリスト新聞 論壇
【寄稿】  キリスト新聞社  キリスト新聞  2018年
森ゆり こころのメロディ
【出演】  ラジオ関西  森ゆりもこころのメロディ  2018年2月
読売新聞 コメント
【取材協力】  読売新聞  読売新聞
毎日新聞
【助言・指導】  毎日新聞  毎日新聞
京都新聞 寄稿
【寄稿】  京都新聞  京都新聞