TAMOI Masahiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2018 at 11:20
 
Avatar
Name
TAMOI Masahiro
URL
http://plantmolphysiol.sakura.ne.jp/PMP_english/Home.html
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Agriculture, Department of Advanced Bioscience, Lab. Plant Molecular Physiology
Job title
Lecturer
Degree
Agriculture(Kinki University), Agriculture(Kinki University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Professor, Faculty of Agriculture, Kindai University
 
Apr 2008
 - 
Mar 2018
Associate Professor, Faculty of Agriculture, Kindai University
 
Apr 2005
 - 
Mar 2008
Lecturer, Faculty of Agriculture, Kinki University
 
Apr 2001
 - 
Mar 2005
Assistant Professor, Faculty of Agriculture, Kinki University
 
2000
 - 
2001
Japan Society of the Promotion of science, Researcher
 
1997
 - 
1999
JSPS Research Fellowships for Young Scientists
 

Education

 
 
 - 
1999
Graduate School, Division of Agriculture, Kinki University
 

Awards & Honors

 
May 2011
JSBBA Award for Young Scientists, JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND AGROCHEMISTRY
 

Published Papers

 
Tanabe N, Noshi M, Mori D, Nozawa K, Tamoi M, Shigeoka S
Journal of plant research      Nov 2018   [Refereed]
Otori K, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-10   Nov 2018   [Refereed]
Noshi M, Tanabe N, Okamoto Y, Mori D, Ohme-Takagi M, Tamoi M, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   274 101-108   Sep 2018   [Refereed]
Otori K, Tanabe N, Maruyama T, Sato S, Yanagisawa S, Tamoi M, Shigeoka S
Journal of plant research   130(5) 909-927   May 2017   [Refereed]
Otori K, Tamoi M, Tanabe N, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(8) 1-8   May 2017   [Refereed]
Noshi M, Yamada H, Hatanaka R, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(3) 523-533   Mar 2017   [Refereed]
Shimakawa G, Matsuda Y, Nakajima K, Tamoi M, Shigeoka S, Miyake C
Scientific reports   7 41022   Jan 2017   [Refereed]
Tamoi M., Ishida K., Eguchi M., Harada K., Kijihana I., Shigeoka S.
29(3) 96-103   Sep 2017   [Refereed]
Inui H, Ishikawa T, Tamoi M
Advances in experimental medicine and biology   979 269-283   2017   [Refereed]
Takagi D, Ifuku K, Ikeda K, Inoue KI, Park P, Tamoi M, Inoue H, Sakamoto K, Saito R, Miyake C
Plant physiology   170(4) 2024-2039   Apr 2016   [Refereed]
Tanaka H., Yabuta Y., Tamoi M., Tanabe N, and Shigeoka S.
Plant Biotechnology   32(3) 233-238   Aug 2015   [Refereed]
Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   79(12) 1-8   Jul 2015   [Refereed]
Tanaka H, Maruta T, Ogawa T, Tanabe N, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S
Journal of experimental botany   66(19) 5797-5808   Jun 2015   [Refereed]
Ogawa T, Tamoi M, Kimura A, Mine A, Sakuyama H, Yoshida E, Maruta T, Suzuki K, Ishikawa T, Shigeoka S
Biotechnology for biofuels   8 80   May 2015   [Refereed]
Ogawa T, Kimura A, Sakuyama H, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Archives of biochemistry and biophysics   575 61-68   Apr 2015   [Refereed]
Tamoi M, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   79(6) 1-7   Mar 2015   [Refereed]
Tanaka H, Maruta T, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   231 20-29   Feb 2015   [Refereed]
Maruta T, Miyazaki N, Nosaka R, Tanaka H, Padilla-Chacon D, Otori K, Kimura A, Tanabe N, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S
The New phytologist   206(3) 1013-1023   Jan 2015   [Refereed]
Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K
FEBS letters   589(1) 131-137   Jan 2015   [Refereed]
Kamachi S, Hirabayashi K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T, Wada K
The FEBS journal   282(1) 54-64   Jan 2015   [Refereed]
Maruta T, Noshi M, Nakamura M, Matsuda S, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   219-220 61-68   Apr 2014   [Refereed]
Kamachi S, Wada K, Tamoi M, Shigeoka S, Tada T
Acta crystallographica. Section F, Structural biology communications   70(Pt 3) 288-293   Mar 2014   [Refereed]
Hayashi R, Shimakawa G, Shaku K, Shimizu S, Akimoto S, Yamamoto H, Amako K, Sugimoto T, Tamoi M, Makino A, Miyake C
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(3) 384-393   2014   [Refereed]
Yabuta Y, Tanaka H, Yoshimura S, Suzuki A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S
Transgenic research   22(2) 391-402   Apr 2013   [Refereed]
Maruta T, Ojiri M, Noshi M, Tamoi M, Ishikawa T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   77(2) 422-425   2013   [Refereed]
Maruta T, Inoue T, Noshi M, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S
Biochimica et biophysica acta   1820(12) 1901-1907   Dec 2012   [Refereed]
Gaber A, Ogata T, Maruta T, Yoshimura K, Tamoi M, Shigeoka S
Plant & cell physiology   53(9) 1596-1606   Sep 2012   [Refereed]
Maruta T, Yoshimoto T, Ito D, Ogawa T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S
Plant & cell physiology   53(6) 1106-1116   Jun 2012   [Refereed]
Maruta T, Noshi M, Tanouchi A, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S
The Journal of biological chemistry   287(15) 11717-11729   Apr 2012   [Refereed]
Ito D, Kato T, Maruta T, Tamoi M, Yoshimura K, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(12) 2236-2241   2012   [Refereed]
Mori T, Yoshimura K, Nosaka R, Sakuyama H, Koike Y, Tanabe N, Maruta T, Tamoi M, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   76(11) 2075-2081   2012   [Refereed]
Matsumura H, Kai A, Maeda T, Tamoi M, Satoh A, Tamura H, Hirose M, Ogawa T, Kizu N, Wadano A, Inoue T, Shigeoka S
Structure (London, England : 1993)   19(12) 1846-1854   Dec 2011   [Refereed]
Tanaka S, Ikeda K, Miyasaka H, Shioi Y, Suzuki Y, Tamoi M, Takeda T, Shigeoka S, Harada K, Hirata K
Journal of bioscience and bioengineering   112(5) 462-468   Nov 2011   [Refereed]
Yabuta Y, Osada R, Morishita T, Nishizawa-Yokoi A, Tamoi M, Maruta T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   181(4) 421-427   Oct 2011   [Refereed]
Lim S, Ashida H, Watanabe R, Inai K, Kim YS, Mukougawa K, Fukuda H, Tomizawa K, Ushiyama K, Asao H, Tamoi M, Masutani H, Shigeoka S, Yodoi J, Yokota A
Plant molecular biology   76(3-5) 335-344   Jul 2011   [Refereed]
Nishizawa-Yokoi A, Nosaka R, Hayashi H, Tainaka H, Maruta T, Tamoi M, Ikeda M, Ohme-Takagi M, Yoshimura K, Yabuta Y, Shigeoka S
Plant & cell physiology   52(5) 933-945   May 2011   [Refereed]
Tamoi M, Hiramatsu Y, Nedachi S, Otori K, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S
Photosynthesis research   108(1) 15-23   May 2011   [Refereed]
Maruta T, Inoue T, Tamoi M, Yabuta Y, Yoshimura K, Ishikawa T, Shigeoka S
Plant science : an international journal of experimental plant biology   180(4) 655-660   Apr 2011   [Refereed]
Ichikawa Y, Tamoi M, Sakuyama H, Maruta T, Ashida H, Yokota A, Shigeoka S
GM crops   1(5) 322-326   Nov 2010   [Refereed]
Maruta T, Otori K, Tabuchi T, Tanabe N, Tamoi M, Shigeoka S
Plant signaling & behavior   5(9) 1131-1133   Sep 2010   [Refereed]
Tamoi M, Tabuchi T, Demuratani M, Otori K, Tanabe N, Maruta T, Shigeoka S
The Journal of biological chemistry   285(20) 15399-15407   May 2010   [Refereed]
Maruta T, Ichikawa Y, Mieda T, Takeda T, Tamoi M, Yabuta Y, Ishikawa T, Shigeoka S
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   74(7) 1494-1497   2010   [Refereed]
Plant Physiol.
Ishikawa, K., Yoshimura, K., Harada, K., Fukusaki, E., Ogawa, T., Tamoi, M. and Shigeoka, S.   152(4) 2000-2012   Apr 2010   [Refereed]
Nishizawa-Yokoi, A., Tainaka, H., Yoshida, E., Tamoi, M., Yabuta, Y., Shigeoka, S.
Plant Cell Physiol.   51(3) 486-496   Mar 2010   [Refereed]
Maruta, T., Tanouchi, A., Tamoi, M., Yabuta, Y., Yoshimura, K., Ishikawa, T., Shigeoka, S.
Plant Cell Physiol.   51(2) 190-200   Feb 2010   [Refereed]
Mano J, Miyatake F, Hiraoka E, Tamoi M.
Planta   230(4) 639-648   Sep 2009   [Refereed]
Takenaka Y, Nakano S, Tamoi M, Sakuda S, Fukamizo T.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   73(5) 1066-1071   May 2009   [Refereed]
Fukamizo, T., Hayashi, K., Tamoi, M., Fujimura, Y., Kurotaki, H., Kulminskaya, A., and Kitaoka , M.
Arch. Biochem. Biophys.   478(2) 187-194   Oct 2008   [Refereed]
Yabuta, Y.*, Tamoi, M.*, Yamamoto, K., Tomizawa, K., Yokota, A., Shigeoka, S.
Plant Cell Physiol.   49(3) 375-385   Mar 2008   [Refereed]

Misc

 
大鳥久美, 田部記章, 田茂井政宏, 重岡成
光合成研究   27(3) 155‐162   Dec 2017
Development in biomass productivity through simultaneous improvement of functions of sink and source organs in plants
Tanabe N., Tamoi M., Kikuchi A., Yokota A., Shigeoka S.
光合成研究   27 103-109   2017   [Refereed]
小松晃, 田茂井政宏, 大島正弘, 重岡成
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (510) 43-47   Mar 2014
バイオテクノロジーの現状と課題
140-160   2014
ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発
95-105   2013
松村浩由, 田茂井政宏, 重岡成
化学と生物   50(11) 786-788   Nov 2012
硫黄同化
171-173   2012
重岡成, 田茂井政宏
電気協会報   (1038) 20-25   May 2011
田茂井政宏, 重岡成
低温科学   67 209-214   Mar 2009
Effect of cytosolic FBPase on photosynthetic carbon metabolism under high CO2 conditions
Photosynthesis. Energy from the Sun   895-899   2008
FUKAMIZO Tamo, TAMOI Masahiro
Kagaku To Seibutsu   45(10) 689-695   Oct 2007
「プラントミメティックスー植物に学ぶー」 第2編 植物の制御と代謝 ―第2章・エネルギーと代謝 第3節・カルビンサイクルの制御
231-239   2006
田茂井政宏, 深溝慶, 重岡成
化学と生物   43(12) 770-772   Dec 2005
Analysis of carbon metabolism by improving plant photosynthesis
Nippon Nogeikagaku kaishi   78(10), 970-972    2004
[Cellular redox by active oxygen species and metabolic engineering of antioxidative system in higher plants].
Ishikawa T, Yabuta Y, Tamoi M, Shigeoka S
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   48 2145-2153   Nov 2003   [Refereed]
深溝慶, 佐々木千絵, 田茂井政宏
Foods & Food Ingred J Jpn   208, 631-638(8) 631-638   Aug 2003
田茂井政宏, 重岡成
Foods & Food Ingred J Jpn   208(2) 140-146   Feb 2003
藻類カルビン回路の調節機構    フェレドキシン/チオレドキシン系を介した光還元力による活性調節の欠損が意味するものは?   
(35) 11-13   Dec 2002

Books etc

 
Improvement of photosynthesis in higher plants
Springer-Verlag Tokyo,Plant Responses to Air Pollution and Global Changes   2005   

Conference Activities & Talks

 
アスコルビン酸生合成主要因子VTC2の発現を調節する転写因子の機能解析
﨑下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2017年度大会   2017   
葉緑体APXIIの選択的スプライシング制御因子の同定
田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2017年度大会   2017   
ソース/シンク能同時強化サツマイモの作出に向けたサツマイモ根特異的プロモーターの単離
冨本優美、田部記章、田茂井政宏、菊池 彰、横田明穂、重岡成
日本農芸化学会2017年度大会   2017   
ユーグレナのトランスエノイルCoA還元酵素遺伝子導入によるバイオ燃料生産性の向上
田茂井政宏、野志昌弘、小川貴央、石川孝博、重岡成
日本農芸化学会2017年度大会   2017   
糖シグナリングによる側枝形成制御の分子機構
大鳥久美、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2017年度大会   2017   
シロイヌナズナNADH加水分解酵素(AtNUDX6)による生物的ストレス応答制御に関与する相互作用因子の同定と機能解析
吉村和也、中川奨也、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2017年度大会   2017   
シロイヌナズナbHLH11は鉄ホメオスタシス制御における転写制御因子として機能する
野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、高木 優、重岡成
日本農芸化学会2017年度大会   2017   
シロイヌナズナbHLH11は転写制御因子として鉄取り込みを負に制御する
森大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木優、重岡成
第58回日本植物生理学会年会   2017   
NPR1依存的SAシク_ナル経路の制御に関与 するシロイヌナス_ナNudix hydrolase 6 (AtNUDX6)の相互作用因子の同定およひ_ 機能解析
中川奨也、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
第58回日本植物生理学会年会   2017   
葉緑体APX遺伝子の選択的スプライシングを制御するトランス因子の同定
田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡成
第58回日本植物生理学会年会   2017   
アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の転写制御機構の解析
_下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本ビタミン学会第69回大会   2017   
アスコルビン酸ペルオキシダーゼ遺伝子発現の転写後調節因子の同定
田部記章、大原晨亜、吉村和也、田茂井政宏、重岡成
日本ビタミン学会第69回大会   2017   
細胞内鉄代謝制御に関与する転写因子:bHLH11の機能解析
野志昌弘、森大輔、田部記章、高木優、田茂井政宏、重岡成
日本ビタミン学会第69回大会   2017   
食糧・バイオマス増産に向けた分子育種
田部記章、田茂井政宏、重岡成
第16回けいはんな地区植物科学懇談会   2017   
シンク/ソース同時強化形質転換サツマイモの作出と解析
田部記章、冨本優美、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡成
ユーグレナ研究会第33回研究集会   2017   
サツマイモ由来機能道転写因子IbPLATZの機能解析
瀬古友梨恵、村上聡、田部記章、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第33回研究集会   2017   
光合成能およびワックスエステル生合成能を強化したユーグレナの分子育種
田茂井政宏、濱根寛史、作山治美、岡村桃子、小川貴央、石川孝博、重岡成
ユーグレナ研究会第33回研究集会   2017   
ユーグレナの光合成特性およびバイオマス生産に及ぼす照射光波長の影響
作山治美、吉永琴音、森栞菜、岡村桃子、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第33回研究集会   2017   
葉緑体型APX遺伝子の選択的スプライシング制御因子の解析
大原晨亜、内藤沙耶、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第33回研究集会   2017   
シンク能強化のためのサツマイモ由来不定根原基形成因子の単離
伊藤茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡成
第57回日本植物生理学会年会   2016   
LED光源藻類培養装置の開発及びラン藻Synechococcus elongatus PCC7942の生育およひ_光合成特性に及ほ_す照射光波長の影響
三根彩佳 木口洋輔、江口雄己、原田京一、田茂井政宏、重岡成、雉鼻一郎
第57回日本植物生理学会年会   2016   
酸化的ストレス応答と鉄ホメオスタシスの制御に関与する葉緑体 H2O2応答性遺伝子の機能解析
森大輔、野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成
第57回日本植物生理学会年会   2016   
シロイヌナズナのデヒドロアスコルビン酸還元酵素群の包括的な機能解析
野志昌弘、畑中理佐、田茂井政宏、丸田隆典、重岡成
第57回日本植物生理学会年会   2016   
シロイヌナズナのフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索
戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
第57回日本植物生理学会年会   2016   
ラン藻Synechococcus elongatus PCC7942における光酸化的ストレス耐性へのカルビン回路調節因子CP12の関与
田茂井政宏、松井伶真、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
ユーク_レナのバイオ燃料生産性に及ぼすラン藻 FBP/SBPase導入による光合成機能強化の影響
小川貴央、作山治美、田茂井政宏、石川孝博、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
ラン藻FBP/SBPase導入によるサツマイモハ_イオマスへの影響
田部記章、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
糖シク_ナリンク_による側枝形成機構の解明
大鳥久美、岩城孝平、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
LED光源藻類培養装置の開発及ひ_ラン藻Synechococcus elongatus PCC7942の生育およひ_光合成特性に及ぼす照射光波長の影響
三根彩佳 、木口洋輔、江口雄己、原田京一、田茂井政宏、重岡成、雉鼻一郎
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
RNA-seq解析によるサツマイモ不定根原基形成機構の解明
伊藤茜、田部記章、田茂井政宏、横田明穂、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
シロイヌナス_ナHsfA2を介した Hsfファミリーの転写活性化機構の解析
川端彬未、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
シロイヌナス_ナのフラヒ_ン代謝制御に関与する新規因子の同定と機能解析
戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
鉄欠乏応答に関与する葉緑体H2O2応答性遺伝子の機能解析
野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成
日本農芸化学会2016年度大会   2016   
葉緑体H2O2応答性転写因子MVS11は鉄取り込みを抑制する
森大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木優、重岡成
日本ビタミン学会第68回大会   2016   
アスコルビン酸生合成制御因子VTC2の発現制御因子の解析
_下絢子、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本ビタミン学会第68回大会   2016   
シロイヌナズナ遺伝子破壊株を用いたデヒドロアスコルビン酸還元酵素の生理機能解析
野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本ビタミン学会第68回大会   2016   
Enhancement of photosynthetic capacity in Euglena gracilis by genetic engineering of the Calvin cycle leads to increases in biomass and wax ester production
Masahiro Tamoi, Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Kengo Suzuki, Takahiro Ishikawa and Shigeru Shigeoka
17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas   2016   
Identification and characterization of chloroplastic and cytosolic fructose-1,6-bisphosphatases from Euglena gracilis
Takahisa Ogawa, Harumi Sakuyama, Takanori Maruta, Takahiro Ishikawa, Masahiro Tamoi and Shigeru Shigeoka
17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas   2016   
Genetic engineering in sweet potato for the improvement of productivity
Noriaki Tanabe, Masahiro Tamoi, Akira Kikuchi, Akiho Yokota and Shigeru Shigeoka
The 17th International Congress on Photosynthesis Research   2016   
シロイヌナズナおよびタバコの生育に対する植物栽培用LED“プラントフレック”の評価
伊藤大輔、石田健太、江口雄巳、原田京一、田茂井政宏、重岡成
日本生物環境工学会   2016   
トランスエノイルCoA還元酵素を強化したユーグレナにおけるワックスエステル生合成能の評価
田茂井政宏、野志昌弘、小川貴央、石川孝博、重岡成
日本農芸化学会平成28年度関西支部大会(第496回講演会)   2016   
シロイヌナズナ由来のclade IV TGA転写因子は活性酸素種を介した病原応答の制御に寄与する
野志昌弘、森大輔、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会平成28年度関西支部大会(第496回講演会)   2016   
Trans-2-enoyl-CoA reductase遺伝子導入によるユーグレナのワックスエステル生合成能の強化
野志昌弘、田茂井政宏、小川貴央、石川孝博、重岡成
ユーグレナ研究会第32回研究集会   2016   
アスコルビン酸生合成経路における主要因子VTC2の転写制御機構の解明
_下絢子、瀬古友梨恵、田部記章、田中裕之、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第32回研究集会   2016   
葉緑体APXIIの選択的スプライシング制御タンパク質の同定
大原晨亜、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第32回研究集会   2016   
葉緑体H2O2応答性転写因子RTS1は転写抑制因子として鉄取り込みを抑制する
森大輔、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、高木優、重岡成
第39回日本分子生物学会年会   2016   
葉緑体H2O2応答性bHLH転写因子の機能解析
岡本泰、野志昌弘、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成
第56回日本植物生理学会年会   2015   
植物ホルモンを介した側枝形成におけるショ糖生合成系の関与
大鳥久美、川本智美、田部記章、田茂井政宏、重岡成
第56回日本植物生理学会年会   2015   
Euglena gracilis由来フルクトース-1,6-ビスホスファターゼの同定と機能解析
小川貴央、雲川和幸、篠原康佑、木村彩子、作山治美、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡成
第56回日本植物生理学会年会   2015   
サツマイモ不定根形成に関わる制御因子の同定
伊藤茜、田部記章、小林宏太、大鳥久美、田茂井政宏、横田明穂、重岡成
日本農芸化学会2015年度大会   2015   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2過剰発現によるサツマイモの酸化ストレス耐性強化
小林宏太、田部記章、伊藤茜、大鳥久美、高安聡子、菊池彰、横田明穂、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2015年度大会   2015   
シロイヌナズナNudix hydrolase(AtNUDX9)によるGDP-D-Mannose代謝制御の役割
田中裕之、丸田隆典、小川貴央、田部記章、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
日本農芸化学会2015年度大会   2015   
葉緑体H2O2応答性転写因子群による鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストーク
野志昌弘、岡本泰、森大輔、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成
日本農芸化学会2015年度大会   2015   
シロイヌナズナにおけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素の包括的な機能解析
畑中理佐、野志昌弘、田部記章、田茂井政宏、丸田隆典、重岡成
日本農芸化学会2015年度大会   2015   
ラン藻FBP/SBPase遺伝子導入によるユーグレナのバイオ燃料生産性の向上
木村彩子、小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2015年度大会   2015   
葉緑体H2O2応答性転写因子群は鉄ホメオスタシスと酸化的ストレス応答のクロストークに関与する
森大輔、野志昌弘、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成
日本ビタミン学会第67回大会   2015   
植物におけるアスコルビン酸再生系酵素の生理機能解析
野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、重岡成
日本ビタミン学会第67回大会   2015   
植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の探索
戸田結奈、佐渡千紘、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
日本ビタミン学会第67回大会   2015   
シロイヌナズナGDP-D-Mannose加水分解酵素(AtNUDX9)の生理機能解析
田中裕之、丸田隆典、小川貴央、田部記章、吉村和也、田茂井政宏、重岡成
日本ビタミン学会第67回大会   2015   
一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素の生物的/非生物的ストレス応答制御機構の解析
高田梨沙、中川奨也、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
日本ビタミン学会第67回大会   2015   
ビタミンE生合成酵素遺伝子群の導入による植物のTocおよびToc3含量への影響
田中裕之、田部記章、薮田行晢、田茂井政宏、重岡成
日本ビタミン学会第67回大会   2015   
光合成機能を向上させた形質転換植物による代謝・形態形成制御機構の解明
田茂井政宏
第107回醗酵学懇話会(日本生物工学会関西支部)   2015   
Improvement of photosynthesis and productivity of crop plants and microalgae by genetic engineering of the Calvin cycle
Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka
Yamada Conference: International Symposium on Dynamics and Regulation of Photosynthesis   2015   
ユーク_レナの光合成炭素代謝における 3 種のフルクトース 1,6-ヒ_スホスファ ターセ_の役割
小川貴央、田茂井政宏、作山治美、石川孝博、重岡成
ユーグレナ研究会第31回研究集会   2015   
ラン藻FBP/SBPase 遺伝子導入によるユーク_レナのワックスエステル生産性の向上
小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第31回研究集会   2015   
LED光源藻類培養装置の開発及ひ_ラン藻Synechococcus elongatus PCC 7942の生育およひ_光合成特性に及ほ_す照射光波長の影響
三根彩佳、木口洋輔、江口雄巳、原田京一、田茂井政宏、重岡成、雉鼻一郎
ユーグレナ研究会第31回研究集会   2015   
植物細胞内のフラビン代謝制御に関与する新規因子の同定
戸田結奈、西元里美、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会   2015   
酸化的ストレス応答と鉄ホメオスタシスに関与する葉緑体H2O2応答転写因子の機能解析
森大輔、野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、重岡成
第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会   2015   
Enhancement of photosynthesis and productivity by introducing the Calvin cycle enzymes
Masahiro Tamoi
JST・CREST International Symposium   2014   
CP12-GAPDH-PRK複合体形成によるカルビン酸回路制御の構造的基盤
松村浩由、清水伸隆、木津奈都子、吉田将康、荒武将弘、溝端栄一、田茂井政宏、和田野晃、重岡成、井上豪
第55回植物生理学会年会   2014   
ホメオドメインロイシンジッパー転写因子は酸化的ストレス応答に関与する
大和開、問田英里、野志昌弘、野坂亮太、田茂井政宏、吉村和也、高木優、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
葉緑体H2O2応答性bHLH転写因子は光酸化的ストレス応答に関与する
岡本泰、野志昌弘、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
光合成能強化シロイヌナズナの生育初期におけるC/Nバランス制御
田茂井政宏、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA4cによるHsfA2の発現を介した熱ストレス応答機構
野坂亮太、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)はストレス/ホルモン応答のバランス制御に関与する
丸田隆典、吉田幸史、小川貴央、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
一過的発現系を用いたシロイヌナズナADP-リボース/NADH加水分解酵素(AtNUDX6,7)が生物的/非生物的ストレス応答に及ぼす影響の解析
高田梨沙、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
バイオ燃料増産を目指したユーグレな形質転換技術の確立
小川貴央、三根彩佳、作山治美、吉田絵梨子、鈴木健吾、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
葉緑体由来のH2O2シグナリングを介したストレス応答の分子機構
野志昌弘、岡本泰、問田英里、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成
第55回植物生理学会年会   2014   
Screening of Heat shock transcriptional factor A1d interacting proteins using bimolecular fluorescence complementation (BiFC) analysis in Escherichia coli
Ryota Nosaka、Tomomi Nakamura、Kota Kobayashi、Noriaki Tanabe、Takanori Maruta、Yukinori Yabuta、Masahiro Tamoi、Shigeru Shigeoka
第55回植物生理学会年会   2014   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子HsfA2のCa2+シグナリングによる発現制御機構の解明
中村朋美、野坂亮太、小林宏太、田部記章、薮田行哲、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
側枝形成における植物ホルモンを介した糖シグナリングの関与
大鳥久美、福井祥太、Daniel-Padilla-Chacon、田部記章、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
サツマイモ由来Rubisco small subunitプロモーターの単離と発現解析
田部記章、豊田雄介、大鳥久美、Daniel-Padilla-Chacon、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
シロイヌナズナGDP-Mannose加水分解酵素(At-NUDX9)の機能解析
田中裕之、吉村和也、小川貴央、田部記章、丸田隆典、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
光酸化的ストレス条件下におけるデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムによる細胞内レドックス状態の制御機構
畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
シロイヌナズナにおけるペルオキシソーム型モノデヒドロアスコルビン酸還元酵素アイソザイムの生理機能
高橋隆樹、畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、丸田隆典、石川孝博、澤嘉弘、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
葉緑体由来の酸化的シグナリングに関する転写因子ネットワークの解明
丸田隆典、野志昌弘、問田英里、岡本泰、大和開、田茂井政宏、高木優、澤嘉弘、石川孝博、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
シロイヌナズナHsfA1dの酸化還元が熱ショックエレメントの結合に及ぼす影響の解析
小林宏太、野坂亮太、中村朋美、田部記章、薮田行哲、田茂井政宏、重岡成
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
CP12-GAPDH-PRK複合体形成によるカルビン酸回路調節機構の解明
松村浩由、清水伸隆、木津奈都子、吉田将康、荒武将弘、溝端栄一、田茂井政宏、和田野晃、重岡成、井上豪
日本農芸化学会2014年度大会   2014   
一過的発現系を用いたシロイヌナズナNADH加水分解酵素の生理的意義の解明
高田梨沙、小川貴央、村本亘平、田茂井政宏、吉村和也、重岡成
日本ビタミン学会第66回大会   2014   
葉緑体由来のH2O2シグナル伝達機構に関与する遺伝子群の同定と機能解析
野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成
日本ビタミン学会第66回大会   2014   
アスコルビン酸再生系酵素群の包括的な機能解析
畑中理佐、野志昌弘、田茂井政宏、高橋隆樹、丸田隆典、澤嘉弘、石川孝博、重岡成
日本ビタミン学会第66回大会   2014   
シロイヌナズナ熱ショック転写因子 HsfA2 過剰発現サツマイモの酸化ストレス耐性能評価
小林宏太 、田部記章、大鳥久美、伊藤茜 、田茂井政宏、横田明穂、重岡成
2014年度日本農芸化学会関西支部大会(第486回講演会)   2014   
Effects of improvement of photosynthetic carbon metabolism on plant productivity
Masahiro Tamoi
Institute for Protein Research (IPR) International Seminar   2014   
ユーグレナにおけるフルクトース-1,6-ビスホスファターゼの同定と機能解析
小川貴央、雲川和幸、篠原康佑、木村彩子、作山治美、丸田隆典、石川孝博、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第30回記念大会   2014   
形質転換技術によるユーグレナのバイオ燃料生産性の向上
木村彩子、小川貴央、作山治美、丸田隆典、鈴木健吾、石川孝博、田茂井政宏、重岡成
ユーグレナ研究会第30回記念大会   2014   
葉緑体由来のH2O2シグナリングを介したストレス応答に関与する遺伝子群の同定と機能解析
野志昌弘、岡本泰、田茂井政宏、高木優、丸田隆典、石川孝博、重岡成
第37回 日本分子生物学会年会   2014   
栄養シグナルによる植物ホルモン代謝制御を介した側枝形成
田茂井政宏、大鳥久美、Daniel Padilla-Chacon、重岡成
第54回植物生理学会年会   2013   
光およびプラスチドシグナリングを介したアスコルビン酸およびトコフェロール生合成系の制御機構
田中裕之、丸田隆典、薮田行哲、田茂井政宏、石川孝博、重岡成
第54回植物生理学会年会   2013   
カルビン回路酵素RuBisCOとGAPDHの活性調節機構の解明
松村浩由、溝端栄一、木津奈都子、石田宏幸、田茂井政宏, 前忠彦、横田明穂、甲斐泰、和田野晃、牧野周、重岡成、井上豪
第54回植物生理学会年会   2013   
葉緑体型NADPH加水分解酵素(AtNUDX19)によるストレス/ホルモン応答のバランス制御
吉田幸史、辻村昌希、三島真優、問田英里、丸田隆典、吉村和也、田茂井政宏、重岡成
第54回植物生理学会年会   2013   

Research Grants & Projects

 
形質転換ユーグレナによるバイオ燃料生産基盤技術の開発
JST: CREST
Project Year: 2012 - 2017    Investigator(s): ISHIKAWA Takahiro
ラン藻由来遺伝子の導入による光合成効率の向上したイネ系統の開発
農林水産省: 新農業展開ゲノムプロジェクト
Project Year: 2008 - 2012
Creation of transgenic plant expressing cyanobacterial fructose-1, 6-/sedohepturose-1, 7-bisphosphatase in chloroplast
Regulatory mechanisms of the Calvin cycle in Algae
Analysis of chitinolytic enzymes using transgenic Plants