HORI Kazuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 16, 2018 at 17:57
 
Avatar
Name
HORI Kazuhiro
Affiliation
Niigata University
Section
Graduate School of Medical and Dental Sciences, Oral Life Science
Research funding number
70379080

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2015
 - 
Today
Associate Professor, Niigata University 
 

Published Papers

 
Fujiwara S, Fujiu-Kurachi M, Hori K, Maeda Y, Ono T
Dysphagia   33(4) 403-413   Aug 2018   [Refereed]
Fukuoka T, Ono T, Hori K, Wada Y, Uchiyama Y, Kasama S, Yoshikawa H, Domen K
Dysphagia      Jun 2018   [Refereed]
Yano J, Aoyagi Y, Ono T, Hori K, Yamaguchi W, Fujiwara S, Kumakura I
Physiology & behavior   189 92-98   May 2018   [Refereed]
Moritaka H, Mineki M, Kobayashi M, Ono T, Hori K
Journal of texture studies   49(2) 240-246   Apr 2018   [Refereed]
Takahashi K, Hori K, Hayashi H, Fujiu-Kurachi M, Ono T, Tsujimura T, Magara J, Inoue M
Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)   124(1) 10-15   Jan 2018   [Refereed]
Takeishi R, Magara J, Watanabe M, Tsujimura T, Hayashi H, Hori K, Inoue M
PloS one   13(1) e0190608   Jan 2018   [Refereed]
Funami T, Matsuyama S, Ikegami A, Nakauma M, Hori K, Ono T
Journal of texture studies   48(6) 494-506   Dec 2017   [Refereed]
Li Q, Minagi Y, Ono T, Chen Y, Hori K, Fujiwara S, Maeda Y
Scientific reports   7(1) 15165   Nov 2017   [Refereed]
Taniguchi H, Nakayama H, Hori K, Nishizawa M, Inoue M, Shimohata T
Dysphagia   30(6) 669-673   Dec 2015   [Refereed]
Shimohata Takayoshi, Taniguchi Hiroshige, Nakayama Hideaki, Hori Kazuhiro, Inoue Makoto, Nishizawa Masatoyo
NEUROLOGY   86    Apr 2016   [Refereed]
Li Q, Minagi Y, Hori K, Kondoh J, Fujiwara S, Tamine K, Inoue M, Maeda Y, Chen Y, Ono T
Physiology & behavior   147 300-305   Aug 2015   [Refereed]
Funami Takahiro, Isono Mai, Ikegami Akira, Nakao Satomi, Nakauma Makoto, Fujiwara Shigehiro, Minagi Yoshitomo, Hori Kazuhiro, Ono Takahiro
JOURNAL OF TEXTURE STUDIES   46(3) 187-199   Jun 2015   [Refereed]
Fujiwara Shigehiro, Ono Takahiro, Minagi Yoshitomo, Fujiu-Kurachi Masako, Hori Kazuhiro, Maeda Yoshinobu, Boroumand Sara, Nitschke Ina, Ursula Vith, Bohlender Jorg
Dysphagia   29(6) 655-662   Dec 2014   [Refereed]
The objectives of this study were to evaluate the state of tongue pressure production during supraglottic swallow (SS) and super-supraglottic swallow (SSS) performed by healthy adults, and to investigate the effects of these swallowing maneuvers ...
Izuno Hiromi, Hori Kazuhiro, Sawada Misao, Fukuda Masayo, Hatayama Chikako, Ito Kayoko, Nomura Yoshio, Inoue Makoto
Gerodontology   33(4) 470-479   Feb 2015   [Refereed]
OBJECTIVE: The aim of the present study was to quantify the relation between physical fitness and oral function, including tongue and lip movements. BACKGROUND: Physical fitness and oral function influence quality of life and activities of daily l...
[The study of tongue pressure during swallowing liquid in healthy adults].
Li Q, Minagi Y, Hori K, Fujiwara S, Ono T, Chen Y
Zhonghua kou qiang yi xue za zhi = Zhonghua kouqiang yixue zazhi = Chinese journal of stomatology   50(3) 178-181   Mar 2015   [Refereed]
Hori Kazuhiro, Hayashi Hirokazu, Yokoyama Sumiko, Ono Takahiro, Ishihara Sayaka, Magara Jin, Taniguchi Hiroshige, Funami Takahiro, Maeda Yoshinobu, Inoue Makoto
FOOD HYDROCOLLOIDS   44 145-155   Feb 2015   [Refereed]
Hamanaka-Kondoh Sato, Kondoh Jugo, Tamine Ken-Ichi, Hori Kazuhiro, Fujiwara Shigehiro, Maeda Yoshinobu, Matsumura Tsuyoshi, Yasui Kumiko, Fujimura Harutoshi, Sakoda Saburo, Ono Takahiro
Neuromuscul Disord   24(6) 474-481   Jun 2014   [Refereed]
Ishihara Sayaka, Isono Mai, Nakao Satomi, Nakauma Makoto, Funami Takahiro, Hori Kazuhiro, Ono Takahiro, Kohyama Kaoru, Nishinari Katsuyoshi
JOURNAL OF TEXTURE STUDIES   45(5) 354-366   Oct 2014   [Refereed]
Kondoh Jugo, Ono Takahiro, Tamine Kenichi, Fujiwara Shigehiro, Minagi Yoshitomo, Hori Kazuhiro, Maeda Yoshinobu, Kreissl Marion, Nitschke Ina
Geriatr Gerontol Int   15(5) 565-571   Aug 2014   [Refereed]
Moritaka Hatsue, Kitade Masami, Sawamura Shin-ichi, Takihara Takanobu, Awano Izumi, Ono Takahiro, Tamine Kenichi, Hori Kazuhiro
Chem Senses   39(2) 133-142   Feb 2014   [Refereed]

Misc

 
【高齢者の口腔機能-オーラルフレイル-】 咀嚼による高齢期のヘルスプロモーション
小野 高裕, 堀 一浩, 長谷川 陽子, 山鹿 義郎, 高阪 貴之, 菊井 美希
Geriatric Medicine   56(8) 743-747   Aug 2018
近年、高齢者のフレイル予防と健康長寿における咀嚼の重要性が注目されている。咀嚼は運動としては軽微であるが、豊富な感覚情報や情動変化を伴うため、脳循環や体循環を賦活化する効果を有している。また、客観的な咀嚼能力検査によって、咀嚼能力の低下がメタボリックシンドローム罹患のリスクとなることが示唆された。さらに、肥満予防を目的とした咀嚼行動変容を促すための、ウエアラブルデバイスの開発が行われている。このように、運動、能力、行動の様々な面からアプローチすることによって、咀嚼を利用した高齢者のヘルスプ...
ばねばかりを用いた簡易な舌-口蓋接触トレーニングの開発 ばねばかりによる牽引負荷が舌圧に与える影響
南都 智紀, 小野 高裕, 堀 一浩, 福岡 達之, 児玉 典彦, 道免 和久
言語聴覚研究   15(2) 62-70   Jun 2018
<文献概要>簡易な機器で舌挙上に負荷を加えることを目的とし,ばねばかりを用いた簡易な舌-口蓋接触トレーニングを考案した.本研究では,ばねばかりにより調節した牽引負荷が舌圧に与える影響を検討した.対象は最大押し付け舌圧が各年代の平均値未満であった嚥下障害を呈する患者20名とした.方法は,はかりに固定したガーゼを舌-口蓋接触の力のみで10秒間保持するように指示し,評価者がはかりを牽引した.負荷量は50g,100g,200g,300gの4条件を設定した.牽引時の舌圧最大値,舌圧積分値を舌圧センサ...
咀嚼・嚥下運動解析システムの開発とその展開 診断・治療・リハビリテーション・食品開発に向けて
小野 高裕, 堀 一浩, 藤原 茂弘
新潟歯学会雑誌   48(1) 1-15   Jun 2018
これまで、様々なセンシング技術を使って解析した咀嚼・嚥下機能に関わる生体情報を、治療、リハビリテーション、食品開発の3つの方向へ展開してきた。これらの研究を、以下の項目に分けて述べた。1)プロセスモデルによる咀嚼・嚥下の包括的理解、2)咀嚼・嚥下時の舌圧の計測、3)嚥下における口腔と咽頭の協調性、4)舌圧測定による嚥下障害の診断、5)補綴装置による舌圧と嚥下障害の改善、6)リハビリテーション手技の効果検証、7)嚥下困難者用食品の開発、として述べた。
【いまこそ歯科医師が「舌の機能」に着目すべきとき〜舌圧検査とPAPを日常臨床で使いこなすために〜】 (PART 1)「舌圧」によって舌機能を診る意味
小野 高裕, 堀 一浩, 藤原 茂弘
歯界展望   130(5) 856-862   Nov 2017
【いまこそ歯科医師が「舌の機能」に着目すべきとき〜舌圧検査とPAPを日常臨床で使いこなすために〜】(PART 3)症例から見る治療の流れ (CASE 1)重度摂食嚥下障害に対して舌接触補助床(PAP)を用いて改善をはかった施設入所症例
小野 高裕, 堀 一浩, 遠藤 克哉, 宮島 久, 重本 心平
歯界展望   130(5) 867-871   Nov 2017
堀 一浩, 小野 高裕
日本補綴歯科学会誌   9(4) 334-338   Oct 2017
摂食嚥下リハビリテーションにおける歯科医師に期待される役割の一つに、補綴的なアプローチが挙げられる。このアプローチの中では、有床義歯の製作・調整だけではなく舌接触補助床(PAP)をはじめとするさまざまな装置が用いられる。舌接触補助床とは、舌機能の低下した患者に対して舌機能の代償を図るために装着される、上顎の床タイプの補綴装置のことである。こういった装置の製作・調整においては、時として専門的な補綴に関する知識や経験・技術を必要とする。また、その適応を適切に判断することも重要となる。補綴装置は...
小野 高裕, 堀 一浩, 藤原 茂弘, 皆木 祥伴, 村上 和裕
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   54(9) 666-671   Sep 2017
極薄型の舌圧センサシートを口腔内に貼付することにより、自然な嚥下時の舌圧を多点で測定することができる。舌圧の持続時間、最大値、順序性、左右バランスなどのパラメータの変化は、脳卒中、神経筋疾患、口腔中咽頭がんなど各疾患特有の舌のmotor controlの異常と関連しており、不顕性の嚥下機能低下を捉えるうえで有用である。また、嚥下時舌圧データは、嚥下手技の舌に対する効果検証や、患者個々の舌機能に応じた食品性状の設定に応用することによって、摂食嚥下リハビリテーションにおけるさまざまなアプローチ...
堀 一浩, 小野 高裕
日本補綴歯科学会誌   9(3) 175-180   Jul 2017
口腔腫瘍患者では、腫瘍切除術により口腔内の環境が大きく変化し咀嚼・嚥下などの機能が低下する。そこで、顎顔面補綴治療や摂食嚥下機能療法が行われ、その形態や機能の回復が図られる。効果的な機能回復のために、顎顔面補綴専門医は術前から口腔外科担当医と綿密な連携をとり、腫瘍に対する治療計画を考慮するとともに術後の状況を予想しながら補綴治療を計画し介入を開始している。この顎顔面補綴治療における一連の過程では、計画的に歯科治療や口腔衛生管理・リハビリテーションが行われるべきである。また、術前からの口腔衛...
有床義歯装着者の機能評価のガイドライン(2016改訂版)
皆木 省吾, 山崎 要一, 矢谷 博文, 志賀 博, 山口 泰彦, 服部 佳功, 吉田 教明, 石垣 尚一, 加藤 均, 三浦 宏之, 荒川 一郎, 岡本 和彦, 小野 高裕, 横山 正起, 岡田 和樹, 小川 徹, 菅沼 岳史, 藤澤 政紀, 沖 和広, 坂口 究, 重本 修伺, 瑞森 崇弘, 小見山 道, 田中 恭恵, 堀 一浩, 渡邉 明, 宮脇 正一, 山田 一尋, 斉藤 一誠, 長谷川 信乃, 早崎 治明, 井上 富雄, 井上 誠, 大川 周治, 川良 美佐雄, 祇園白 信仁, 小林 博, 古谷野 潔, 佐々木 啓一, 田中 昌博, 田村 康夫, 野村 修一, 藤村 哲也, 増田 裕次, 鱒見 進一, 倉持 淳子, 昆 はるか, 櫻井 直樹, 山本 早織, 日本顎口腔機能学会,日本顎口腔機能学会ガイドライン統括委員会
日本顎口腔機能学会雑誌   23(2) E3-E35   Mar 2017
顎関節症患者の機能評価のガイドライン(2016改訂版)
皆木 省吾, 山崎 要一, 矢谷 博文, 志賀 博, 山口 泰彦, 服部 佳功, 吉田 教明, 石垣 尚一, 加藤 均, 三浦 宏之, 荒川 一郎, 岡本 和彦, 小野 高裕, 横山 正起, 岡田 和樹, 小川 徹, 菅沼 岳史, 藤澤 政紀, 沖 和広, 坂口 究, 重本 修伺, 瑞森 崇弘, 小見山 道, 田中 恭恵, 堀 一浩, 渡邉 明, 宮脇 正一, 山田 一尋, 斉藤 一誠, 長谷川 信乃, 早崎 治明, 井上 富雄, 井上 誠, 大川 周治, 川良 美佐雄, 祇園白 信仁, 小林 博, 古谷野 潔, 佐々木 啓一, 田中 昌博, 田村 康夫, 野村 修一, 藤村 哲也, 増田 裕次, 鱒見 進一, 倉持 淳子, 昆 はるか, 櫻井 直樹, 山本 早織, 日本顎口腔機能学会,日本顎口腔機能学会ガイドライン統括委員会
日本顎口腔機能学会雑誌   23(2) E37-E109   Mar 2017