永島 計

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/07 12:09
 
アバター
研究者氏名
永島 計
 
ナガシマ ケイ
eメール
k-nagashimawaseda.jp
URL
http://www.f.waseda.jp/k-nagashima/
所属
早稲田大学
部署
人間科学学術院 人間科学部
職名
教授
科研費研究者番号
40275194
ORCID ID
0000-0003-3358-5319

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
 - 
1998年
エール大学医学部・ピアス研究所ポスドク(米国)
 
1998年
 - 
1999年
王立ノースショア病院フェロー(豪州)
 
1999年
 - 
2004年
大阪大学医学部 助手、講師
 
2004年
   
 
早稲田大学人間科学学術院 助教授、准教授、教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
京都府立医科大学 医学部 医学
 
 
 - 
1995年
京都府立医科大学 医学研究科 医学
 

受賞

 
1999年
日本生理学会久野賞
 

論文

 
体温調節の脳機構と加齢による変容ー特に温度感覚と行動性体温調節の観点からー
永島 計
基礎老化研究   43(3) 17-22   2019年9月   [査読有り]
Aizawa Y, Harada T, Nakata H, Tsunakawa M, Sadato N, Nagashima K
IBRO reports   6 54-63   2019年6月   [査読有り]
Masuda Y, Marui S, Kato I, Fujiki M, Nakada M, Nagashima K
J Therm Biol   82 83-89   2019年5月   [査読有り]
体温調節の発達 体温および体液研究から
永島 計
月刊トレーニング・ジャーナル   41(5) 12-15   2019年5月   [査読有り]
脱水にならないこと、そして脱水を見逃さないこと
永島 計
コーチング・クリニック   33(9) 28-31   2019年4月   [査読有り]
2020東京オリンピック・パラリンピックを想定した暑熱対策ー温度変化への身体適応6-
永島 計
体育の科学   69(4) 285-289   2019年4月   [査読有り]
高体温による身体のダメージ―熱中症― 温度変化への身体適応5
永島 計
体育の科学   69(3) 215-219   2019年3月   [査読有り]
女性と体温 温度変化への身体適応4
永島 計
体育の科学   69(2) 133-137   2019年2月   [査読有り]
子どもと高齢者の体温調節の特徴 温度変化への身体適応3
永島 計
体育の科学   69(1) 53-56   2019年1月   [査読有り]
運動時の体温適応メカニズム 温度変化への身体適応2
永島 計
体育の科学   68(12) 909-913   2018年12月   [査読有り]
暑熱環境や寒冷環境にどう適応するか 温度変化への身体適応1
永島 計
体育の科学   68(11) 833-837   2018年11月
Uchida Y, Onishi K, Tokizawa K, Nagashima K
Neuroscience letters   665 130-134   2018年2月   [査読有り]
Nagashima K, Tokizawa K, Marui S
Handbook of clinical neurology   156 249-260   2018年   [査読有り]
Shuri Marui, Ayaka Misawa, Yuki Tanaka, Kei Nagashima
Journal of Physiological Anthropology   36(1) 18   2017年12月   [査読有り]
Fujii N, Aoki-Murakami E, Tsuji B, Kenny GP, Nagashima K, Kondo N, Nishiyasu T
Physiological reports   5(20)    2017年11月   [査読有り]
Uchida, Yuki; Nagashima, Kei; Nagashima, Kei; Yuri, Kazunari
Brain Research   1670 125-134   2017年9月   [査読有り]
© 2017 Elsevier B.V. Rats place their tails underneath their bodies in the cold (tail-hiding behavior), which is a behavioral indicator of thermoregulation. The aim of the present study was to elucidate the effect of estradiol (E 2 ) on tail-hidin...
Muscle contractile activity regulates SDF-1 alpha/CXCL12 expression in skeletal muscle
Yamada Mami, Hokazono Chihiro, Tokizawa Ken, Marui Shuri, Iwata Masahiro, Suzuki Katsuhiko, Miura Shinji, Nagashima Kei, Okutsu Mitsuharu
FASEB JOURNAL   31    2017年4月   [査読有り]
Ken Tokizawa, Mayumi Matsuda-Nakamura, Yuki Tanaka, Yuki Uchida, Cheng-Hsien Lin, Kei Nagashima
Physiology & Behavior   161 66-73   2016年7月   [査読有り]
Uchida Yuki;Nagashima Kei;Marui Shuri
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   5(1) 77-80   2016年   [査読有り]
Thermoregulation is categorized as either autonomic (i.e., sweating, shivering) or behavioral (i.e., wearing clothes, usage of air conditioner) thermoregulation. Compared to autonomic thermoregulation, the neural pathway of behavioral thermoregula...
Sato N, Marui S, Ozaki M, Nagashima K.
Physiolgy&Behavior   149 69-75   2015年10月   [査読有り]

Misc

 
齊藤宏之, 澤田晋一, 赤川宏幸, 笠井泰彰, 飯塚浩二, 山田昇吾, 森川直洋, 永島計
産業衛生学雑誌   60 326   2018年5月
丸井朱里, 内田有希, 永島計
日本生気象学会雑誌   54(3) S80-S80   2017年10月
増田雄太, 永島計, 坂井禎良, 広瀬統一
日本生気象学会雑誌   54(3) S28-S28   2017年10月
齊藤宏之, 澤田晋一, 永島計
日本生気象学会雑誌   54(3) S53-S53   2017年10月
内田有希, 永島計, 永島計, 森本恵子
早稲田大学人間科学学術院人間科学研究   30(1/Supplement) 15‐18   2017年3月

書籍等出版物

 
40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術
永島 計
化学同人   2019年7月   ISBN:9784759816822
快適な温熱環境のしくみと実践
永島 計
公益社団法人 空気調和・衛生工学会   2019年3月   
体の科学知識体質編
永島 計
株式会社 ニュートンプレス   2018年12月   
ニュー運動生理学Ⅱ(共著)
宮村美晴編
真興交易株式会社、医書出版部   2015年1月   
永島 計
少年写真新聞社   2014年11月   ISBN:9784879815026

講演・口頭発表等

 
熱感覚および暑熱順化がマウスの自発的運動に及ぼす影響
増田雄太、加藤一聖、丸井朱里、永島計
第14回環境生理学プレコングレス   2019年3月28日   
The effect of environment temperature on spontaneous exercise in mice
増田雄太、丸井朱里、時澤健、加藤一聖、永島計
9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Scocieties   2019年3月28日   
Estimation of basal body temperature from breast skin temperature during sleep
永島 計、丸井 朱里
FAOPS2019   2019年3月   
熱感覚および暑熱順化がマウスの自発的運動に及ぼす影響
永島 計、増田 雄太
第46回自律神経生理研究会   2018年12月1日   
熱中症をサイエンスする [招待有り]
永島 計
第5回スポーツセーフティージャパンシンポジウム   2018年11月22日   

競争的資金等の研究課題

 
人体部位毎の温冷感感受性の研究
環境温度および清涼成分の使用による身体機能への影響に関する研究
蒸気温熱及び感覚制御剤適用による感覚・認知機構の研究
蒸気温熱及び感覚制御剤適用による感覚・認知機構の研究
蒸気温熱及び感覚制御剤適用による感覚・認知機構の研究

特許

 
特許6520846 : 熱障害危険度判定方法およびウエアラブルセンサシステム
永島 計
特願2016-129665 : 熱障害危険度判定方法およびウエアラブルセンサーシステム
永島 計
特願2016-151800 : 熱障害危険度判定方法およびウェアラブルセンサシステム
永島 計

社会貢献活動

 
話題の本「40℃越えの日本列島でヒトは生きていけるのか」著者永島計氏に聞く
【取材協力】  東洋経済新報社  週刊東洋経済  2019年9月7日
背表紙『40℃越えの日本列島でヒトは生きていけるのか』…暑さ、感じる前に
【情報提供】  日本共産党中央委員会  しんぶん赤旗  2019年8月25日
酷暑対策 東京五輪まで1年 打開への道
【情報提供】  日本共産党中央委員会 スポーツ部  しんぶん赤旗  2019年8月12日
暑さに弱い子どもへの正しい水分補給
【情報提供】  グローバル教育出版  サクセス12  2019年7月 - 2019年8月
【取材協力】  朝日新聞  朝日新聞デジタル  2019年7月20日