論文

2003年3月

学習環境としての受講者数


23
開始ページ
1-10
終了ページ
出版者・発行元
三重大学教育実践総合センター紀要

受講者数の異なる5種の講義を受講する受講者に対して20問からなる5点法の質問紙によって、受講者間のコミュニケーションに関する調査を行ない、その結果の因子分析を行ない、次の必要性を主張した。1.人数が70名程度を超える講義では、コミュニケーションの小単位化。2.人数が20名程度を下回る講義では、他の大学あるいは過去の作品例などをプリントなどで提示する。

エクスポート
BibTeX RIS