HANYU Toshiki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 3, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
HANYU Toshiki
E-mail
hanyuarch.jcn.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University Junior College
Section
Junior College(Funabashi Campus), Department of Architecture and Living Design
Job title
Professor
Research funding number
70299981

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1990
 - 
Mar 1997
Matsushita Communication and Indusrtry
 
Apr 1997
   
 
Nihon University
 

Education

 
 
 - 
1988
建築学科, Faculty of Science and Engineering, Nihon University
 
 
 - 
1994
建築学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineering, Nihon University
 

Awards & Honors

 
May 2014
工事騒音モニタリングシステム「音ジャッジ」の開発, 日本騒音制御工学会環境デザイン賞, 日本騒音制御工学会
Winner: 株式会社大林組,日本大学
 
Mar 2014
室内音場の方向情報の主観評価と音場拡散の枠組みに関する研究, 日本音響学会環境音響研究賞, 日本音響学会
 
本研究は建築空間、特にコンサートホールや劇場において響きの印象の違いをもたらす音場の“方向情報”と“拡散”に関する新しい理論の提案とその評価法の開発を目的とした一連の研究である。その内容は、方向情報(音の到来方向)によって違いが生じる音の空間印象“音に包まれた感じ(LEV)”の主観評価に関する研究、および壁面の凹凸によって音の拡散を制御するための音場拡散の理論的枠組みに関する研究の2項目である。
Dec 2006
音場の方向情報解析手法の開発, 日本大学理工学部学術賞
 
1995
1)球面上配置マイクロホンシステムを用いた室内音場における任意方向インパルス応答測定手法の開発2)室内音場の受音点に到来する個々の反射音の特性抽出手法の開発, 日本建築学会奨励賞, 日本建築学会
 
1990
方向情報を含めたインパルス応答の測定アルゴリズムに関する研究, 日本建築学会優秀修士論文賞, 日本建築学会
 

Published Papers

 
A MATHEMATICAL MODEL OF REVERBERATION IN A ROOM BASED ON MARKOV CHAIN TAKING INTO CONSIDERATION DIFFUSION OF THE SOUND FIELD
Toshiki Hanyu
日本建築学会環境系論文集 2016年2月 第81巻 第720号,141-151   81(720) 141-151   Feb 2016   [Refereed]
The aim of this study is to develop a mathematical model of reverberation in a room on the basis of a Markov chain, taking into consideration the diffusion of the sound field. In this study, first, the Markov chain model was examined; it was shown...
Analysis Method for Estimating Diffuseness of Sound Fields by Using Decay-Cancelled Impulse Response
Toshiki Hanyu
BUILDING ACOUSTICS   21(2) 125-134   Nov 2014   [Refereed][Invited]
An analysis method for estimating diffuseness of sound fields by measuring the time variation in reflected sound energy of impulse responses is proposed. In this method, first a decay-cancelled impulse response is obtained by removing the reverber...
Theoretical Modeling of Room Shape for Ray Tracing Simulation
Kazuma Hoshi, Toshiki Hanyu
BUILDING ACOUSTICS   21(1) 21-30   Nov 2014   [Refereed][Invited]
With the recent developments in computer-aided design (CAD) technology, the detailed modeling of shapes has become routine. However, it is well known that low-frequency sounds do not propagate in detail-oriented models of rooms in the way that is ...
LISTENING TEST METHOD FOR INVESTIGATING EFFECT OF SOUND ABSORPTION ON COMFORT PROVIDED BY SOUND ENVIRONMENTS IN RESIDENCES
Toshiki HANYU, Kazuma HOSHI and Daisuke WATANABE
日本建築学会環境系論文集 2014年2月 第79巻 第696号   79(696) 141-148   Feb 2014   [Refereed]
The aim of this study is to develop a listening test method that would be suitable for investigating the effect of sound absorption on the comfort provided by sound environments in residences. To accomplish this, listening test methods that employ...
調剤薬局におけるスピーチプライバシーの実態— その2 調剤薬局における音環境の実態調査 —
星和磨,羽入敏樹,小山由美
日本大学理工学部研究ジャーナル   130 19-23   Feb 2013   [Refereed]

Books etc

 
オフィスの音環境とスピーチプライバシー
羽入敏樹
騒音制御工学会   Oct 2018   
POV-Rayで学ぶはじめての3G制作
松下 孝太郎, 山本 光, 柳川 和徳, 鈴木 一史, 星 和磨, 羽入 敏樹 (Part:Joint Work)
講談社   Mar 2016   
音響キーワードブック
日本音響学会 編
コロナ社   Oct 2015   
C-C法を用いた工事騒音モニタリングシステムの開発とその適用
池上雅之,羽入敏樹 (Part:Joint Work)
騒音制御 39(5), pp.144-148   Mar 2015   
拡散音場と古典的残響理論
羽入敏樹
音響技術, No.169, 44(1), pp.1−4 (2015.3).   Feb 2015   

Conference Activities & Talks

 
Comparison with Acoustic Impedance Measurement Results of Cardioid Microphones and Other Probes
Kazuma Hoshi, Toshiki Hanyu
Internoise 2018, Conference, Chicago   2018   
Assessment of sound diffusion in rooms for both time and frequency domain by using a decay-cancelled impulse response [Invited]
Toshiki Hanyu, Kazuma Hoshi, Tao Nakakita
Euronoise 2018 Crete   2018   
Theoretical model of reverberation decay in a rectangular room—Potential for predicting flutter echo [Invited]
Toshiki Hanyu
174th Meeting: Acoustical Society of America(New Orleans)   2017   
Elcidation of the mechanism of acoustic impedance technique using two cardioid microphones
Kazuma Hoshi, Toshiki Hanyu
Internoise 2017, Conference, HongKong   2017   
Theoretical model on reverberation decay in a rectangular room with specular reflective walls [Invited]
Toshiki Hanyu
Internoise 2017, Conference, HongKong   2017   

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
Development of measurement method of sound scattering coefficient for creating safe and high-quality acoustic spaces
Project Year: 2015 - 2018
駅、空港、学校、スポーツ施設など大規模な公共空間では、災害時の避難誘導など、音声情報を特定方向から明確に伝えることが必要である。そのため空間の残響方向が偏らないように、壁面の凹凸(拡散体)による「音の拡散」を設計することが重要になる。しかし、その設計手法は確立されておらず、空間の本来の音響性能が充分に達成できていないのが現状である。本研究の目的は、安全で高品質な音響空間を創造するための「音の拡散」の設計基盤を構築することである。
医療施設の役割と機能を生かす音環境のあり方を検討する
Project Year: 2015 - 2016
薬剤師自ら会話環境の弱点を認識するための評価法の確立
Project Year: 2011 - 2014
医療情報の収集および提供時におけるプライバシー保護の指標の検討
Project Year: 2007 - 2009
森林空間の響きのメカニズム解明および音響空間創出への応用
Project Year: 2003 - 2004

Others

 
1993
パナソニック・グローブ座における音場制御実験コンサートwithニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル1993
1992
パナソニック・グローブ座における音場制御実験コンサートwithニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル1992
1991
宝塚大劇場の音場制御システムの設計