HIGASHIDE Tomomi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 11, 2019 at 10:05
 
Avatar
Name
HIGASHIDE Tomomi

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1996
Graduate School, Division of Medicine, Kanazawa University
 
 
 - 
1990
Faculty of Medicine, Kanazawa University
 

Awards & Honors

 
2007
Suda Memorial Fund for Glaucoma Research
 

Published Papers

 
Sakata R, Yoshitomi T, Iwase A, Matsumoto C, Higashide T, Shirakashi M, Aihara M, Sugiyama K, Araie M, Lower Normal Pressure Glaucoma Study Members in Japan Glaucoma Society.
Ophthalmology   126(8) 1107-1116   Aug 2019   [Refereed]
Yuasa Y, Sugimoto Y, Hirooka K, Ohkubo S, Higashide T, Sugiyama K, Kiuchi Y
Acta ophthalmologica      Jul 2019   [Refereed]
Yamada Y, Higashide T, Udagawa S, Takeshima S, Sakaguchi K, Nitta K, Sugiyama K
Journal of glaucoma   28(3) 231-237   Mar 2019   [Refereed]
Takeshima S, Higashide T, Kimura M, Udagawa S, Yamada Y, Takemoto D, Ohkubo S, Sugiyama K
Investigative ophthalmology & visual science   60(2) 677-684   Feb 2019   [Refereed]
Wada Y, Higashide T, Nagata A, Sugiyama K
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie      Nov 2018   [Refereed]
Higashide T, Nishino T, Sakaguchi K, Yamada Y, Sugiyama K
Journal of glaucoma      Oct 2018   [Refereed]
Okuda T, Higashide T, Sugiyama K
Retina (Philadelphia, Pa.)   38(1) 148-154   Jan 2018   [Refereed]
Hirooka K, Higashide T, Jeoung JW
Journal of ophthalmology   2018 4682586   2018   [Refereed]
Sakaguchi K, Higashide T, Udagawa S, Ohkubo S, Sugiyama K
Investigative ophthalmology & visual science   58(12) 5251-5262   Oct 2017   [Refereed]
Takabatake M, Higashide T, Udagawa S, Sugiyama K
Retina (Philadelphia, Pa.)      Aug 2017   [Refereed]
Aung T, Ozaki M, Lee MC, Schlötzer-Schrehardt U, Thorleifsson G, Mizoguchi T, Igo RP Jr, Haripriya A, Williams SE, Astakhov YS, Orr AC, Burdon KP, Nakano S, Mori K, Abu-Amero K, Hauser M, Li Z, Prakadeeswari G, Bailey JNC, Cherecheanu AP, Kang JH, Nelson S, Hayashi K, Manabe SI, Kazama S, Zarnowski T, Inoue K, Irkec M, Coca-Prados M, Sugiyama K, Järvelä I, Schlottmann P, Lerner SF, Lamari H, Nilgün Y, Bikbov M, Park KH, Cha SC, Yamashiro K, Zenteno JC, Jonas JB, Kumar RS, Perera SA, Chan ASY, Kobakhidze N, George R, Vijaya L, Do T, Edward DP, de Juan Marcos L, Pakravan M, Moghimi S, Ideta R, Bach-Holm D, Kappelgaard P, Wirostko B, Thomas S, Gaston D, Bedard K, Greer WL, Yang Z, Chen X, Huang L, Sang J, Jia H, Jia L, Qiao C, Zhang H, Liu X, Zhao B, Wang YX, Xu L, Leruez S, Reynier P, Chichua G, Tabagari S, Uebe S, Zenkel M, Berner D, Mossböck G, Weisschuh N, Hoja U, Welge-Luessen UC, Mardin C, Founti P, Chatzikyriakidou A, Pappas T, Anastasopoulos E, Lambropoulos A, Ghosh A, Shetty R, Porporato N, Saravanan V, Venkatesh R, Shivkumar C, Kalpana N, Sarangapani S, Kanavi MR, Beni AN, Yazdani S, Lashay A, Naderifar H, Khatibi N, Fea A, Lavia C, Dallorto L, Rolle T, Frezzotti P, Paoli D, Salvi E, Manunta P, Mori Y, Miyata K, Higashide T, Chihara E, Ishiko S, Yoshida A, Yanagi M, Kiuchi Y, Ohashi T, Sakurai T, Sugimoto T, Chuman H, Aihara M, Inatani M, Miyake M, Gotoh N, Matsuda F, Yoshimura N, Ikeda Y, Ueno M, Sotozono C, Jeoung JW, Sagong M, Park KH, Ahn J, Cruz-Aguilar M, Ezzouhairi SM, Rafei A, Chong YF, Ng XY, Goh SR, Chen Y, Yong VHK, Khan MI, Olawoye OO, Ashaye AO, Ugbede I, Onakoya A, Kizor-Akaraiwe N, Teekhasaenee C, Suwan Y, Supakontanasan W, Okeke S, Uche NJ, Asimadu I, Ayub H, Akhtar F, Kosior-Jarecka E, Lukasik U, Lischinsky I, Castro V, Grossmann RP, Sunaric Megevand G, Roy S, Dervan E, Silke E, Rao A, Sahay P, Fornero P, Cuello O, Sivori D, Zompa T, Mills RA, Souzeau E, Mitchell P, Wang JJ, Hewitt AW, Coote M, Crowston JG, Astakhov SY, Akopov EL, Emelyanov A, Vysochinskaya V, Kazakbaeva G, Fayzrakhmanov R, Al-Obeidan SA, Owaidhah O, Aljasim LA, Chowbay B, Foo JN, Soh RQ, Sim KS, Xie Z, Cheong AWO, Mok SQ, Soo HM, Chen XY, Peh SQ, Heng KK, Husain R, Ho SL, Hillmer AM, Cheng CY, Escudero-Domínguez FA, González-Sarmiento R, Martinon-Torres F, Salas A, Pathanapitoon K, Hansapinyo L, Wanichwecharugruang B, Kitnarong N, Sakuntabhai A, Nguyn HX, Nguyn GTT, Nguyn TV, Zenz W, Binder A, Klobassa DS, Hibberd ML, Davila S, Herms S, Nöthen MM, Moebus S, Rautenbach RM, Ziskind A, Carmichael TR, Ramsay M, Álvarez L, García M, González-Iglesias H, Rodríguez-Calvo PP, Fernández-Vega Cueto L, Oguz Ç, Tamcelik N, Atalay E, Batu B, Aktas D, Kasım B, Wilson MR, Coleman AL, Liu Y, Challa P, Herndon L, Kuchtey RW, Kuchtey J, Curtin K, Chaya CJ, Crandall A, Zangwill LM, Wong TY, Nakano M, Kinoshita S, den Hollander AI, Vesti E, Fingert JH, Lee RK, Sit AJ, Shingleton BJ, Wang N, Cusi D, Qamar R, Kraft P, Pericak-Vance MA, Raychaudhuri S, Heegaard S, Kivelä T, Reis A, Kruse FE, Weinreb RN, Pasquale LR, Haines JL, Thorsteinsdottir U, Jonasson F, Allingham RR, Milea D, Ritch R, Kubota T, Tashiro K, Vithana EN, Micheal S, Topouzis F, Craig JE, Dubina M, Sundaresan P, Stefansson K, Wiggs JL, Pasutto F, Khor CC
Nature genetics   49(7) 993-1004   Jul 2017   [Refereed]
Tsuchiya S, Higashide T, Toida K, Sugiyama K
Current eye research   42(7) 1013-1017   Jul 2017   [Refereed]
Kawaguchi I, Kobayashi A, Higashide T, Takeji Y, Sakurai K, Kawaguchi C, Sugiyama K
PloS one   12(10) e0186714   2017   [Refereed]
Takemoto D, Higashide T, Saito Y, Ohkubo S, Udagawa S, Takeda H, Sugiyama K
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   11 1617-1624   2017   [Refereed]
Tsuchiya S, Buhr ED, Higashide T, Sugiyama K, Van Gelder RN
PloS one   12(9) e0184790   2017   [Refereed]
Wada Y, Higashide T, Nagata A, Sugiyama K
Investigative ophthalmology & visual science   57(13) 5568-5575   Oct 2016   [Refereed]
Higashide T, Ohkubo S, Sugimoto Y, Kiuchi Y, Sugiyama K
Japanese journal of ophthalmology   60(4) 309-318   Jul 2016   [Refereed]
Nishisako M, Meguro A, Nomura E, Yamane T, Takeuchi M, Ota M, Kashiwagi K, Mabuchi F, Iijima H, Kawase K, Yamamoto T, Nakamura M, Negi A, Sagara T, Nishida T, Inatani M, Tanihara H, Aihara M, Araie M, Fukuchi T, Abe H, Higashide T, Sugiyama K, Kanamoto T, Kiuchi Y, Iwase A, Chin S, Ohno S, Inoko H, Mizuki N
Ophthalmic genetics   37(2) 194-200   Jun 2016   [Refereed]
Wakae H, Higashide T, Tsuneyama K, Nakamura T, Takahashi K, Sugiyama K
Journal of glaucoma   25(3) e291-4   Mar 2016   [Refereed]

Misc

 
【7年前の常識は現在の非常識!-眼科診療の最新標準】緑内障 診断 緑内障性視神経症の画像診断
東出 朋巳
臨床眼科   72(11) 144-150   Oct 2018
【一挙公開 前視野緑内障診療の最前線】 点眼治療
東出 朋巳
眼科グラフィック   7(4) 441-453   Aug 2018
眼科医の手引 眼圧下降による視機能改善の可能性
東出 朋巳
日本の眼科   89(10) 1399-1400   Oct 2018
手術相談室 症例呈示 眼内レンズ亜脱臼合併眼での緑内障手術戦略
大鳥 安正, 真鍋 伸一, 坂田 礼, 東出 朋巳
眼科手術   31(1) 93-96   Jan 2018
緑内障術後早期に発症したLeaking Blebに対する羊膜移植併用濾過胞再建術の有用性
立花 学, 小林 顕, 新田 耕治, 東出 朋巳, 横川 英明, 大久保 真司, 杉山 和久
あたらしい眼科   35(9) 1268-1275   Sep 2018
線維柱帯切除術(trabeculectomy:TLE)あるいは濾過胞再建術(bleb revision、以下revision)の術後早期(early-onset)に発症した濾過胞からの房水漏出(leaking bleb)に対する羊膜移植(amniotic membrane transplantation:AMT)併用revisionの有用性を検討した。対象は、初回ないしは別部位からの追加手術後1ヵ月以内にleaking blebをきたし、結膜縫合あるいは自己結膜移植にてleaking bl...
杉山 和久, 東出 朋巳
眼科   60(1) 21-26   Jan 2018
Higashide Tomomi
金沢大学十全医学会雑誌   127(1) 21-25   Mar 2018
緑内障による失明を阻止するため、その病態解明からよりよい治療法の開発に至るまで、様々な課題に対する基礎的・臨床的研究を行っている。基礎的研究を中心に、下記の最近の研究成果を紹介した。1)眼圧日内変動のメカニズム、2)ラット眼における眼底画像解析(走査レーザー検眼鏡、光干渉断層計、レーザースペックルフローグラフィー)、3)トラベクレクトミーにおけるパクリタキセル徐放ハニカムフィルムによる濾過胞瘢痕化抑制、について述べた。
土屋 俊輔, 東出 朋巳
臨床眼科   72(1) 50-55   Jan 2018
緑内障診療ガイドライン(第4版)
谷原 秀信, 相原 一, 稲谷 大, 井上 俊洋, 木内 良明, 杉山 和久, 富田 剛司, 中澤 徹, 中村 誠, 東出 朋巳, 福地 健郎, 日本緑内障学会緑内障診療ガイドライン作成委員会
日本眼科学会雑誌   122(1) 5-53   Jan 2018
コーワAP-7000とHumphrey視野計における緑内障診断力の検討
宇田川 さち子, 大久保 真司, 東出 朋巳, 岩瀬 愛子, 松本 長太, 杉山 和久
日本眼科学会雑誌   121(12) 915-922   Dec 2017
目的:コーワAP-7000(以下、AP-7000)とHumphrey視野計(以下、HFA)の緑内障性視野異常の診断力と各パラメータを比較検討する。対象と方法:健常群67例67眼、緑内障性構造異常群56例56眼をHFA 24-2とAP-7000(クイック1、閾値中心2)で測定した。緑内障性視野異常検出の感度・特異度とκ係数による判定一致率、Spearmanの順位相関係数を用いた各パラメータの相関、Bland-Altman解析の結果を検討した。結果:緑内障の検出感度はHFAが80.4%、AP-...
菅野 彰, 大鳥 安正, 東出 朋巳
臨床眼科   71(10) 1488-1494   Oct 2017
これが知りたい!緑内障に残された謎
谷原 秀信, 本庄 恵, 北岡 康史, 東出 朋巳
Frontiers in Glaucoma   (54) 129-140   Sep 2017
田辺 美乃梨, 大久保 真司, 宇田川 さち子, 東出 朋巳, 杉山 和久
神経眼科   34(2) 172-176   Jun 2017
73歳女性。広義原発開放隅角緑内障の経過観察中に左眼の見えにくさと複視を訴えて受診した。滑車神経麻痺で初発し、その後、動眼神経麻痺、Horner症候群を発症した。1%アプラクロニジン点眼試験では、点眼前は明所では左眼の瞳孔径が大きく、暗所では右眼の瞳孔径が大きかった。点眼後は、明所で左眼が右眼に比べて著明に散瞳していた。瞼裂高は、点眼後に左眼が3mm拡大し、動眼神経麻痺にHorner症候群を合併していると診断した。その後、外転神経麻痺も合併したため、海綿静脈洞部の硬膜動静脈瘻に対し、経静脈...
涙道閉塞の最新治療 抗癌剤による涙道閉塞の初期段階では涙道へのチューブ留置、進行例ではガラス管留置手術を行う
佐々木 次壽, 東出 朋巳
日本医事新報   (4818) 56-57   Aug 2016
緑内障の最新の治療法や工夫 Rhoキナーゼ阻害薬やチューブシャント手術など、新しい治療薬・治療法が出てきている
東出 朋巳, 生野 恭司
日本医事新報   (4807) 59-60   Jun 2016
武田 暢生, 宇田川 さち子, 東出 朋巳
あたらしい眼科   33(3) 455-459   Mar 2016
ラタノプロスト・チモロールマレイン酸塩配合点眼液(ザラカム配合点眼液)は1日1回点眼であるが、朝夜のいずれに点眼するのがより効果的か検討した。対象は、金沢大学附属病院眼科にて抗緑内障点眼薬治療を受けている原発開放隅角緑内障(広義)患者、高眼圧症患者25例25眼。1ヵ月以上の観察期間を経てザラカム配合点眼液に変更し、計6ヵ月間の点眼を行った。ランダム割り付け表に従い、点眼時間帯を3ヵ月ごとに朝から夜へ、または夜から朝へと切り替える2群に割り付けた。朝・夜点眼期間終了時点の眼圧は、それぞれ、1...
小澤 由明, 東出 朋巳, 杉山 能子
あたらしい眼科   33(1) 133-139   Jan 2016
目的:まれなDown症候群を伴う発達緑内障に対し線維柱帯切開術を施行した1例を経験したので報告する。症例:生後6ヵ月、女児。抗緑内障薬物治療に抵抗性を示し角膜浮腫を伴っていた。全身麻酔下検査で眼圧は右眼34mmHg、左眼33mmHg、陥凹乳頭径比は両眼0.7、角膜径は両眼13mm、隅角検査で虹彩高位付着を認めた。両眼に線維柱帯切開術を施行後、両眼とも角膜浮腫は消失し陥凹乳頭径比は0.3に改善した。術後111ヵ月間の測定眼圧は、薬物治療の追加なしで両眼12mmHg程度に安定した。中心角膜厚は...
岩田 晶子, 桜井 真由美, 東出 朋巳, 杉山 和久, 古市 賢吾, 和田 隆志, 重松 秀一, 中嶋 義記
日本小児腎臓病学会雑誌   28(2) 158-163   Nov 2015
腎コロボーマ症候群はPAX2遺伝子の異常により発症する疾患で、視神経乳頭と腎の発生異常を認める。今回我々は無熱性けいれんを主訴に受診しPAX2遺伝子変異を有する腎コロボーマ症候群と診断した11歳男児例を経験した。症例は新生児期より先天性眼振・右外斜視・視神経コロボーマとして眼科で経過観察され、家族歴に腎疾患(検尿異常、腎機能障害)を認めた。11歳に学校検尿で初めて蛋白尿を指摘された。睡眠中に呼吸抑制を伴う無熱性の全身硬直性けいれんを認め、当院に救急搬送された。受診時に尿潜血1+蛋白2+と腎...
【病理からみた前眼部手術】 緑内障手術
東出 朋巳
IOL & RS   29(3) 318-324   Sep 2015
浅前房を呈したVogt-小柳-原田病の2例
竹本 大輔, 井尻 茂之, 清水 道春, 東出 朋巳, 杉山 和久
日本眼科学会雑誌   119(5) 354-362   May 2015
目的:ステロイドパルス療法後に浅前房が改善したVogt-小柳-原田病(VKH)の2症例を報告する.症例:65歳女性と72歳女性.2例とも両眼の視力低下,頭痛,浅前房を認めた.前房内炎症を認めず,超音波生体顕微鏡(UBM)で両眼に毛様体浮腫,毛様体脈絡膜剥離と隅角閉塞を認めた.1例は眼圧上昇を認め,急性原発閉塞隅角症と診断し左眼水晶体再建術を施行したが,術後に光干渉断層計(OCT)で両眼底に漿液性網膜剥離を認めた.2例ともステロイドパルス療法後に,浅前房とUBM所見は改善し,漿液性網膜剥離は...
【最先端の硝子体手術】 内境界膜翻転法による強度近視黄斑円孔網膜剥離の治療
奥田 徹彦, 東出 朋巳, 生野 恭司
あたらしい眼科   32(2) 181-187   Feb 2015
[Two cases of Vogt-Koyanagi-Harada disease presenting shallow anterior chamber].
Takemoto D, Ijiri S, Shimizu M, Higashide T, Sugiyama K
Nippon Ganka Gakkai zasshi   119(5) 354-362   May 2015   [Refereed]
東出 朋巳
臨床眼科   68(11) 167-180   Oct 2014
網膜神経節細胞が画像診断のターゲットになるのは緑内障と神経眼科疾患である。黄斑部は網膜神経節細胞の画像解析に最適である。OCTの進歩による網膜層厚の自動計測はGCC厚からさらに細分化を遂げている。OCTはあくまでも間接的な厚みの評価なので,ピットフォールは多数ある。(著者抄録)
手術相談室 症例呈示 増殖糖尿病網膜症による血管新生緑内障 若年の両眼無治療症例に対する治療戦略
植木 麻理, 前野 貴俊, 徳田 直人, 谷戸 正樹, 東出 朋巳
眼科手術   27(3) 387-393   Jul 2014
奥田 徹彦, 東出 朋巳, 生野 恭司
あたらしい眼科   32(2) 181-187   Feb 2015
SUGIYAMA Kazuhisa
日本眼科學会雜誌   116(3) 233-268   Mar 2012
Primary open-angle glaucoma (POAG), including normal-tension glaucoma (NTG), is reported by the Tajimi Study to afflict 3.9% of the total population, and this represents about 80% of all total glaucoma cases which, in total, afflict 5.0% of the po...
【緑内障診療ガイドライン(第3版)】
阿部 春樹, 相原 一, 桑山 泰明, 酒井 寛, 白柏 基宏, 白土 城照, 鈴木 康之, 谷原 秀信, 富田 剛司, 中村 誠, 東出 朋巳, 八百枝 潔, 山本 哲也, 北澤 克明, 日本緑内障学会緑内障診療ガイドライン作成委員会
日本眼科学会雑誌   116(1) 3-46   Jan 2012
SAKURAI Mayumi, HIGASHIDE Tomomi, SUGIYAMA Kazuhisa
金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the J◆U00FB◆zen Medical Society   120(4) 166-170   Dec 2011
[総説][Reviews]
【糖尿病網膜症診療の最前線】 血管新生緑内障に対する最新の治療法
齋藤 代志明, 東出 朋巳
Diabetes Frontier   22(4) 396-401   Aug 2011
【眼科薬物療法】緑内障 続発緑内障
木村 雅代, 東出 朋巳
眼科   54(10) 1318-1324   Sep 2012
中谷 雄介, 大久保 真司, 武田 久, 東出 朋巳, 杉山 和久
臨床眼科   65(6) 847-851   Jun 2011
目的:黄斑部の網膜神経節細胞層複合体厚(GCC)の光干渉断層計(OCT)による測定値の,水晶体の有無による違いの報告。対象と方法:スペクトラルドメインOCTで,白内障手術前後でのシグナル強度(SSI)とGCC厚を22眼で測定した。平均年齢は75.2歳,術前の平均視力は0.5±0.2であった。結果:GCCの平均厚は術前82.1μm,術後98.0μmで,有意差があった(p<0.0001)。術前後のSSIの差と水晶体混濁指数との間には有意差があった(r=0.47,p<0.02)。SSIとGCCそ...
NAKANO Ai, OHKUBO Shinji, HIGASHIDE Tomomi, SUGIYAMA Kazuhisa, KAWANO Mitsuhiro
Journal of the eye   27(4) 558-563   Apr 2010
片眼の虚血性視神経症で発症した再発性多発性軟骨炎を経験したので報告する。症例は56歳、男性で、左眼乳頭の発赤・腫脹、フルオレセイン蛍光造影で視野に対応する乳頭の楔状充盈欠損を認め前部虚血性視神経症と診断、その後に耳介の発赤・腫脹が出現し、耳介軟骨炎と関節炎と眼炎症の所見を認めたことから再発性多発性軟骨炎と診断した。ステロイド治療で視神経乳頭浮腫および全身状態は改善し、現時点で再燃は認めていない。左眼の視神経乳頭浮腫が消退後に視神経乳頭陥凹拡大を認めた。再発性多発性軟骨炎は血管炎を伴うこと、...
GLAUCOMA Q&A 血管新生緑内障の新しい治療法
東出 朋巳
Frontiers in Glaucoma   10(3) 148-153   Dec 2009
緑内障の診断と治療 特に広義POAGを中心に
杉山 和久, 新田 耕治, 東出 朋巳, 輪島 良平
Pharma Medica   27(10) 75-82   Oct 2009
【緑内障の遺伝要因(内的因子)と環境要因(外的因子)】 緑内障治療薬に対する薬剤応答性
杉山 和久, 桜井 真由美, 高橋 真美, 東出 朋巳
眼科   51(5) 657-663   May 2009
【抗VEGF抗体の眼科臨床応用】 血管新生緑内障
東出 朋巳
眼科   50(11) 1729-1737   Oct 2008
【緑内障Now!】 緑内障研究の最新情報 緑内障手術研究の最新情報は?
東出 朋巳
あたらしい眼科   25(臨増) 217-220   Oct 2008
【眼科疾患アトラス】 緑内障 色素緑内障
東出 朋巳
眼科   50(10) 1446-1447   Sep 2008
【眼科疾患アトラス】 緑内障 血管新生緑内障の隅角
東出 朋巳
眼科   50(10) 1444-1445   Sep 2008
HIGASHIDE Tomomi
Journal of the eye   26(3) 323-329   Mar 2009
【眼科レーザー治療】緑内障 緑内障のレーザー治療 レーザー毛様体破壊術
東出 朋巳
眼科プラクティス   26 231-235   Mar 2009
緑内障セミナー 血管新生緑内障に対する抗VEGF薬
東出 朋巳
あたらしい眼科   25(6) 819-820   Jun 2008
東出 朋巳
眼科   50(11) 1729-1737   Oct 2008
SAITO Yoshiaki, HIGASHIDE Tomomi, SUGIYAMA Kazuhisa
Journal of Japanese Ophthalmological Society   111(12) 953-958   Dec 2007
目的:最大耐用薬剤使用中の原発開放隅角緑内障症例へ追加治療として施行した選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)の効果をレトロスペクティブに検討すること.対象と方法:対象は,手術既往のない原発開放隅角緑内障症例のうち,初めてSLTを施行された34例34眼である.年齢61.1±13.0(平均値±標準偏差,以下同様)歳,観察期間7.1±4.8ヵ月,術前投薬数3.5±0.7剤であった.0.5〜1.4mJで57.0±11.5発,隅角半周に照射した.結果:術前眼圧20.9±3.4mmHgが,術1ヵ月後...
HIGASHIDE Tomomi
Journal of the eye   25(6) 775-782   Jun 2008
田川 考作, 東出 朋巳, 杉山 和久, 河崎 一夫
日本眼科學会雜誌 = Journal of Japanese Ophthalmological Society   111(9) 716-721   Sep 2007
目的:異なる大きさの耳側角膜切開創による白内障手術において惹起角膜乱視変化量の違いを検討した. 対象および方法:対象は無縫合耳側角膜切開白内障手術症例で, 極小切開創1.6mm群が4例5眼, 極小切開創2.2mm群が23例33眼, 小切開創3.0mm群が21例26眼である. 角膜乱視を術前, 術後1週, 1か月および3か月の時点で測定し, 手術による惹起角膜乱視変化量をCravy法による軸乱視量で検討した. 結果:惹起角膜乱視変化量の平均値±標準偏差は術後1週では1.6mm群で0.00±0...
SUGIYAMA Kazuhisa, SAKURAI Mayumi, TAKAHASHI Mami, HIGASHIDE Tomomi
眼薬理 = Japanese journal of ocular pharmacology   21(1) 15-21   Aug 2007
個々の患者において薬剤の反応性や副作用をあらかじめ予測できれば、不要な薬物の投与がなくなり、各個人に最適な治療薬を早期に提供することができる。筆者らは、ラタノプロストの作用機序に関連すると考えられるプロスタグランジンF2αレセプターのSNPと眼圧下降作用との関連性を検討した。また、臨床的にレスポンダー、ノンレスポンダーを見分ける方法として、正常人に対してラタノプロストを用いて片眼トライアルの有用性についても検討した。(著者抄録)
ネフローゼ症候群に両側網膜中心静脈閉塞症を合併した1例
中谷 雄介, 東出 朋巳, 杉山 和久, 絹野 裕之
眼科臨床医報   101(9) 916-919   Sep 2007
42歳男性。患者は両眼の視力低下を主訴とした。既往歴に糖尿病、ネフローゼ症候群があった。初診時、視力は右0.05(0.8)、左0.08(1.0)で、眼底検査・FA眼底造影検査、全身検索の結果、ネフローゼ症候群による両側の網膜中心静脈閉塞症と診断された。内科的治療として利尿剤投与を行なったところ、全身所見は改善したが、黄斑浮腫の増加により矯正視力が右0.7、左0.4と低下したため、両眼にトリアムシノロン(TA)のテノン嚢下投与が行なわれた。以後、左眼に一過性の眼圧上昇がみられたものの、TA投...
TSUJIYA Sosuke, OHKUBO Shinji, HIGASHIDE Tomomi, SUGIYAMA Kazuhisa
眼科手術 = Journal of ophthalmic surgery   20(3) 417-421   Jul 2007
目的:後期緑内障に対するマイトマイシンC(MMC)併用線維柱帯切除術の手術成績について検討した。方法:対象は2003年1月から2003年12月の間に、視野が後期(湖崎分類IV,V期もしくはAulhorn分類Greve変法5,6期)でMMC併用線維柱帯切除術を受けた連続症例57例68眼(平均年齢64.4歳、平均観察期間33.6ヵ月)。基準眼圧を20mmHg,15mmHgまたは12mmHgとして、Kaplan-Meier生命表法でそれぞれの眼圧調整率を算出した。結果:術前眼圧は23.2±6.6...
【視野】 緑内障管理と視野 視野障害の機序と特徴
東出 朋巳
眼科プラクティス   15 106-110   May 2007
人間ドックにおける緑内障検診の試み
繰納 勉, 大久保 真司, 武田 久, 東出 朋巳, 杉山 和久
眼科臨床医報   101(10) 1049-1050   Oct 2007
TAGAWA Kosaku, HIGASHIDE Tomomi, SUGIYAMA Kazuhisa, KAWASAKI Kazuo
Journal of Japanese Ophthalmological Society   111(9) 716-721   Sep 2007
薬物療法、レーザー治療および線維柱帯切開術を要した色素緑内障の1例
若林 卓, 東出 朋巳, 杉山 和久
日本眼科学会雑誌   111(2) 95-101   Feb 2007
目的:薬物療法,レーザー治療および線維柱帯切開術により眼圧コントロールが得られた色素緑内障の1例につき報告する.症例:36歳男性.角膜後面にKrukenberg spindleが観察され,隅角全周に高度の色素沈着を認めた.薬物療法のみでは眼圧コントロールが困難となり,隅角鏡および超音波生体顕微鏡にてreverse pupillary blockが認められたため両眼にレーザー虹彩切開術を施行した.しかし,眼圧コントロールが不十分であったため,両眼にアルゴンレーザー線維柱帯形成術を実施した.そ...
【腎・泌尿器疾患領域における遺伝子解析】 腎コロボーマ症候群
奥村 利矢, 東出 朋巳, 和田 隆志
腎と透析   61(6) 863-866   Dec 2006
SHIMIZU Michiharu, OHKUBO Shinji, SAKURADA Norimasa, HIGASHIDE Tomomi, SUGIYAMA Kazuhisa
Journal of the eye   23(11) 1497-1499   Nov 2006
眼位ずれがほとんどなくHessチャートで異常検出困難であり、9方向シノプトフォアが診断に有用であった両側性上斜筋麻痺の1例を経験したので報告する。症例は26歳、男性。交通外傷後に複視を自覚して、近医を受診したがHessチャートにて異常が検出されず精査、加療目的にて当科を受傷約3ヵ月後に受診した。当科初診時眼球運動制限はほとんどみられず、Hessチャートでは偏位が小さく異常部位は同定されなかった。しかし、9方向シノプトフォアにて下方視にて増強する上下ずれと全方向、特に下方視にて増強する外方回...
【緑内障診療の進めかた】 検査の実際と評価のポイント 視野検査 自動視野計スクリーニング検査の使い方
大久保 真司, 東出 朋巳
眼科プラクティス   11 212-214   Sep 2006
【緑内障診療の進めかた】 Topics SLOによる評価
東出 朋巳
眼科プラクティス   11 190-191   Sep 2006
【緑内障診療の進めかた】 Controversy 乳頭出血の重要性
杉山 和久, 東出 朋巳
眼科プラクティス   11 180-180   Sep 2006
中谷 雄介, 東出 朋巳, 杉山 和久
Japanese review of clinical ophthalmology   101(9) 916-919   2007
田川 考作, 東出 朋巳, 杉山 和久, 河崎 一夫
日本眼科學会雜誌 = Journal of Japanese Ophthalmological Society   110(5) 384-390   May 2006
目的 : Laser in situ keratomileusis(LASIK)の際に生じたボタンホールの発生原因および再手術までの経過および再手術の成績を検討する. 対象および方法 : 八尾総合病院でLASIKを施行した514例1010眼のうち4例4眼にボタンホールが生じた. 全例でボタンホールの発生後にレーザー照射を施行せず初回手術を中断した. 再手術は平均6か月後に施行された. ボタンホールの発生原因, 視力, 他覚屈折値, 角膜屈折力および角膜乱視の推移を検討した. 結果 : ボタ...
緑内障遺伝子と発達緑内障 発達緑内障と全身疾患・鑑別すべき疾患
東出 朋巳
Frontiers in Glaucoma   6(4) 245-246   Dec 2005
ワンポイントアドバイス 虹彩切除の基本手技
東出 朋巳
眼科手術   18(2) 202-204   Apr 2005
【眼科薬物治療ガイド】 作用別:薬の基礎知識 循環改善薬の緑内障への応用
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科薬物治療ガイド   (眼科診療プラクティス編集委員・編) 318-323   Sep 2004
TAGAWA Kosaku, HIGASHIDE Tomomi, SUGIYAMA Kazuhisa, KAWASAKI Kazuo
Journal of Japanese Ophthalmological Society   110(5) 384-390   May 2006
【緑内障の治療指針】 B.手術療法
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科   46(9) 1159-1165   Sep 2004
田川 考作, 河崎 一夫, 東出 朋巳
臨床眼科   58(8) 1515-1517   Aug 2004
LSK-ONE(ONE)もしくはM2を用いてLASIK(laser in situ keratomileusis)を施行した症例を対象とした.ONE群は41例76眼(男30例54眼,女11例22眼,18〜51歳),M2群は41例79眼(男25例49眼,女16例30眼,20〜54歳)である.両群について術中合併症,再手術および吸引時間を検討した.合併症のうち不整なフラップはM2で有意に少なかった.フリーキャップ,ボタンホール,不完全フラップ,眼角切開,角膜上皮剥離,輪部出血,上皮迷入,再手術...
【眼科所見の捉え方と描き方】 網膜硝子体所見の捉え方と描き方 視神経乳頭所見の分類と描画記載のルール One Point Advice 乳頭出血の意義
東出 朋巳
眼科プラクティス   4 150-150   Jul 2005
TAGAWA Kosaku, KAWASAKI Kazuo, HIGASHIDE Tomomi, SEGAWA Yasunori, KOBAYASHI Akira, IWASE Takeshi, IWAKUCHI Yukari
Journal of the eye   21(6) 836-839   Jun 2004
術後予想屈折値から判断し,眼内レンズ挿入を予定しなかった白内障2例3眼(1.6mm切開群,手術時69歳,59歳)を対象に,極小切開超音波白内障摘出術を施行し,術中・術後成績について検討した.全例で術後矯正視力は術前よりも改善したが,1例では右眼で術前からの睫毛乱生による角膜障害および内斜視のため0.04にとどまった.角膜内皮細胞密度の減少率は術後1ヵ月で,平均4.9%で,従来の小切開白内障手術と同程度であった.前房フレア値の変化は過去に報告されている従来の小切開白内障手術での変化と同程度で...
HIGASHIDE Tomomi
眼科手術 = Journal of ophthalmic surgery   18(2) 202-204   Apr 2005
【緑内障手術の限界】 術中・術後合併症からみた安全性の限界
東出 朋巳
眼科手術   17(1) 9-14   Jan 2004
緑内障手術では他の手術にまして高い安全性が要求される.現在広く行われているマイトマイシンC併用の線維柱帯切除術には低眼圧黄斑症,白内障,晩期眼内炎など様々な合併症があり,症例ごとのリスクの評価と合併症を最小限にする努力が必要である.しかし,穿孔性手術であることによる術中・術後の眼圧変動や濾過胞の存在による合併症はなくし得ないものであり,線維柱帯切除術の安全性の限界を示すものである.したがって,目標眼圧やリスクに応じてより安全性の高い非穿孔性の術式や濾過胞に依存しない房水流出路再建術を活用す...
【正常眼圧緑内障を徹底解剖する】 正常眼圧緑内障の早期発見方法
東出 朋巳, 大久保 真司, 杉山 和久
あたらしい眼科   20(10) 1351-1356   Oct 2003
田川 考作, 河崎 一夫, 東出 朋巳
臨床眼科   58(8) 1515-1517   Aug 2004
【緑内障診療のトラブルシューティング】 検査 視野測定 FDTは早期発見,管理に有用か
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科診療プラクティス   98 26-27   Sep 2003
【緑内障診療のトラブルシューティング】 検査 視野測定 協力の得られない症例への対処
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科診療プラクティス   98 25-25   Sep 2003
【緑内障診療のトラブルシューティング】 検査 視野測定 視野測定はどれくらいの間隔で必要か
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科診療プラクティス   98 23-24   Sep 2003
HIGASHIDE Tomomi
眼科手術 = Journal of ophthalmic surgery   17(1) 9-14   Jan 2004
【緑内障診療のトラブルシューティング】 検査 視野測定 末期症例は何で,どう判定していけばよいか
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科診療プラクティス   98 22-23   Sep 2003
【緑内障診療のトラブルシューティング】 検査 視野測定 初期,中期の視野進行をどう判定するか
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科診療プラクティス   98 19-21   Sep 2003
HIGASHIDE Tomomi, OHKUBO Shinji, SUGIYAMA Kazuhisa
あたらしい眼科 = Journal of the eye   20(10) 1351-1356   Oct 2003
東出 朋巳, 小林 顕, 田川 茂樹, 山田 陽久
臨床眼科   57(4) 571-574   Apr 2003
27歳女.右眼眼痛,右歪視および傍中心暗点を主訴とした.右眼に視神経乳頭の発赤,黄斑部網膜に皺襞,黄斑部下方に網膜浮腫があった.フルオレセイン蛍光眼底造影で乳頭からの色素漏出と網膜浮腫部に滲出性網膜剥離を示す所見がみられ,赤外蛍光造影で後極部の脈絡膜毛細血管の充盈遅延,低蛍光点,斑状の脈絡膜過蛍光領域,脈絡膜血管の拡張がみられた.CTと超音波検査で右眼強膜に肥厚があり,特発性後部強膜炎と診断した.副腎皮質ステロイド薬の全身投与で傍中心暗点,網膜剥離,赤外蛍光造影での脈絡膜過蛍光,脈絡膜血管...
MAWATARI Yoshirou, HIGASHIDE Tomomi, SAKURAI Mayumi, SHIRAO Yutaka, TEI Mamoru, SOTOZONO Chie
Journal of the eye   19(4) 513-516   Apr 2002
76歳女.1995年,左眼視力低下と異物感を認めた.結膜扁平上皮癌の診断で,腫瘍切除後,マイトマイシンC塗布,角膜上皮形成術,自己結膜移植を施行された.術後,角膜輪部に再発したが,1% 5-フルオロウラシル点眼によって軽快した.涙液と腫瘍組織からpolymerase chain reaction(PCR)によって,ヒトパピローマウイルス(HPV)16型が検出された.1997年,左内眼角部に乳頭状の腫瘍がみられ,涙嚢部に腫瘤を触知した.部分生検で扁平上皮癌と診断されたが,根治切除を拒否された...
大久保 真司, 武田 久, 東出 朋巳, 内山 佳代
臨床眼科   56(4) 556-558   Apr 2002
77歳女が強心剤の六神丸顆粒を点眼薬と誤認して右眼に入れ,眼痛を生じた.2時間後の初診時,点状表層角膜炎,部分的な角膜上皮糜爛,デスメ膜皺襞,軽度結膜浮腫,毛様充血,前房内微塵等の所見を認めた.右眼を洗浄し,結膜嚢内の六神丸顆粒を除去したが,デスメ膜皺襞と角膜浮腫は更に増強した.副腎皮質ステロイド薬の点眼・静注を行ったところ,角膜浮腫,デスメ膜皺襞とも改善した
眼科医のための先端医療 SNPと緑内障
東出 朋巳
あたらしい眼科   18(6) 745-746   Jun 2001
病巣の経時的移動が観察された眼トキソカラ症の1例
東出 朋巳, 武田 久, 白尾 裕
眼科   42(8) 1065-1070   Aug 2000
31歳女.右眼の中心暗点と霧視を訴え,平成10年3月に受診した.右眼矯正視力は0.2で,右眼には前房と硝子体の軽度の微塵と黄白色の黄斑部網膜下病巣,赤道部網膜の白斑と視神経乳頭の発赤がみられた.IgEの高値,血清のトキソカラ幼虫抗原に対するELISAの陽性所見から眼トキソカラ症と診断し,ステロイド内服を行った.黄斑部病巣内に生じた白色の網膜内病巣は眼底下方へ移動し,右眼矯正視力は同年7月に0.8に改善した.その後,黄斑上膜を伴う隆起性病変に進展した黄斑病部巣は,ステロイド内服中止後の平成1...
【緑内障診療のトラブルシューティング】 検査 視野測定 初期,中期症例の経過観察に適切なプログラムは
東出 朋巳, 杉山 和久
眼科診療プラクティス   98 17-18   Sep 2003
視覚における情報処理機構 律動様小波が関与する網膜内情報処理とその異常 糖尿病網膜症を中心に
河崎 一夫, 白尾 裕, 瀬川 安則, 浅井 宏志, 加藤 要, 西村 彰, 高比良 雅之, 瀬川 要司, 繰納 勉, 東出 朋巳, 武田 久, 前田 和彦, 田中 伸茂, 山田 陽久, 桜井 真由美, 李 丹傑, 山本 博, 山岸 昌一, 矢部 千尋, 橋本 恒一, 島 健二, 水野 明, 酒井 宏之, 宮田 広志
日本眼科学会雑誌   102(12) 813-836   Dec 1998
UBM検査,内視鏡検査で診断したPeters奇形の1例
横川 由起子, 白尾 裕, 東出 朋巳
眼科臨床医報   92(1) 46-48   Jan 1998
大久保 真司, 武田 久, 東出 朋巳
臨床眼科   56(4) 556-558   Apr 2002
Higashide Tomomi
Journal of the Juzen Medical Society   105(3) 427-439   Jun 1996
金沢大学 医 眼科1)新しいcDNAクローンHRG4はノーザンブロット法において約1.4k塩基の位置で網膜特異的な発現を示し,240個のアミノ酸からなる既知のタンパクと類似しない酸性・親水性のタンパクを規定していた. 2)ラットにおけるHRG4の相同遺伝子であるRRG4のcDNAは約1.3kbpからなり,240個のアミノ酸を規定していた. 3)HRG4とRRG4のカルボキシ末端側3/4は100%同一であるのに対して,アミノ末端側1/4は68%と低い相同性を示した.アミノ酸配列から推定される...
白内障手術後に生じたPaecilomyces lilacinusによる眼内炎の1例
大久保 真司, 島崎 真人, 東出 朋巳
日本眼科学会雑誌   98(1) 103-110   Jan 1994
ノルフロキサシンの有色家兎網膜に及ぼす影響
東出 朋巳, 望月 清文, 鳥崎 真人
あたらしい眼科   10(2) 261-266   Feb 1993
ノルフロキサシン(NFLX)を有色家兎の硝子体内に注入し,網膜に及ぼす影響を電気生理学的および組織学的に検討した。硝子体内注入後の眼内動態もあわせて検討した。NFLX 50μg注入では,網膜電図のa波,b波,c波および律動様小波(OP)に変化はなかった。NFLX 500μg注入では,注入3時間後にOPの振幅減少と頂点潜時延長がみられたが,7日後までには回復した。また,c波振幅が著明に減少した例があった。NFLX 50μgおよび500μg注入ともに,注入7日後において視覚誘発電位の早期成分に...
前房レンズ移植眼に生じた角膜潰瘍の1例
東出 朋巳, 鳥崎 真人, 望月 清文
あたらしい眼科   9(3) 467-470   Mar 1992
KAWASAKI Kazuo
日本眼科學会雜誌   102(12) 813-836   Dec 1998

Research Grants & Projects

 
Molecular Biological Analyses on Diabetic Retina
Molecular Genetical Analyses on Eye Diseases