王 敏

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/12 02:59
 
アバター
研究者氏名
王 敏
 
ワン ミン
通称等の別名
公開
eメール
wangminshosei.ac.jp
所属
法政大学
部署
国際日本学研究所
職名
教授
学位
人文科学博士(お茶の水女子大学)

経歴

 
1979年10月
 - 
1991年
四川外国語学院大学日本語学科専任講師 (日本学、日本近代文学、日本語)
 
1983年9月
 - 
1990年
四川外国語学院大学国外中国学研究所日本アジア研究室主任
 
1989年4月
 - 
1991年3月
法政大学社会学部兼任講師(日中比較文化論)
 
1991年4月
 - 
1996年3月
帝京大学文学部国際文化学科兼任講師(中国文化史・文化論・文学論)
 
1991年8月
 - 
1996年
中国・南陽理工大学(国立)客員教授
 

委員歴

 
2016年5月
   
 
東アジア文化交渉学会  評議委員
 
2015年5月
 - 
2016年5月
東アジア文化交渉学会  東アジア文化交渉学会会長
 
2015年2月
   
 
世界華文旅遊文学協会理事  世界華文旅遊文学協会副理事長
 
2014年5月
   
 
東アジア文化交渉学学会  副会長
 
2014年5月
 - 
2015年5月
東アジア文化交渉学会  東アジア文化交渉学学会副会長
 

受賞

 
2015年1月
IP.C国際平和会議聯合総会  国際文化交流協会 国際文化最高貢献賞
 
2009年7月
文化庁長官表彰
 
日本政府、文化発信部門では外国人で初受彰・日本、フランス、オランダ、オーストリア、中国各国に一人ずつ。
2001年9月
放送局長賞受賞
 
NHK BS23「宮沢賢治 平和への祈り」に出演(11月同番組が同賞受賞)
1997年9月
第6回アジア映像祭・審査員特別賞
 
宮沢賢治生誕100年記念中国西域取材番組・IBC岩手放送制作「宮沢賢治 シルクロードの夢」出演(全国放映。11月、同賞受賞。翌年98年正月、ニューヨークCATVが新春放映)

論文

 
「東洋下りの禹」と海上シルクロード
王敏
第六回東海論壇 東アジアの海上シルクロードの文化と貿易   89-96   2017年11月   [査読有り][招待有り]
『山海経』に記録された4200年前の東アジア調査と思われる痕跡から、同地域の先住民間の大航海交流の可能性を推察し、原生的海上生命線が形成されてきたと推論。
「大禹、東洋下す」の啓発
王敏
「中国文化と周辺国家の人文交流」学術研究会論文集   52-64   2017年10月   [査読有り][招待有り]
人文交流の実践を、日本における禹王信仰と、皇室養蚕、漢字文化というテーマから論じる。
三国公共外交が共有すべき価値の中核――東アジアの海上生命線・漢字と一帯一路戦略との連携
王敏
2017 公共外交学   117-131   2017年7月   [査読有り][招待有り]
日本の禹研究
王敏
中国の大禹文化   26-27(2017.7) 9-16   2017年7月   [査読有り][招待有り]
日本における禹研究の概況
アジア文明対話の接点
王敏
国際儒学研究   24 121-144   2017年5月   [査読有り][招待有り]
A Link Point for Dialogue among Asian Civilizations
--Taking Japa’s Dayu,Sacrifiec,and Chinese Character Culture as Examples

Misc

 
福田康夫前首相のアジア視野について
王敏
網博週報   (564) 12-13   2017年12月   [査読有り][依頼有り]
福田康夫前首相のアジア観、中国観及びそれに関連する思考と施政の一端を、筆者の参与体験を踏まえた実践的考察
日本の禹文化と海のシルクロード
王敏
第六回世界華文旅行文学国際学術研究会   7-7   2017年11月   [査読有り][依頼有り]
仅举折射于当代日本社会的祭祀大禹相关的文物史料以及祭蚕的仪式为例,侧重关注其作为根植民风民俗中的民间信仰对象之功能,分析其对于当代社会生活的价值取向以及和平发展所发挥的正面作用,探讨汉字文化圈于当代与未来社会贡献的趋势。
隠元禅師と黄檗文化
松坂喜一ほか
一般社団法人黄檗文化促進会誌   1-27   2017年11月   [査読有り][依頼有り]
黄檗宗の創設者隠元の生い立ちとその理念、思想並びに文化面における貢献を普及版として制作した解説ブック。
日本の禹王信仰
王敏
中国水利報      2017年11月   [査読有り][依頼有り]
漢字の本質 フランス人研究者との対話
王敏
研究 中国   125(5) 46-51   2017年10月   [査読有り][依頼有り]
フランス研究者レオン・パンデルメールシュ氏の代表作『アジア文化圏の時代』(大修館、1987年)を中心に、漢字の本質を追求された考察を評した。

書籍等出版物

 
十国前政要論「全球公共倫理」(十国元要人の「グローバル倫理」説)
福田康夫 王敏(翻訳)
中国・人民出版社 260千字(中国語)   2017年10月   ISBN:978-7-01-017970-4
20 世纪 80 年代的冷战时代,福田赳夫前首相与德国前总理赫尔穆特·施密特组建了由各国前政 要构成的国际行动理事会。OB 首脑峰会创立三十几年来,每年都定期在五大洲的重要城市召开会议。约三十余名各国前政要齐聚一堂,共同探讨政治与地缘政治学、经济与金融、环境与开发等具有全球性问题。 1987 年,在罗马白露理治奥举行了第一届政治领袖与各种宗教领袖们展开了历史上首次对话,将“己所不欲勿施于人“定为处理国际关系的黄金定律。尔后,OB首脑峰会相继召开了 10 届类似的宗教与政治之间的会议,立志于...
『国際儒学研究 24』王敏「アジア文明対話の接点ーー日本の禹王信仰、蚕祭祀、漢字文化について」
国際儒学聯会
中国・華文出版社   2017年5月   
『文学山水ーー第五回世界華文旅行文学国際学術研究会議論文集 下』「旅する漢字という記号」
香港中文大学聨合書院 明報月刊 世界華文旅行文学聯会 (担当:共著, 範囲:第七章「旅する漢字という記号」)
大山文化出版社(香港)   2017年1月   ISBN:978-988-14238-4-9
日本発の「世界」思想  哲学/公共/外交
王敏 (担当:共著, 範囲:第三部〈和〉としての外交 第三章 日中関係の深層を探る――「文武と徳」の現実性と可能性)
藤原書店   2017年1月   ISBN:978-4-86578-107-6
不畏风雨(雨にも負けず)
宮沢賢治ほか (担当:共著, 範囲:解説)
中国・後浪出版集団   2016年10月   ISBN:978-7-5502-8492-0

講演・口頭発表等

 
佐藤義詮氏の友人黄瀛先生の人柄と学問 [招待有り]
王敏
別府大学の見学精神とは何か   2017年12月16日   別府大学
別府大学の創始者佐藤義詮氏が西村伊作、与謝野晶子らによって創設された文化学院の第一期生。在学中から、中国詩人の黄瀛と交友した。お二人の友情に支えられ、別府大学と中国との交流が始まった。このダイナミックな背景を受けて、別府大学の見学精神とは何かを、探求する。
「混成文化」の日本の核心点について ーー治水神・禹王信仰を中心に-- [招待有り]
王敏
後楽講堂   2017年12月15日   公益財団日中友好会館留学生事業部 法政大学国際日本学研究所王敏研究室
日本の治水神・禹王信仰の現存形態が青木保氏に指摘された「混成文化」の特徴を顕徴に反映されている。その現存形態とは何か、「混成文化」の特徴とは何か、比較文化的視点により、現地調査の成果を踏まえた考察を語る。
俳句と俳歌が語るもの [招待有り]
東大元学長有馬朗人、大連外国語大学教授陳岩
時空を越て 詩と絵で綴る心ーー後楽寮生作品展(王玉紅俳画作品を中心に)   2017年12月7日   公益財団法人日中友好会館
日中文化交流の中に、留学生は架け橋として多くの役割を果たしてきた。古代から現代まで千年にわたる留学生との心の交流を、詩と絵で展示し、その意味と価値を論じる。
日本の治水神・禹王信仰と海のシルクロード [招待有り]
王敏
第六回世界華文旅行文学国際会議   2017年11月28日   香港中文大学聯合書院、香港《明報月刊》、澳門基金会
仅举折射于当代日本社会的祭祀大禹相关的文物史料以及祭蚕的仪式为例,侧重关注其作为根植民风民俗中的民间信仰对象之功能,分析其对于当代社会生活的价值取向以及和平发展所发挥的正面作用,探讨汉字文化圈于当代与未来社会贡献的趋势。
日本の禹王信仰について [招待有り]
王敏
第六回東海論壇 東アジアの海上シルクロードの文化と貿易   2017年11月24日   浙江海洋大学東海研究院 浙江大学東アジア研究院
『山海経』に記録された4200年前の東アジア調査と思われる痕跡から、同地域の先住民間の大航海交流の可能性を推察し、原生的海上生命線が形成されてきたと推論。

Works

 
企画展 賢治研究の先駆者たち⑥ 黄灜展
企画監修 王敏・岡村民夫・榊昌子・杉浦静・栗原敦・佐藤竜一   その他   2016年4月 - 2016年10月
第15回「相約北京」芸術祭 理想之郷IHATOV交響曲音楽会
富田勲、初音未来ほか   芸術活動   2015年5月 - 2015年5月
宮沢賢治作品の音楽化
外国人が憧れる「森の都」
その他   2013年2月
中日の文化の架け橋として歩んできた半生
その他   2012年8月
宮沢賢治「雨ニモマケズ」の中国語翻訳
その他   2012年3月