MISC

2018年1月

マット運動における倒立の段階的指導のための補足的資料

和歌山大学教育学部紀要. 自然科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編
  • 片渕 美穂子

68
1
開始ページ
169
終了ページ
174
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.19002/AN00257966.68(1).169
出版者・発行元
和歌山大学教育学部

本稿は、マット運動における倒立の段階的指導の補助的資料を、ヨーガの技法から提供する試みである。具体的には、体つくり運動と器械運動のつながりを見据えて、①恐怖感が取り除かれること、②全身に力を入れる感覚を持てるようになること、これら2つのことを踏まえながら、壁倒立及び倒立のための予備技をヨーガ技法から探った。具体的には、器械運動に入っていくこと、全身に力を入れる感覚を得ること、腕でバランスを取ること、逆転することの不安・恐怖感を取り除くこと、これら4つのグループに分類した11個のアサナを取り上げた。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.19002/AN00257966.68(1).169
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120006415597
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00257977
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/029166159
URL
http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/3298

エクスポート
BibTeX RIS