西沢 祐治

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 17:09
 
アバター
研究者氏名
西沢 祐治
所属
中部大学
部署
生命健康科学部生命医科学科
職名
教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
中部大学 生命健康科学部生命医科学科 教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
中部大学 生命健康科学研究所 教授
 
2008年1月
 - 
2008年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科機能構築医学専攻機能形態学講座細胞生物学分野 准教授
 
2007年
   
 
- 名古屋大学医学系研究科機能構築医学専攻機能形態学講座細胞生物学分野・助教
 
1997年
   
 
- 名古屋大学医学系研究科機能構築医学専攻機能形態学講座細胞生物学分野・助手
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年9月
名古屋大学 大学院理学研究科博士課程 分子生物学専攻
 
1982年4月
 - 
1988年3月
静岡大学 理学部 生物学科
 

受賞

 
1993年
日本生化学会JB論文賞
 
1996年
Laurence Travel Fellowship
 

Misc

 
HIRAKO Y, USUKURA J, NISHIZAWA Y, OWARIBE K
Journal of Biological ChemistryJournal of Biological Chemistry   271(23) 13739-13745   1996年
Confocal imaging of megamitochondria formation induced by ethanol and hydrazine in culture cells(RL-34)
BioimagesBioimages   3 25   1995年
Demonstration of typell hemidesmosomes in a mommary gland epithelial cell line. BMGE-H
Journal of BiochemistryJournal of Biochemistry   115 469   1994年
Three-demensional imaging of the cyfoskeletal organization of actin filaments in rod photoreceptor cells
BioimagesBioimages   1 181   1993年
SENO K, KISHIGAMI A, IHARA S, MAEDA T, BONDARENKO V A, NISHIZAWA Y, USUKURA J, YAMAZAKI A, HAYASHI F
Journal of Biological ChemistryJournal of Biological Chemistry   273(35) 22169-22172   1998年

書籍等出版物

 
新しい光学顕微鏡<第二巻> 共焦点レーザー顕微鏡の医学・生物学への応用
学際企画   1995年   
Close interrelationship of sphingomyelinase and caveolin in triton X-100-insoluble membrane microdomains.
Springer-Verlag, Tokyo   2006年   
Involvement of protein kinase C in the control of cell-cell and cell-matrix junctions in relation to differentiation of keratinocytes.
The biology of the epidermis   1992年   
シグナル伝達と表皮細胞の増殖、分化とECM受容体
CONNECTIVE TISSUE   1991年   
表皮細胞における細胞外基質受容体(ヘミデスモソーム蛋白とインテグリン)とその制御
厚生省特定疾患強皮症調査研究班   1991年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
視細胞の形態形成及び構造維持におけるtauタンパク質の役割
サバイバルファクターLEDGFによる細胞の生存機構の解明
視細胞蛋白質のプロテオーム解析