MISC

2018年1月

表現運動・ダンス関連記事の動向から見えるダンス授業研究の課題 : 月刊誌『体育科教育』(平成19~28年度)を中心にして

和歌山大学教育学部紀要. 自然科学 = Bulletin of the Faculty of Education, Wakayama University. 和歌山大学教育学部紀要委員会 編
  • 片渕 美穂子

68
1
開始ページ
175
終了ページ
181
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.19002/AN00257966.68(1).175
出版者・発行元
和歌山大学教育学部

本稿は、月刊誌『体育科教育』を資料として取り上げ、平成29年の移行期間を経て平成30年から始まる学習指導要領の改訂へ至る過去10年間に掲載された表現運動やダンスに関する記事の整理から、これからのダンス授業研究の課題を提示する試みである。平成29年に出された学習指導要領の改訂の要点を確認し、考察の対象である『体育科教育』の表現運動・ダンス関連の記事を整理した。その結果、表現運動・ダンス授業の今後の課題として、教師の指導力、アクティブ・ラーニングへ向けた教材開発、原理論的研究の必要性が導き出された。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.19002/AN00257966.68(1).175
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120006415594
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN00257977
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/029166176
URL
http://repository.center.wakayama-u.ac.jp/3299

エクスポート
BibTeX RIS