赤林 英夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:22
 
アバター
研究者氏名
赤林 英夫
 
アカバヤシ ヒデオ
eメール
hakabecon.keio.ac.jp
URL
http://www.akabayashi.info/
所属
慶應義塾大学
部署
経済学部経済学科
職名
教授
学位
Ph.D.(シカゴ大学)
科研費研究者番号
90296731

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1990年5月
通商産業省 係員・係長
 
1995年8月
 - 
1996年6月
マイアミ大学 ビジネススクール経済学科 客員講師
 
1996年7月
 - 
1997年3月
世界銀行, コンサルタントエコノミスト
 
1997年4月
 - 
2006年3月
慶應義塾大学 経済学部 助教授
 
1997年10月
 - 
1999年9月
大学経済学部学習指導副主任
 

論文

 
Toward an International Comparison of Economic and Educational Mobility: Recent Findings from the Japan Child Panel Survey
赤林英夫、中村亮介、直井道生、敷島千鶴
Educational Studies in Japan: International Yearbook   10    2016年   [査読有り][招待有り]
SunYoun Lee, Hideo Akabayashi,Akiko Kamesaka,.Byung-Yeon Kim, Hyeog Ug Kwon, Hyoung-Seok Lim, Masao Ogaki, Fumio Ohtake, and Xiangyu Qu
Journal of Behavioral Economics and Finance   7 79-83   2014年
Akabayashi Hideo, Nakamura Ryosuke
Japanese Economic Review   65(3) 253-281   2014年
<p>Can smaller classes lead to better educational outcomes and greater equality in achievement? We estimate the causal effects of class size on achievement tests by using discontinuous changes in class size under the Japanese public compulsory edu...
An Experimental Study of Intergenerational Altruism with Parent-Child Pairs
Hideo Akabayashi, Akiko Kamesaka, Ryosuke Nakamura, Masao Ogaki, and Teruyuki Tamura
Keio-IES Discussion Paper Series DP2014-005, Institute for Economic Studies, Keio University      2014年1月
赤林 英夫, 野崎 華世, 敷島 千鶴
慶應義塾大学パネル調査共同研究拠点ディスカッション・ペーパー(DP)   DP2012-006    2013年3月

Misc

 
教育関係者はエビデンスと冷静に向き合うべき
赤林 英夫
教職研修   95-97   2015年8月
赤林 英夫
シノドス      2015年2月   [依頼有り]
わが国における教育経済データの現状と課題
赤林 英夫
経済セミナー   February/March 27-33   2005年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
赤林 英夫
Springer   2016年   ISBN:978-4-431-55500-1
学力・心理・家庭環境の経済分析
赤林英夫、直井道生、敷島千鶴 (担当:共編者)
有斐閣   2016年   
赤林 英夫・荒木宏子
慶應義塾大学出版会   2012年11月   ISBN:978-4-7664-1963-4
篠ヶ谷圭太/赤林 英夫 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2012年6月   ISBN:978-4-7664-1947-4
赤林英夫・敷島千鶴・山下絢 (担当:共著, 範囲:「就学前教育・保育形態と学力・非認知能力:JCPS2010 - 2012に基づく分析」pp.55-70、「JHPS2012調査の概況」pp. 3-29.)
慶應義塾大学出版会   2012年6月   ISBN:978-4-7664-1947-4

講演・口頭発表等

 
日本における教育のパネルデータ・実験データの収集 経済学の立場からの実践と課題 [招待有り]
赤林 英夫
日本教育社会学会第67回大会   2015年9月10日   日本教育社会学会
Dynamics of Educational Inequality among Children in Japan: Findings from the First Four Years of the Japan Child Panel Survey [招待有り]
Akabayashi, H., R. Nakamura, M. Naoi, K. Nozaki, S. Sano, W. Senoh, ,C. Shikishima, and J. Yamashita
20th International Panel Data Conference   2014年7月10日   International Panel Data Conference
"Determinants of Cognitive and Non-cognitive Outcomes in Japan: Findings from Japan Child Panel Survey (JCPS):2010-2012,"
赤林 英夫
Children Youth and Families: Mini-Conference on International Perspectives on Child and Youth Health and Development   2013年5月20日   
"Long-Term Effects of Preschooling on Educational Attainments,"
赤林 英夫
WEAI   2013年3月14日   
「政策研究のための教育データの現状と日本子どもパネル調査」
赤林 英夫
教育経済・教育政策コンフェレンス   2012年12月15日   慶應義塾大学

Works

 
レフェリー
赤林 英夫   その他   
レフェリー
赤林 英夫   その他   
赤林 英夫   その他   2006年8月
日本の政府公表統計のデータベースをボランティアの手によって作成するwikiである。日本の統計データの流通と国際化を目的としている。
少人数ゼミナールにおける教育内容・方法の工夫
赤林 英夫   その他   1998年
少人数ゼミナールは、学生にとって、単にアカデミックな知識をつけるだけでなく、限られた時間で能率良く共同作業を仕上げるといった、事務能力向上の機会でもある。私のゼミナールにおいては、一回当たり、相当の分量の英語の文献を、2人一組で読み、疑問点は可能な限り2人で解決し、その内容を紹介する、という実践を繰り返し行っている。2人で担当しているので、お互いの責任感も向上し、かつ、相当高いレベルの論文を読むことができるようになる。このような達成感を学生時代に身につけておくことは、学生にとって、社会に出...

競争的資金等の研究課題

 
チャンス・フォー・チルドレン事業評価に関する協定
一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン: 
研究期間: 2012年1月 - 2013年3月
教育施策の費用効果分析業務
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
教育施策の費用効果分析業務
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月