長谷川 卓

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/23 14:23
 
アバター
研究者氏名
長谷川 卓
 
ハセガワ タカシ
URL
http://earth.s.kanazawa-u.ac.jp/Paleo_Lab/
所属
金沢大学
部署
理工研究域 地球社会基盤学系
職名
教授(リサーチプロフェッサー)
学位
博士(理学)(東北大学)

プロフィール

白亜紀及び古第三紀(温室地球期)の古環境解読を主な研究テーマとしています.地質調査で得る露頭試料や,国際深海科学掘削計画(IODP)などで得る地質試料のC,H,O,N,Sの安定同位体比分析,そして抽出性有機物に含まれる分子化石を用いた研究を進めています.炭素同位体比層序および浮遊性有孔虫(自分で鑑定します!)を用いた国際対比を重視し,詳細な対比に基づくグローバルかつ緻密な議論を目指しています.これに関連して,IUGSの国際層序学委員会白亜系小委員会の国際委員を務めています.上記研究に関連して,手法の改良にも目を向けています.
プライベートでは4人の息子の父親.アマチュア無線を趣味としています.

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1994年
東北大学 理学研究科 地学
 
 
 - 
1989年
金沢大学 理学部 地学
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本古生物学会  将来計画委員
 
1999年
   
 
日本地質学会  編集委員
 
2001年
   
 
-: 日本古生物学会 将来計画委員
 
1999年
   
 
-: 日本地質学会 編集委員
 

受賞

 
2010年
日本古生物学会学術賞
 
2007年
Palaeo-3最頻引用論文賞
 
1998年
奨励研究助成
 
2001年
日本古生物学会最優秀論文章
 

論文

 
Origin of methane and heavier hydrocarbons entrapped within Miocene methane-seep carbonates from central Japan
Miyajima, Y., Ijiri,A., Miyake, A. and Hasegawa, T.
Chemical Geology   498 83-95   2018年10月   [査読有り]
Late Maastrichtian carbon isotope stratigraphy and cyclostratigraphy of the Newfoundland Margin (Site U1403, IODP Leg 342)
Batenburg, S. J., Friedrich, O., Moriya, K., Voigt, S., Cournède, C., Moebius, I., Blum, P., Bornemann, A., Fiebig, J., Hasegawa, T., Hull, P. M., Norris, R. D., Röhl, U., Sexton, P. F., Westerhold, T., Wilson P. A. and the IODP Expedition 342 Scientists
Newsletters on Stratigraphy   51(2) 245-260   2018年3月   [査読有り]
Depositional ages and characteristics of Middle–Upper Jurassic and Lower Cretaceous lacustrine deposits in southeastern Mongolia
Hasegawa, H., Ando, H., Hasebe, N., Ichinnorov, N., Ohta, T., Hasegawa, T., Yamamoto, M., Li, G., Erdenetsogt, B., Heimhofer, U., Murata, T., Shinya, H., Enerel, G., Oyunjarga, G., Munkhtsetseg, O., Suzuki, N., Irino, T. and Yamamoto, K.
Island Arc   27 e12243   2018年2月   [査読有り]
Fractionation of stable nitrogen isotopes (15N/14N) during enzymatic deamination of glutamic acid: Implications for mass and energy transfers in the biosphere
Goto, A. S., Miura, K., Korenaga, T., Hasegawa, T., Ohkouchi, N., Chikaraishi, Y.
Geochemical Journal   52(3) 273-280   2018年   [査読有り]
Diffusive methane seepage in ancient deposits— examples from the Neogene Shin’etsu sedimentary basin, central Japan
Miyajima, Y., Watanabe, Y., Jenkins, R. G., Goto, A. S. and Hasegawa, T.
Journal of Sedimentary Research   88(4) 449-466   2018年   [査読有り]
Cool eastern rim of the North Pacific during Late Cretaceous time; A seep-carbonate paleothermometry from the Nanaimo Group, British Columbia.
Jenkins, R.G., Hasegawa, T.*(責任著者), Haggart, J. W., Goto, A. S., Iwase, Y. and Nakase, C.
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   487 407-415   2017年12月   [査読有り]
Characterization ascertained from δ13C and Δ14C of particulate organic matter in surface water from a shallow and semi-closed Lake Kiba.
Hong, T. B, Nagao, S., Ochiai, S., Fukushi, K., Goto, A., and Hasegawa, T.
Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences   17 (e-journal)   2017年   [査読有り]
A late Miocene methane-seep deposit bearing methane-trapping silica minerals at Joetsu, central Japan.
Miyajima, Y., Watanabe, Y., Yanagisawa, Y., Amano, K., Hasegawa, T. and Shimobayashi, N.
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   455 1-15   2016年
Confirmation of a Middle Jurassic age for the Eedemt Formation in Dundgobi Province, southeast Mongolia: constraints from the discovery of new spinicaudatans (clam shrimps)
Li, G., Ando, H., Hasegawa, H., Yamamoto, M., Hasegawa, T., Ohta, T., Hasebe, N. & Ichinnorov, N.
Alcheringa   38 (e-journal)   2014年   [査読有り]
Carbon isotope stratigraphy and depositional oxia through Cenomanian/Turonian boundary sequences (Upper Cretaceous) in New Zealand.
Hasegawa, T., Crampton, J., Schiøler, P., Field, B., Fukushi, and K. Kakizaki, Y.
Cretaceous Research   40 61-80   2013年   [査読有り]

Misc

 
「顕生代の環境撹乱イベントとその解析」によせて
Researches in Organic Geochemistry   23,24, 1-4    2008年
温室地球期の海洋鉛直循環の解読:OAE堆積物を利用する新視点.
月刊地球   30(8) 372-377   2008年
石川県白峰村に分布する手取層群桑島荘から抽出される芳香属炭化水素の古環境学的意義
手取川流域中生代手取層群調査報告書   45-55   2002年
白亜紀Cenomanian/Turonian期境界の海洋無酸素事変.21世紀の古生物学の展望--復元の科学--
月刊地球?号外ー   29 166-177   2000年

競争的資金等の研究課題

 
白亜紀古環境に関する有機地球化学的研究
白亜紀以降の温室地球から氷室地球への転換に関する安定同位体を用いた研究
国際共同研究
研究期間: 2003年