渡邊 ゆかり

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/08 15:07
 
アバター
研究者氏名
渡邊 ゆかり
 
ワタナベ ユカリ
所属
広島女学院大学
部署
国際教養学部
職名
教授
学位
学術修士, 文学博士(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
名古屋大学大学院 文学研究科 日本言語文化専攻博士後期課程
 
1992年4月
 - 
1994年3月
名古屋大学大学院 文学研究科 日本言語文化専攻博士前期課程
 
1991年4月
 - 
1992年3月
名古屋大学 言語文化部(研究生) 
 
1987年4月
 - 
1991年3月
三重大学 人文学部 文化学科日本文化コース
 

論文

 
教育政策に揺れる日本語,「学習」vs.「学修」2―「学習」「学修」を後部要素とする合成語―
渡邊 ゆかり
広島女学院大学大学院言語文化研究科編『言語文化論叢』   (19) 1-16   2016年3月
教育政策に揺れる日本語,「学習」vs.「学修」1―「学習」「学修」を前部要素とする合成語―
渡邊 ゆかり
広島女学院大学編『広島女学院大学論集』   (63) 23-39   2016年2月   [査読有り]
少人数企画会議における,とりまとめ役の談話管理スタイル2―とりまとめ役のターン譲渡と獲得の仕方の観点から―
渡邊 ゆかり
広島女学院大学文学部日本語日本文学科編『日本文学』   (24) 1-23   2014年12月
少人数企画会議における,とりまとめ役の談話管理スタイル1―とりまとめ役の発話単位量とムーブの観点から―
渡邊 ゆかり
広島女学院大学文学部日本語日本文学科編『日本文学』   (24) 1-23   2014年7月
「プライベートな+名詞」と類意表現の使い分け
渡邊 ゆかり
広島女学院大学大学院言語文化研究科編『言語文化論叢』   (17) 1-29   2014年3月

Misc

 
『広島女学院大学 国語国文学誌』最終号によせて
渡邊 ゆかり
広島女学院大学日本文学会編『国語国文学誌』   (45) 1-4   2015年12月
最終号発刊に寄せて―学科と「広島女学院大学 日本文学」の歩みを振り返りながら―
渡邊 ゆかり
広島女学院大学文学部日本語日本文学科編『日本文学』   (24) 25-33   2014年7月
国会会議における意向・意見・見解表明文の変化
渡邊 ゆかり
日本語の研究   6(4) 189-190   2010年10月   [査読有り]
日本語らしさとは何か―日本語におけるナル的表現の諸相―
渡邊ゆかり
'05(第23回)広島女学院大学公開セミナー      2006年2月

書籍等出版物

 
文章と文体
沖森卓也ほか (担当:共著, 範囲:第2章 文章の構成)
朝倉書店   2015年5月   
平井勝利教授退官記念 中国学・日本語学論文集
記念論文論文集編集委員会編 (担当:共著, 範囲:中古の日記、随筆における文補語標識「こと」の使用について)
白帝社   2004年3月   
日本語学への第一歩
柚木靖史・灰谷謙二・渡邊ゆかり (担当:共著, 範囲:ステップ1~ステップ5)
おうふう   2006年12月   
文補語標識「こと」「の」の意味的相違に関する研究
渡邊ゆかり
溪水社   2008年10月   ISBN:978-4-86327-031-2

講演・口頭発表等

 
日本語の基礎知識 [招待有り]
渡邊 ゆかり
平成28年度広島市中途失聴・難聴者協会主管要約筆記者要請講座   2016年6月18日   
論文の書き方の基本―相手に理解できる文章にする方法―(1回目) [招待有り]
渡邊 ゆかり
平成28年度広島県看護協会研修   2016年5月29日   
文章の書き方 [招待有り]
渡邊 ゆかり
平成27年度認定看護管理者制度ファーストレベル教育課程   2015年8月29日   
論文の書き方の基本―相手に理解できる文章にする方法―(2回目) [招待有り]
渡邊 ゆかり
平成27年度広島県看護協会研修   2015年8月8日   
論文の書き方 [招待有り]
渡邊 ゆかり
平成27年度広島大学病院看護部研修会   2015年7月30日   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
 日本語学、日本語の曖昧さ、日本語の難しさ
【インタビュイー】  レディオBINGO FMふくやま  おはようときめきタイムミニシティカレッジ  2004年10月14日