山本 聡

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/04 12:30
 
アバター
研究者氏名
山本 聡
 
ヤマモト サトシ
所属
神奈川工科大学
部署
教職教育センター
職名
教授
学位
法学修士
その他の所属
明治大学

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
国立国会図書館 「青少年問題」総合調査プロジェクト 客員調査員
 

学歴

 
 
 - 
1983年
明治大学大学院博士前期課程 法学研究科 公法学
 
 
 - 
1980年
明治大学 法学部 法律
 

委員歴

 
2018年12月
 - 
現在
厚木市  【厚木市】複合施設検討委員会
 
2017年10月
 - 
現在
厚木市  (仮称)子ども未来館構想アドバイザー
 
2013年4月
 - 
2014年3月
厚木市  「客引き行為等防止条例」検討委員会 副委員長
 
2007年4月
 - 
2008年3月
国立国会図書館館調査および立法考査局  「青少年問題プロジェクト」客員調査員
 
2002年4月
 - 
2004年3月
神奈川被害者支援センター (横浜弁護士会)  専門委員(RJ部門)
 

受賞

 
2016年10月
法と心理学会 第17回法と心理学会 大会発表賞 日本人の主権者教育 -契約・取引の社会と関係性・配慮の社会の比較を視点として-
 

論文

 
死刑制度の再考のための法教育 -「さるかに合戦」(NHK昔話法廷より)を素材として-
山本 聡
神奈川工科大学教職教育センター研究報告   2(1)    2018年10月   [査読有り]
法と道徳の関係性 ―法の世俗化と個人主義の行方―
山本 聡
倫理道徳教育研究(日本倫理道徳教育学会)   創刊号(1) 37-52   2018年1月   [査読有り]
道徳教育と法教育の対立と相互補完性
山本 聡
法と教育   vol.7 77-85   2017年8月   [査読有り]
「新たなる教養/知/大学・教育への展望」
山本 聡
大学教育学会誌   37(1) 26-30   2015年5月   [査読有り]
裁判員裁判の実施状況分析から見る市民の正義感
山本 聡
全国犯罪非行協議会機関誌   (50) 61-87   2015年1月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
「青少年対策と子育て責任のあり方 -ペアレンティングと責任-」
山本聡
国立国会図書館調査および立法考査局総合調査「青少年をめぐる諸問題」最終報告書   193-207   2009年
「英国の青少年政策の評価」
山本聡
国立国会図書館調査および立法考査局 平成19年度国際政策セミナー報告書   28-40   2008年
「子どもの責任と刑罰のゆくえ」
山本聡
Child Science 日本子ども学会   Vol.3 128-129   2006年
少年法と保護者に対する命令-親の責任と子の責任,イギリス1998年犯罪および秩序法を中心に-
刑法雑誌(有斐閣)   40(3) 331-348   2001年
刑罰の限界と犯罪の防止
日本犯罪社会学会(研究発表)第26回大会報告要旨集   60-62   1999年

書籍等出版物

 
法学のおもしろさ 三訂版
山本 聡
北樹出版   2019年4月   
憲法のおもしろさ 三訂版
山本 聡 / 渡辺演久 (担当:共著, 範囲:全頁)
北樹出版   2019年4月   
現代社会を読み解く知
山本 聡 (担当:分担執筆, 範囲:第12章 法学Ⅱ 法の起源とその行方(pp.167-180))
学文社   2016年9月   
『憲法のおもしろさ』―欠けているもの余分なもの― 改訂版
山本 聡
北樹出版   2013年5月   
『法学のおもしろさ』-法の起源から人権までー 改訂版
山本 聡
北樹出版   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
「理にかなった感情(reasonable emotion)とは何か」~感情への法の応答~
山本 聡
第45回 犯罪社会学会口頭報告   2018年10月20日   
裁判員裁判での有罪率低下の理由と心情的法文化
山本 聡
第19回 法と心理学会口頭報告   2018年10月6日   
「人が人を裁くことの意味」~昔話法廷「さるかに合戦」を素材に~
山本 聡
第9回法と教育学会口頭報告   2018年9月2日   
法教育における自由と平等の扱い方
山本 聡
第8回 法と教育学会口頭報告   2017年9月3日   
日本人の主権者教育 -契約・取引の社会と関係性・配慮の社会の比較を視点として-
山本 聡
法と心理学会 第17回大会   2016年10月   

Works

 
「英国の子ども省と子ども行政の現状」 民主党 男女・共同参画会議勉強会 講演
2008年
「子ども観の変遷と英国の青少年対策」 東京社会福祉協議会 児童・女性福祉連絡会 研修会講演
2008年
国立国会図書館 「青少年問題プロジェクト」国際政策フォーラム 「英国の子ども政策と少年法制」
2007年
北海道の矯正施設の調査
1982年

競争的資金等の研究課題

 
イギリス少年司法における親の責任
英国子ども省の青少年対策,法教育,裁判のビジュアル化と被害者の参加
英国国立子育て学院の理論と実践,初等教育からの法教育の必要性,裁判員裁判における被害者参加とその影響

社会貢献活動

 
法的視点、倫理的視点、道徳的視点、から俯瞰的に情報モラルをとらえる
【講師】  神奈川県総合教育センター  「情報モラルと情報セキュリティ」研修講座  2018年8月2日
子どもの責任、大人の責任
【講師】  厚木市青少年問題協議会  基調講演  2018年6月20日
犯罪被害者支援 対話の力 可能性探ろう
【寄稿】  朝日新聞社  朝日新聞  2017年1月7日
「自己責任論 非難の装置ではない」
【寄稿】  朝日新聞社  朝日新聞朝刊「私の視点」  2015年3月7日
「死刑判決の再審 市民関与で無実者救済を」
【寄稿】  朝日新聞社  朝日新聞朝刊  2014年6月5日