住野 好久

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 03:03
 
アバター
研究者氏名
住野 好久
 
スミノ ヨシヒサ
URL
http://ed-www.ed.okayama-u.ac.jp/~curriculum/sumino/index.html
所属
岡山大学
部署
教育学研究科
職名
教授
学位
教育学修士(広島大学)
その他の所属
岡山大学

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 岡山大学教育学研究科 教授
 
1992年
 - 
1993年
 広島大学 教育学部 助手
 
1994年
 - 
1996年
 香川大学 教育学部 講師
 
1996年
 - 
2001年
 香川大学 教育学部 准教授
 
2001年
 - 
2008年
 岡山大学 教育学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1994年
広島大学 教育学研究科 教育学
 
 
 - 
1987年
広島大学 教育学部 教育学
 

委員歴

 
2010年
   
 
日本学童保育学会  理事、編集委員会委員、研究委員会委員
 

Misc

 
学童保育における保育計画の実践化と評価・改善に関する研究
英 真子,矢吹 一馬
学童保育   (2) 39-48   2012年
教員養成の質を保証するための「教職実践ポートフォリオ(第2版)」の開発
笠原 和彦、住野 好久、上村 弘子 [他]
日本教育大学協会研究年報   29 91-105   2011年
教育実践における発達支援・権利保障・ケアリングの三位一体性に関する研究
住野好久,中山芳一
岡山大学教育実践総合センター紀要   10(1) 21-30   2010年
教育実践」概念の実践学的・関係論的拡張
*住野好久
香川大学教育実践総合研究      2000年
異文化理解教育としての国際理解教育に関する一考察
石原和子、*住野好久
香川大学教育実践総合研究      2001年

書籍等出版物

 
教育実習の新たな展開
ミネルヴァ書房   2001年   
教育の方法-明日の学びを演出する
ミネルヴァ書房   2001年   
新しい授業づくりの物語を織る
フォーラム・A   2002年   
『学びの履歴』をつくる保育-「人・ものやこと・自分」との関係づくりから教育課程へ-
明治図書   2002年   
授業方法・技術と実践理念-授業構造の解明のために-
北大路書房   2004年   

講演・口頭発表等

 
学力低下と教育実践の課題
日本教育実践学会第4回研究大会   2001年   
学校づくりと学級集団のあり方
平成14年度教員養成大学・学部等教官研究集会   2002年   
反省的機能を組み込んだ『体験的カリキュラム』創造のために
新潟大学教育人間科学部附属教育実践総合センター教育実習研究会学習会   2002年   
専門性養成におけるリフレクションとコーチング
第2回カリキュラム開発研究会   2003年   
カリキュラム開発と生徒指導
日本生徒指導学会第4回大会   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
「訓育的教授」に関する研究
研究期間: 1991年   
授業において学習者の発達保障し、主体的な学びを、教育者との相互主体的な関係の中で実現する教授のあり方について、ドイツの教育学者ヘルバルトの理論を基礎としながら研究している。
放課後児童クラブ及び学童保育に関する研究
研究期間: 2010年   
教育実践力養成に関する研究
科学研究費補助金