北村 憲彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/09 04:21
 
アバター
研究者氏名
北村 憲彦
 
キタムラ カズヒコ
eメール
kitamura.kazuhikonitech.ac.jp
URL
http://kitamura.web.nitech.ac.jp/index.htm
所属
名古屋工業大学
部署
大学院 つくり領域
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋工業大学), 工学修士(名古屋工業大学)
科研費研究者番号
40293740

プロフィール

1983-1997 豊田中央研究所
1997-現在 名古屋工業大学

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
 - 
1997年3月
株式会社豊田中央研究所 研究員
 
1997年4月
 - 
2012年3月
名古屋工業大学 大学院 つくり領域 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
名古屋工業大学 大学院 つくり領域 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年3月
名古屋工業大学 工学部 生産機械
 
 
 - 
1983年3月
名古屋工業大学 工学研究科 生産機械工学
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2015年4月
社団法人日本塑性加工学会  東海支部支部長
 
2014年4月
 - 
2016年3月
社団法人日本機械学会  東海支部幹事
 

受賞

 
1991年4月
R&D MAGAZINE 1991 R&D 100 Awards High Performance Cold Forging Oil
受賞者: Toshihide Ohmori, Kazuhiko Kitamura, Masuhiko Kawamura
 
1996年4月
東海化学工業会 東海化学工業会技術賞 ステンレス鋼用冷間鍛造油の開発
受賞者: 大森俊英,北村憲彦
 
2005年4月
日本塑性加工学会 日本塑性加工学会優秀賞会田技術奨励賞 鍛造と潤滑に関する研究
 
2011年5月
社団法人日本塑性加工学会 日本塑性加工学会技術開発賞
受賞者: 鵜飼須彦,廣田健治,松永啓一,北村憲彦
 
2011年9月
日本機械学会 日本機械学会 機械材料・材料加工部門 業績賞
 

論文

 
冷間後方押出しにおける流動と摩擦条件(共著)
水野高爾,小島之夫,北村憲彦,朱偉成
塑性と加工   25(285) 929-935   1984年10月   [査読有り]
後方押出しにおける表面積拡大の解析(共著)
水野高爾,小島之夫,朱偉成,北村憲彦
塑性と加工   26(298) 1096-1101   1985年11月   [査読有り]
大森俊英,北村憲彦,団野敦,川村益彦
The ASME/STLE Tribology Transactions   34(3) 458-464   1991年6月   [査読有り]
りん系極圧添加剤を配合した冷間鍛造用潤滑油の性能(第1報1)-りん系極圧添加剤の焼付き防止性能-(共著)
大森俊英,北村憲彦,団野敦,川村益彦
トライボロジスト   36(6) 452-458   1991年6月   [査読有り]
りん系極圧添加剤を配合した冷間鍛造用潤滑油の性能(第3報)-複合添加系におけるりん酸エステルの効果-, (共著)
大森俊英,北村憲彦,団野敦,川村益彦
トライボロジスト   36(10) 799-804   1991年10月   [査読有り]

Misc

 
鍛造と潤滑に関する研究
北村憲彦
塑性と加工   46(539) 1132-1136   2005年12月
わかりやすいトライボロジー 工具摩耗
北村憲彦
塑性と加工   47(541) 124-128   2006年2月
Future Challenges in Precision Forging Technology "jointly worked"
Kazuhiko Kitamura, Ryo Matsumoto
WIRE merged with Wireworld International Technical Journal for the Manufacture and Processing of Wire and Cable   (6) 21-25   2006年11月
工具摩耗
北村憲彦
メインテナンス   (253) 56-61   2007年8月
焼付きを防ぐ潤滑油活用のポイント
北村憲彦
プレス技術   46(1) 44-49   2008年1月

書籍等出版物

 
塑性加工入門
古閑伸裕,早川邦夫,北村憲彦,桑原利彦,他 (担当:共著, 範囲:第11章,第13章6節)
コロナ社   2007年9月   ISBN:9784339045840
DLCの応用技術
大竹尚登,斉藤秀俊,片岡征二,黒田剛史,北村憲彦,他 (担当:共著, 範囲:第4章8節)
シーエムシー出版   2007年12月   ISBN:9784882319825
精密鍛造
小坂田宏造,石川孝司,小野宗憲,森下弘一,安藤弘行,北村憲彦,他 (担当:共著, 範囲:第2章3節)
日刊工業新聞社   2010年10月   ISBN:9784526065545
60 Excellent Inventions in Metal Forming
A. Erman Tekkaya et al. (担当:共著, 範囲:p. 313 - p. 318)
Springer Vieweg   2015年6月   ISBN:978-3-662-46311-6
北村 憲彦,松本 良 他 (担当:分担執筆, 範囲:「鍛造」出版専門部会 部会長)
日本塑性加工学会   2018年10月   ISBN:978-4-339-04379-2

講演・口頭発表等

 
Metal Deformation and Lubrication Conditions in Ball Penetration Test for Cold Forging Lubricants
Kazuhiko Kitmaura, Takaji Mizuno, Katsuya Honda
第7回精密鍛造アジアシンポジウム   2000年10月22日   中国鍛圧学会
Future Challenges inPrecision Forging Technology -A Report of Discussion Hour at the 4th International Seminar on Precison Forging-
Kazuhiko Kitamura, Ryo Matsumoto, Alexander Putz
第39回国際冷間鍛造グループ総会   2006年8月27日   International Cold Forging Group
Evaluationg of Tribo-performance of Diamond-like-carbon Coating by Ball Penetration Test
Kazuhiko Kitamura, Yoshinari Tsuchiya, Takahiro Yamamoto
材料加工アジアシンポジウム   2006年11月9日   The Japan Society of Mechanical Engineers
Application of DLC Coating to Metal Forming Die
Kazuhiko Kitamrua, Takahiro Yamamoto, Yoshinari Tsuchiya, Kuniaki Dohda
第3回生産加工トライボロジー国際会議   2007年9月24日   The Orgarnizing Committee of 3rd ICTMP2007
Influence of Friction and Anisotropy on Bulk Deformation of Metal
Kazuhiko Kitamura, Motoki Terano, Takaaki Fukatsu, Takaji Mizuno
第3回生産加工トライボロジー国際会議   2007年9月24日   The Orgarnizing Committee of the 3rd ICTMP2007

Works

 
北村憲彦   Webサービス   2018年1月 - 現在
第1回 鍛造加工とは?鍛造加工の種類は?
第2回 鍛造加工の工程と欠陥
第3回 鍛造材料の種類と性質
第4回 鍛造の金型材料・型コーティング・潤滑剤
第5回 鍛造に関する力学
第6回 鍛造機械の種類と特徴

競争的資金等の研究課題

 
棒・管・厚板材の塑性異方性
研究期間: 2000年4月 - 現在
塑性変形を利用した高強度接合技術
研究期間: 2003年4月 - 現在
鍛造における環境負荷低減に向けた潤滑剤と硬質被膜のトライボロジー性能評価
研究期間: 2004年4月 - 現在
ステンレス鋼しごき加工用の潤滑剤の焼付き防止性能評価
研究期間: 2004年4月 - 現在
熱間鍛造の潤滑
中小企業産業技術研究開発
研究期間: 2007年4月 - 現在

特許

 
昭61-180634 : 温間鍛造用潤滑方法
野々山史男,北村憲彦,団野敦
昭63-264698 : 金属加工用潤滑油組成物およびその製造方法
大森俊英,北村憲彦,川村益彦,団野敦,白井徳雄,杉浦幸夫,中根充
昭63-268530 : 温間鍛造方法
団野敦,野々山史男,北村憲彦
平01-282295 : 金属加工用潤滑油組成物およびその製造方法
大森俊英,北村憲彦,川村益彦,団野敦,白井徳雄,杉浦幸夫,中根充
平03-72404 : 粉状物体の定量分散供給装置
北村憲彦