青山 清英

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 03:18
 
アバター
研究者氏名
青山 清英
 
アオヤマ キヨヒデ
eメール
kaoyamachs.nihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
文理学部体育学科
職名
教授
学位
博士(コーチング学)(筑波大学)
科研費研究者番号
20297758

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年
日本大学 文理学部(文科系) 体育
 

委員歴

 
2012年4月
   
 
日本コーチング学会  理事長
 
2006年4月
   
 
日本スポーツ運動学会  理事
 
1998年
   
 
日本スプリント学会  常任理事
 

論文

 
スポーツ指導者養成機関のスポーツ指導者養成教育における理論知と実践知
青山清英
教師教育と実践知   2 51-58   2017年11月   [査読有り]
DIFFERENT POWER AND MUSCULAR ACTIVITIES OF THE LOWER LIMBS IN THE REBOUND JUMP
34th International Conference on Biomechanics in Sports      2016年7月   [査読有り]
Contribution of the lower limb joints in difference of power output from rebound jump
34th International Conference on Biomechanics in Sports      2016年7月   [査読有り]
FUNCTIONS OF EACH LOWER LIMB SEGMENTS DURING REBOUND JUMPING TAKEOFF
Kiyohide Aoyama
34th International Conference on Biomechanics in Sports      2016年7月   [査読有り]
主観的努力度の変化がドロップジャンプ運動における客観的出力に与える影響に関するバイオメカニクス的研究
小林靖典,村越雄太,青山清英
陸上競技研究   105 13-23   2016年6月   [査読有り]

書籍等出版物

 
スプリント学ハンドブック
青山清英 (担当:共著, 範囲:跳躍種目における助走スプリントのコーチング)
西村出版   2018年2月   
21世紀スポーツ大事典
青山清英
大修館書店   2015年1月   
コーチング戦略
ネヴァイル・クロス、ジョン・ライル (担当:共著)
八千代出版   2008年5月   
スポーツ科学事典
日本体育学会
平凡社   2006年9月   
競技力向上のトレーニング戦略
テューダー・ボンパ (担当:共訳)
大修館書店   2006年7月   

講演・口頭発表等

 
世界一流陸上競技者におけるオリンピック大会のパフォーマンス発揮に関するトレーニング学的研究
川口逸人、青山亜紀、青山清英
日本体育学会第67回大会   2016年8月26日   
ファント動作における剣先速度と腕の伸展動作及び脚の力発揮の関係
古川信清、青山清英他5名
日本体育学会第67回大会   2016年8月26日   
私の考えるコーチング論:コーチング実践における”情報”活用の本質とは
青山清英
日本体育学会第67回大会   2016年8月25日   
FUNCTIONS OF EACH LOWER LIMB SEGMENTS DURING REBOUND JUMPING TAKEOFF
Kiyohide Aoyama et al.
34th International Conference on Bioechanics in Sports   2016年7月28日   
DIFFERENT POWER AND MUSCULAR ACTIVITIES OF THE LOWER LIMBS IN THE REBOUND JUMP
Yuta Murakoshi et al.
34th International Conference on Biomechanica in Sports   2016年7月28日