ITOH Takako

J-GLOBAL         Last updated: Dec 27, 2018 at 09:44
 
Avatar
Name
ITOH Takako
Affiliation
University of Toyama
Section
Faculty of Art and Design
Job title
Others
Degree
Master of Arts(Osaka University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1994
 - 
1997
Research Fellow of the Japan Society for Promotion of Science
 

Education

 
 
 - 
1994
Graduate School, Division of Letters, Osaka University
 
 
 - 
1985
Faculty of Literature, Chiba University
 

Published Papers

 
伊東 多佳子
GEIBUN : 富山大学芸術文化学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Art and Design University of Toyama   12 86-97   Feb 2018
 Mierle Laderman Ukeles, a leading American feminist performance, conceptual, installation and environmental artist is a one of the pioneers to broaden boundaries of art, by her 'Maintenance Art' as changing 'work' into ' work of art', and everyda...
伊東 多佳子
GEIBUN : 富山大学芸術文化学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Art and Design University of Toyama   11 82-92   Mar 2017
 Landscape is very modern concept, because it is not already there as it itself, but it becomes to exist by the birth of subject who sees it. In fact, landscape is 'aesthetically seen nature (or land)' and is seen in the activity of formation of a...
伊東 多佳子
GEIBUN : 富山大学芸術文化学部紀要   8 74-89   Feb 2014
自然を論じる上での困難は、当の自然が指すものが何なのかということがきわめて曖昧なことから生じる。芸術もまた、現代においては定義不可能なものと考えられている。だとすれば、自然を素材にした芸術はいったいどのように観照されるのか。環境芸術は自然環境を主題にして自然自体に素材を求めることで成立してきた。しかしそこで扱われる自然環境は、西洋哲学の伝統的な自然観ではもはや捉えきれなくなっている複雑な現代の自然環境である。未曾有の速度と規模で現在も進行している環境の悪化が示すことは、自然がもはや調和と秩...
伊東 多佳子
国際哲学研究 = Journal of international philosophy   (2) 113-125   Mar 2013
伊東 多佳子
Geibun : 富山大学芸術文化学部紀要   7 94-105   Feb 2013
自然を論じる上での困難は、当の自然が指すものが何なのかということがきわめて曖昧なことから生じる。たとえば、自然と人間というとき、すでにある一定の距離をとって対象として眺められる自然が前提になっている。これは風景を語るときにより顕著になる。ひとはそれを「美的に切り取られた自然の断片」として見ているのである。しかし、そのとき切り取られる「自然」とは一体何なのか。環境芸術は自然環境を主題にして自然自体に素材を求めることで成立してきた。しかしそこで扱われる自然環境は、西洋哲学の伝統的な自然観ではも...
伊東 多佳子
Geibun   5 106-112   Feb 2011
自然を論じる上での困難は、はたしてその当の自然が指すものが何なのかということがきわめてあいまいなことから生じる。たとえば自然と人間というとき、すでにある一定の距離をとって対象として眺められる自然が前提になっている。これは風景を語るときにより顕著になる。つまりひとはそれを「美的に切り取られた自然の断片」として見ているのである。しかし、そのとき切り取られる「自然」とは一体何なのか。環境芸術は自然環境を主題にして自然自体にその素材を求めることで成立してきた。しかしそこで扱われる現代の自然環境は、...
伊東 多佳子
Geibun   4 106-114   Feb 2010
かつて哲学者たちは自然の時間と歴史の時間を異質のものとして説明してきた。自然は循環し繰り返すものであって個体の死は問題にされず、永遠の生命を持つと定義されるのに対して、歴史は人間の生に代表されるように、一回限りのものであって、死すべき運命へと縛り付けられたものであるとされていた。しかし、加速する環境の悪化という現実を目の当たりにすることによって、自然が永遠のものであるという定義自体が見直される必要に迫られている。おそらく、この地球上の自然にはすべて人の手が加わっていて、自然はすでに死へと向...
Itoh TAKAKO
Bulletin of the Faculty of Art and Design, University of Toyama   2 70-75   Dec 2007
地球規模の環境問題が深刻化するなかで、減少の一途をたどる生物多様性を可能なかぎり保全し、開発により著しく傷ついた生態系の再生に取り組むことは、現代を生きるわたしたちすべてに課せられた最重要課題である。人間と自然の関係をもっとも直接的に反映している芸術である環境芸術は、地球規模での環境の劣悪化に直面する中で、より現実的なテーマを扱うように変化してきた。とくに近年、人間の支配と操作によって自然の均衡が破られてきた場所で、実際に生態系を再生し生物多様性の保全に取り組む作品が多い。本論では、英国の...
ITOH Takako
Aesthetics   40(4) 12-24   1990
Die Weltanschauung der Romantik entwickelte sich aus dem Bewusstsein uber die Spaltung zwischen Natur und Geist. Aus der Krise. die dieses Bewusstsein hervorrief, wollten die Romantiker die Harmonie zwischen Natur und Leben wiederherstellen. Heutz...

Misc

 
Isaka Seishi, Ito Takako
シェリング年報'03   11 46-48   Jul 2003
On the revaluation of Romanticism by Oskar Becker
Aesthetics   40(4) 12-24   1990
Silouhette in Romanticism-On'Plantscape'by Philipo Otto Runge's cutouts
ICONICS japanese journal of image arts and sciences   (47) 63-73   1992
Response to Landscape-romantic landscape paintings and Schelling's natural philosophy
Schelling Yearbook(Schelling-Jahrbuch)   1(1) 88-100   1993

Research Grants & Projects

 
Study on Environmental Aesthetics based on Romantics
The Other Research Programs