坂口 聡

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/06 02:40
 
アバター
研究者氏名
坂口 聡
 
サカグチ サトシ
URL
http://orgchem.chemmater.kansai-u.ac.jp/index.html
所属
関西大学
部署
化学生命工学部化学・物質工学科
職名
教授
学位
博士(工学)
科研費研究者番号
50278602

経歴

 
 
   
 
2007-   准教授, 関西大学 2006-2007 客員研究員, 南カリフォルニア大学2006-2007 助教授, 関西大学2003-2006 専任講師, 関西大学1995-2003 助手, 関西大学
 

学歴

 
1995年
   
 
関西大学 工学研究科 応用化学専攻
 

委員歴

 
2003年4月
   
 
ジュニアソサエティー(JPIJS)幹事;関西支部幹事
 

受賞

 
2012年5月
Elsevier Tetrahedron Letters Top 25 Cited Author for 2010-11
 

論文

 
Oxidation of Allenes and Alkynes with Hydrogen Peroxide Catalyzed by Cetylpyridinium Peroxotungstophosphate(PCWP)
坂口 聡;石井康敬
J. Org. Chem.   59巻19号5681頁    1994年9月
A Direct Conversion of vic-Diols into 1,2-Diketones with Agueous Hydrogen Peroxide Catalyzed by Peroxotungstophosphate(PCWP)
SAKAGUCHI Satoshi;Takahiro Iwahama;Yasutaka Ishii
Tetrahedron Lett.   36巻9号1523-1526頁    1995年2月
A Novel Catalysis of N-Hydroxyphthalimide in the Oxidation of Organic Substrates by Molecular Oxygen
SAKAGUCHI Satoshi;Yasutaka Ishii;Kouichi Nakayama;Mitsuhiro Takeno;Hiroyuki Iwahama;Yutaka Nishiyama
J. Org. Chem.   60巻 13号 3934-3935頁    1995年6月
A New Coupling Reaction of Vinyl Esters with Aldehydes Catalyzed by Organosamarium Compounds
SAKAGUCHI Satoshi;Yasutaka Ishii;Shiro Kikuchi;kenichi Morita;Yutaka Nishiyama
J. Org. Chem.   60巻 16号 4974-4975頁    1995年8月
Aerobic Oxidation of Alcohols to Carbonyl Compounds Catalyzed by N-Hydroxyphthalimide (NHPI) Combined
SAKAGUCHI Satoshi;Yasutaka Ishii;Yutaka Nishiyama;Takahiro Iwahama
Tetrahedron Lett.   36巻 38号 6923-6926頁    1995年9月

Misc

 
混合配位型ヘテロポリ酸を触媒とする酸素酸化反応
坂口 聡;石井康敬;西山豊
技苑   82号25-28頁    1995年3月
新しい高効率酸素酸化反応触媒の開発と応用
坂口 聡;石井康敬
技苑   95号15-19頁    1998年3月
ニトロ化合物の製造方法
SAKAGUCHI Satoshi;TATSUYA NAKANO;YASUTAKA ISII
America      1998年3月
サマリウム化合物を触媒とする合成反応の開発
坂口 聡;西山 豊;石井 康敬
有機合成化学協会誌   58巻 2号 129-137頁    2000年2月
イリジウム錯体を触媒に用いる新規合成法の開拓
坂口 聡;石井康敬
技苑   17-18頁    2002年3月

書籍等出版物

 
有機合成のための触媒反応103
坂口 聡;石井康敬 (担当:共著)
東京化学同人   2004年3月   
Modern Oxidation Methods
坂口 聡;石井康敬 (担当:共著)
Wiley-VCH   2004年7月   
第5版 実験化学講座 17有機化合物の合成 V 酸化反応
坂口 聡;石井康敬 (担当:共著)
丸善株式会社   2004年7月   
Iridium-catalyzed coupling reactions
坂口 聡;Y. Ishii;Y. Obora (担当:共著)
Wiley-VCH   2009年2月   
Oxidative coupling of benzene derivatives with .alpha.,.beta.-unsaturated aldehydes by Pd(OAc)2/HPMoV/O2 system
坂口 聡;T. Yamada;Y. Ishii (担当:共著)
Catalysts for Fine Chemical Synthesis   2007年9月   

講演・口頭発表等

 
新規カルベンPd錯体の合成と不斉ヘック反応への利用
坂口 聡;K.S. Yoo;K.W. Jung
第88日本化学会春季年会   2008年3月26日   
新規三座配位型カルベンPd錯体の合成と触媒的不斉ヘック反応
坂口 聡;K.S. Yoo;K.W. Jung
第55回有機金属化学討論会   2008年9月29日   
α-アミノ酸から誘導した三座配位子を有するキラル含窒素複素環式カルベンPd(II)錯体の開発
坂口 聡;川上美秋;K.S. Yoo;K.W. Jung
第89日本化学会春季年会   2009年3月30日   
ジアミデート/カルベンpincer型Pd錯体の合成
坂口 聡;原野絢子;K.S. Yoo;K.W. Jung
第89日本化学会春季年会   2009年3月30日   
三座含窒素複素環式カルベンを有する銅触媒によるエノンのエナンチオ選択的アルキル化反応
坂口 聡;岡本全生;山本祐子
第89日本化学会春季年会   2009年3月30日   

競争的資金等の研究課題

 
新エネルギー・産業技術総合開発機構 平成15年度産業技術研究助成プロジェクト「廃棄物ゼロを目指した次世代シクロヘキサンノンオキシム製造プロセスの開発」
研究期間: 2003年 - 2004年
科学技術推進機構 平成22年度研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ「同一の不斉触媒配位子だけで両鏡像体をつくりわけるための手法の開発」
研究期間: 2010年 - 2010年
科学技術推進機構 平成22年度研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ「ケトンの不斉還元における立体選択性の逆転を可能にする2つのアプローチ」
研究期間: 2011年 - 2011年

特許

 
特開平11-239730 : ニトロ化又はカルボキシル化用触媒、それを用いたニトロ化又はカルボキシル化方法、及びアダマンタン誘導体
特開平10-236987 : ニトロ化合物の製造方法
US20100036131 : N-Heterocyclic carbene-amido palladium(II) catalysts and method of use thereof

社会貢献活動

 
石油学会ジュニアソサエティー(JPIJS)幹事
【】  2003年
石油学会関西支部幹事
【】  2008年