井上 直子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 03:42
 
アバター
研究者氏名
井上 直子
 
イノウエ ナオコ
所属
大阪教育大学
部署
教育学部教育協働学科 グローバル教育講座
職名
准教授
学位
文学修士(大阪大学), 博士(文学)(大阪大学), 文学博士(モンペリエ第3大学(フランス))
その他の所属
大阪教育大学
科研費研究者番号
80314441

研究分野

 
 

経歴

 
1999年4月
   
 
大阪教育大学講師
 
2002年4月
   
 
大阪教育大学助教授
 
2007年4月
   
 
大阪教育大学准教授
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1998年3月
大阪大学 大学院文学研究科博士後期課程 仏文学
 
 
 - 
1991年
大阪大学 文学部 文学科
 

論文

 
« l'étranger » と世界—ヴァレリー、サルトル、カミュ—
井上直子
ガリア   (57) 65-74   2018年3月   [査読有り]
セザンヌの現代性—メルロ=ポンティの評論から—
井上直子
大阪教育大学紀要 第一部門   65(2) 1-21   2017年2月
ヴァレリーと天空の星
井上直子
ガリア   (55) 105-114   2016年3月   [査読有り]
ヴァレリーとパスカル—『パンセ』の三つの句が言わんとしたこと—
井上直子
大阪教育大学紀要 第一部門   64(2) 1-20   2016年2月
ヴァレリーのパスカル批判—『パンセ』の三つの句をめぐって—
井上直子
大阪教育大学紀要 第一部門   64(1) 11-32   2015年9月

Misc

 
書評:『三声書簡 1888‐1890』
井上直子
産経新聞      2016年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Paul Valery :L'apparaitre des choses
Atelier national d reproduction des theses   2007年12月   
エクリチュールの冒険
柏木隆雄 金崎春幸 高岡幸一 春木仁孝 和田章男 その他 (担当:共著)
大阪大学出版会   2004年   
(翻訳)ベラン世界地理大系8「ロシア・中央アジア」
朝倉書店   2011年6月   

講演・口頭発表等

 
ヴァレリーとパスカル [招待有り]
井上直子
大阪大学フランス語フランス文学会   2015年3月7日   大阪大学
ヴァレリーにおける世界と「私」のからみ合い [招待有り]
井上直子
日本ヴァレリー研究会   2001年6月2日   上智大学
ヴァレリーにおける変動と無秩序の価値−海のイマージュをめぐって−
井上直子
日本フランス語フランス文学会春季大会   1998年5月31日   成城大学
ポール・ヴァレリーにおける« un certain regard » の概念
井上直子
日本フランス語フランス文学会関西支部会   1996年11月16日   追手門学院大学
聞かれた声と書かれた声 [招待有り]
井上直子
国際シンポジウム『東と西の対話−ポール・ヴァレリーの眼差しの下に』   1996年11月16日   一橋大学

競争的資金等の研究課題

 
ポール・ヴァレリー研究
ヴァレリーの散文詩に見られる「現代性」
科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2005年