論文

2003年7月

マンガの文体とそのデータ蓄積のためのメモ


11
開始ページ
115-119
終了ページ
出版者・発行元
「大学教育研究」三重大学授業研究交流誌

「共通セミナーC」として行なった,「マンガの文体研究」で得たデータの解析結果の報告である。┿ マンガの文体に関する量として「1頁当たりのコマ数」「吹き出しの数」「吹き出しあたりの行数」「ページあたりの形喩の個数」「ページあたりのオノマトペの数」などを考え,それらを24編の漫画について測定し因子分析を行なった。その結果「内向性VS外向性」因子,「当世風VS古典風」因子の2つを見いだすことができた。

エクスポート
BibTeX RIS