兼田 敏之

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/21 02:52
 
アバター
研究者氏名
兼田 敏之
 
カネダ トシユキ
URL
http://archi.ace.nitech.ac.jp./kaneda2/index.html
所属
名古屋工業大学
職名
教授
科研費研究者番号
10192543

研究分野

 
 

委員歴

 
2011年6月
 - 
2013年5月
日本シミュレーション&ゲーミング学会  会長
 
2013年6月
 - 
2017年5月
日本シミュレーション&ゲーミング学会  表彰委員長
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本建築学会  東海支部 都市計画委員会 委員長
 
2017年4月
 - 
2019年3月
日本建築学会  代議員
 

受賞

 
2003年6月
日本シミュレーション&ゲーミング学会 日本シミュレーション&ゲーミング学会優秀賞
 
1997年4月
- 日本シミュレーション&ゲーミング学会論文賞
受賞者: -
 

論文

 
Factor Analysis of the Pedestrians Number in a Downtown Area Using Visibility Indicators― A Case Study of the Sakae-South District, a Downtown Area of Nagoya ―
Akira Ota, Rim Meziani, Yuta Sugiura, Toshiyuki Kaneda
Sensory Urbanism Proceedings 2008, The Flaaneur Press, pp.158-164      2008年12月   [査読有り]
Modeling and Development of an Autonomous Pedestrian Agent ― As a Simulation Tool for Crowd Analysis for Spatial Design
Toshiyuki KANEDA, Yanfeng HE
T. Terano, et.al (Eds.), Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex, System V, Post-Proceedings of The AESCS International Workshop 2007, Springer, pp.107-118      2009年1月   [査読有り]
A Simulation Analysis of Shop-around Behavior in a Commercial District as an Intelligent Agent Approach -A Case Study of Osu District of Nagoya City-
Takumi YOSHIDA, Toshiyuki KANEDA
T. Terano, et.al (Eds.), Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex, System V, Post-Proceedings of The AESCS International Workshop 2007, Springer, pp.131-142      2009年1月   [査読有り]
名古屋市白壁・主税・橦木町並み保存地区における住民発意型ルールづくりに関する調査研究
井上惠介、丹羽教恭、兼田敏之
日本建築学会技術報告集 第15巻 第29号、pp.267-270      2009年2月   [査読有り]
Searching for Effective Policies to Prevent Bird Flue Pandemic in Bundung City Using Agent-Based Simulation
Utomo Sajono Putro, Santi Novani, Manahan Siallagan, Hiroshi Deguchi, Yasuhiro Kanatani, Toshiyuki Kaneda, Yusuke Koyama, Manabu Ichikawa, Hideki Tanuma
Systems Research and Behavioral Science, 25, pp.663-673      2009年3月   [査読有り]

Misc

 
都市空間の分析概念としてのスペース・シンタックス理論――シミュレーションによる都市設計を視程に――
兼田敏之,メジアニ・リム,太田明
設計工学      2012年12月
エージェント・ベースド都市シミュレーション
兼田敏之
計測と制御   52(7) 629-634   2013年7月
店舗集積地区における来訪者の回遊行動のモデリング
兼田敏之
人工知能 30巻4号,pp.423-428.      2015年7月   [依頼有り]
特集人口移動が変える大都市圏住宅 視点3 名古屋圏のレッスン
兼田敏之
自治体チャンネル、株式会社三菱総合研究所、pp.6-7      2005年11月
多主体系のシステム論――問題解決方法論の基礎としての
兼田敏之
計測と制御 Vol.46, no.4、pp.312-318.      2007年4月

書籍等出版物

 
アメリカ都市計画の誕生
兼田敏之 (担当:単訳)
鹿島出版会   2011年12月   ISBN:9784306072947
Simulation and Gaming in the Netowrk Society
T.Kaneda, H.Kanegae, Y.Toyoda, P.Rizzi (担当:共著)
Springer   2016年9月   ISBN:978-981-10-0574-9
都市デザイン「野望と誤算」
訳書(単訳)Jonathan Barnett著 (担当:単訳)
鹿島出版会SD選書、264pages   2000年2月   
複雑系と建築・都市・社会
分担執筆(河村廣ほか21名) 担当部分pp.152-173 (担当:共著)
技法堂出版、217pages   2005年3月   
公共システムの計画学
分担執筆(坂野達郎ほか12名) 担当部分pp164-176 (担当:共著)
技法堂出版、238pages   2000年3月   

講演・口頭発表等

 
セル空間上における避難所シミュレータの開発と避難者空間行動に関する分析
民谷啓,市川学,酒井宏平,兼田敏之
計測自動制御学会第10回社会システム研究部会, pp.169-174.   2016年3月   
Comparative study on revision of planning policy in the master plans of Ho Chi Minh City and Ha Noi City before and after the promulgation of the 2009’s urban planning law.
Lam NGUYEN, Toshiyuki KANEDA, Tomohiko MISAKA
The International Symposium on City Planning (ISCP)   2014年11月6日   
用事ベースド都心来訪意思決定モデルとその理論的検討
兼田敏之,徳永健一
日本シミュレーション&ゲーミング学会全国大会報告集2014年春号 pp.19-21.   2014年6月   
第二回人工社会アプローチによるダウンタ・ イナミクス・モデル
兼田敏之
人工知能学会:経営課題にAIを! ビジネス・インフォマティクス研究会   2015年3月16日   
大規模乗り換え駅構内における待ち合わせ行動のエージェントシミュレーションに関する研究
水野貴之,正光将大,兼田敏之
2016年度日本建築学会大会学術講演会   2016年8月30日   

競争的資金等の研究課題

 
計画理論
研究期間: 1999年1月 - 現在
都市再生プロジェクトの意思決定分析
研究期間: 1999年1月 - 現在
知的エージェントによる都市シミュレーション
研究期間: 1999年1月 - 現在
歩行者回遊行動分析
研究期間: 1999年1月 - 現在
シミュレーション&ゲーミング手法を用いた計画支援システムの開発
研究期間: 1999年1月 - 現在