三枝 禎

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 03:12
 
アバター
研究者氏名
三枝 禎
 
サイグサ タダシ
eメール
saigusa.tadashinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
松戸歯学部
職名
教授
学位
博士(歯学)
科研費研究者番号
50277456

プロフィール

連絡先Tel 047-360-9344e-mail saigusa.tadashi@nihon-u.ac.jp(@は半角を使用して下さい)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1995年6月
日本大学歯学部 助手
 
1995年7月
 - 
1999年6月
日本大学 助手 歯学部
 
1999年7月
 - 
2001年12月
日本大学 講師(専任扱) 歯学部
 
2002年1月
 - 
2013年6月
日本大学 専任講師 歯学部
 
2013年7月
   
 
日本大学 教授 松戸歯学部
 

学歴

 
 
 - 
1990年
日本大学 歯学部 歯学科
 
 
 - 
1994年
日本大学 大学院 歯学研究科 薬理学
 

委員歴

 
2005年4月
   
 
日本薬理学会  学術評議員
 
2012年10月
   
 
日本神経精神薬理学会  評議員
 
2014年6月
   
 
日本歯科薬物療法学会  評議員
 
2014年10月
   
 
日本歯科基礎医学会  代議員
 
2015年7月
   
 
日本歯科医学教育学会  評議員
 

受賞

 
2012年12月
佐藤賞(日本大学歯学部佐藤会) 中脳辺縁系ドパミン神経のGABA性制御機構の研究
 

論文

 
The reboxetine-induced increase of accumbal dopamine efflux is inhibited by l-propranolol: a microdialysis study with freely moving rats
Naoko Mizoguchi, Tadashi Saigusa, Yuri Aono, Reiko Sekino, Koji Takada, Yoshiyuki Oi, Koichiro Ueda, Noriaki Koshikawa and Alexander R. Cools
601(1-3) 94-98   2008年   [査読有り]
Role of GABAB receptors in the endomorphin-1-, but not endomorphin-2-, induced dopamine efflux in the nucleus accumbens of freely moving rats
Tadashi Saigusa, Yuri Aono, Naoko Mizoguchi, Tomoyo Iwakami, Koji Takada, Yoshiyuki Oi, Koichiro Ueda, Noriaki Koshikawa and Alexander R. Cools
581(3) 276-282   2008年   [査読有り]
Role of GABAA receptors in the endomorphin-1-, but not endomorphin-2-, induced dopamine efflux in the nucleus accumbens of freely moving rats
Yuri Aono, Tadashi Saigusa, Naoko Mizoguchi, Tomoyo Iwakami, Koji Takada, Nobuhito Gionhaku, Yoshiyuki Oi, Koichiro Ueda, Noriaki Koshikawa and Alexander R. Cools
580(1-2) 87-94   2008年   [査読有り]
Role of alpha adrenoceptors in the nucleus accumbens in the control of accumbal noradrenaline efflux: a microdialysis study with freely moving rats
Yuri Aono, Tadashi Saigusa, Shu Watanabe, Tomoyo Iwakami, Naoko Mizoguchi, Hiroko Ikeda, Kumiko Ishige, Katsunori Tomiyama, Yoshiyuki Oi, Koichiro Ueda, Wolf-Dieter Rausch, John L. Waddington, Yoshihisa Ito, Noriaki Koshikawa and Alexander R. Cools
114 1135-1142   2007年   [査読有り]
Endomorphin-2 and endomorphin-1 promote the extracellular amount of accumbal dopamine via non-opioid and mu-opioid receptors, respectively
Hiroko Okutsu, Shu Watanabe, Ichiro Takahashi, Yuri Aono, Tadashi Saigusa, Noriaki Koshikawa and Alexander R. Cools
31 375-383   2006年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ポイントがよくわかるシンプル薬理学
大浦清他 (担当:共著)
永末書店   2017年1月   

講演・口頭発表等

 
ラットの側坐核のドパミンおよびアセチルコリン神経活動制御におけるμ受容体subtypeの役割
青野 悠里,渡邉 由梨子,三枝 禎
第28回マイクロダイアリシス研究会   2017年12月16日   マイクロダイアリシス研究会
Muscimolが無麻酔非拘束ラットの側坐核の細胞外アセチルコリン量に及ぼす効果
渡邉由梨子、青野悠里、小宮 正道、三枝 禎
第137回日本薬理学会関東部会   2017年10月28日   日本薬理学会
ラットの脊髄後根神経節由来神経細胞におけるKCl誘発細胞内Ca2+量の増加に対するorexin-Aの抑制作用
石川 学,青野 悠里,三枝 禎,渋谷 鑛
第45回 日本歯科麻酔学会総会・学術集会   2017年10月14日   日本歯科麻酔学会
δ1受容体の活性化が誘発したラットの側坐核のドパミン放出に対するGABAB受容体刺激の効果
青野悠里,渡邉由梨子,三枝 禎
第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会   2017年9月29日   日本神経精神薬理学会
MPTP慢性投与マウスの顎運動とロコモーション
富山勝則,加藤梨紗子,青野悠里,三枝 禎,Waddington JL,小林真之
第90回日本薬理学会年会   2017年3月17日   日本薬理学会

競争的資金等の研究課題

 
側坐核のアミン神経活動制御においてGABA受容体サブタイプが果たす役割
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月