TAKAHASHI Masanori

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
TAKAHASHI Masanori
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Physical Education
Job title
Professor
Degree
Master of Education(Nihon University)
Research funding number
10297757

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
 - 
Mar 2001
Nihon University Assistant
 
Apr 2001
 - 
Mar 2005
Nihon University Lecturer
 
Apr 2005
 - 
Mar 2007
Nihon University Associate Professor
 
Apr 2007
 - 
Mar 2010
Nihon University Associate Professor
 
Apr 2010
   
 
Nihon University Professor
 

Education

 
Apr 2015
 - 
Mar 2018
生命体工学, 生命体工学研究科, Kyushu Institute of Technology
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
Education, Graduate School, Division of Letters, Nihon University
 
Apr 1991
 - 
Mar 1993
教育学専攻, 文学研究科, Nihon University
 
 
 - 
1991
Department of physical education, College of Humanities Arts and Science, Nihon University
 

Awards & Honors

 
1992
日本テニス研究会奨励賞
 

Published Papers

 
Takehiro Iwatsuki, Judy L. Van Raalte, Britton W. Brewer, Albert Petitpas, Masanori Takahashi
Journal of Human Kinetics   65 281-290   Dec 2018   [Refereed]
The influence of continued sports activity experience in puberty on the social skills of university students
Masayo Nozaki, Masanori Takahashi, Hirohisa Isogai
Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences of Nihon University   53 31-45   Sep 2018   [Refereed]
A study on covert attention using microsaccades in anticipatory response situation: introducing anticipatory response tasks toward serve of doubles
Masanori Takahashi, Hirohisa Isogai, Judy L. Van Raalte
桜門体育学研究   53 1-15   Sep 2018   [Refereed]
A study on anticipation cues for tennis serves
Masanori Takahashi
Studies in humanities and social sciences   (96) 55-72   Sep 2018   [Refereed]
A study on covert attention using microsaccade as an index:Introducing anticipatory response tasks toward tennis serve
Masanori Takahashi
博士論文   1-133   Mar 2018   [Refereed]
Attempts to detect microsaccades from eye movement in acticipatory response situations: Introducing anticipatory response tasks toward tennis serve
Masanori Takahashi, Hirohisa Isogai, Judy L. Van Raalte
Journal of Japan Society of Sports Industry   28(1) 13-29   Jan 2018   [Refereed]
Effects of probability information about course distribution on anticipatory response in tennis serve
Masanori Takahashi, Hirohisa Isogai
The Japan Journal of Coaching Studies   31(1) 53-65   Oct 2017   [Refereed]
ソフトテニスにおける自己効力感尺度および他者効力感尺度の開発 -スキルと心理的パフォーマンスに着目して-
佐久間智央,高橋正則,水落文夫,磯貝浩久
コーチング学研究   30(2) 135-145   Mar 2017   [Refereed]
ソフトテニス競技におけるスポーツコンフィデンスと情報源との関係-高校生ソフトテニス選手を対象として-
佐久間智央,高橋正則,水落文夫,磯貝浩久
テニスの科学   25 3-16   Mar 2017   [Refereed]
Takehiro Iwatsuki, Masanori Takahashi, Judy L Van Raalte
International Journal of Sports Science & Coaching   11(3) 365-373   Jun 2016   [Refereed]
Psychological factors related to choking under pressure.
Iwatsuki, T., Van Raalte, J. L., Brewer, B. W., Petipas, A., & Takahashi, M.
International Tennis Federation Coaching & Sport Science Review   68 11-12   Apr 2016   [Refereed]
Development of sport confidence inventory for soft tennis game
Tomohisa Sakuma, Masanori Takahashi, Fumio Mizuochi, Hirohisa Isogai
桜門体育学研究   50(1) 47-57   Sep 2015   [Refereed]
大学スポーツ・アスリートにおけるスポーツ環境に対する満足度について
西川大輔,小山貴之,松本恵,竹俣壽郎,野口智博,高橋正則,佐久間智央,小岩瑶
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   88 107-118   Sep 2014   [Refereed]
Movement analysis of the tennis backhand drop shot: Compare with backhand slice
Takehiro Iwatsuki, Masanori Takahashi
Japanese Journal of tennis sciences   22 11-22   Mar 2014   [Refereed]
大学スポーツ・アスリートにおけるスポーツ環境の現状と課題 -大学運動部群と体育系サークル群の比較より-
西川大輔,小山貴之,松本恵,竹俣壽郎,野口智博,高橋正則,佐久間智央,小岩瑶
桜門体育学研究   48(2) 53-68   Mar 2014   [Refereed]
Relationship between Baroreflex Function and Training Effects on Altitude Training
Ryo Yanagida, Yojiro Ogawa, Fumio Mizuochi, Tsukasa Suzuki, Masanori Takahashi, Kenichi Iwasaki
日本衛生学雑誌   67(3) 417-422   May 2012   [Refereed]
Game analysis between world-class tennis players on first services on differennt court sufaces -The case of Roger Federer versus Rafael Nadal-
Iwatsuki Takehiro, Masanori Takahashi
Japanese Journal of Tennis Sciences   20 1-12   Mar 2012   [Refereed]
The game analysis focused on first services of world-class men's players
岩月猛泰,高橋正則,渡部悟
Journal of Physical Education, Health and Sort Sciences, NIhon University   45(2) 19-26   Mar 2011   [Refereed]
テニスにおけるサービスの予測反応に及ぼすセルフトークの影響
Judy L. Van Raalte
日本テニス学会   18 1-9   Mar 2010   [Refereed]
大学新入生の超音波法による骨密度と体力および生活習慣との関係
桜門体育学研究   44(1) 1-14   Sep 2009   [Refereed]
テニスのサービスリターンにおけるセルフトークを用いた予測反応と主観的評価の関係
高橋正則,Judy L. Van Raalte
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   77 101-112   Mar 2009   [Refereed]
教養教育と専門教育における新カリキュラムの方向性-「保健体育科目」の再考とインターンシップ制度導入の検討-
高橋正則
桜門体育学研究   43(1) 1-10   Sep 2008   [Refereed]
視覚情報の遮蔽を伴う反応時間計測手法がテニスの予測反応に及ぼす影響
高橋正則,Judy L. Van Raalte
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   76 105-117   Sep 2008   [Refereed]
高地トレーニング合宿におけるクロスカントリースキー選手の心理的コンディショニングとトレーニング効果の関係
日本スキー学会スキー研究   5(1) 1-12   Jul 2008   [Refereed]
ジュニアテニス選手のメンタル面に関する講習及び調査研究
梅林薫,田中伸明,高橋正則,内城寛子,平田大輔,武田守弘
平成19年度財団法人ヨネックススポーツ財団青少年スポーツ振興に関する助成事業報告書      Mar 2008
高齢者の健康運動採択と継続に影響する心理的要因の検討
青山清英,水落文夫,水上博司,高橋正則,野口智博,大嶽真人,橋口泰一
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   75 275-290   Mar 2008   [Refereed]
日常生活圏に設定したルートを用いたウォーキングの実践とその効果
体育の科学   57(8) 637-642   Aug 2007   [Refereed]
大学ソフトテニス選手の心理的スキルとストレス対処方略が試合前の心理的コンディションに及ぼす影響
水落文夫,高橋正則,加藤史夫,野﨑真代,佐藤佑介,竹俣壽郎
テニスの科学   15 1-12   Mar 2007   [Refereed]
陸上競技選手のバーンアウトと完全主義及びソーシャルスキルとの関連
種ヶ嶋尚志,高橋正則,水落文夫
陸上競技研究   63(4) 54-58   Dec 2005   [Refereed]
「地域ジュニアテニス選手の体力・メンタル・栄養面の現状把握とその指導」報告書
梅林薫,高橋正則,他10名
平成16年度財)ヨネックススポーツ財団青少年スポーツ振興に関する助成金事業(財)日本テニス協会強化本部スポーツ科学委員会   14-25   Mar 2005
サービス動作からコース予測するための視覚探索方略
高橋正則,水落文夫,櫻井真之介
テニスの科学   13 69-78   Mar 2005   [Refereed]
大学運動部に所属する新入生の体力と心理的競技能力
高橋正則,早田卓次,木村多喜,加藤史夫,水落文夫,櫻井真之介
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   69 43-55   Feb 2005   [Refereed]
自律神経・循環制御機能からみたクロスカントリースキー競技選手の持久性および低酸素環境への適応反応の評価
鈴木典、河原正昭、小澤幸重、岩崎賢一、水落文夫、高橋正則、吉本俊明、佐藤紀子、竹田正樹
日本大学松戸歯学部教育・研究紀要   (5) 21-31   Apr 2004   [Refereed]
持久系競技種目選手を対象とした低酸素テントによる自律神経機能の変動
北村辰夫、鈴木典、岩崎賢一、水落文夫、竹田正樹、高橋正則、佐藤紀子
日本大学文理学部桜門体育学会桜門体育学研究   38 10-22   Mar 2004   [Refereed]
ジュニア選手の心理的特性について -2002年度トレーニング・測定合宿におけるスポーツ心理学班の活動報告-
田中伸明、佐藤雅幸、高橋正則
平成14年度スポーツ振興くじ(toto)助成金対照事業,スポーツ活動推進事業報告書 (財)日本テニス協会強化本部スポーツ科学委員会   69-76   Mar 2003
大学新入生における体格・体力と生活習慣
高橋正則
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   65 101-115   Feb 2003   [Refereed]
居住場所の違いによる日常生活での自然環境の必要性と環境保全意識の関連性について -都内幼稚園に通園させる母親を対象として-
石井晶子、澤村博、高橋正則
レジャー・レクリエーション研究   47 1-9   2002   [Refereed]
クロスカントリースキー選手を対象とした映像解析結果のフィードバック
鈴木典、河原正昭、吉本俊明、水落文夫、竹田正樹、高橋正則、菅生貴之、佐藤紀子、石井政弘、久保貴洋、橋口泰一、新見愛
日本大学松戸歯学部教育・研究紀要   2(2) 49-60   Dec 2002   [Refereed]
テニスのサービスにおける主観的努力度がパフォーマンスに与える影響
種ヶ嶋尚志、高橋正則、加藤史夫、青山清英
スポーツ方法学研究   15(1) 15-23   Mar 2002   [Refereed]
スキー競技クロスカントリー -自律神経機能からみた強化指定選手の高地への適応について-
吉本俊明、岩崎賢一、鈴木典、水落文夫、高橋正則、塩澤友規、菅生貴之、竹田正樹
平成13年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告№Ⅳ JOC高地トレーニング医・科学サポート   (11) 23-30   Mar 2002
クロスカントリースキーとローラースキーによるスーパースケーティンクの滑走動作の比較 -全日本スキー連盟強化指定選手を対象として-
北村辰夫、吉本俊明、高橋正則、菅生貴之、水落文夫、鈴木典、佐藤紀子、石井政弘
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   63 191-201   Jan 2002   [Refereed]
クロスカントリースキー全日本指定選手のソルトレーク五輪対策 〜スポーツ科学的分析とトレーニング理論の融和〜
竹田正樹、鈴木典、水落文夫、岩崎賢一、高橋正則、菅生貴之、佐藤紀子、吉本俊明
バイオメカニクス研究   5(4) 200-205   Dec 2001   [Refereed]
母親の自然への関心度と子ともの自然体験の関連について -都内幼稚園に子どもを通わせる母親を対象として-
石井晶子、澤村博、高橋正則
財団法人住宅総合研究財団住教育委員会「住まい・まち学習」実践報告論文集   2 79-84   Jun 2001   [Refereed]
スキー競技クロスカントリー ―自律神経機能からみた高地への適応過程及び高地における合宿中のコンディションいついて―
吉本俊明、鈴木典、岩崎賢一、水落文夫、高橋正則、佐藤紀子、菅生貴之、竹田正樹
平成12年度日本オリンピンク委員会スポーツ医・科字研究報告No.Ⅳ,JOC高地トレーニング医・科学サポート   10 32-38   Mar 2001
テニスのサービスリターンにおけるコース予測と眼球運動
高橋正則
日本大学文理学部人文科学研究所研究紀要   61 135-144   Jan 2001   [Refereed]
クロスカントリースキー医科学サポート
吉本俊明、北村辰夫、鈴木典、水落文夫、高橋正則、下河内洋平、石井政弘、竹田正樹、佐藤紀子
第18回オリンピック冬季競技大会(1998/長野)医科学サポート事業報告書   32-41   Apr 2000
クロスカントリースキー全日本スキー連盟強化指定選手を対象としたクイックスケーティングの映像解析 -滑走動作のパターン分類の視点から-
吉本俊明、鈴木典、竹田正樹、水落文夫、石井政弘、高橋正則、佐藤紀子、菅生貴之
平成11年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告:No.11 競技種目別競技力向上に関する研究   23 283-287   Mar 2000
シーズンオフにおける本学陸上競技選手の心理的競技能力
高橋正則、吉本俊明、澤村博、青山清英、菅生貴之
日本大学文理学部桜門体育学研究   34 8-18   Mar 2000   [Refereed]
スキージャンプ競技のイメージジャンプにおけるタイミング技能習得のためのシミュレーション・トレーニング
鈴木典、河原正昭、水落文夫、石井政弘、高橋正則、佐藤紀子、菅生貴之
日本大学松戸歯学部一般教育紀要   26 74-82   Feb 2000   [Refereed]
100m走の加速過程における下肢の動作変容と速度の関係
小山裕三、安井年文、小倉幸雄、澤村博、阿部信博、高橋正則、青山清英、菅生貴之、下河内洋平
スプリント研究   9 1-8   1999   [Refereed]

Books etc

 
スポーツメンタルトレーニング教本 三訂版
日本スポーツ心理学会 (Part:Joint Work, p.92)
大修館書店   Dec 2016   ISBN:978-4-469-26806-5
Tennis coaching theory Vol.1
大修館書店   Dec 2015   ISBN:978-4-469-26785-3
生涯スポーツの心理学
福村出版   Apr 2011   
スポーツメンタルトレーニング 指導士活用ガイドブック
ベースボール・マガジン社   Aug 2010   
スポーツ心理学辞典 日本スポーツ心理学会編
大修館書店   Dec 2008   

Conference Activities & Talks

 
Prediction of tennis serve direction: Expert tennis players' visual attention and microsaccades
Masanori Takahashi, Hirohisa Isogai, Fumio Mizuochi, Takehiro Iwatsuki, and Judy L. Van Raalte
The 33rd Annual Conference of the Association for Applied Sport Psychology   4 Oct 2018   The Association for Applied Sport Psychology
ソフトテニス競技における自己効力感および他者効力感と勝敗との関係
Tomohisa Sakuma, Katsu Inomata, Masanori Takahashi, Hirohisa Isogai
第30回テニス学会   1 Jun 2018   日本テニス学会
テニスにおけるサービスのコース配分情報がコース予測に与える影響
高橋正則,磯貝浩久,佐久間智央,田中伸明
The 28th conference of tennis science   26 Jun 2016   Japan society of tennis science
ソフトテニス競技における自己効力感および他者効力感とパフォーマンスとの関係
佐久間智央,田中伸明,高橋正則,磯貝浩久
第27回テニス学会   5 Dec 2015   日本テニス学会
Visual search strategy against marche fente movement of opponent by fleuret player of fencing
Satoshi Matsuoka, Masanori Takahashi
International society of sport psychology (ISSP) 50th anniversary international seminar   20 Apr 2015   International society of sport psychology

Research Grants & Projects

 
スポーツ選手のマイクロサッカードを指標とした予測反応事態における潜在的注意
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Masanori Takahashi
大学生の社会的スキルに及ぼすスポーツ活動の効果ーメタ分析及び大規模調査ー
文部科学省: 平成28年度科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): Hirohisa Isogai