IKEYA Nozomi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 21, 2018 at 03:26
 
Avatar
Name
IKEYA Nozomi
URL
http://nozomiike.wordpress.com/
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Letters, Department of Humanities and Social Sciences
Job title
Professor
Degree
Master in Letters(Keio University), Ph.D in Sociology(University of Manchester)
Other affiliation
Keio University
Research funding number
10297723

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
 - 
Mar 2000
Lecturer, Department of Sociology, Toyo University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2005
Associate Professor, Department of Sociology, Toyo University
 
Apr 2005
 - 
Mar 2011
Senior Research Scientist, Computing Science Laboratory, Palo Alto Research Center
 
Apr 2011
   
 
Professor, Keio University
 

Education

 
 
 - 
Jun 1997
Sociology, School of Social Sciences, University of Manchester
 

Committee Memberships

 
May 2018
   
 
The Computer Support Cooperative Work (CSCW)  Program Committee member for CSCW2018
 
Sep 2017
 - 
Nov 2018
The Information Behavior Conference (ISIC)  Program Committee member for ISIC 2018
 
Sep 2016
 - 
Aug 2018
The European Computer Support Cooperative Work (ECSCW)  Program Committee member for ECSCW2017
 
Sep 2015
 - 
Nov 2016
The Information Behavior Conference (ISIC)  Program Committee member for ISIC 2016
 
Sep 2014
 - 
Aug 2016
The International Institute for Ethnomethodology and Conversation Analysis (IIEMCA)  Scientific Committee member for IIEMCA2015
 

Published Papers

 
三輪眞木子田村俊作池谷 のぞみ須賀千絵八巻知香子高山智子越塚美加
薬学図書館   62(1) 21-31   2017   [Refereed]
Service practices as organizational phenomena.
IKEYA Nozomi
The 2nd International Conference on Serviceology (ICServ2014), held at Keio University, September 14-16, 2014.   258-263   Sep 2014   [Refereed]
Supporting the Bio-informaticians to Build Ontology : Observation based on Ethnography of the Work
IKEYA Nozomi, KUZUOKA Hideaki
Journal of Human Interface Society : human interface   15(3) 244   Aug 2013

Misc

 
患者支援機能から見た患者図書室の多様性
桂 まに子須賀 千絵池谷 のぞみ 田村 俊作三輪 眞木子八巻 知香子松本 直樹
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集   43-46   2018   [Refereed]
IKEYA Nozomi
カレントアウェアネス   (337) 20-26   Sep 2018   [Invited]
共同作業としての公共図書館レファレンスサービス
田村 俊作, 池谷 のぞみ
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集   17-20   2017
独立したレファレンス担当係を持つ公共図書館においてフィールドワークを行い,レファレンスサービスが係を中心に図書館職員によって共同的に達成されていること, レファレンス担当係員は,係長・主任を中心に,調整によりレファレンス業務に継続 性と整合性を持たせる役割を担っていることを明らかにした。
MATSUMOTO NaokiIKEYA NozomiKATURA Maniko
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集   9-12   Jun 2017   [Refereed]
公立図書館において課題解決支援サービスの一環として医療健康情報サービスが 実施されるようになっている。医療健康情報サービスでは,さまざまなサービスが 提供されているが,コレクション構築,特に図書の収集提供は基本的なサービスの 一つである。本研究では,全国の公立図書館における医学薬学分野に関する図書の 選書に影響を与える要因を調査した。その結果,市区町村立図書館は利用の多い図書を選定する傾向にある一方,専門的な図書はあまり購入しない傾向が見られた。
がん対策における図書館サービスの位置づけ : 法令および計画の策定に関わる文書の分析から
IKEYA Nozomi
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集   9-12   2016   [Refereed]

Books etc

 
De Gruyter   Sep 2018   ISBN:978-3-11-047250-9
Oxford University Press   Mar 2018   ISBN:978-0-19-873324-9
IKEYA Nozomi
Springer   2016   ISBN:978-4-431-55861-3
Springer   2015   ISBN:978-1-4471-6719-8

Conference Activities & Talks

 
IKEYA Nozomi
第35回医学情報サービス研究大会   4 Aug 2018   
IKEYA Nozomi
関東社会学会第66回大会 テーマ部会A「医療現場で働くということ―社会学になにができるか― 」   10 Jun 2018   関東社会学会
IKEYA Nozomi
日本図書館情報学会春季研究集会発表論文集   12 May 2018   
Engaging with Practice/Engaging with Practitioners, Hybrid Studies Revisited? [Invited]
IKEYA Nozomi
New Developments in Ethnomethodology   29 Mar 2018   University of Liverpool
池谷 のぞみ<U/>
第65回日本図書館情報学会研究大会シンポジウム「研究者が現場と関わりながら研究をすること:医療健康分野で考える」   5 Nov 2017   日本図書館情報学会

Research Grants & Projects

 
エスノグラフィ知見活用の高度化
株式会社日立製作所: 
Project Year: Jul 2016 - Mar 2017    Investigator(s): 池谷のぞみ
エスノグラフィ効率向上
株式会社日立製作所: 
Project Year: Sep 2015 - Mar 2016    Investigator(s): 池谷のぞみ
日本学術振興会: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): Nozomi Ikeya
エスノグラフィ効率向上
株式会社日立製作所デザイン本部: 
Project Year: Jun 2014 - Mar 2015    Investigator(s): 池谷のぞみ
エスノグラフィ効率向上:問題構造化のための概念枠組みの検討
日立デザイン本部
Project Year: May 2013 - Mar 2014