中本 武志

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/16 15:04
 
アバター
研究者氏名
中本 武志
 
ナカモト タケシ
eメール
takeshi.nakamoto.e3tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cd4bc3360194945299b2e274c53e08ca.html
所属
東北大学
部署
大学院国際文化研究科 国際文化研究専攻 言語科学研究講座
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
現在
東北大学大学院国際文化研究科 助教授
 
1997年8月
 - 
2002年3月
筑波大学現代語・現代文化学系 講師
 

委員歴

 
2009年6月
 - 
2011年5月
東北大学国際文化学会  会計監査
 
2009年6月
 - 
2009年11月
日本言語学会  大会実施委員
 
2002年6月
 - 
2004年6月
東北大学国際文化学会  編集委員
 

論文

 
中本 武志
International Journal of Bilingualism   22(1) 100-122   2018年2月   [査読有り]
三つの与格
中本武志
フランス語をとらえる ―フランス語学の諸問題IV   125-137   2013年1月   [査読有り]
Nakamoto, Takeshi
Lingua   120(1) 74-102   2010年1月   [査読有り]
不定法動詞と非強勢形代名詞の位置
中本武志
『フランス語を探る-フランス語学の諸問題III』 三修社   242-253   2005年11月   [査読有り][招待有り]
派生と制約階層:フランス語の語末音節外子音
中本武志
音韻研究   (7) 33-40   2004年4月   [査読有り]
Nasal vowels and liaison in French
NAKAMOTO Takeshi
A new century of phonology and phonological theory,Kaitakusha   194-209   2003年10月   [招待有り]
フランス語の主要部移動
中本武志
『フランス語を考える-フランス語学の諸問題II』 三修社   169-179   1998年2月   [査読有り][招待有り]
Word Order Incongruence in Japanese-Chinese Code Switching: Evidence from the Use of Negation and Copula by a Bilingual Infant
MENG, Hairon, MIYAMOTO, Tadao, and NAKAMOTO, Takeshi
Japan Journal of Multilingualism and Multiculturalism   16(1) 1-15   2010年10月   [査読有り]
Word Order in Romance Causatives
NAKAMOTO Takeshi
上智大学言語学会会報   (15) 153-165   2000年12月   [査読有り]
統率音韻論における子音配列 -フランス語の頭子音-
中本武志
筑波大学 現代語・現代文化学系紀要『言語文化論集』   (52) 21-34   2000年1月   [査読有り]
ロマンス語使役構文における不定法動詞の位置
中本 武志
『事象と言語形式』 三修社   227-255   2002年2月   [査読有り][招待有り]
動能交替の語彙操作
中本武志
筑波大学 現代語・現代文化学系紀要『言語文化論集』   (49) 159-209   1999年1月   [査読有り]
フランス語の衝撃編入動詞
中本武志
筑波大学 現代語・現代文化学系紀要『言語文化論集』   (48) 101-118   1998年9月   [査読有り]
リエゾンの音節構造
中本 武志
東京外国語大学フランス語学科論集『Flambeau』   (22) 43-56   1996年2月   [査読有り]
動詞活用における子音交代
中本 武志
東京外国語大学フランス語学科論集『Flambeau』   (23) 9-22   1997年5月   [査読有り]
フランス語の与格と譲渡不可能所有
中本 武志
筑波大学現代言語研究会(編)『次世代の言語研究III』 筑波大学   45-84   2004年1月   [招待有り]
運動動詞+不定詞構文の統辞構造
中本 武志
東京外国語大学フランス語学科論集『Flambeau』   (20) 61-74   1993年4月   [査読有り]
ゲルマン語とロマンス語の助動詞選択
中本 武志
筑波大学現代言語研究会(編)『次世代の言語研究II』 筑波大学   41-84   2003年3月   [招待有り]
Stylistique comparée d’Animal Farm
NAKAMOTO Takeshi
東京外国語大学フランス語学科論集『Flambeau』   (19) 21-36   1992年4月   [査読有り]
Vowel representation in Government Phonology
NAKAMOTO Takeshi
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書V』   901-918   2002年3月   [招待有り]
疑問詞queの接辞性について -主格のqueをめぐって-
中本 武志
東京外国語大学フランス語学科論集『Flambeau』   (17) 101-113   1990年5月   [査読有り]
ロマンス語の空母音 -フランス語とイタリア語の比較-
中本 武志
『諸言語の音韻構造と音韻理論に関する総合的研究』日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(A)(1)平成13年度研究成果中間報告書   77-91   2002年3月   [招待有り]
たべる
中本 武志,大矢 俊明
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書 別冊 基本動詞の多言語比較研究 ~日中韓英独仏語の分析~』   27-45   2002年3月   [招待有り]
やる
中本 武志
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書 別冊 基本動詞の多言語比較研究 ~日中韓英独仏語の分析~』   47-72   2002年3月   [招待有り]
ロマンス語における不定詞への接語化
中本 武志
筑波大学現代言語研究会(編)『次世代の言語研究I』 筑波大学   113-135   2002年3月   [招待有り]
フランス語代名動詞の受動的用法
中本 武志
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書IV』   607-625   2001年3月   [招待有り]
To BE, or not to BE; is that a syntactic question? -蘭・独・仏・伊における助動詞選択の比較研究-
中本 武志,大矢 俊明
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書III』   789-818   2000年3月   [招待有り]
フランス語の再音節化 -アンシェヌマンとエリズィヨン-
中本 武志
『レキシコンに関する総合的研究』平成7~10年度文部省科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)(課題番号:07401015,研究代表者:原口庄輔)研究成果報告書   151-167   1999年3月   [招待有り]
英仏語における名詞派生動詞の比較 -pocket型動詞とbutter型動詞を中心に-
中本 武志
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書II』   91-113   1999年3月   [招待有り]
フランス語の『打撃』を表す語彙の表示
中本 武志
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書I』   217-236   1998年3月   [招待有り]
「心を打つ」と「胸をうつ」考
原口庄輔,Roger Martin,中本武志
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書I』   193-206   1998年3月   [招待有り]
打撃・接触動詞の動能交替と結果の含意
岡本順治,佐々木勲人,中本武志,橋本修,鷲尾龍一
筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書I』   173-191   1998年3月   [招待有り]
フランス語の接語位置
中本 武志
『言語の普遍性と個別性に関する記述的・理論的総合研究』平成7~9年度文部省科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)(課題番号:07451105,研究代表者:鷲尾龍一)研究成果報告書   165-184   1998年3月   [招待有り]
統率音韻論と語彙音韻論によるリエゾン子音の表示
中本 武志
東京外国語大学大学院外国語学研究科 言語・文化研究会『言語文化研究』   (11) 45-51   1993年3月
Etude comparative d’expressions réciproques
中本 武志
東京外国語大学大学院外国語学研究科 言語・文化研究会『言語文化研究』   (10) 55-64   1992年3月
ソシュールとチョムスキー
中本 武志
東京外国語大学大学院外国語学研究科 言語・文化研究会『言語文化研究』   (8) 55-64   1990年3月

講演・口頭発表等

 
On Mandarin bèi passives
中本 武志・呉 蘭
The 8th International Conference on Formal Linguistics   2018年11月24日   Chinese Association of Formal Linguistics
Core and periphery in Code-Switching
中本 武志・孟 海燕
the 31st Paris meeting on East Asian languages   2018年6月28日   Centre de Recherches Linguistiques sur l’Asie Orientale
Core and Periphery: Where to Code-Switch
中本武志
The Second International Workshop on Syntactic Cartography   2017年10月28日   
日中韓の言語行動の比較から見る日本文化の特質
東アジア日本研究者協議会国際学術大会   2016年10月30日   
日本語多重主語構文の叙述構造
中本武志
日本言語学会第140回大会   2010年6月19日   
Code switching in a Japanese-Chinese bilingual infant: A study on language dominance
MENG Hairong Tadao MIYAMOTO Naoyuki ONO Peter John WANNER Heiko NARROG
日本言語学会第138回大会   2009年6月20日   
指示詞と視点-日中韓比較研究
李 美賢、郭 玉英
日本言語学会第136回大会   2008年6月21日   
譲渡不可能所有構文の移動派生分析
日本言語学会第132回大会   2006年6月17日   
Derivation with constraint rankings: Extrasyllabic consonants in French
日本音韻論学会第10回研究発表会   2003年6月20日   
Inalienable possession: with or without a dative possessor?
筑波大学言語学バトル ワークショップ『次世代の言語研究III』   2002年12月19日   
フランス語の鼻母音とリエゾン
筑波大学現代言語研究会『インターフェイスと言語理論』   2002年8月9日   
Auxiliary Selection: an Optimality-Theoretic View
筑波大学言語学バトル ワークショップ『次世代の言語研究II』   2001年12月20日   
ロマンス語とゲルマン語の助動詞選択
日本英文学会   2001年5月19日   
ロマンス語における不定詞への接語化 -最適性理論の立場から-
筑波大学言語学バトル ワークショップ『次世代の言語研究』   2000年12月21日   
ロマンス語使役構文における不定法動詞の位置
上智言語学会第15回大会   2000年6月23日   

競争的資金等の研究課題

 
言語構造の普遍性と個別性
研究期間: 2000年4月 - 現在