石渡 尚子

J-GLOBALへ         更新日: 10/03/31 00:00
 
アバター
研究者氏名
石渡 尚子
 
イシワタ ナオコ
所属
跡見学園女子大学
部署
マネジメント学部 生活環境マネジメント学科
職名
助教授・准教授
学位
家政学修士(昭和女子大学), 博士(学術)(昭和女子大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2000年
跡見学園女子大学短期大学部 講師
 
2001年
 - 
2007年
跡見学園女子大学短期大学部 助教授
 
2007年
   
 
-   跡見学園女子大学マネジメント学部生活環境マネジメント学科 准教授 現在に至る
 

学歴

 
 
 - 
1995年
昭和女子大学 生活機構研究科 生活機構学
 
 
 - 
1990年
昭和女子大学 家政学部 生活科学
 

委員歴

 
2007年
 - 
現在
Soy Nutrition Institution Japan  幹事
 
2006年
 - 
現在
社団法人 生命科学振興会  監事
 

Misc

 
菊池 俊彦, 石渡 尚子
日本食品工業学会誌   39(11) 1023-1029   1992年
石渡 尚子, 菊池 俊彦
日本食品工業学会誌   40(5) 362-364   1993年
腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)の制限酵素の特徴
食品衛生学雑誌   36(3) 605-609   1994年
Salmonella Typhiにおける制限酵素産生プラスミドの性状
食品衛生学雑誌   36(3) 404-408   1995年
大豆エストロゲン物質の更年期前後の女性へ及ぼす影響
平成12年度厚生科学研究補助金-生活安全総合研究-研究報告書「内分泌撹乱化学物質等、生活環境中の化学物質による健康リスク評価における不確実性の解析に関する研究」   25-45   2001年

書籍等出版物

 
第六版 食品添加物公定書解説書
(株)廣川書店   1992年   
第7版 食品添加物公定書解説書
(株)廣川書店   1999年   
Symstematic review of intervention studies useing isoflavone supplements and proposal for future studies.Soy in Health and disease Prevention.
Crc Pr I Llc, NY   2005年   
機能性食品の安全性ガイドブック
㈱サイエンスフォーラム   2007年   
100歳までの健康百科-日本人1億3000万人の病気予防12章
日本医療企画㈱   2008年   

講演・口頭発表等

 
大豆イソフラボンによる月経前症候群(PMS)の改善効果
第14回日本疫学会学術総会   2004年   
Beneficial Metabolic Effects of Soy-Rich Diets in Young Firefighter Trainees
6th International Symposium on the Role of Soy in Preventing and Treating Chronic Disease   2005年   
Intervention Study of Soy Isoflavone Supplement for Menopausal Women
6th International Symposium on the Role of Soy in Preventing and Treating Chronic Disease   2005年   
大豆イソフラボンサプリメントの更年期症状に対する効果
第16階日本疫学会学術総会   2006年   
A randomized, placebo^controlled trial of oral equol supplement for treatment of menopausal symptoms amang Japanese women
Soy & Health 2006 Clinical evience/ Dietetic applications   2006年   

Works

 
大豆エストロゲン物質の更年期前後の女性へ及ぼす影響
2000年

競争的資金等の研究課題

 
大豆イソフラボンの女性における有効性とリスク
補助金
研究期間: 1999年 - 2000年
PMS(月経前症候群)におよぼす大豆イソフラボンの影響
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 2002年 - 2004年
更年期症状に及ぼすエクオールの効果
委託研究
研究期間: 2005年 - 2008年
更年期女性を対象としたエクオールサプリメントによるプラセボ対照介入研究