その他

(No title)


1.SCC抗原の分子多様性について電気泳動法による解析方法を確立し、正常組織と癌組織においてSCC抗原の発現パターンが異なることを見いだした。<br>2.マスピン蛋白は、酸化ストレス条件下で新たな分子種が生じ、標的蛋白との結合性が変化する可能性を見出した。