Matsumoto Jun

J-GLOBAL         Last updated: Jan 10, 2020 at 03:15
 
Avatar
Name
Matsumoto Jun
E-mail
matsumoto.jun82nihon-u.ac.jp
URL
https://www.researchgate.net/profile/Jun_Matsumoto4
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Veterinary Medicine
Job title
Professor
Degree
Ph.D(Dokkyo University School of Medicine)
Research funding number
70296169

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
 - 
Sep 2003
Research Associate, Dokkyo University School of Medicine
 
Mar 2003
 - 
Sep 2004
客員研究員, Institute of Parasitology, University of Bern(スイス)
 
Oct 2003
 - 
Mar 2008
Postdoctoral fellow, Graduate School of Veterinary Medicine, Hokkaido University
 
Apr 2008
 - 
Mar 2012
Assistant professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresourse Sciences, Nihon University
 
Apr 2012
 - 
Mar 2019
Assistant professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresourse Sciences, Nihon University
 

Education

 
 
 - 
1997
獣医学科, Department of Veterinary Medicine, Hokkaido University
 

Awards & Honors

 
Mar 2010
日本大学生物資源科学部 学部長賞
 
Mar 2009
第18回 日本寄生虫学会奨励賞
 
Mar 2007
ベストプレゼンテーション賞(第76回日本寄生虫学会大会)
 
Jul 2005
Yong Scientist Award(Taeniasis/Cysticercosis and Echinococcosis International Symposium with Focus on Asia and Pacific)
 
Aug 2004
Best Presentation Award(21st. International Congress of Hydatidology)
 

Published Papers

 
Eucoleus garfiai (Gállego et Mas-Coma, 1975) (Nematoda: Capillariidae) infection in wild boars (Sus scrofa leucomystax) from the Amakusa Islands, Japan
Masuda, A., Kameyama, K., Goto, M., Narasaki, K., Kondo, H., Shibuya, H., and Matsumoto, J.
Parasitology International   in press    2019   [Refereed]
Intestinal echinococcosis in a pet dog from Missouri
Kuroki, K., Morishima, Y., et al.
Journal of American Veterinary Medical Association   in press    2019   [Refereed]
境川水系ヨシノボリ属魚類における粘液胞子虫 Myxobolus nagaraensis(ナガラシズクムシ)寄生例
日置尚之, 来栖可奈, 島 瑞帆, 増田 絢, 松本 淳
神奈川自然誌資料   (40) 1-4   Feb 2019   [Refereed]
Molecular and functional characterization of glucose transporter genes of the fox tapeworm Echinococcus multilocularis
Kashiide, T., Kikuta, S., Yamaguchi, M., Irie, T., Kouguchi, H., Yagi, K., and Matsumoto, J.
Molecular and Biochemical Parasitology   225 7-14   Aug 2018   [Refereed]
Prevalence and molecular subtyping of Blastocystis from dairy cattle in Kanagawa, Japan
Masuda, A., Sumiyoshi, T., Ohtaki, T., and Matsumoto, J.
Parasitology International   67 702-705   Jul 2018   [Refereed]

Misc

 
人体エキノコックス症に対する治療薬開発研究の現状と展望
松本 淳
病原微生物検出情報   40(3) 7-8   Mar 2019   [Invited]
人獣共通寄生虫エキノコックス:国内の多包条虫を中心に
松本 淳
MPアグロジャーナル   (28) 38-41   Jan 2017   [Invited]
スイスにおける獣医学教育
松本 淳
Twig's(日本大学獣医学会誌)   61 5-15   Sep 2016
Molecular and Cellular Biology of Helminth Parasites IX 参加記
松本 淳
獣医寄生虫学会誌   14(2) 97-100   Dec 2015
ESCCAP Meeting に参加して
松本 淳
獣医寄生虫学会誌   14(1) 58-62   Jul 2015

Books etc

 
動物寄生虫病学(四訂版)
松本 淳
朝倉書店   May 2019   ISBN:978-4-254-46037-7
最新 獣医寄生虫学・寄生虫病学
講談社   Apr 2019   
犬と猫の検査・手技ガイド 2019(辻本ら, 編集)
松本 淳
インターズー   Apr 2019   ISBN:978-4-86671-059-4
Medical treatment of Echinococcus multilocularis and new horizons for drug discovery: Characterization of mitochondrial complex II as a potential drug target. In: Echinococcosis (Tnay Inceboz, ed.)
Enkai S, Sakamoto K, Kaneko M, Kouguchi H, Irie T, Yagi K, Matsumoto J, Oku Y, Katakura K, Fujita O, Nozaki T, and Kita K. (Part:Joint Work)
InTechOpen   2017   ISBN:978-953-51-5259-0
寄生虫病学 改訂版(日本獣医寄生虫学会編)
松本 淳
緑書房   Mar 2017   ISBN:978-4-89531-291-2

Conference Activities & Talks

 
熊本県天草諸島のイノシシ舌から検出された毛細線虫について
亀山 楓,後藤美穂,奈良崎孝一郎,近藤広孝,増田 絢,渋谷 久,松本 淳
第162回 日本獣医学会学術集会   10 Sep 2019   
神奈川県のクリハラリスにおけるブラストシスティス Blastocystis保有状況
和田みなみ,普和裕惟,佐保春香,徳永芳子,山崎文晶,増田 絢,松本 淳
第162回 日本獣医学会学術集会   10 Sep 2019   
宿主動物種が Mesocestoides vogae テトラチリジウムの試験管内成虫化に与える影響
川船美咲, 西田克彦, 渡邉青慈, 内山真由子, 増田 絢, 松本 淳
第57回日本大学獣医学会   29 Jun 2019   
相模川水系ヨシノボリ属魚類におけるナガラシズクムシ Myxobolus nagaraensis 寄生状況
来栖可奈, 島 瑞帆, 日置尚之, 長谷部勇太, 増田 絢, 松本 淳
第57回日本大学獣医学会   29 Jun 2019   
神奈川県のクリハラリスにおける Cryptosporidium ubiquitum 保有状況
増田 絢, 和田みなみ, 普和裕惟, 山崎文晶, 松本 淳
第88回日本寄生虫学会大会   15 Mar 2019   

Research Grants & Projects

 
グルコース摂取機構から探るエキノコックスの寄生適応戦略
Project Year: Apr 2015 - Mar 2019    Investigator(s): 松本 淳
グローバル化社会における動物由来感染症制御のため国際共同研究と若手者育成
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
Project Year: Apr 2014 - Mar 2019
統合型オミックス解析によるエキノコックスのエネルギー代謝マップの作成
日本学術振興会: 科学研究費補助金・若手研究(B)
Project Year: 2012 - 2013
特殊感染実験施設を利用した媒介動物標的抗エキノコックスワクチン開発の包括的研究
文部科学省: 科学研究費補助金・基盤研究(C)
Project Year: 2011 - 2013
人獣共通感染症の戦略的国際疫学研究の推進と若手研究者の実践的育成
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
Project Year: Apr 2009 - Mar 2014

Patents

 
特開2008-187900 : 多包条虫由来の新規蛋白質
奥 祐三郎、松本 淳、八木 欣平、加藤 芳伸、孝口 裕一、鈴木 智宏、後藤 明子
【課題】ヒト及び/又は終宿主となる犬を含む哺乳動物に対する多包条虫感染の予防、治療並びに哺乳動物に対する多包条虫感染の早期発見を可能にする、多包条虫由来の新規な蛋白質を提供する。【解決手段】多包条虫(Echinococcus multilocularis)由来の特定のアミノ酸配列からなるポリペプチド、または上記ポリペプチドのアミノ酸配列において1個又は数個のアミノ酸が欠失、置換又は付加されたアミノ酸配列からなり、多包条虫に対する特異抗体を哺乳動物に惹起させる作用を有するポリペプチド。
WO2001-052891 : マラリア原虫の赤血球侵入抑制剤
川合 覚、松本 淳、松田 肇、寺尾惠治、春木宏介、吉野公一郎
金属酵素活性の阻害作用を有する化合物、なかでも金属酵素の金属が亜鉛である当該酵素の阻害作用を有する化合物を有効成分とするマラリア原虫の赤血球侵入抑制剤。本発明のマラリア原虫の赤血球侵入抑制剤は、マラリア原虫が、その感染後のプロセスにおいて、赤血球内に侵入して増殖するプロセスおよびその結果生じたメロゾイトが赤血球内に侵入して増殖するプロセスを抑制することにより、マラリアの発症の予防および治療効果をもたらす。