河原 英紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/07 23:17
 
アバター
研究者氏名
河原 英紀
 
カワハラ ヒデキ
URL
http://www.sys.wakayama-u.ac.jp/~kawahara/
所属
和歌山大学
部署
産学連携イノベーションセンター
職名
名誉教授
学位
工学博士(北海道大学)
その他の所属
特定国立研究開発法人理化学研究所国立国語研究所
科研費研究者番号
40294300
Twitter ID
hidekikawahara
ORCID ID
0000-0001-9360-5700

プロフィール

声と聴覚の研究を、主に信号処理の側面からライフワークとして研究しています。音の情報表現とアルゴリズムの可視化、可聴化を通じたアプリケーションの開発などで、社会に貢献しています。

経歴

 
2017年6月
 - 
現在
理化学研究所 和光研究所 客員研究員
 
2017年5月
 - 
現在
国立国語研究所 コーパス開発センター 共同研究員
 
2015年4月
 - 
現在
和歌山大学 名誉教授
 
2015年8月
 - 
2016年6月
英国 Google 音声グループ 客員研究員
 
1997年4月
 - 
2015年3月
和歌山大学 システム工学部 教授
 

学歴

 
1974年4月
 - 
1977年3月
北海道大学大学院 工学研究科博士課程 電子工学専攻
 
1972年4月
 - 
1974年3月
北海道大学大学院 工学研究科修士課程 電子工学専攻
 
1968年4月
 - 
1972年3月
北海道大学 工学部 電子工学
 

委員歴

 
2015年5月
 - 
2016年12月
Asia Pacific Signal and Information Processing Association  Distinguished Lecturer
 
2013年
 - 
2014年
和歌山県  和歌山県環境影響評価委員
 
2013年
 - 
2014年
日本学術振興会  審査委員
 
2014年
   
 
科学技術振興機構  最終事後評価委員
 
2014年
   
 
Nanyang Technological University (NTU), Singapore  PhD external examiner
 

受賞

 
2015年
Asia Pacific Signal and Information Processing Association, Distinguished Lecturer
 
2000年
(EURASIP best paper award)欧州信号処理連合、最優秀論文賞
 
1997年
電子通信協会 テレコム技術論文賞
 
1997年
日本音響学会 佐藤論文賞
 

論文

 
Frequency domain variants of velvet noise and their application to speech processing and synthesis
Hideki Kawahara, Ken-Ichi Sakakibara, Masanori morise, Hideki Banno, Tomoki Toda, Toshio Irino
Proc. Interspeech 2018   2027-2031   2018年8月   [査読有り]
Inharmonic speech reveals the role of harmonicity in the cocktail party problem
Sara Popham, Dana Boebinger, Dan P. W. Ellis, Hideki Kawahara, Josh H. McDermott
Nature Communications   9(1) 2122   2018年5月   [査読有り]
Application of time-frequency representations of aperiodicity and instantaneous frequency for detailed analysis of filled pauses
河原 英紀
Journal of the Phonetic Society of Japan   21(3) 63-73   2017年12月   [査読有り]
Accurate estimation of fo and aperiodicity based on periodicity detector residuals and deviations of phase derivatives
Hideki Kawahara, Ken-Ichi Sakakibara, Masanori Morise, Hideki Banno, Tomoki Toda
APSIPA ASC 2017   (FA-P5.8)    2017年12月   [査読有り]
Realtime feedback of singing voice information for assisting students learning music therapy
Hideki Kawahara, Eri Haneishi, Kaori Hagiwara
2017 International Conference on Orange Technoloties   99-102   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
ディジタル信号処理の落とし穴
河原 英紀
日本音響学会誌   73(9) 592-599   2017年9月   [査読有り][依頼有り]
河原英紀
電子情報通信学会技術研究報告   117(138(EA2017 1-26)) 21‐26   2017年7月   [依頼有り]
河原 英紀
コンピュータソフトウェア   32(3) 23-28   2015年3月   [査読有り][依頼有り]
河原 英紀
音声研究   18(3) 43-52   2014年   [査読有り][依頼有り]
河原 英紀
日本音響学会誌   67(1) 40-45   2010年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Oxford Handbook of voice perception
Hideki Kawahara, Verena G. Skuk (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 31, Voice Morphing)
Oxford University Press   2018年11月   ISBN:9780198743187
Speech Prosody in Speech Synthesis
Keikichi Hirose and Jianhua Tao (担当:分担執筆, 範囲:Temporally Variable Multi attribute Morphing of Arbitrarily Many Voices for Exploratory Research of Speech Prosody)
Springer   2015年   ISBN:978-3-662-45257-8
Computer processing of Asian spoken languages
Shuichi Itahashi and Chiu-yu Tseng (担当:分担執筆, 範囲:STRAIGHT, a framework for speech analysis, modification and synthesis)
Consideration Books   2010年3月   ISBN:978-0935047721
Emotions in the Human Voice: Culture And Perception
K. Izdebski (Ed.) (担当:分担執筆, 範囲:Research on Emotional Perception of voices based on a morphing method)
Plural Publishing   2008年7月   
Dynamics of Speech Production and Perception
P. Divenyi (ed.) (担当:分担執筆, 範囲:Vowel normalisation: Time-domain processing of the internal dynamics of speech)
IOS Press   2006年3月   

講演・口頭発表等

 
Making Speech Tangible for a Better Understanding of Human Speech Communication [招待有り]
Hideki Kawahara
S4P Summer School on Speech Signal Processing 2018   2018年9月9日   
対数領域パルスによる声帯音源モデルの拡張について
河原 英紀、榊原健一
日本音響学会2018年春季研究発表会   2018年3月14日   
velvet noiseとその変種の聴覚心理・生理研究への応用可能性について
河原 英紀、津崎 実、坂野秀樹、森勢将雅、松井淑恵、入野俊夫
日本音響学会聴覚研究会   2018年3月4日   
Application of the velvet noise and its variant for synthetic speech and singing
河原 英紀
第118回音楽情報科学研究会   2018年2月20日   
音源の周期性を表す指標の実時間分析と表示について
河原 英紀,  榊原 健一
電子情報通信学会音声研究会   2017年12月21日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
YANG vocoder
河原 英紀, Y. Agiomyrgiannakis, H. Zen   コンピュータソフト   2017年1月
SparkNG (Spark New Generation)
河原 英紀   コンピュータソフト   2014年12月
TANDEM-STRAIGHT
河原 英紀   コンピュータソフト   2008年
STRAIGHT
河原 英紀   コンピュータソフト   1997年
Spark (後に音声工房として市販)
河原 英紀   コンピュータソフト   1986年8月

競争的資金等の研究課題

 
対話的可視化可聴化に基づく音声コミュニケーション研究支援環境
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 河原 英紀
聴覚情報の静的表現に基づく高度音声処理基盤の構築
日本学術振興会: 科学研究費基盤(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 河原 英紀
聴覚音声支援のための聴知覚特性の解明と信号処理開発
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 入野 俊夫
聴覚の情報表現に基づく高度音声分析変換合成方式の研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 河原 英紀
機能性音声のデザイン方法論の研究
日本学術振興会: 科学研究費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 河原 英紀

特許

 
信号分離装置
3472046
音源情報の抽出方法及び装置
3417880
周期信号変換方法、音変換方法および信号分析方法
3266819
信号分析装置
3251555
信号分析方法
3112654

社会貢献活動

 
歌声を混ぜるインタフェース
【実演】  日本科学未来館  予感研究所2  2008年7月
機械の耳と人間の耳
【講師】  放送大学  面接授業  2007年8月
感情音声モーフィング
【実演】  日本科学未来館  予感研究所  2006年5月
音声モーフィング
【助言・指導】  日本科学未来館  恋愛物語展  2005年4月 - 2005年8月
音声モーフィング
【講師】  日本科学未来館  ラウンジトーク  2005年6月26日