基本情報

所属
日本大学 医学部 医学科 消化器外科学 准教授

研究者番号
00287632
J-GLOBAL ID
200901008996991449

論文

  165

MISC

  1

書籍等出版物

  13
  • 一般社団法人, 日本肝臓学会編(担当:共著, 範囲:第2章 治療アルゴリズム)(原著:一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編, 一般社団法人 日本肝臓学会編)
    金原出版株式会社  2017年10月20日 (ISBN: 9784307203739) 
  • 日本膵, 胆管合流異常研究会学術委員会(担当:分担執筆, 範囲:戸谷IV-A型に対して初回手術で肝切除などの工夫がなされた。)(原著:日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会, 日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会)
    日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会  2017年9月9日 
  • 中山壽之, 高山忠利(担当:共著)(原著:中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利)
    日経メディカル開発  2016年3月11日 
  • 中山壽之, 高山忠利(担当:共著, 範囲:Debate 肝切除 vs 経皮的治療 p253-255)(原著:中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利)
    文光堂  2014年9月21日 (ISBN: 9784830618949) 
  • 中山壽之(担当:共著, 範囲:開腹(開胸) p57-59, 肝門処理 p60-62, 肝受動 p63-65, 肝静脈処理 p66-69, 左葉切除(S2+S3切除) p140-149, S4切除 p150-157, S7切除 p182-189, S5切除 p190-199, S6切除 p200-205)(原著:中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之, 中山壽之)
    文光堂  2014年2月4日 (ISBN: 9784830623394) 
  • 日本肝臓学会編(担当:共著, 範囲:肝細胞癌治療アルゴリズム、予後因子)(原著:日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編, 日本肝臓学会編)
    金原出版  2013年10月15日 (ISBN: 9784307203180) 
  • 高山忠利(担当:共著, 範囲:22-23)(原著:高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利)
    文光堂  2013年3月15日 
  • 高山忠利(担当:共著, 範囲:46-51)(原著:高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利)
    アークメディア  2012年3月16日 
  • 高山忠利(担当:共著, 範囲:125-129)(原著:高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利)
    中外医学社  2010年11月1日 (ISBN: 9784498022461) 
  • 高山忠利(担当:共著, 範囲:12-13, 64, 72-75)(原著:高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利, 高山忠利)
    金原出版  2009年11月24日 
  • 中山壽之, 高山忠利(担当:共著, 範囲:39-41)(原著:中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利, 中山壽之、高山忠利)
    消化器癌の外科治療(2)肝・胆・膵  2008年10月10日 
  • 中山壽之, 幕内雅敏, 高山忠利(担当:共著, 範囲:139)(原著:中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利))
    文光堂・Knack&Pitfalls・肝臓外科の要点と盲点・第2版  2006年3月21日 
  • 中山壽之, 幕内雅敏, 高山忠利(担当:共著, 範囲:139)(原著:中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利), 中山壽之(編集: 幕内雅敏、高山忠利))
    文光堂・Knack&Pitfalls・肝臓外科の要点と盲点・第2版  2006年3月21日 

講演・口頭発表等

  420