INADOMI Hiroyuki

J-GLOBAL         Last updated: Jun 23, 2019 at 19:25
 
Avatar
Name
INADOMI Hiroyuki
Affiliation
Kyoto University
Degree
Master of Education(Nagasaki University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2006
 - 
2007
 Research Associate,Health Sciences,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
 
2007
   
 
- Assistant Professor,Health Sciences,Graduate School of Biomedical Sciences,Nagasaki University
 

Published Papers

 
Hanzawa S, Bae JK, Tanaka H, Bae YJ, Tanaka G, Inadomi H, Nakane Y, Ohta Y
Psychiatry and clinical neurosciences   64(4) 377-386   Aug 2010   [Refereed]
Hanzawa Setsuko, Bae Jeong-Kyu, Tanaka Hideki, Tanaka Goro, Bae Yong Jun, Goto Masahiro, Inadomi Hiroyuki, Nakane Hideyuki, Ohta Yasuyuki, Nakane Yoshibumi
ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY   2(2) 105-113   Jun 2010   [Refereed]
Hanzawa Setsuko, Bae Jeong-Kyu, Tanaka Hideki, Tanaka Goro, Bae Yong Jun, Goto Masahiro, Inadomi Hiroyuki, Ohta Yasuyuki, Nakane Hideyuki, Nakane Yoshibumi
ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY   2(1) 62   Mar 2010   [Refereed]
Hanzawa Setsuko, Bae Jeong-Kyu, Tanaka Hideki, Tanaka Goro, Bae Yong Jun, Goto Masahiro, Inadomi Hiroyuki, Ohta Yasuyuki, Nakane Hideyuki, Nakane Yoshibumi
ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY   1(3) 120-129   Dec 2009   [Refereed]
Hanzawa S, Tanaka G, Inadomi H, Urata M, Ohta Y
Psychiatry and clinical neurosciences   62(3) 256-263   Jun 2008   [Refereed]
Tanaka G, Mori S, Inadomi H, Hamada Y, Ohta Y, Ozawa H
Psychiatry research   149(1-3) 25-31   Jan 2007   [Refereed]

Misc

 
【○○療法の現在(いま)】 精神疾患における認知機能障害と認知機能改善療法について
林 良太, 稲富 宏之
大阪作業療法ジャーナル   32(2) 96-102   Jan 2019
本稿では、認知機能について、基礎的な「神経認知機能」と複合的な「社会認知機能」に分けて説明している。気分障害と比較して、統合失調症の認知機能障害はより重要であるが、気分障害においても認知機能障害は存在しており、徐々に解明されつつある。認知機能改善療法とは、認知過程の持続と般化を伴った改善を目指す行動的トレーニングに基づいた介入であり、直接的に本人の認知機能の改善を促す「回復的アプローチ」と環境や人的サポートの修正をおこなう「代償的アプローチ」に分けられる。本稿では、これらの代表的なプログラ...
介護保険サービス未利用の要支援認定者の現状 大阪府岬町における新しい介護予防事業の展開に向けて
生水 智子, 高畑 進一, 中西 遥, 稲富 宏之, 藤原 太郎, 関本 充史, 福永 奈美, 下川 貴大, 竹田 玲奈, 田中 玲
Journal of Rehabilitation and Health Sciences   15 25-30   Dec 2018
疾患別作業療法ガイドラインの紹介と臨床への応用 統合失調症の作業療法ガイドラインの紹介 精神障害領域の作業療法における今後の課題
稲富 宏之
日本作業療法学会抄録集   52回 47-47   Sep 2018
【診断と治療のABC[136]統合失調症】 (第3章)治療・支援 認知機能リハビリテーション、ソーシャルスキルストレーニング(SST)
稲富 宏之, 山田 純栄, 林 良太
最新医学   別冊(統合失調症) 140-147   Jul 2018
いまや注目の社会心理的介入法となっている認知機能リハビリテーションとソーシャルスキルストレーニング(SST)は、薬物療法効果の底上げに役立っている。統合失調症患者の地域生活が促進される中で、統合失調症患者が希望をもち、自らの人生を主体的に生きていくためにも、認知機能リハビリテーションとSSTは、精神保健福祉の専門家の必須技法として理解しておくことが望まれる。(著者抄録)
簡易でSDMに役立つ精神機能指標を求めて-UBOMを例として 精神科リハビリテーションと多職種連携に役立つ臺式簡易客観的精神指標(UBOM)
稲富 宏之
精神神経学雑誌   (2018特別号) S324-S324   Jun 2018

Research Grants & Projects

 
Research for learning process and social adaptation of schizophrenics
Project Year: 2000