SUWA Haruhiko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 8, 2018 at 03:21
 
Avatar
Name
SUWA Haruhiko
Affiliation
Setsunan University
Section
Faculty of Science and Engineering Department of Mechanical Engineering
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1992
Faculty of Engineering, Kobe University
 
 
 - 
Mar 1997
Graduate School, Division of Science and Technology, Kobe University
 

Published Papers

 
Haruhiko Suwa, Hiroaki Sandoh
Computers and Industrial Engineering   53 63-78   Aug 2007   [Refereed]
Haruhiko Suwa
International Journal of Production Economics   110 175-186   Oct 2007   [Refereed]
Daisuke Morita, Haruhiko Suwa
International Journal of Automation Technology   6(3) 331-337   Jun 2012   [Refereed]
プロジェクト実行の予定と実績のずれを可能限り抑えることを目標に,プロジェクトを構成する各作業の作業時間を予測する(見積もる)ための方法を新たに開発した.
Haruhiko Suwa, Daisuke Morita
Procedia CIRP   19 123-128   2014
Reactive Project Scheduling Method to Enhance Project Progress under Uncertainty
Daisuke Morita, Haruhiko Suwa
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2015   19-24   Jul 2015   [Refereed]

Books etc

 
Haruhiko Suwa, Hiroaki Sandoh (Part:Joint Work)
Springer   Oct 2012   ISBN:978-1447145608
Online scheduling is recognized as the crucial decision-making process of production control at a phase of “being in production" according to the released shop floor schedule. Online scheduling can be also considered as one of key enablers to real...

Conference Activities & Talks

 
Cumulative Delay Based When-to-Schedule Policy for Online Scheduling with Uncertainties
諏訪 晴彦
Manufacturing and Service Operations Management 2006 Annual Meeting   Jun 2006   
生産実施でのスケジューリングにおいて、再スケジューリングのタイミング決定方策について、累積遅延ベースの方策を提案した。ここでは、ジョブがスケジュール実行過程で到着するような動的スケジューリング問題を新たに取り上げた。対象モデルは単一工程とし、ロット化、段取り替え時間の発生などを考慮した。数値シミュレーションにより、従来の典型的な事象駆動型再スケジューリング方策に比べ、スケジューリング頻度を抑制しつつ、段取り替え時間の最小化に効果のあるスケジュールを生成可能であることを示した。
A New Hybrid Rescheduling Policy Based on Cumulative Delay
諏訪 晴彦
19th International Conference on Production Research   Jul 2007   
Dummy Based Robust Project Scheduling (Theoretical Model for Optimal Dummy Size)
諏訪 晴彦
37th International Conference on Computers and Industrial Engineering   Oct 2007   
Cumulative Delay Based When-To-Schedule Policy for Flexible Flow Shop Environments with Urgent Jobs
諏訪 晴彦
2008 International Symposium on Flexible Automation   Jul 2008   
Deterministic Model for Reactive Scheduling (Scheduling Multiplexing Approach)
諏訪 晴彦
Proceedings of International Symposium on Scheduling 2009   Jul 2009   
リアクティブ・スケジューリングの意思決定プロセスをモデル化するために、「リアクティブ・スケジューリング問題」という静的問題を考案した。そこでは、ジョブ属性や機械属性などに加え、不確定的事象をも問題属性として取り込み、これらの問題属性を「オブジェクト」として決定変数などに用いている。対象問題として柔軟ショップ・スケジューリング問題を取り上げ、上記のアプローチによる定式化を試みた。数値シミュレーションにより、提案したモデルはリアクティブ・スケジューリングの形式モデルとして利用可能であることを示した。

Research Grants & Projects

 
Energy-Aware Optimal Machining Operations
Project Year: 2013   
Decision-Making Model of Robust Scheduling
Project Year: Apr 2000 - Mar 2012
Development of Project Control Methods Directing Robutstness
Project Year: 2007