SUZUKI Tadashi

J-GLOBAL         Last updated: Apr 6, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
SUZUKI Tadashi
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Letters
Job title
Professor
Research funding number
90301613

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Mar 1997
大妻女子大学社会情報学部 非常勤講師
 
Apr 1997
 - 
Mar 2001
桐蔭横浜大学法学部 専任講師
 
Oct 1997
 - 
Mar 1998
桐朋学園大学短期大学部 非常勤講師
 
Apr 1998
 - 
Mar 2006
中央大学文学部 非常勤講師
 
Apr 2001
 - 
Mar 2009
桐蔭横浜大学法学部 准教授
 

Education

 
Apr 1982
 - 
Mar 1985
名古屋西高等学校
 
Apr 1985
 - 
Mar 1989
西洋史学専攻, Faculty of Literature, Chuo University
 
Apr 1989
 - 
Mar 1993
西洋史学専攻, Graduate School, Division of Letters, Chuo University
 
Aug 1991
 - 
Aug 1992
中央大学認定留学生, 第2哲学部, ヴュルツブルク大学
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
西洋史学専攻, Graduate School, Division of Letters, Chuo University
 

Research Areas

 
 

Books etc

 
広義の軍事史と近世ドイツ
鈴木直志
彩流社   May 2014   
戦争社会学の構想
福間良明他編 (Part:Joint Work, 第10章ドイツ歴史学における戦争研究)
勉誠出版   Jul 2013   
ドイツ史と戦争
三宅正樹・石津朋之他編 (Part:Joint Work, 第4章リュヒェルとシャルンホルスト)
彩流社   Nov 2011   
歴史と軍隊
阪口修平編 (Part:Joint Work, 第6章カントン制度再考)
創元社   Oct 2010   
19世紀ドイツの軍隊・国家・社会
R・プレーヴェ著、阪口修平監訳、丸畠宏太・鈴木直志訳 (Part:Joint Translation, 第Ⅰ部第1章・第2章/第Ⅱ部第1章・第2章)
創元社   Apr 2010   
近代ヨーロッパの探求⑫軍隊
阪口修平・丸畠宏太編 (Part:Joint Work, 第4章「教養ある将校」と「気高い兵士」)
ミネルヴァ書房   Jun 2009   
クラウゼヴィッツと『戦争論』
清水多吉・石津朋之編 (Part:Joint Work, 第6章プロイセン軍制改革)
彩流社   Oct 2008   
法文化としての租税
森征一編 (Part:Joint Work, 第2章「戦争が戦争を養う」)
国際書院   Mar 2005   
ヨーロッパの傭兵
鈴木直志
山川出版社   Jun 2003   
スイス傭兵ブレーカーの自伝
U・ブレーカー著、阪口修平・鈴木直志訳 (Part:Joint Translation)
刀水書房   Jul 2000   

Published Papers

 
Truppenstammrolle des Infanterie-Regiments No.3 aus dem Jahre 1792 - Ein Beitrag zur militärischen Gesellschaft der altpreußischen Armee (2/2)
鈴木直志
中央大学文学部紀要(史学)   (64) 105-128   Mar 2019
ラウクハルトとプロイセン軍
鈴木直志
ヨーロッパ文化史研究   19 5-27   Mar 2018   [Invited]
Truppenstammrolle des Infanterie-Regiments No.3 aus dem Jahre 1792 - Ein Beitrag zur militärischen Gesellschaft der altpreußischen Armee (1/2)
鈴木直志
中央大学文学部紀要(史学)   (62) 135-162   Mar 2017
新しい軍事史の彼方へ?
鈴木直志
戦略研究   (5) 247-261   Nov 2007   [Refereed]
Befreiung vom Tabu
鈴木直志
Militär und Gesellschaft in der frühen Neuzeit   11(1) 25-40   Aug 2007   [Refereed]
タブーからの脱却
鈴木直志
戦略研究   (3) 191-214   Dec 2005   [Refereed]
近世ドイツにおける軍隊と社会
鈴木直志
桐蔭法学   6(1) 181-212   Jul 1999   [Refereed]
大選帝侯の政治遺訓
鈴木直志
桐蔭法学   4(2) 79-98   Mar 1998   [Refereed]
十八世紀プロイセン軍の外国人傭兵
鈴木直志
大学院研究年報   (25) 61-73   Mar 1996   [Refereed]

Misc

 
屋敷二郎『フリードリヒ大王:祖国と寛容』山川出版社、2016年
鈴木直志
法制史研究   (67) 450-455   Mar 2018   [Invited]
「広義の軍事史」の射程
鈴木直志
海外事情   65(4) 38-51   Apr 2017
国際シンポジウム「革命と軍隊─明治維新、辛亥革命、フランス革命の比較からみえてくるもの」
谷口眞子・笹部昌利・吉澤誠一郎・ピエール・セルナ・鈴木直志
早稲田大学高等研究所紀要   (8) 141-159   Mar 2016
さすが、職人の国 ドイツ
鈴木直志
岩波書店辞典編集部編『世界の名前』(岩波新書)   69-71   Mar 2016
プロイセン軍事官僚国家の発展
鈴木直志
南塚信吾他編『新しく学ぶ西洋の歴史』   72-73   Feb 2016

Conference Activities & Talks

 
『軍事史とは何か』合評会コメント― 軍事史をめぐる日独の研究環境の問題を中心に
ドイツ現代史研究会   Dec 2017   
18世紀後半におけるプロイセン軍将校の軍制改革論議
比較国制史研究会   Jul 2017   
ドイツにおける軍旗宣誓
第67回日本西洋史学会小シンポジウム   May 2017   
プロイセン旧歩兵第三連隊とその兵士たち
ヨーロッパ文化総合研究所公開講演会   Dec 2016   
「歴史の場」としての『戦争論』-クラウゼヴィッツと近世の戦争
2015年度日本クラウゼヴィッツ学会シンポジウム   Oct 2015   
大塚雄太「ユストゥス・メーザーにおける理論と実践」へのコメント
大塚雄太
経済学史研究会第232回例会   Oct 2015   
常備軍と近世国家
ヨーロッパ近世史研究会第20回例会   Sep 2013   
広義の軍事史が戦争社会学に出会う時
戦争社会学研究会第4回研究大会   Mar 2013   
近世常備軍論
軍社研第31回例会   Mar 2012   
ドイツにおける軍事史研究の現状
防衛研究所国内研究会   Dec 2011   
プロイセン啓蒙絶対主義と軍隊
第36回社会思想史学会大会   Oct 2011   
リュヒェルとシャルンホルスト
2010年度日本クラウゼヴィッツ学会シンポジウム   Oct 2010   
ドイツにおける「啓蒙」と「専制」
ロシア史研究会   Sep 2010   
ベローナが解き放たれる時
史学研究会例会   Apr 2009   
カントン制度再考
北大ドイツ史研究会   Dec 2007   
合評会:山崎彰『ドイツ近世的権力と土地貴族』へのメインコメント
ヨーロッパ近世史研究会第11回例会   Mar 2007   
『教養ある将校』と『気高い兵士』
軍社研第14回例会   Mar 2006   
ドイツ後期啓蒙における軍隊と結社活動
戦略研究学会   Sep 2005   
18世紀後半のドイツにおける軍隊と啓蒙
第16回ヨーロッパ史研究会   Mar 2004   
軍税制度の成立と展開
軍社研第5回例会   Feb 2003   

Awards & Honors

 
Jun 2006
論文「タブーからの脱却―戦後の西洋史学における近世軍事史研究」, 戦略研究学会研究奨励賞(小野賞), 戦略研究学会