小池 孝良

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/08 17:56
 
アバター
研究者氏名
小池 孝良
 
コイケ タカヨシ
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/fres/silv/
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 基礎研究部門・森林科学分野; 同・大学院農学院 環境資源学専攻・森林資源科学講座・造林学研究室
職名
特任教授(再雇用)
学位
農学博士

プロフィール

兵庫県神戸市生まれ(三木市との市境の山奥)。その後、京都、名古屋、茨城県稲敷郡、札幌、Birmensdorf ZH、東京都府中市、札幌と移動しました。
「どのような時代になっても守るべき国土と森林がある」を掲げて、変動環境(高オゾン、窒素沈着、二酸化炭素増加)に対する森林樹木の環境応答を調べています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 
  • 森林学 / 森林科学 / 造林学/樹木生理生態学

経歴

 
2016年9月
 - 
現在
島根大学生物資源学部 非常勤講師(森林風致学)
 
2015年4月
 - 
現在
北海道大学・大学院 農学研究院 基礎研究部門 森林科学分野 教授
 
2006年4月
 - 
現在
北海道大学・大学院農学院 環境資源学部門 森林資源科学分野 教授
 
2014年4月
 - 
2015年8月
南開大学  生命科学院 客員教授Plant Physiological Ecology
 
2005年4月
 - 
2006年3月
北海道大学・大学院環境科学院兼務 生物圏科学専攻・森林圏科学 併任
 
2001年4月
 - 
2006年3月
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション 南管理部長
 
1998年4月
 - 
2001年3月
北海道大学農学部演習林 森林動態学部門 主任
 
2001年
   
 
中国・東北林業大学・森林植物生態学国家重点研究室、 客員教授
 
1994年
 - 
1999年
筑波大学地球環境変化特別プロジェクト研究員、
 
1996年
 - 
1998年
東京農工大学農学部環境・資源学科、地域生態システム学科、
 
1991年
   
 
フィンランド・ヨエンスウ大学生物学科客員研究員、
 
1988年
 - 
1989年
スイス連邦国立理工科大学森林・雪・景観研究所(WSL)森林生態生理分野PDF、
 
1981年
   
 
林野庁林業試験場;1981~(森林総合研究所1988~)、
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
大気汚染研究センター  検討会委員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本森林学会  北海道地区委員
 
2013年4月
 - 
現在
大気環境学会・北海道東北支部  地区委員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本森林学会  副会長
 
2010年7月
 - 
2011年6月
日本森林学会北海道支部  支部長
 

受賞

 
2017年10月
国際森林研究機関連合(IUFRO) 07.00部門功労賞https://www.iufro.org/science/divisions/division-7/70000/70100/70105/activities/
 
2006年
日本森林学会賞
 
2006年
日本森林技術協会賞
 

論文

 
Ozone alters the feeding behavior of the leaf beetle Agelastica coerulea (Coleoptera: Chrysomelidae) into leaves of Japanese white birch (Betula platyphylla var. japonica).
小池 孝良
Environmental Science and Pollution Research   DOI 10.1007/s11356-017-9369-7.    2017年5月   [査読有り]
日本森林学会支部大会・北方森林学会
小池 孝良
   [査読有り]
総説など
小池 孝良
   [査読有り]

Misc

 
Yasutomo Hoshika, Yasutomo Hoshika, Genki Katata, Genki Katata, Makoto Deushi, Makoto Watanabe, Takayoshi Koike, Elena Paoletti
Scientific Reports   5    2015年5月
Tropospheric ozone concentrations have increased by 60-100% in the Northern Hemisphere since the 19 th century. The phytotoxic nature of ozone can impair forest productivity. In addition, ozone affects stomatal functions, by both favoring stomatal...
小池孝良, 渡辺誠, 渡邊陽子, 船田良, 佐野雄三, 高木健太郎, 日浦勉, 笹賀一郎, 佐藤冬樹
北方森林保全技術   (32) 28-31   2015年3月
Xiaona Wang, Laiye Qu, Qiaozhi Mao, Qiaozhi Mao, Makoto Watanabe, Makoto Watanabe, Yasutomo Hoshika, Yasutomo Hoshika, Akihiro Koyama, Korin Kawaguchi, Yutaka Tamai, Takayoshi Koike
Environmental Pollution   197 116-126   2015年2月
© 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved. We studied the colonization of ectomycorrhizal fungi and species abundance of a hybrid larch (F1) under elevated CO2 and O3. Two-year-old seedlings were planted in an Open-Top-Chamber system with treatment...
小池孝良
樹木医学研究   19(1) 60-61   2015年1月
Karibu Fukuzawa, Hideaki Shibata, Kentaro Takagi, Fuyuki Satoh, Takayoshi Koike, Kaichiro Sasa
Plant Species Biology   30(2) 115   2015年1月
© 2015 The Society for the Study of Species Biology. To clarify the role of dense understory vegetation in the stand structure, and in carbon (C) and nitrogen (N) dynamics of forest ecosystems with various conditions of overstory trees, we: (i) qu...

書籍等出版物

 
造林学 4訂版
丹下 健・小池孝良 (担当:共編者)
朝倉書店   2016年8月   
Climate Change, Air Pollution and Global Challenges.
小池孝良,渡辺誠、星加康智ーー伊豆田猛 (担当:分担執筆, 範囲:Effects of ozone on forest ecosystems in East and Southeast Asia)
Elsevier   2013年12月   
北海道の気象と農業
小池孝良・中村卓司 (担当:分担執筆, 範囲:温暖化環境の農作物への影響)
北海道新聞社出版センター   2013年11月   
Agricultural Sciences for Human Sustainability
小池 孝良 (担当:共編者, 範囲:Silviculture and Forest ecology in a changing environment)
Kaiseisha   2012年12月   
園芸学の基礎
小池 孝良 (担当:分担執筆, 範囲:光合成による物質生産と転流)
農文協   2012年9月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
「温暖化」、対流圏オゾンの増加、窒素沈着の増加環境での樹木の光合成特性に関する生理生態学的研究(葉の構造と機能から木部構造の関係解明)並びに樹木の被食防衛機能に関連した森林保護学的研究
進行の抑制が困難な大気CO2増加や窒素沈着量の増加に伴う変動環境での森林の再生過程や木質資源生産を樹木の光合成機能に注目して探求している。被食防衛機能や共生菌類の活動など、光合成産物の分配過程の制御技術への展開を意図している。これは生産に50年近くを必要とする樹木の成長を考えると、物理的、生物的生産環境を考慮せねばならないからです。

社会貢献活動

 
アジア大気汚染研究センター
【助言・指導】  アジア大気汚染研究センター  2014年4月 - 現在
SSH岩見沢農業高校
【その他】  日本学術振興会  2013年4月 - 現在