田中 弘美

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/09 02:58
 
アバター
研究者氏名
田中 弘美
 
タナカ ヒロミ
URL
http://www.cv.ci.ritsumei.ac.jp/
所属
立命館大学
部署
情報理工学部情報理工学科
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
1975年4月
 - 
1978年3月
株式会社富士通
 
1988年4月
 - 
1994年3月
株式会社国際電気通信基礎研究所 ATR通信システム研究所・客員研究員
 
1994年4月
 - 
2004年3月
立命館大学理工学部・教授
 
2004年4月
   
 
立命館大学情報理工学部・教授(現在に至る)
 

学歴

 
 
 - 
1975年3月
お茶の水女子大学 理学部 物理学科
 
 
 - 
1981年
アメリカ・ロチェスター大学大学院 計算科学科 マスターコース
 
 
 - 
1988年
大阪大学大学院 基礎工学研究科 制御工学専攻
 

委員歴

 
2002年2月
   
 
文部科学省 情報科学技術委員会委員
 
2006年3月
 - 
2008年9月
日本学術会議連携会員(情報学)
 
2006年8月
 - 
2007年6月
文部科学省 デジタルミュージアムに関する研究会委員
 
2004年
   
 
総務省 「戦略的情報通信研究開発推進制度」専門評価委員
 
2005年10月
 - 
2010年3月
新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO技術委員
 

受賞

 
2010年9月
日本バーチャルリアリティ学会 学術奨励賞
 

論文

 
高分解能画像解析に基づく織物の質感再現-織物の3次元モデリングとデジタル再現-
田中弘美、田中士郎
日本官能評価学会誌   第21(第1) 20-26   2017年4月
Chromaticity Analysis of Specular Reflection of Woven Fabrics from High-Resolution Multi-band HDR Images

4. Shiro Tanaka, Yoshiyuki Sakaguchi and Hiromi Tanaka
22st Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2016)   O2-2   2016年2月
Expression of anomalous surgical fields in a laparoscopic cholecystectomy simulator
K.Tagawa, N.Omi, H.T.Tanaka, M.Komori, Y,Kurumi, S,Morikawa
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   10(1) S66-67   2015年
Evaluation of active and passive training with haptic device for laparoscopic surgery
T. Marutani, T. Kato, K. Tagawa, H.T. Tanaka, M. Komori, Y. Kurumi
International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery   10(1) S267-268   2015年
Multi-locational fused visualization based on stochastic point based rendering methods for a network-based laparoscopic surgery simulator
R. Xu, A. Sugiyama, K. Hasegawa, K. Tagawa S. Tanaka, H. T. Tanaka
Int. J of Computer Assisted Radiology and Surgery   10(1) S272-273   2015年

書籍等出版物

 
デジタルアーカイブの新展開,“Visuo-haptic Modeling and Presentation of Tangible Cultural Properties”
Hiromi T. Tanaka, Wataru Wakita, Xin Yin, Masaru Tsuchida, and Yoshiyuki Sakaguchi
ナカニシヤ出版   2012年3月   
デジタルアーカイブの新展開“Towards the Realization of the Digital Museum”
Kozaburo Hachimura,Hiromi T. Tanaka
ナカニシヤ出版   2012年3月   ISBN:978-4-7795-0585-0
デジタル・アーカイブの新展開 「有形文化財の視触覚モデリングと呈示」
脇田航, 尹新, 土田勝, 坂口義之
ナカニシヤ出版   2012年3月   ISBN:978-4-7795-0585-0
デジタル・アーカイブの新展開 「デジタル・ミュージアムの実現に向けて」
八村広三郎
ナカニシヤ出版   2012年3月   ISBN:978-4-7795-0585-0
デジタルミュージアムのための画像情報を用いた3次元物体モデリング”「デジタルミュージアム」杉田繁冶編
田中弘美
勉誠社   2003年4月   

講演・口頭発表等

 
Extracting tactile properties from specular reflection analysis
The 11th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2015)   2015年11月26日   
Hierarchical collision simulation between rigid and elastic embedded objects for realistic haptic rendering
The 11th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2015)   2015年11月26日   
Toward an adaptive, embedded, co-rotated and finite element method based soft-tissue simulation with binary online re-mesh
The 11th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2015)   2015年11月26日   
Chromaticity analysis of specular reflection of woven fabrics from highresolution multi-band HDR images
The 11th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (MPR2015)   2015年11月26日   
オンラインリメッシュ型有限要素法変形計算のための最適な行列保持法の選定
日本VR学会,第16回力触覚の提示と計算研究会   2015年11月25日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発
平成23年度科学技術試験研究委託事業(文科省)
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月
『どこでも高度医療』実現のための超臨場感コミュニケーション技術の研究開発
戦略的情報通信研究開発推進制度/SCOPE(総務省)
研究期間: 2011年8月 - 2014年3月
デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発
平成23年度科学技術試験研究委託事業(文科省)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月
デジタル・ミュージアムの展開に向けた実証実験システムの研究開発
平成22年度科学技術試験研究委託事業(文科省)
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
「革新的な三次元映像技術による臨場感コミュニケーション技術の研究開発」課題オ 超臨場感コミュニケーションシステム
高度通信・放送研究開発委託研究制度(NICT)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月

特許

 
特開2014-032114 : 質感計測装置
特開2013-254233 : テクスチャマッピング装置、テクスチャマッピング方法、プログラム
2005-196505 : 3次元画像ボリュームデータの適応的かつ階層的な四面体格子構造表現生成方法 プログラム及び装置
2670663 : ”象の実時間認識合成装置”
2627487 : ”象の実時間認識合成装置”