論文

2004年6月

明治44年教授要目期での幾何の証明の導入について


16
開始ページ
51-60
終了ページ
出版者・発行元
学芸大数学教育研究

20年間にもわたって明治44年に改訂された中学校教授要目は効力を有しているが,その一方でこの期間に数学教育,特に幾何教育に関する思潮は変化している。┿ その変化を,教科書採択に関する調査,当時の雑誌などでの主張,並びに,証明・公理・特述の導入の頁などの指標による教科書の教材配列に関した調査によって示した。

エクスポート
BibTeX RIS