二見 素雅子

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/09 16:45
 
アバター
研究者氏名
二見 素雅子
 
フタミ スガコ
所属
大阪キリスト教短期大学
部署
幼児教育学科
職名
教授
学位
博士(学校教育学)(兵庫教育大学)

研究分野

 
 
  • 教育学 / 教育学 / 幼児教育学 保育学

経歴

 
1997年4月
 - 
2003年3月
大阪キリスト教短期大学 専任講師
 
2003年4月
 - 
2010年3月
同上 助教授  准教授
 
2010年4月
 - 
2017年3月
同上  教授
 
2017年4月
 - 
現在
同上  特任教授
 
2000年4月
 - 
2017年3月
大阪教育大学 非常勤講師
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2012年3月
兵庫教育大学 大学院連合学校教育学研究科 先端課題実践開発専攻
 
1982年4月
 - 
1984年3月
聖和大学大学院 教育学研究科 幼児教育学専攻
 

委員歴

 
2014年5月
 - 
2015年2月
(財)短期大学基準協会  第三者評価 評価員B
 

Misc

 
保育者の「公正さ」研究の位置づけについての一考察
大阪キリスト教短期大学紀要   (49) 103-116   2010年
『童蒙教草』における人間に関わる概念についての一考察  -原語と翻訳語の比較を通して-
関西教育学会研究紀要   8(26-33)    2008年
修身教科書「民家童蒙解」が示す欧米化の一様相
エデュケア   27(25-40)    2006年
日露戦争前後の幼稚園教育における国家主義思想の影響-愛珠幼稚園における保育内容および保育方法の変化を通して-
単著
大阪キリスト教短期大学紀要『神学と人文』   第46集(65~78)    2006年
幼児・児童の国際的な『百のことば』とニューメディアを活用した多面的表現活動の研究 - 聖和大学プロジェクト・アイとハーバード大学プロジェクト・ゼロの比較を軸に -
平成13年度~平成16年度 文部科学省研究補助金(基盤研究(B)(1)) 研究成果報告書      2005年
「和俗童子訓」における「公正さ」をめぐる一考察
大阪キリスト教短期大学紀要「神学と人文」第45号      2005年11月
幼児の分配行動に関する調査手続きの検討-予備調査の実施過程からの考察- (共著)
大阪教育大学 幼児教育学研究室 エデュケア   23号 p.1-12    2003年
幼児期の道徳教育-学習指導要領との比較を通して-
大阪キリスト教短期大学紀要『神学と人文』   第43集    2003年
スイスの幼児教育改革-「4-8才の子どもの教育」を中心に-
聖和大学論集-教育学系-(審査論文)   26(A) 179-191   1998年
フェアネス概念成立についての一考察 -ヨーロッパにおける「個人」に関する観念の変遷との関連において-
聖和大学論集-教育学系-第27号A   27(A) 219-229   1999年
Reggio Emilia教育-成立期の社会的背景を中心に-
大阪キリスト教短期大学紀要『神学と人文』   39 85-96   1999年
保育における小グループ活動(1)
大阪キリスト教短期大学紀要『神学と人文』   第38集 p145-152    1998年
保育における小グループ活動(2)
大阪キリスト教短期大学『神学と人文』第40集   p.45-51    2000年
大阪府の就学前施設に在籍の日本語を母国語としない親を持つ子どもの保育・生活実態調査 報告
大阪キリスト教短期大学『神学と人文』第42集   p.89-106    2002年

担当経験のある科目

 
 

Works

 
近畿圏の就学前教育施設に在籍の日本語を母国語としない親を持つ子どもの生活実態調査
2000年 - 2001年
幼児・児童の国際的な『百のことば』とニューメディアを活用した多面的表現活動の研究
2001年

社会貢献活動

 
免許状更新講習
【講師, 調査担当】  大阪キリスト教短期大学  2009年8月 - 2010年8月