後藤 武秀

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/28 15:45
 
アバター
研究者氏名
後藤 武秀
 
ゴトウ タケヒデ
所属
東洋大学
部署
法学部第一部 法律学科
職名
教授
学位
法学修士(中央大学)
科研費研究者番号
90186891

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1984年
中央大学 法学研究科 刑事法
 
 
 - 
1978年
中央大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
1998年
   
 
地域文化学会  常任理事
 
1999年
   
 
法文化学会  理事
 

論文

 
日本統治時期台湾における妾に関する判決の社会への影響ー祭祀公業「陳悦記」族譜の分析を通してー
後藤 武秀
東洋大学アジア文化研究所研究年報   (52号) 229-240   2018年2月
マカオ法調査報告-マカオ法の比較法史的位置づけのための資料-
後藤 武秀
アジア文化研究所研究年報   (51) 97-108   2017年2月
本島人ノ親族及相続慣習ニ関スル判例集
後藤 武秀
東洋法学   59(3) 233-310   2016年3月
近代マカオにおける西洋近代法と伝統中国法と伝統中国法の調整―黎暁平・汪清陽『望洋法雨―全球化与澳門民商法的変遷』の紹介を通して―
後藤 武秀
アジア文化研究所研究年報   (49) 214-225   2015年2月
日本統治時期台湾における笞刑について
後藤 武秀
法学論叢(漢陽大学校法学研究所)   31(2) 37-51   2014年6月

書籍等出版物

 
アジア社会の発展と文化変容
後藤 武秀
東洋大学アジア文化研究所   2010年3月   
日本の植民地支配の実態と過去の清算
後藤 武秀
風行社   2010年3月   
日本統治時期台湾の法改革(翻訳書)
後藤 武秀
東洋大学アジア文化研究所   2010年2月   
台湾法の歴史と思想
後藤 武秀
法律文化社   2009年9月   
地域の再生と観光文化
後藤 武秀、比嘉 佑典
ゆい出版   2008年3月   
担当 第3章「台湾の経済発展と観光文化産業を通じた伝統文化の維持‐文化創造産業・生活創造産業の例から‐」

講演・口頭発表等

 
台湾同族企業の源流としての合股
後藤 武秀
シンセン大学国際セミナー   2010年12月4日   
国際セミナーにおける報告
東アジアの観光客誘致の方法
後藤 武秀
名櫻大学総合研究所   2010年2月26日   
中国を覆っていく台湾文化
後藤 武秀
東洋大学エクステンション講座   2009年11月21日   
在台湾罪之観念‐『玉歴鈔伝』描絵之罪及其予防
後藤 武秀
台湾法学会・台湾法律史学会   2008年11月8日   
於、台湾大学
東アジア法文化圏の形成
後藤 武秀
韓国慶北大学校法科大学シンポジウム   2008年11月4日   
於、慶北大学

競争的資金等の研究課題

 
日本統治時期台湾における家族に関する慣習法の変容
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 後藤 武秀
東アジア・東南アジアにおける西洋近代法と慣習法の関係に関する研究
研究所プロジェクト
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 後藤 武秀
アジア境域における跨境的生活様式の研究-東アジア・東南アジアの比較
研究所プロジェクト
研究期間: 2011年 - 2013年
台湾における西洋近代法との接触による慣習法の変容
科学研究費 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2010年 - 2012年
トランスナショナル・コミュニティの地域間比較―境域アジアの移住と生活の動態研究
科学研究費 基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 松本 誠一

その他

 
2015年
検察官上内恒三郎の祭祀公業令草案批判
東洋通信52巻2号、2015年6月1日、P28-37
2014年
2001年司法改革之現状和面臨的困難
國立台北大学法律学院講演、2014年9月19日
2014年
台湾における聘金の慣習
東洋通信51巻2号、2014年6月1日、P8-10
2014年
中国の大学
東洋通信50巻10号、2014年1月1日、P6-8
2013年
植民地時期台湾における笞刑の採用と実施状況
ー朝鮮との比較ー
法史学研究会(第162回例会)、明治大学2013年12月6日