平川 俊夫

J-GLOBALへ         更新日: 03/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
平川 俊夫
 
ヒラカワ トシオ
所属
九州大学
部署
九州大学病院 産科婦人科
職名
講師
学位
医学博士(九州大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
1999年
   
 
日本産科婦人科学会  幹事
 
2000年
   
 
日本婦人科腫瘍学会  評議員
 

Misc

 
臨床婦人科産科   48 748   1994年
偽膜性腸炎を契機に中毒性巨大結腸症, 腸穿孔をきたした1例
日本産科婦人科学会雑誌   52 1477-1481   2000年
Cytoreductive surgeryと術後化学療法により長期生存を得た(]G0004[)期卵巣癌の2症例
16 35-40   2000年
6年後に再発を認めた子宮平滑筋腫瘍の1例
日本婦人科腫瘍学会雑誌   18 194-201   2000年
胎盤血管の破綻により子宮内胎児死亡を招来した胎盤羊膜下血腫の1症例
日本産科婦人科学会雑誌   53 851-854   2001年

書籍等出版物

 
悪性腫瘍 子宮頚癌検診
新女性医学大系9 女性と予防医学   1999年   
良性腫瘍 腟良性腫瘍の手術
新女性医学大系 43 婦人科腫瘍の手術療法   2000年   

Works

 
平成14年度厚生労働省科学研究費補助金 効果的医療技術の確立推進臨床研究事業医療技術の確立推進臨床研究事業 新しい子宮癌治療手順確立のための医療情報システム開発に関する研究
2000年 - 2001年
平成12年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)(2) ヒト卵巣癌における内因性および獲得性薬剤耐性に関する細胞病理学的研究−YB-1ならびにcMOAT1/MRT2遺伝子を中心に−
2000年 - 2002年
平成12年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)(2) ヒト末梢血リンパ球に細胞死を誘導する腫瘍関連抗原RCAS1の基礎的解析と婦人科癌の診断・治療に対する応用
2000年 - 2001年
平成13年度厚生労働省科学研究費補助金 21世紀型医療開拓推進研究経費 進行卵巣がんの予後改善を目指した集学的治療の研究
2001年
パクリタキセル(BMS-181339)の子宮体癌患者に対する後期臨床第II相試験
2002年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
卵巣癌の臨床病理学的研究
子宮頸癌の臨床病理学的研究
卵巣癌のパクリタキセル耐性機序に関わる候補遺伝子の同定と遺伝子治療への応用
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2006年
早期胞状奇胎における病理形態学的診断基準の確立に関する研究
その他の研究制度
進行卵巣癌の予後改善を目指した集学的治療の研究
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2000年   

特許

 
抗癌剤投与による過敏反応の予防・軽減剤
特願 2003-142973