中山 壽之

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 05:51
 
アバター
研究者氏名
中山 壽之
 
ナカヤマ ヒサシ
eメール
nakayama.hisashinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科消化器外科学
職名
専任講師
学位
博士(医学)(日本大学)
科研費研究者番号
00287632
ORCID ID
0000-0001-9827-8577

研究分野

 
 

経歴

 
1993年12月
 - 
1994年4月
国立がんセンター中央病院肝胆膵外科
 
2000年7月
 - 
2004年3月
日本大学医学部外科学講座外科一部門講師(専任扱)
 
2003年4月
   
 
日本大学大学院医学研究科講師
 
2004年4月
   
 
日本大学医学部外科学講座消化器外科部門講師(専任扱)
 
2007年2月
   
 
日本大学医学部外科学講座消化器外科部門専任講師
 

学歴

 
 
 - 
1986年
帝京大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1990年
日本大学 大学院 医学研究科 外科系
 

委員歴

 
 
   
 
日本肝胆膵外科学会  評議員
 
 
   
 
日本外科系連合学会  評議員
 
 
   
 
日本臨床外科学会  評議員
 

論文

 
Yoshida N1, Takayama T, Midorikawa Y, Higaki T, Nakayama H, Moriguchi M, Tsuji S.
World J Surg.   39(2) 471-477   2015年   [査読有り]
Preoperative diagnosis with versus without MRI in resection for hepatocellular carcinoma.
Aramaki O, Takayama T, Higaki T, Nakayama H, Okubo T, Midorikawa Y, Moriguchi M.
Surgery   158(6) 1512-1520   2015年12月   [査読有り]
Management before hepatectomy for hepatocellular carcinoma with cirrhosis.
Nakayama H, Takayama T
World J Hepatol   7(20) 2292-2302   2015年9月   [査読有り][招待有り]
Improving recognition of hepatic perivascular epithelioid cell tumor: Case report and literature review.
Maebayashi T, Abe K, Aizawa T, Sakaguchi M, Ishibashi N, Abe O, Takayama T, Nakayama H, Matsuoka S, Nirei K, Nakamura H, Ogawa M, Sugitani M.
World J Gastroenterol   21(17) 5432-5441   2015年5月   [査読有り]
Nakayama H1, Takayama T, Higaki T, Okubo T, Moriguchi M, Yoshida N, Kuronuma A.
Int Surg   100(4) 683-688   2015年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
エピソードで綴る膵・胆管合流異常の40年
日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会
日本膵・胆管合流異常研究会学術委員会   2017年9月   
ガイドライン外来診療2016
中山壽之、高山忠利 (担当:共著)
日経メディカル開発   2016年3月   
HEPATOLOGY PRACTICE Vol.5 肝癌の診療を極める 基本から最前線まで
中山壽之、高山忠利 (担当:共著, 範囲:Debate 肝切除 vs 経皮的治療 p253-255)
文光堂   2014年9月   ISBN:978-4-8306-1894-9
幕内肝臓外科学
中山壽之 (担当:共著, 範囲:開腹(開胸) p57-59, 肝門処理 p60-62, 肝受動 p63-65, 肝静脈処理 p66-69, 左葉切除(S2+S3切除) p140-149, S4切除 p150-157, S7切除 p182-189, S5切除 p190-199, S6切除 p200-205)
文光堂   2014年2月   ISBN:978-4-8306-2399-4
科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2013年版
日本肝臓学会編 (担当:共著, 範囲:肝細胞癌治療アルゴリズム、予後因子)
金原出版   2013年10月   ISBN:978-4-307-20318-0

講演・口頭発表等

 
4個以上肝癌に対する肝切除の是非
中山壽之、高山忠利
第39回日本肝臓学会東部会   2012年12月6日   
大腸癌肝・肺転移治療の新展開 大腸癌肝転移に対する可能な限り切除を先行させる治療方針
山崎慎太郎、高山忠利、桧垣時夫、中山壽之、大久保貴生、松野順敬、緑川泰、金本彰、岩間敦子、三塚裕介、蛯澤記代子、吉川大太郎、荒牧修、青木優、森口正倫
第74回日本臨床外科学会総会   2012年11月17日   
肝切除後の変色領域のCT-volumetryによる血行再構築評価
青木優、山崎慎太郎、河合隆治、山崎洋子、岩間敦子、吉川大太郎、渡邊慶史、海賀照夫、荒牧修、金本彰、緑川泰、大久保貴生、中山壽之、高山忠利
第74回日本臨床外科学会総会   2012年11月17日   
イマチニブ投与が奏功し胃温存が可能となった巨大胃GISTの一例
山崎洋子、高山忠利、東風貢、桧垣時夫、中山壽之、大久保貴生、森口正倫、高木恵子、大亀浩久、緑川泰、海賀照夫、山崎慎太郎、青木優、岩間敦子、河合隆治
第74回日本臨床外科学会総会   2012年11月17日   
腸間膜内ヘルニアの2例
須田寛士、舟田知也、三塚裕介、高根希世子、海賀照夫、大亀浩久、金森規朗、金本彰、山崎慎太郎、緑川泰、檜垣時夫、大久保貴生、中山壽之、東風貢、高山忠利
第74回日本臨床外科学会総会   2012年11月17日